SS広場 ファンタジー

シリアス
道化は踊る 舞い踊る(作:文月 譲葉)
ユメをみた道化の話。救いはないのかもしれない。 世界観は、一応異世界。
人魚の夢(作:中川那珂)
昔の記憶がある金魚は、人間を嫌っていた。 そしていつしか、嫌いになる理由がほしくなった。
この男、異世界人には見えないのだが(作:Zaki)
リザードマンのリンクスの旅のお話。第4弾。 森で出会った大蛇との交戦は、いかに。
聖女は地を歩む~暗鬱とした森の中で~(作:アイアン朱冶)
かつては無数の妖精が楽しげに飛び回っていた『妖精の森』。いつでも春の陽気に包まれていた妖精の森は、いつしか死霊の支配する冬の森へと変わってしまっていた。冬に抗う事のできない妖精は永い冬に耐えられずに眠ってしまい、冬は何十年も明けずにいた。 そんな森に現れた一人の聖女。彼女が一歩進む度に森の冬は終わりに近付いていく。彼女は森の中心へと辿り着き、そこで待っていた一人の妖精と何を語るのか。そして二人は何を望んでいるのか。
本当に異世界が平和で暇すぎるので辻ヒールをやってみた(作:酔生夢死)
回復系チートを貰ったタカシは、相棒のスーさんと共に辻ヒールして回る話 今回はダンジョンを回ります
天球の七夕(作:起石 隼)
 それは小さな町の七夕の日の物語。ちょっと冴えない主人公は無邪気な彼女に振り回されっぱなし。 けれど彼女の様子がどうも変で・・・・・・。
神隠し(作:緋咲レイ)
一人座り込む幼い少年の前に現れたのは狐面を被った、一人の青年。 一人佇む軍服に身を包んだ青年の前に現れたのは角を生やした、一人の鬼。
粒に還り粒は滅す~英雄に憧れた男の話(作:起床許容)
一人の子供の恋は叶はず、誰かを守ることもできなかった。 銀竜に殺された男の昔の話。
この醜い世界に災厄あれ(作:ユキアン)
自由に生きるつもりだった。 でも世界は醜かった。 それでも幾つかの輝く物を見つけた。 それが穢されるのは怒りしかなかった。 だけど今にも壊されそうな輝く物を見てしまった。 だから守ろう。これ以上醜いだけの世界は嫌だから。 でもこの醜い世界に災厄があると嬉しい。
辿り着いた果てに(作:うぃんすとん)
とある殺し屋のお話。
『なろうイベント』が全て無効化されるファンタジー世界!!〜記憶を残して転生? できるわけないじゃないですか〜(作:野良ネコの孫)
『なろうイベント』 例えば日頃の行いが良かったりだとか、神様の手違いで殺しちゃったとかで、記憶を持って転生したり。 例えば襲われてる人を助けたら偶然国の姫、または大貴族の令嬢で主人公に惚れてしまったり。 例えば最弱だと思われていたスキルが実は最強スキルでした、であったり。 などなど、この世にはそのように呼ばれるなろう小説特有のイベントが存在する。 この物語の主人公だってそのイベントに憧れていた。転生して、最強スキルでハーレムハーレム…………しかし、甘かった。現実は>>続きをよむ
世界を渡る少女(作:small wolf)
魔王城へとたどり着いた勇者一行。そこには少女の姿があり、戦いを挑む。 しかし、返り討ちに合う勇者たち。生き残っている勇者はただ一人。 絶大すぎる力を持つ少女は言う。自分はこの世界の人間ではなく、ただ一つの願いを持って旅を続ける旅人と。 これは絶大すぎる力を持った少女の旅の一端を描いた物語である。
夢を見る夢を見る夢を見る夢を見るゆ…・・・(作:大西)
彼は真っ暗な夢をみる。空の裏の住人は夢を見ないはずなのに――。夢とはなにか。誰の夢なのか。そして、自分はなんなのか。彼――イディが答えを知る時。
なんとまぁ予想外な展開です!(作:未来夢芽)
僕(女の子)のご主人様(マスター)が出会う前になんか知らないけど死んでしまったようなんですがこれは何ですか、殺した人を抹消すべきなんでしょうか。あ、でもご主人様(マスター)って魔王だった方で倒したのは勇者様なんですよね。ま、でも僕には関係ありません。僕は僕にすべきことをするだけですので!知識や体術などを身につけて、身内とともに頑張ります! というあらすじです。続編も短編で出します。この作品は狂気モノですので閲覧の際には十分にご注意ください。本作品はシリアスで狂気モノです。
マリエッタ・マリエッタ(作:やちひそ)
 仄暗い下水道。そこに二人の生物がいる。一人は元空挺団の長マリエッタ、一人は天界の使者ジェイルジェイル。  ある目的によりジェイルジェイルはマリエッタにミッションを伝える。それを達成するごとにマリエッタは望みに近づいていく。  六回目の生を開始した途端に訪れる危機。  二人はそんな危険な日々を己の力で切り開いていく。
薔薇の咲く丘(作:漣碧人)
最強の女騎士は後継者問題に困っていた。 ある雪の日、少女は騎士になりたいと城を訪れた。 二人は厚い師弟関係で結ばれるが…
デミウルゴスの電話(作:棚丘えりん)
信じる者を亡くした少女が、傲慢な神との対話の中で、その跡を継ぐ覚悟を決める物語。 この作品はアルファポリスにも掲載しています。 https://www.alphapolis.co.jp/author/detail/389387686
ヒトクイ(作:K.NOT)
ヒトクイとさえ呼ばれた騎士の末路。
月の記憶(作:渡瀬 圭)
私とケンゴは来週結婚する。私はケンゴがとても好き。だけど、彼は私に何かを隠しているようで……。こっそりケンゴの家を訪ねた私は、彼の思いがけない秘密を知る。
世界を救えば勇者は殺される(作:きょん)
この世界では勇者と魔王がバランスを取るように存在していた。 けれど人々はその不安定を受け入れることが出来ず、勇者を強制的に召喚するようになった。 そして今回、召喚された勇者は見事魔王を倒し世界に平和をもたらすことが出来た。 しかし、そんな彼に待ち受けていたのは死だった。 よくある勇者と魔王の関係性がバランス調整で保たれていた世界の話。
失われし聖剣エクスカリバーと幼馴染のヒロキ(作:ばち公)
「俺、異世界の救世主に選ばれたんだ」  唐突に、神妙な顔してそんなことを告白してきたヒロキを、私はぶん殴った。
scene:言葉*(作:紅羊)
 漸く異世界で過ごす為の最低限の文化を学び終えた捕虜ながら賓客扱いを受けるナヲエは、世話人のデミと共に初めて街へ赴く……
てんき(作:三瓶ふみか)
せかいなんてね、ひかっていて暗いんだよ。 さあ、明日の天気はなんだろうね。 気まぐれで書いた短編小説になります。R-15は保険です。シリーズ書いていければいいなと思ってます。
死神と光の翼(作:市河りゅう)
自殺した人間は死神となる。そして俺は死神となった。
悪と戦う男(作:寿甘)
正義感の強い男・ライザーは子供の頃から悪と戦い続けていた。 大人になっても正義感の強さは変わらず、騎士となった彼は世の中に蔓延る悪の多さに直面し、この世から全ての悪を無くすため旅に出る。
処刑人の娘(作:yuma)
処刑人の娘アガーテは人を殺せなくなった父親に代わり、ある決断を下す。 基本的に血みどろです。差別表現等あります。 カクヨムにても公開中。
澪次の過去(作:一夜)
澪次とアイルレイムのパーティに招かれたクロス世界のキャラクター達。 そこでつぐみは全てを救うことの厳しさを、澪次の過去を通して垣間見るのだった。
最強無敵の輝石使い(ジュエルマスター)と召喚されたおっさん(作:久遠緋月)
輝石使い(ジュエルマスター) 貴石・輝石・奇石・鬼石 様々な石を用いた召喚術式。 この世界・・・ガーネットに存在する唯一の魔法。 ガーネットに重なるように存在する異相の世界より召喚する術式。 ガーネットに存在する全ての輝石使いの中でも最高最強のジュエルマスターとその仲間が長い旅のはてついに魔神との決戦。
とある勇者の流行病(作:ペペロンチーノ)
とある異世界、そこでは突如現れた魔王率いる異形の軍団によって人々は苦しめられており、とある大国は起死回生の一手として勇者を異なる世界から呼び出すことにした。 そして勇者を別の世界から呼び出すことに無事成功したが……?
式神~酒と男と少女~ 夢現奇譚短編(作:結城星乃)
「嬢ちゃん、悪いことは言わねぇ。その手に持っているブツを置いていきな」 紅麗の通りに響き渡る男達の声に、まだ幼い少女は、とても大事そうに荷物を抱え直す。 主に頼まれた物だから、渡すわけにはいかないのだ。
常春迷宮(作:ねね)
とある迷宮の管理者と【私】。その、永遠の別れと、決意。
救世主のシルクハット(作:笠野瑞月)
近くの森林に突如として魔物の集団が現れた。外部に協力を要請することにしたが、そこに現れたのはシルクハットにロングコートという如何にも手品師といった風貌の青年であった。とても魔物を退治できるとは思えないが——。一話完結の異世界ショートショート。カクヨムより転載。
blood〜「夜」「追憶」「月」〜(作:秋月あきら(ししゃもにゃん))
「夜」「追憶」「月」を題材にしたダークゴシック。
異世界童話  ~魔物使いの少女~(作:ケイケイダブルケー)
異世界に転生した少女が魔物たちと紡ぐ悲しいお話を簡単にまとめてみました。
破壊魔道士(作:RAMネコ)
 魔法は変わった。かつて魔法は、一部の、選ばれそして選んだものたちが収めることの出来た、特殊技能であった。魔法は変わった。今は違う。文字を読み書きできぬ文盲が呪文を暗記することなく、活版量産されたスクロールを投げつける。一級の魔道士と学のない農奴が同じ戦場にたつことができた。そして、旧い魔道士は駆逐された。破壊魔道士はそんな戦場に残った。しかしそんな彼らを襲う魔法は、酸の雨でもなく、大地を死なせる毒でなく、腐食する霧でなく、飛ばされた大岩、あらゆるものを沈める泥海でもない。そ>>続きをよむ
はじまりの話 -1-(作:Mr.popo)
少年は、ある日家出をしました。 そして、それは今は居なくなってしまった、"誰か"の物語の終焉へと結び付くのです。
森の老婆とただの狩人(作:たそかれ)
マントを身に纏い巨大な弓を背負う男、ヴァルトは空も見えぬほど高い木で覆われた森で一人の老婆と出会う。老婆は男が狩人と聞いて自分の家に泊まるように誘い、男は老婆についていく。老婆は歩きながら男に話しかけ、男もそれに言葉を返す。静かに、そして淡々と会話が交わされる中、老婆は寄りたい場所があると言い、男もそれを承諾する。老婆が寄りたい場所とは、大きな美しい湖だった。
Not bad(作:優笑)
 私は今から殺される。この美しい海で、味方の手によって。  長い戦いが終わりを迎えた時、私に与えられた最後の任務、それは戦争を終わらせるために使われた味方の新型爆弾の実験標的となって、死ぬことだった。 そんな実験に標的として参加する者達の中に、もとの敵国の奴がいた。かつて敵軍の大将を何度も務めた経験を持つというそいつの祖国は、実際にこの実験に使われるのとほぼ同じ新型爆弾を受け、火の海となっていた。なのにそいつの表情はそこにいた誰より静かで、態度は堂々として、揺らぐところが微>>続きをよむ
妖刀相続(作:高天美稲)
「妖刀鑑定」を専門にする三方(みかた)とその弟子(被雇用者)山下の、妖刀鑑定の顛末は。 「日本刀」をテーマにした小説の習作です。
勇者の弟と最強の兄(作:netai)
ある日、異世界から転生者と名乗るものが現れ、圧倒的な力で瞬く間に世界を蹂躙し始めた 国と国同士が力を合わせ、転生者をとある土地に封印することに成功した 転生者はその土地に城をたて、部下を生み出し、封印を破るすべを探している そしてその転生者とその城は「魔王」と「魔王城」と呼ばれるようになった・・・
鬼ヶ島へ旅立った桃太郎が異世界転移後に犬猿ドラゴンの獣人女子を仲間にして勘違いしたまま魔王を討伐していくお話(作:狐沢ニャン蔵)
「気をつけて、けがをしないようにおしよ。」  とおばあさんも言いいました。 「なに、大丈夫です、日本一のきびだんごを持っているから。」と桃太郎は言って、 「では、ごきげんよう。」  と元気な声をのこして、出ていきました。おじいさんとおばあさんは、門の外に立って、いつまでも、いつまでも見送っていました。 桃太郎はずんずん行きますと、あたりがいきなりまっ暗になりました。さっきまでお日様がニコニコと照っていたのに、おかしいなあと首をかしげました。 桃太郎があたりを見まわすと、>>続きをよむ
サクラ(作:イッコ)
ある家族が引っ越してきた家は大きな桜の木がありました。その木にはある秘密があって…!?
畜生道に堕つるもの(作:ペペペマン)
いつものようにのんびり気ままにふらりふらりと歩いていた高地恭介は、幼馴染である神崎桜空と意味不明な場所に行ってしまう。彼ら、彼女らの運命とは如何に・・・・
アヤカシを滅ぼす勇者~妹よ(作:TAK)
 菫の騎士団直営のAU屋敷を拠点とするゲルディアン族の青年『カミル』は今日もAUとしてアヤカシと戦う日々に明け暮れていた。  そんな日々の中で自分の名を呼び続けながら徘徊する巨大アヤカシが現れた事を聞きつけ、そのアヤカシに亡き妹『レオナ』の姿を重ねたカミルはすぐ様駆けつけ…。
奪う。(作:ウィークエンド)
出逢わなければ、このような思いをせずにいられたのに。森の中で王子は自分を慕ってくれるようになる女神に出逢う。知らなければ、隣に居ることが出来たのに。王子が王になるとき、この国の闇を知る。与える。に出てくる王子視点です。この作品単体でも楽しめるように、描けてたら、いいな。 大変お待たせしました。なんとか、完結です。
堕天使ルシファーの神学講義(作:せる せろり)
傲慢を司る堕天使と呼ばれるルシファー。しかし、彼(彼女?)には本来、そのような権能はないという。なぜ、ルシファーは堕天使と呼ばれ、傲慢を司ると誤解されるのか? 彼(彼女?)による神学的対話によって、その真実は明らかになる。
ブラックな職場をぶっ潰せ!(作:チャンドラ)
 新入社員の如月充はブラック企業で働いていた。今日は社長から説教を食らっており、辞めたいと感じていた。社長を消してやりたい、そんなことを考えていた時、脳内に誰かが話しかけてきた。果たして声の正体は?
混蟲戦線(作:RAMネコ)
 大陸の遥か南方には、大陸よりも巨大な大森林が広がっている。そこは、蟲たちの勢力圏。巨大な、そして組織だった軍隊をもち、賢く、膨大な数の蟲がひしめく、森の外の生物には恐怖の森である。混蟲戦線とは、そうした混蟲族の北進を阻止するための戦場であった。ここでは原始的な戦いが、二足歩行兵器たちと混蟲たちの間で繰り返されている。どこまでも追い掛け回し、敵を殺す。それだけの戦場であった。
Hello World -It's a beautiful world-(作:夢見まくら)
 少年は魔王を倒した。そして、それで世界が救われると信じていた。しかし、それは幻であり、少年にとっての夢でしかなかった。魔王がいなくなっても世界は救われない。そんなどうしようもない現実の中で、少年は抗いようのない真実を思い知る――
オブ・アナザー ~とある異世界における「三匹のこぶた」物語……の裏側~(作:3ツ月 葵)
 昔々、とある森に仲の良いオーク三兄弟とその母が一軒の家に暮らしていました。  その母は日常と言う幸せにを噛みしめ、もうすぐ巣立つ我が子のことを思って暮らしていました。  だがそんな平和な日常を壊すとある男がひとり……。  森の中にポツンと建つ一軒家――なぜこんな場所でひっそりとこの親子は暮らしているのか……。  なぜこの家の近くには同じ種族である他のオークは住んでいないのか……。  このスピンオフではその謎を解き明かし、ご覧にいれます。 ★まずは本編である『ザ・スリー>>続きをよむ
電線ウォーカー(作:イツカ)
人間の姿をしているけれど、人間じゃない。 電気の力で生きているけれど、ロボットじゃない。 電線ウォーカーの、ある雨の夜の物語。
聖女が転生したらやっぱり聖女だったでも今度は無敵のパワー系聖女に生まれ変わりました(作:橘 英樹)
現実世界で聖女と呼ばれたアンナは中世と思われる場所へ転生した。何故かアンナは特別な力を持って転生していたが、どうなる。
血塗られた魔女の話(作:もふ羊)
ウルネルドには七人の力ある魔女がいる。 これはそのうちのひとり、恐るべき血塗られた魔女の誕生の話。
死んだ世界で、生きたように眠る彼女のはなし。(作:枯野 常)
死んだ世界で、生きたように眠る彼女のはなし。    雪解けは遠い。  少女は白銀に沈んでいた。 これは、大切なものを失った少女が旅に出るまでの序章の物語。 そして、四月から連載予定のお話の、母体に当たるお話です。(内容はかなり変わっております)
ステレオメイヤ - corolla and thunderbolt.(作:汐見圭/叶下欧貨)
『メイヤ』と呼ばれる少女――桐生芽依の前に現れたのは、過去からやって来た復讐鬼。復讐鬼対殺人姫の戦いは、彼女の根幹を担う全てに繋がっていく――。
傀儡の夢(作:桜音袮)
何もかも失った者の、末路。
愛ノナイシアワセノウタ(作:野澤優花)
道先配達人の優一はとある依頼を承る。それはちょっと遠くの大国にいる、歌姫への手紙だった…―。癒し系ハートフルストーリー。………?
魔族襲来。そのとき女は(作:茜 (元:紫彼岸))
この日、王国は建国祭でにぎわっていた。 それに水をさしたのは魔族の襲来であった。 魔族は言う。 「魔王軍は侵攻を開始した。最初の国はここだ」 絶望の最中、女は現れた。
恋人を撃ち落とした日(作:aria)
星座擬人化 オリオン編 アルテミス視点
わし87歳、異世界に行く(作:炙り出し→)
桐生勝義は、老衰で静かに息を引き取った。 ――良い人生じゃった。 しかし、目が覚めるとそこは見たことも無い場所で……? この作品は「カクヨム」にも掲載しています。
俺が最強の物語(作:Tiroro)
最強の強さで転生したラファエロは、剣術とか魔術もなんか最強で凄いらしい。そんなラファエロの凄さと、めくるめくスペクタルロマンの詰まった凄い読み切りです。
つばさ(作:よしき)
街角で歌う天使に出会った僕は、一目で恋に落ちてしまった。でも、僕は迷う。人で無いモノに恋をする事に。
魔王に育てられた勇者の復讐は(作:雪木 綾)
 ふと、なにかを書こうと思うことがある。色々だ、詩に、小説に、短歌に。何でもいい。とにかく手を動かしたいと考えることはあるだろうか。私はそれに準ずるなにかを衝動として持っていて、今回も一つの物語を書き終え、次も何か書こう、そうは思いながらも、何も思いつかずに手持無沙汰のまま、ただただ時間を浪費する。そんな自分を自嘲し鬱屈な思いをしたままネットの海をさまよっていると、なんとミニコンテストをやっているではないか。その瞬間、私はこれだ! とテキストを開いて書き始めたのだ。幸い、求め>>続きをよむ
七夕の夜、僕は死んだ彼女に殺される。(作:岩崎月高)
死んだ彼女との果たせなかった約束を胸に、今年の七夕も、僕は一人で星を見に行く。 すると、僕は、死んだはずの彼女に出会うのだった。
黒魔術師の治療術(作:笠野瑞月)
山小屋に住む黒魔術師は重病を完治させることができる。しかし、彼は人体実験を行うという噂があった。少年は好意を寄せる少女のために黒魔術師を頼るが、その対価とは。カクヨムより転載
わたしの記憶、おいしかった?(作:わだか)
ふと気がつけば、白くて小さな部屋のなか。なにも思い出せないわたしに目の前で笑う少女は言った。彼女がわたしの記憶を食べてしまったのだと。
世界を終わらせる魔王の僕が、たった一つ欲しかったもの(作:小並屋ぺこま)
 魔王が世界を終わらせようとした時、巨大な破壊と絶望の中で、彼がたった一つ欲しかったものとは。
恋人を撃ち落とさせた日(作:aria)
星座擬人化 オリオン編 アポロン視点
████ ██氏の遺書(作:蓬莱 サヤ)
████ ██氏が█月██日の朝、自宅前の路上で死体となって見つかった。 このデータは、彼の死の直前に書かれた遺書である。もっとも、最初は遺書ではなかった。遺書になるべきではなかった。 これは、一人の男が遺したとある世界の謎――
魔王「その剣、ちょーだい」-6-(作:Mr.popo)
えくす…………かりばぁぁぁぁぁぁぁ!!
ファンタジア(作:伊勢祐里)
10歳の少年タケルは、幾度も見る夢がある。 謎の黒いマントの男と戦う夢。自らが剣をとり、少女を救うために戦う。 やがて、少年はその夢の真実を知るのだが、それはまだ先のお話――
Sweet Memories...(作:Chitto=Chatto)
毎日のほうにダンジョンで狩りをし、死んでは生き返る女戦士がいる。冒険者として登録すれば死んでも組成してもらえるこの世界で彼女は死ぬことに何も感じていなかった。 ある日、いつものように死んだ女は蘇生してもらうためにダンジョンを出て、独りのヒーラーと出会う。 ヒーラーは言う 何に それほど 満ち足りたく 思うか そんな感じの短編です
彷徨い続けたよろい(作:宇佐見レー)
死んだ者による執念のお話です。
時限爆弾(作:こうさい)
「毎日心臓が止まる」 なんて、突拍子もない相談を友人のミサキから持ちかけられた柚愛。冗談かと思ったが、ミサキはいたって真剣な様子。詳しく話を聞いてみると――。 「ミサキは私の友達だよ」 ずっと、変わらないから。 いつもの日常が、不変だとは限らない。 二人の女の子がおくる、ちょっと不思議な話。
待雪草 -スノードロップ-(作:樹杏サチ)
塔に閉じ込められた少女に、あの男はプレゼントを贈る。 けれど、少女はあの男の存在を無視し、プレゼントを捨てる。 だって、この世で一番にくい存在なのだから――。 そんな少女がたった一度だけ受け取ったプレゼント。 そして見つけた白い花。
自己中心的新人死神と少年。(作:かふぇ)
死神の仕事は死んだ人の魂を天に返すこと。 死神、アスクは死んだ人に悲しみを抱く。 それを払拭するためにアスクはとあることをする。 後悔を持たせないようにするために。 自分にかかる悲しみや罪悪感を少しでも和らげるために。
別杯(作:綾小路 楪)
旅立つ男と、それを見送る男。 別れの杯を交わしながら、何を語るのか。 王維の漢詩、「送元二使安西」を元に、男同士の友情を書いた短編です。 ※この作品は、自サイト「天弓の的」 ( http://mutuki08.fc2web.com/ )にも掲載しています。
放浪者(作:ほしのかな)
一人と一匹はオアシスを求めて旅立った。 ※この作品は「カクヨム」にも掲載しています。
大魔王の生まれ方(作:A99)
その世界の住人と、異世界人は本当に同じなのだろうか? 同じ世界でも、人としてのルーツが違うのだ。 ならば、異世界人は、その世界では人ではないのかもしれない。
白い蜥蜴(作:蜥蜴の蜘蛛)
白い蜥蜴は見かけると幸運をもたらすと呼ばれています。 そしてとある男がその白い蜥蜴を助けたという話。
リープ州の輝ける星(作:赤部航大)
リープ州ダウン村。ここで四年に一度開かれる祭りは、知る人ぞ知る中で最高の祭りと謳われている。何でも、絶世の美少女に会えるとか会えないとか……。 人生に疲れた旅人が訪れた時、奇跡が起こる。 日々を懸命に生きている、頑張るあなたに、エールを贈る物語。
堕天使と天使(作:チャンドラ)
 私たちの世界には、人々を幸福へと導く天使と、人々を不幸のどん底へと突き落す悪魔がいた。天使である、正義感の強いミルエルと無邪気な性格のメトロンは、いつも通り天使としての役目をはたしていたが、ある時、ミルエルは人間の愚かさを目撃し、ミルエルの心境に変化が訪れた。
本当の敵は(作:あまさか)
ついにラスボスと対峙することになった勇者ワンス。しかし、敵であるはずのテイカーは妙なことを語り始める。
自由の牢獄:異世界転移(作:雄川 入都)
伊藤和樹は旅行中にふと見知らぬ世界へ迷い込んだ。異世界に行くということは、我々にどのような意味を与えるのだろうか。あなたなら、異世界に足を踏み入れた時何を感じるだろうか。ハーレムやチート能力以前の問題だ。もし右も左もわからない異世界で、なんの役割も神様(いるとして)が与えてくれなければ、永遠立ち直れない人もいるかもしれない。また、真の意味で人生の方向を決断しなければならないとしたら、それは人生が我々に与えた挑戦状なのかもしれない。見せかけでもいいから、一歩前に進むこと、それは>>続きをよむ
例のトラック運転手の憂鬱なお仕事(作:奥森 類)
異世界転生の時によく現れる、ありがちなトラックを運転している人の、ありがちな日常。 ちょっと気が滅入って来ているけど大丈夫、次の「俺」はもっと上手くストレスケアしながらお仕事してくれると思います。
無限の夢幻(作:莉雨)
「私」が見る夢。それは、「彼」との未来。夢が現実?現実が夢?「無限」に続く「夢幻」の中に沈んでいく―――。
魔女の塔(作:蒼山れい)
その塔は、かつて〈魔女の塔〉と呼ばれていた――。魔法が消えゆく時代。ある古い塔にまつわる、密やかな恋の物語。
後悔はなかった(作:燎典)
ある日、神によって魔王を打倒す使命を与えられた少年。 それを果たすために彼は使命を果たそうと全てを尽くした。 そして、魔王を打倒した先に待ち構えていたのは絶望だった。
君と見る世界(作:永月るか)
ライルは葬列を見ながら、愛しい少女との記憶を辿る。巡る季節と少女とライルの物語。 ✳︎死にネタです。苦手な方はご注意下さい
表現規制(作:よだか市蔵)
支配種である人間族の文学生に小人族が表現規制をお願いするが……。2,973字。
優れた生命体(作:芋粥)
行き詰まった人類に 手を加えるとしたら 何を加えるべきなのでしょうか
偽りの使徒(作:春眠桜)
連載中の『対人恐怖症な俺の異世界リハビリ生活』に登場する人物の外伝です。 http://ncode.syosetu.com/n9539dv/ 宜しくお願いします。
ヒューマノイド・シャーレ(作:仲村薫)
死を迎えようとする老婆のかたわらに、そっと寄り添う1人の少年。彼が叶えたかった思いとは。
赤い沼の魔女(作:キサキシノ)
鬱蒼とした森の奥、おばあちゃんと暮らす“私” 魔女と呼ばれる存在。そして――真っ赤な、真っ赤な、赤い沼。 “私”は世界の嘘に絶望をし、狂気に頽れる。 【この作品は個人サイトのブログで2014.03.08に掲載したものを投稿しました】
ヒロシマのささやく砂(作:塚越広治)
平和な星で生活する一人の少女チュチュは夢を見ました。彼女の精神は時空を漂って一人の少女と出会います。1945年の広島で生活する少女でした。チュチュは広島の少女と接して戦争の恐ろしさをかいま見ます。
闇よ盗むなかれ ~ダンジョンに「あれ」がある理由~(作:尻鳥雅晶)
ダンジョンでひとり生き残った男は、最後の真実に気づく。 迷宮をさまよう盗賊が、必ずたどりつく宝に。 それは…… かつて自身のホームページにて発表した作品です。 この作品は「カクヨム」と重複投稿しています。
不死の贄(作:キサキシノ)
不死の神へと捧げられる御子は、鎖で神柱へと繋がれもう幾日も経過している。 御子の護衛である男は神殿に疑いを持ち、そして御子へと恋をした。 神から御子を奪うと決意した男は、しかし神の愛と絶望をその身に喰らうのだった。 【この作品は個人サイトのブログで2015.08.07に掲載したものを投稿しました】
いつかの理想に(作:東雲白雨)
主人公紫音の過去の話。柊家に引き取られてから少し経った後の、龍慶と皎夜の紫音に対する期待について。 pixivにも掲載しております。
それなりの年齢にさしかかった冒険者のお話/試作品(作:よぎそーと)
 こんな事も考えてるってものの一つ。  長編でやってみたいと思うも、なかなかそんな余裕もなく。  とりあえず試作品として短いので出してみる。    保存と保管を兼ねて、自分のブログにも投稿している。  誤字脱字などはメッセージにお願い。
ノーネーム(作:フウセチカ)
不完全な、未来なき今に絶望していた兄と明るい妹。 肥えた豚のことへと行くが..
ナナちゃんとネネくん(作:琴瀬 那子)
 ナナちゃんという女の子が持っていた『ぬいぐるみ』は、 『ネネくん』と名付けられて、大切にされていました。  ある日、ネネくんは自分の気持ちに気付きます。  ネネくんの気持ちの在り処とは……?
聖なる巫女(作:御山野 小判)
朧の一族の正殿前の広場、今日はそこで、この一年の部族の吉凶を占う先見の儀式がある。巫女夕那は務めは、その儀式を行うこと。だが……。■五分企画参加作品■
ダカラアナタヲマモリタイ(作:フクロウowl)
とある所に、幼い頃から不幸なことが身に降りかかる少女がいた。少女はいつしか人々から離れるようになり、友達も一人も作らず、毎日寂しい生活を送っていた。 そんな彼女の前に現れた一人の女。「あみ」と名乗る女は、「不幸な子」とまで呼ばれた少女を全く怖がらない。どうやら彼女にも秘密があるようで…
復讐と…(作:霧野ミコト)
ここではないどこか。そこでは、魔族と人との間で戦争が起こっていた。そんな中に現れた勇者。いや、勇者と呼べぬ誰か。これは、その誰かの復讐の結末。
神が見守る世界で僕は - side story [フォータムの冒険者]-(作:夜狸)
神が見守る世界"エデン" 獣人が多く住む国"フォータム共和国" この地に住む冒険者の日常の一コマ 本編[神が見守る世界で僕は]のサイドストーリー
野盗暮らし(作:英 慈尊)
 過去はなく……。  未来もない……。  ただ現在を生きる……。  ――それこそが、野盗である。
名も無きもの(作:津田花)
悲しく孤独な、名も無き少年の物語。
思い出巡り(作:アオニシキ)
思い出巡りをしたいととある天才が言った。懐かしいと思いそれに半強制的について行く青年。青年とその先輩の物語。
無能の勇者ーを観察するのがチートな俺の趣味です。(作:かかかうどん)
ふと思いついた話の一話分です。連載する場合用で、タグ付けなどしておきます。あらすじは、連載を考える際に本格的にする予定。
堤防の弓兵(作:朔夜真)
ある日の堤防での出来事。出会うはずのない二人の出会いがもたらす結末は、下弦の月だけが知っている。
冬季の始まり(作:貴神)
殺伐と荒れた大陸、ゼルシェン大陸。 其の大陸に革命を起こそうと、人間たちに協力し、居場所を得た異種たち。 背に翼を秘め、神秘な力を持つ異種たちが、ゼルシェン大陸で栄華を誇るファンタジー。 12個目の御話は、冬を迎えた翡翠の貴公子と金の貴公子の御話です☆ ほんのりBLです☆ 他にも、異種たちの転生編や異空編、美しき五男兄弟竜の御話へと広がります☆ 長編ファンタジーが御好きな御方は、どうぞ宜しく☆
勇者と盤外の女神(作:雲雀聖瑠)
女神に選ばれし、巫女は勇者とともに魔王を討つための旅に出る。 だが巫女は所詮勇者の――でしかなく。
魔王の復讐勧誘(作:月雲秋篠雨)
異世界の光の女神に魔王と言う役割を押し付けられ異世界召喚によって行方不明になった家族の真実をしった少年は異世界の創造神より復讐の許可を貰い闇の女神の助けをかり魔王として異世界の人類へ復讐を行う。 魔王に対抗すべく勇者召喚は行われ異世界より勇者として魔王と同じように異世界に家族を奪われた者が召喚された。 異世界に家族を奪われた真実を知る魔王とその真実を知らない勇者。 2人が出会い、魔王が勇者に復讐の誘いを・・・・。
明けない夜への日暮れ 極夜の町のヴァンパイア(作:数々)
新感覚ファンタジーミステリー。 夜が明けない夜。極夜!もし、ヴァンパイアが紛れ込んでしまったら? ヴァンパイアの能力で、最も恐れるべきは、人間と見分けがつかない外見である。あなたの隣人は、そうではないと誰が言えますか?
辺境の狩人(作:愚畜)
辺境の山の麓にある村の狩人。 十歳の頃に山のヌシに親を殺され、それ以降も新たな山のヌシとの不可解な遭遇を繰り返す。 そんなある日、占い師に山のヌシとの決着を予言される。
ダークエルフの名もなきあなたへ(作:根本鈴子)
名もなきエルフから、名もなきダークエルフへ。 最後の手紙を送る。
希望の子(作:郭公)
世界を救った娘の話。
世界を救い英雄であった少女(作:なす)
魔王侵攻により村を滅ぼされ、復讐を胸に誓ったアリス。 長き旅路の果て、ついにその思いは果たされる。
素晴らしい結婚(作:サブロー)
月の神子である弟が、兄の結婚を祝福する話。
英雄依存症(作:三葉倫太郎)
勇者として世界を救った少年は、平和になった世の中で鬱屈とした日々を過ごしていた。 過去の栄光に囚われた勇者は、勇者であり続けることに固執し、歪な正義感を振りかざし続ける。
醜女と小狐(作:夜楊)
小狐は人間の罠にかかってしまったところを醜女に助けられる。 醜女は醜女ゆえに孤独だった。小狐は彼女を癒やしたかった。 初投稿です。 休止中の自サイト(http://lyze.jp/nurunrunoyin/)に掲載しておりましたものを改稿しました。
そりゃあ、面白くないよ(作:ニコ)
いるいる。こうゆう人って感じで。
【短編】リエングラの竜(作:Ryuguji)
飛行船リエングラには4人の乗組員がいる。艦長のエンドラー、メカニックのデルート、航海士のミゼル。そして異世界人のソラ。目的の違う彼らが、飛行船とは名ばかりのオーパーツ・リエングラで旅をするのは何故か。彼らは世界の果て(リエングラ)で何を見つけるのか。 //みたいな感じで練ってた長編プロットですが、あんまりおもしろくならなそうだったので短編で晒します。コンセプトは時速100kmくらい出る魔法飛行船(それは飛行船と呼べるのか?)で似非中世世界(魔法有り)を駆け巡る話でした。
獅子となる(作:煤竹)
昔々、ここではないどこか遠くの世界。 とある夫婦に訪れた、離別の話。 *** 拙作『甘党陛下と酒やけ王女』のスピンオフ。若かりし老王とその妃のお話です。
幼馴染パーティーを追放された俺は最強パーティーのリーダーに登りつめた。もう一度組まないか?そんなこと言ったってもう遅い(作:yama)
これは幼馴染パーティーを追放された男ケインの半生を描いた物語である。
死神が小指に結んだ虹色の糸(作:鍵子)
死神といえど命を奪うだけの簡単なお仕事……ではないようです。 冷酷でパワハラな神様という上司を持つお人好しで人間臭い死神が死神業をして苦悩するお話。 神様上司への恨み辛みを抱きながらも、人の死を告げる時計に突き動かされながら、 恋人の死に嘆き苦しむ少女に死神が贈ったものとは――。
竜と少女の邂逅(作:しゅう)
竜と、それに拾われた少女のお話。
消えた風の後継者(作:高坂幸緒)
連載してる作品の、設定資料覚書みたいな話です。 物語の根っこ、バックボーンみたいな感じです。
Who is Death?(作:白綾ひより)
友達になってくれた人間に恩返しをしてくれる死神なんて、存在するのだろうか? 彼女は素直に生きている。しかし彼女の考えることが必ずしも正しいのか、それは誰にも分からない。
花枯らしの姫(作:宗谷 圭)
京に住む石子(いわこ)姫は、類稀なる美しさを持っている。 だが、それはワケありの美しさだった。 彼女は、触れた物から美しさを奪い取る、特殊な体質の持主で……。 自サイト「若竹庵」(http://junhanon.konohashigure.com/index.htm)からの転載小説です。
アーグルトンへ続く道(作:ぬまれ)
異世界勇者の爪痕は深い。 アーグルトンは、Googleが提供する地図上に存在した、実在しない町である。 2009年12月中旬に訂正が行われるまで、この地名はイギリス・イングランドのランカシャー州オートンに近接した位置に表示されていた。(wikipediaより) *カクヨムにも投稿しています
Hello,Mr.Porter.(作:匿名政府)
革命の波が渦巻くヨーロッパのホテルでのお話
赤ずきんちゃんと靴職人(作:橋本洋一)
今朝見た夢を小説化。赤ずきんちゃんと靴職人のタッグです
舞雪(マイセツ)(作:月詠)
敵を討つ事を生きがいとしてきた白虎。その末を憂う彼の背に、一人の男の声がかかる・・・。
魔法使いになりたい!(作:ななちゃん)
異世界転生した少女は酷く後悔している。
いのちを運ぶもの(作:津軽あまに)
強力な怪物、翼竜に挑む魔術師とその仲間たち。危険な戦いに挑むのは、同胞を守るため、「いのちを運ぶもの」作るためだった。橙乃ままれ先生作『ログ・ホライズン』二次創作SS。〈大災害〉以前。ありえたかもしれない、背景の物語です。
屍妖諸藩同盟(作:RAMネコ)
 妖怪は滅びつつあった。何故なのか、大多数の妖怪にはそのことさえわからない。だが滅ぶからと、死ねといわれて受け入れられるわけもなく。また受けれている妖怪もいる。眠り狸、狸の妖怪の一派である雷天丸は、死を受け入れる一派でもある。されど抗うもの多く。魑魅魍魎妖怪あまたいれど、はたして生物と呼ぶのかいなかのものどもは、死を恐れてもいた。そうして集うは、旧い、屍妖諸藩同盟である。
タナトスとマイヤ(作:マンチカン)
気弱な死に神タナトスと女の子のお話です。
黄金の右目と真っ黒紳士(作:想兼 ヒロ)
私、西城沙羅は最近ちょっと有名になってきた学生探偵。 今日もバシッと事件を解決……あれ、台詞何だっけ? 「嬢ちゃん、また忘れてるのかよ!」 これは黄金の右目を持つ西城沙羅と、真っ黒なスーツに身を包んだ松木優のちょっとしたお話。
隻腕のオーク(作:孤独な豚)
異世界転生 その男はオークとなり、そこで家族の愛を知る しかし、幸せな生活は皮肉にも人間の手によって彼から全てを奪う これは、愛を知ったオークが人間に復讐をする物語である。
打ち上げ花火と死神の恋人(作:香澄翔)
病院の中から見る花火は綺麗だった。 僕は花火になりたいと願った。 そんなとき僕の目前に現れたのは不思議な空気をまとったお姉さんだった。 この作品はノベルアップ+さまにも掲載しています。
とある魔族の思惑(作:承認欲求の塊)
魔族であるルイスは勇者に城を攻められ自分の最後を悟り受け入れた。それにはどんな思惑があったのか
追放屋~無能なパーティーメンバー追放させ〼~(作:青水龍)
最近、巷ではパーティーからの追放が流行っているらしいという話を聞いた私は、無能をパーティーから追放させる『追放屋』を始めるのだったが……
サーガの終わり(作:葉月たまの)
こうして長い長い冒険は終わりを告げた。あたしは日常に帰ってくる。さまざまな経験から得たもの、それがあたしに日常に立ち向かう勇気を与えた。※この作品は、mixiとpixivと魔法のiらんど、へ重複投稿しています。
ピエロは涙を許さない(作:羽のはえた羊)
辛い事があった時、怖いおじさんに狙われたとき。そんな時は暗がりにご用心。不思議なピエロがやってくる。不思議なピエロは子供の味方。怖いおじさんをやっつけて、夢の世界に連れてってくれるかもしれない。そんな話。
“D”or“A”(作:羽場速雄)
不思議体験ネタで攻めようとしてまたしても消化不良になったようなならなかったような。
未来(作:Yuki-N)
ラノベの新人賞応募のため学校からの家路を急ぐ僕は、逢魔が時、2つの未来を語る男と出会い……。 この作品は、「エブリスタ」にも掲載しています。
正当な復讐(作:旭)
 重税を課し、華美を好んだ姉王を追放して玉座についた妹姫。その6年後、飢饉のさなかに国へと戻って来た姉王が謀略を考えているのを知り、捕縛して処刑した。それから10年。―――玉座の間にて、妹姫は呆然と座り込み自身に迫る白刃を見つめていた。それを持つ者の瞳が、姉と同じ紫紺の瞳であることに気付かないまま…。
魔法師学園の無能と呼ばれた最強魔術師〜魔法は全然使えないけど悪魔との契約で使えるようになった魔術と使役した使い魔で成り上がる。今更手のひら返されてももう遅い!〜(作:どこにでもいる小市民)
魔法を使えない主人公が魔術で成り上がる話
呪われた子が産まれたので、集落が滅んだのだが(作:アナログ人間)
ゴブリン族の集落には、一人の賢い男がいた。見聞を広める旅を終え、人間の知恵を得た彼は集落の中でも一目置かれる存在だった。しかし、そんな彼がいたにもかかわらず、集落は滅ぼされてしまった。……彼には、守るべき妻子がいたのだ。族長に『呪われている子』と呼ばれ、触れ合うことを禁じられてもなお、彼は集落よりも子どもを取った。彼の命を懸けた戦いが始まる。
scene:士気*(作:紅羊)
 異世界に設置された某国の軍事基地。そこではモチベーションの維持と、フラストレーションの解消を目的に、一部の軍人による非人道的な行為が罷り通っていた。
真夏のaku-mu(作:YUU_PSYCHEDELIC)
 この物語は、わたしが見た夢をほぼそのまま活字化したものである。少し突飛な描写や、急な転換なども含まれているが、そこを留意した上で読んでほしい。
異教の神々と異形の騎士(作:いたたたっ)
薩摩示現流の使い手,音無重三(おとなしじゅうぞう)は京に向かう船旅の途中で海賊に襲われ海に投げ出される。 目を覚ますとそこは、亜人と呼ばれる者や、神と呼ばれる強大な力を持った者達と人間達とがせめぎ合いながら生きている世界だった。
とりあえず異世界が平和で暇すぎるので辻ヒールをやってみた(作:酔生夢死)
回復系チートを貰ったタカシは、相棒のスーさんと共に辻ヒールして回る話 大切な人はいますか?
運試しゲーム     <夏>(作:黒猫っち)
運試しゲーム、このゲームの支配人、小鬼はいったい何を求めているのか…?支配感?快楽殺人?それとも…また違う【何か】なのか…。
私はヒロイン役の2Pキャラに転生しました(作:杜槻 二花)
妹が、乙女ゲームに格闘ゲームを足したゲームを買ってきた。 「私乙女ゲームの部分やるから、格闘ゲーム部分をやって」 そう言われて、遊んだこともあるんだけど……。 ーーー タイトルだけ思いついて、フワッと考えていたストーリーを書き出そうとしたら、書いているうちに、全然違う話になりました。 よくある。
誇れるもの(作:未成)
転生前夜、彼は一人願う。
勇者が魔王を倒した後(作:秋月都市)
魔王が勇者によって倒されたあとの世界。 勇者たちのその後、生き残った魔族と人間。 魔王が負けてそれで終わりなのだろうか。
忘却(作:橋本洋一)
三題噺です。『吸血鬼』『万感』『時代』でした
ヘルモードへの追放予告 〜今さら頑張っても、もう遅いのか?〜(作:鈴代しらす)
元いじめっ子にして現引きこもりの少年は、ある日の白昼夢の中で、世界の管理者を名乗る存在から無慈悲な宣告を受ける。 それは、異世界への魂の追放。与えられた使命もチートもなく、ただただ苦痛を強いられるという、夢も希望も無い転生の予告だった。 前世から積み上げてきた業により、追放を回避することは不可能。おまけに、転生の時期は『運命』が尽きしだいという、極めて曖昧なもの。 突如として直視させられた自分の過酷な『運命』に、少年は一体どんな行動を取るのか。
魔女のキャンディ 【ショートショート】(作:いとうヒンジ)
高森咲は魔女に出会ったことがある。 その時貰ったキャンディ――あの恍惚な味を、彼女は忘れていってしまう。 時は経ち、すっかり大人になった彼女の前に、かつての魔女が現れて……?
さようなら、私 -終-(作:Mr.popo)
不良になったら、まずは舎弟に焼きそばパンを買ってこさせたいですね。 これは100人中100人が同意してくれるでしょう。
望むものは(作:夢咲 真夕)
それは神様の気まぐれだった。でももしかしたら、少女は救われたのかもしれない。 ※虐待やイジメといったワードが出てきますが、直接の描写はありません。
亜人の娘と狩る者(作:永田直太朗)
戦争で荒廃し廃墟となった地で、逃げる亜人の少女に追っ手が迫る。 猫耳の亜人の少女と、本当は亜人を殺したくない兵士の男との、出会いと別れの物語。
続・英雄と呼ばれた男 ~引き籠もりのあがり症の俺だけれど、ゲームの最強キャラになって異世界転生したから今までの俺とは違ってバラ色の人生を送りたいと思う~(作:モミアゲ)
チートを持っての異世界転生 まあ、実際は理想とは別物だって話だよ。俺みたいな奴には特にね。 ※異世界転生好きの人には不愉快に感じられる所があります
奈々奈ミニマル(作:安藤ナツ)
神足奈々奈の家は代々“仙人様”に仕えている。 仙術を極め、地を離れ、天に昇ろうとする彼はあまりにも何も所有していない。 一体、人非ざる彼は何を求めているのだろうか?
魔女と予言と罪(作:両生類)
呪いに怯える少女とそれを救う男が出てくる夢。
【短編】指定人型害獣『転生者』(作:孔明ノワナ)
僕らの世界には、『ニホン』からの転生者が現れる。 僕はそれを、殺したいほど憎んでいる。 ――これは僕が『ニホン』の害獣を、全員ぶち殺す話。
男を観測する者(作:五木)
 男は奇妙な空間で目を覚ました。そこには天井も床もない。光も闇もない。時間もない。ただ、一人の少年がいた。少年は男にこの世界について教える。ここは、男が生まれ変わる前にほんのひと時身を置く場所。そして男は、とある姫を救うために何度も同じ人生をやり直しているということを。
体に落ち着かない(作:詩稀)
きーどん! 車にぶつかって異世界転生した私どうなっちゃうの〜!? ということはなく、ちょっとシリアス入ってます
破滅の機械の物語―嘗て人だった彼は、全てを滅ぼした。今一度、滅びた世界から世界を救うための戦いに挑む―(作:小鳥遊ちよび)
人とは何なのだろうか。 人とは、何のために存在するのだろうか。 人は、何故、頂点に立つのだろう。 私は、人が大っ嫌いだ。
REBORN(作:MK2)
私は魔法少女リボン、みんなの平和を守るために悪〜い怪人と戦ってるの、 でも皆んな強くてピ〜ンチ!? だけど秘密結社Rebornの秘密兵器リボンがあるから大丈夫!マジカルチェンジで怪人たちをやっつけちゃうわ!
一人だけ別ゲー・ゲーム性(作:まい)
 名も無きファンタジー世界。  その世界の人類は、ひどくイビツな生命体。  そこで原因は不明だが、世界の危機とさえ呼べる特大のスタンピードが発生した。  圧倒的な数の魔物達を前に、人類は危機を打ち払えるのだろうか?
悪魔と共にダンジョン(作:アルゴノゥト)
なんか適当な設定を思い付いたから書いた。 取り敢えずヒロインは私のドストライクに。
『魔女』(作:NIA)
『孤独な魔女』の誕生を描いたお話
天創紀/終末へと至る前奏曲(作:奏)
今ではない何処か。 此処ではない何時か。 これは星の数ほどありふれた。 英雄譚の一欠片。 初投稿になります。 元はながーい話の極一部を切り出して短編の体裁を取ったモノなので説明不足な部分が満載ですが、それでも良いという方はどうぞ。
魔導都市・短編・ファイアースターター(作:池田真人)
魔導都市、魔法と科学の混在する都市 高層ビルが建ち並び魔導の光が灯る世界
オーク「唐揚げにレモンをかけちゃうぞぉ?」 女騎士「くっ!……殺せ!!」 (作:しいたけ)
んほぉぉぉぉ!!!!
ゴブリンはボディービルダーを目指します(作:江保場狂壱)
 ゴブリンのゴブロウはボディービルダーを目指していた。身体が貧弱なので自分を変えるためである。オーガのトレーナーの元で筋力トレーニングに勤しむのであった。 とびらの様主催の人外短編企画作品です。
soulFighters/zero ~オカルト探偵になったあの日~(作:Coボレッタ)
この物語は、不可解な事件や、難解な案件に対し、その目その足で解決する、オカルト探偵の話・・・ その前日譚に当たるストーリーである。
パーティーから追放されたがっている無能がいるのでお望み通り追放してやった(作:青水龍)
パーティーのメンバーであるヘンリーは、自分のことを物凄く有能だと思っていた。スキル〈パーティー強化〉のおかげで、俺たちが活躍出来ているのだと。だが、実際はヘンリーは無能だった。彼は追放されることを望んでいるようだったので、俺は彼を追放することにした。
晴らし雨(作:唯月湊)
からりと晴れた青空から、さらさらと雨が降る。 天気雨のときにだけ訪れることのできる村の話。
不良品(作:怜梨珀夜)
 ある日、一人の年老いた人形師が家の火事によって死んだ。後に残ったのはその孫娘と、出来損ないの機械人形。人形にできることといえば、娘に愛を囁くことだけ。  今日も娘の車いすが、咎めるように小さく鳴いた。
ひどいゆめをみている(作:すぎざき凉子)
菊池セイラは学園に通う高校生だった。異形の闇からパパとママを守るために、戦う術を学んでいた。ある日、彼女は知らない世界に降り立ってしまう。そこは平和で、幸せで、優しい、夢のような世界だった。
スキル?呪いでしょ?(スキルハント番外編)(作:如月 上下)
スキルハント番外編 これは薊野 惜の世界へ向けての一方的な復讐劇
小説家になろうでよくある死ぬ前のシーンを重点的に書いてこの後他のまともな作品の俺TUEEEEを盛大に楽しむために読む、ある不幸な男の物語(作:asterism)
男はただ、世界から消えたかっただけだった。 これは、俺TUEEEE等、他の小説家になろう作品をすこぶる楽しく見る為の、ある不幸な男の物語だ。 しかし、現実にも存在するのではないだろうか。 捌け口のない怒りを溜め込む、やり場のない怒りというものが。 それは、そんな物を溜め続けた男が辿った、人生の話である。
ユウオウ様の贄(作:雛北)
ユウオウ様の生贄になることを拒否した少女は、鳥籠に監禁されていた。彼女を監禁したのは、にいさまとねえさま。 ※主人公が痛めつけられる、何得誰得私得の小説ですので、それでも読んでやるよっていう方はどうぞ!
シュガー・ロリィタ(作:天王寺 紅羽)
謎の生物の襲来、月の一部の落下により滅亡寸前まで追い込まれた人類。そんな中異形と戦い続ける一人の少女がいた。そして彼女を救いたいと願う少女。二人はめぐり逢い、時が経つと大きな決断を迫られることとなる──。
歌い手(作:桜羽 かおる)
短編小説シリーズ 9作目 陽気な歌い手の話 「そこの旅人よ。よければ私に過去を売らないかい」
転生したら奴隷になったがこの世界の奴隷制度はおかしい(作:魚の涙)
幸せな転生奴隷は実は騙されていると言うお話。 但し転生奴隷が不幸になる事はありませんので安心してお読みいただけます。 ※以前投稿した「人造勇者の壮大な復讐に関する秘匿文章」と「剣聖∴剣聖∵剣聖=剣聖」の間に入る話ですが、どちらも単体の話として書いてあるので本作だけ読んでも多分大丈夫。 でも前2作を読んでから読むとより楽しめると思います。
排影師は眠りたい(作:リンカ・シャロン)
時代は幻想も何もほぼ信じられなくなったころ。(まぁ、いわゆる現代ってこと) けれど、幻想じみた、人に危害を加えるモノが実はいるのだ! (それが影って奴) そして、そんなものを人知れず退治している者もいるのだっ! (つまり、それが排影師) そして…その者たちは夜な夜な危害を加えるモノを退治しているのである。(だから、学生で兼任していると辛いよねってこと)
「勇者はもう信じられない!」「ジャア魔物ナラ信ジル?」(作:夢幻論者)
俺は、勇者に裏切られて、捨てられた。 でも、魔物は、俺を助けてくれた。 信じる相手なんて、あっという間に逆転した。
呪いをかけられた女騎士様。所構わず「んほぉぉぉぉ!!」と言ってしまう様です(作:しいたけ)
女騎士様は「んほぉぉぉぉ!!」と言ってしまう呪いを受けるも毎日元気に暮らしてんほぉぉぉぉ!!!!
アンデット・カンパニー(作:チャイ)
謎の力によって不死者が溢れだした世界。 不死者の魂を解放することを仕事にしている主人公「陽」は歪んだ日常を今日もぼんやりと眺めていた。 短編なので続きはありません。
ねじ巻き老人の虐殺(作:小野寺 賢介)
あらゆる人間達が生まれる前からずっと雲の上でねじ巻きを回し続ける老人。そのねじ巻きが回転することで、人間と世界の運命が決定していたのだった。しかし、無意識のうちに己の意志の自由を求めていた人間達は、ある日突然この老人とねじ巻きの存在を発見してしまう・・・・・・。
電話機と目玉焼き(作:+神風+)
毎朝かかってくる、メリーさんからのモーニングコール。ある日主人公は、彼女に「これで199回目か。ご苦労さん。どうせなら200回目突破の前に跡形もなく消えてくれないか?」と言った。すると彼女は拗ねて、彼に悪戯をする。その悪戯にイライラする主人公がいった言葉は?そしてメリーさんの正体は?しんみり系の話です。
祝福の鐘(作:こうじ)
ミレーヌ・ランビアは婚約者だった王太子から婚約破棄を一方的に告げられたあげく妹に盗られてしまう。更に両親からは罰として塔に幽閉、鐘突を命じられてしまう。それから1年間鐘を鳴らし続け、迎えた王太子と妹の結婚式の日、ミレーヌはイライラや怒りを込めて何時もとは違う鳴らし方をした、その結果······。
神子姫様()とか面白い(作:天野きつね)
転生した私のいる世界に、神子姫様(笑)が降ってきました。ウケる。 非常にテンションの軽い転生令嬢による神子姫様観察日記(嘘)でござい。 ※「神子姫様()は帰りたい」の裏側にあった話。先にそちらをお読みになった方が分かりやすいかと。
恋人を寝取られるたびに強くなる男~呪われしユニークスキル〈寝取られ強化〉で無双する(泣)~(作:青水龍)
俺のスキルは〈寝取られ強化〉。恋人を寝取られる確率が上がり、恋人を寝取られた際にレベルがアップする、というスキルだ。俺は恋人ができるたびに、誰かに寝取られてしまう。なんとか寝取られないようにしようともがく俺だったのだが――。
用事を済ませパーティハウスに帰ってみたら、仲間の部屋も金庫も空だった俺の話(作:青山 文)
最強の<竜殺し>パーティ【北極星】二代目リーダーのグランツが指名依頼を済ませて帰宅してみたら… パーティのメンバー達は最後まで出てきません。ずっとグランツの独白で話が進みます。 仲間の裏切りって、やっぱり辛いよねって話。
戦いの火蓋(作:早瀬茸)
異世界転生した黒髪の男とそれに匹敵する金髪の男の戦いが今、幕を上げる。
死神(作:霧)
最近夏目漱石の「こころ」を読んだので、こういう書き方もいいよなあと思って描いた作品です。私ってわたくしって読むらしいですよ。
となりの勇者 事例その2(作:ハルカ)
実は俺は世界を救う選ばれし者なんだ。特別に君にだけ教えてあげよう。――――――――――――現代と勇者のお話その2です。
ブックライツ(作:田宮 憂)
本の権利を主張する団体がいる世界の話です。 この作品はカクヨムにも掲載しております。
狙撃兵は戦略爆撃機を撃ち抜く(作:黒麦 レンコン)
転生した獣人が、人型兵器に乗って数千メートルものの距離を狙撃する話。
わたしは勇者になりたい(作:神野アリア)
勇者になりたいわたしのなかには悪魔がいる。わたしが魔王を倒した暁には――。父とわたし、わたしと母、勇者と魔王について。私小説風異世界短編。
終末(作:sora)
ふと思ったんだけど、異世界って結局どこなんだろう、って話。 試し書き。
(作:ブロッコリー山田)
「僕は最近、毎日に"違和感"を感じている…」 楽しいはずの毎日に、正体のわからない"違和感"を感じている少年。 だんだんと大きくなっていく違和感、だんだんと分かっていくその正体… それは一体何なのか、そして、それに気づいてしまった少年の運命は…?
鬼涙(作:S.U.Y)
オーガと呼ばれる種族がいた。他種族と共存することなく、縄張りより追い払った。オーガの王は一匹のオーガを連れて狩りに出るが、狩りのできないそのオーガに腹を立て、怪我をさせたままねぐらへ帰って行った。残されたオーガは人間と出会い、手当を受ける。そして集落へ戻ったオーガは、部族が人間たち他種族によって滅ぼされる光景を見ることになるのであった。
ダンジョンで見捨てられた駆け出し冒険者の少女、吸血姫に覚醒する ~殺されたおかげで無双の力に目覚めました~(作:笹 塔五郎)
少女――フィーリは駆け出し冒険者である。 そんな彼女がベテラン冒険者に誘われてダンジョンに潜ったその日に、裏切られた。 魔物から逃げるための餌として使われたのだ。 妹のために冒険者になったフィーリは、何としても生き延びようと足掻く。 それでも逃げ切れず殺されたフィーリは、彼女を殺した『短剣』の力で覚醒する。 ――最強の吸血姫として。
偶然にも呪われし童貞を殺す服を着た女騎士はスキル【童貞キラー】で魔王を倒せるのか!?(作:しいたけ)
好奇心から【童貞を殺す服】を着たがいいが呪いで脱ぐことが出来なくなった女騎士様。しかしその服はあらゆる耐性を兼ね備えた究極の防具だった!! しかもオマケで【童貞キラー】のスキルを手にしたおかけで―――!? 剣と魔法と女騎士と童貞を殺す服の謎塗れなファンタジー物語!!
暗い部屋で父の夢を(作:山口寅哉)
吐しゃ物に覆われた道。薄汚れた町の中に一人の少女がいた。 お父さんが死んだらしい。 それから夜が怖い。 暗闇が怖い。 暗くて、長い、夜が怖い。 階段の多い町に、一人ぼっち。お父さんに会いたい。 一人きりになった少女の暮らしを、短編で書きました。
思い出の壊し方(作:ヤマ)
忘れたいことを壊す。
月下の庭(作:実穂)
 彼女が愛した庭で、かつての英雄は男を迎え入れる。
我儘お嬢様と無愛想なメイド(作:ゆる)
魔法の国リデアに住む我儘お嬢様アリシアは無愛想なメイドシェリルのことが好きだった。告白するもシェリルは「自分より弱い魔法使いに興味がありません。」とぶった切る。 そんなアリシアはどうにかしてシェリルを振り向かせようと勝負挑む。 果たしてその勝負の行方は…!?
機械人形たちと魔道士(作:鈴木太郎)
魔道士ヴァン 魔導機械人形(オートマータ)のプリマディール 自動魔導車(オートモビル)のアブサン 人と魔導機械仕掛けの者達のちょっとした冒険の日々
どんな世界だって構わない(作:鷹希)
誰かが言った、だから己はそうしたまでのこと。 だから、全てを斬り殺す。 異常故に、そんな己を受け入れ愛してくれた家族達を深く愛していた。 だから、その復讐に斬って斬って斬り捨てて、いつの間にか神の域に片足どころか両足突っ込んでいたような話。
レベルが支配するこの世界で(作:原田まるるん)
レベルが強さや社会的立場を表し支配する世界。 エスト・ウィーク(15歳 男)は呪いにより生まれたときからレベルが1のまま、上がることがなかった。 そんなエストに、レベルを上げずに強さを手に入れるスキルが現れる。 それは、世界を容易く滅ぼせる力でもあった……
【短編】いきなり異世界?大冒険(作:書き手ナメクジ)
出かけようとしたらそこは見知らぬ世界。 その一歩は新しい自分へのきっかけとなるのだろうか。 ノリはギャグに近いです。 あまりあらすじ書くと本文になってしまうので、いきなり本文にどうぞ!
ふりしきる雨は秘事をかくす(作:西おき)
はげしい雨にたたかれる夕暮れ時の路地。人通りのない路をひとり歩くリアは焦っていた。 この街は今、女性が一人で歩くには危険な事件が起きている。体中の血を抜き取られ打ち捨てられる怪奇殺人事件。その被害者は若者が多い。 不安を抱え家路を急ぐリアだったが、行く手に動く影を見つけてしまい―― 雨煙る路地裏に潜むのは気まぐれに罠をはる残酷な命の支配者。
堕ちた聖女は秘かに笑う(作:木崎優)
その日、聖女と謳われた少女が観衆の前に引きずり出された。 かつての美貌が見る影もなくなった少女の姿に、誰もが息を呑んだ。
自宅に戻ると更地になっていたため、幼女と二人暮らしする。追伸:勇者絶対殺す(作:猟犬)
魔王シュアルは仕事を終え、城に戻るとなんと城が崩壊していた。 そしてそこで拾った幼女スーと暮らす事になる。 しかしその幼女は……
異世界?いいえ、絶望(作:折笠)
家族を全員失った不幸を具現化したような可哀想青年が生まれ変わっても絶望を味わう物語 その過程でどのように主人公の心が動いて変わっていくのか
転生勇者が英雄になった理由(作:かいのうた)
幾多の戦いを頼もしい仲間とともに駆け抜け、幾万の人々の想いを背負い転生勇者・マサキは魔王の前に立つ。 これは、勇者の冒険の最終章。 刮目せよ! 勇者はいかにして魔王を倒し英雄になったのか!
常闇姫と銀色妖精Ⅱ(作:櫻塚森)
常闇姫と銀色妖精の続き。
農民から英雄へと成り上がり、世界を救った彼は更なる怪物を、敵を求め・・・・・・そして願いを求め、世界を渡る。(作:小鳥遊ちよび)
ヒトリの英雄の物語。 それは、孤独。 それは、哀しみと絶望。 全ては、割れ、崩壊する。 世界は望んでいた、彼の様な存在を。
愛し方を教えてくれたのは 〜魔女と人の子 番外篇〜(作:不知火 初子)
連載小説『魔女と人の子』の番外篇となります。(完結済)
桃太郎運命共同体 ~この醜男でクソザコでお調子者が死んだら俺らも巻き添え……かつ目立ったらいけないらしいので必死に黒子に徹した~(作:鯣 肴)
犬、こと俺、紐犬(ひもいぬ)は、ある日夕方街道の中間地点である男に出会った。黒子の恰好をした猿と雉を従えた、デブで、草履みたいな顔をした、鼻水垂らした醜男、桃太郎に。 こいつが差し出したきびだんごを、猿の忠告を聞かずに食べた俺はそれから先地獄を見ることになる。 桃太郎の残機として……。 俺たちの、いや、俺の明日はどっちだ!
形の無い復讐(作:零河 昏)
つまらなく、それでも楽しかった平穏な日々。それは一人の男によって、一方的な蹂躙の末、無残に破壊されてしまった。 両親を目の前で殺された少年は怒りを煮え滾らせ、男への復讐を誓うのだった。
人造勇者の壮大な復讐に関する秘匿文章(作:魚の涙)
テンプレート(?)的な異世界召喚物っぽい物語を最大限圧縮してお届け。 ざまあありチートあり会話文なしでさくっと簡潔に。読み易いかどうかは人によりけり。 行間を妄想して楽しんで頂ければ幸いです。
自分の為に異世界に残る(作:島弘)
意識不明の妹を想う兄が異世界に召喚されてしまう。 兄の選択は如何に。
運試しゲーム     <2009>(作:黒猫っち)
暗闇の部屋で目が覚めた主人公脱出するためかゲームを楽しむためかゲームの支配人を探すゲームに終幕が降りる
狭間に住まう闇(作:風白狼)
 とある異世界に、“アザトホール”と呼ばれる場所があった。そこは人間の姿をした人<イシュルタ>の民と動物の姿をした龍<イツァナム>の民が最高神の姿をめぐり、どちらが神の末裔であるのか争う世界――――これは彼らの狭間で暗躍するとある女性の物語である。  ※この作品は原作者・初心者マーク様の許可を頂いた上で、『アザトホール・ランタン』(http://ncode.syosetu.com/n9308bu/)の世界観や設定をお借りして書いた二次創作になります。興味のある方は是非原作も読>>続きをよむ
ロリっ子吸血鬼の初めての友達(作:宮森優太)
不気味な雰囲気の夜。芳恵が眠っていると、黒い影が現れて芳恵を襲おうとするが……。孤独な二人の少女が出会い、友人となるまでの話。
友達ウケが良かったので悪役令嬢を演じていたら、えらい事になった話(作:raha)
幼馴染の友達たちにノセられるがまま悪ノリしすぎた悪役令嬢ソラリアはは婚約破棄されてしまう。父親の怒りを買った彼女は僻地へと送られてしまう。彼女が僻地の領地で出会った者達はとても弱く、儚く、小さき存在だった。
煮詰まる【ジャム】(作:まい)
 なんか変なスキルを思い付いたので、物語形式で書いてみた。  時代は現代風。 原理も原因も不明ながら、異能力を全地球人が使えるようになった世界。  その使えるようになった第一世代の、小さな事件が今作の話。
夜に狩る者(作:道化者)
夜、そこに在る物語。とある少年と異形の怪物。1人と1匹の戦い。
思いの鎖は(作:4ビット)
ソマリアに人道援助要員として出向いていた、主人公の親友、高峰宏也。毎夜掛かってくる、彼からの電話は、ソマリアの現状を知らせる。だが、それはただの連絡ではなかった。
ある狩人の少年と鷹の王者の物語(作:ふつうのにーちゃん)
鷹、それは地上に生きる者全ての憧れ。 その大いなる翼で天空を駆け、碧い眼孔で全てを見下ろし、いともたやすく獲物を狩り続ける。 何者にも縛られぬ絶対的な王者、それこそが鷹である。 狩人の少年ミュウもその天空の覇者に憧れる者の一人だった。 その彼がある湖畔の森にて、巨大な鷹と出会うところから物語が始まる。……それは人語を喋る鷹だった。
さようなら、私-2-(作:Mr.popo)
お餅って年末年始しか食べないですけど、めちゃくちゃおいしいなぁ
復讐者、ヴェンディカトーレ(作:シロガネ)
もしもあの時、あれをしていれば。もしもあの時、あのように動いていれば。 歴史を振り返っていると、1度はそう考えたことがあるだろう。 これはそんな『もしも』が本当に起きていたときの話。 悲しい少女の話。 ――といいつつ、戦闘描写練習のために作られた作品。題名もあらすじも意味をなさない。
今日も僕らはだんじょんに潜る(短編)(作:暁月夜空)
今日もいつものようにナナと二人で森に冒険をしに行った。 今日のナナは調子が良いらしく、いつにも増して「もっと奥まで行きたい!」とわがままを言って聞かないので仕方なく進んでいった。 最近陽が沈むのが早くなってきていることを辺りが薄暗くなるまで忘れていた僕はナナにすぐそのことを伝え、急いで町まだ戻っている最中に事件は起こる——
マリーはいない(作:朱鷺)
とある学園にて行われた婚約破棄。その出来事のため、その学園ではマリーという女性はいなくなった。 ※王子側からみると、令嬢は悪役なのでキーワードに入れています。特に代わり映えのしない、婚約破棄の話です。
私は、あくまで、悪役令嬢です(作:華洛)
 私こと、エヴァ・カタストロには秘密がある。  転生者であり、転生先が乙女ゲームの悪役令嬢で、悪魔。  そう。私は、不幸なことに悪魔で悪役令嬢に転生してしまった。  乙女ゲームでの悪役令嬢は全ルートで死刑確定。  更にゲームの舞台である帝国では、悪魔とバレたら即死刑。  死と隣り合わせの、薄氷を踏む思いで日々を送る事になった私はゲームを根本から壊すことにした。  ゲームのヒロインである平民であるフェイトを幼少の時に知り合い専属メイドとした。  光源氏計画ならぬヒロイン育>>続きをよむ
家政婦は見られない(作:桐咲バツ)
わたしはホブゴブリン。妖精だ。人間ではない。 今日はわたしの仕事について、ご紹介してみようと思う。
王と奴隷(作:YY)
壊れた少女と壊れていた男の出会い、世界は劇的な運命が大好きらしい。 短編です。もし気に入って頂ければ感想下さい、多ければ連載化も検討します。
雪の降る日(作:夢星 藤姫)
久しぶりに積もった雪のある日、突然子どもの頃の思い出を思い出した雪哉。 昔、よく遊んだ山の奥地の霊木で誰かと何かを約束したが何をどんな約束をしたのかまでは覚えていなくて。気になった雪哉は記憶を辿り懐かしむつもりで約束した場所へと足を向けた。徐々に鮮明になる子どもの頃の記憶。遊んだ相手の男の子。 そして約束した場所で、雪哉は『彼』と再会する。
小人の姉妹(作:一二三 四六)
小人の姉妹はいつも仲良し。村を飛び出して二人で幸せに暮らしている。 あるとき二人は喧嘩をした。二人にとっては人生で初めての、姉妹喧嘩だった。 SS作品。
彼は英雄になった(作:ハナザー)
 先の大戦は、彼によって終結した。世界は彼をほめたたえた。彼は、自分の名前を捨てて英雄となる道を選んだ。  ならば、彼に捨てられた名前の存在はどこにあるのだろうか。
Crazy for you(作:アンデッド)
永遠に続く放課後で兄妹が始める、禁じられた遊び。そして新たな創世記が再び始まる――。 コミカル、シュール、ハイパーダークファンタジー掌編。 ※他サイトに掲載した作品の完全版です。
治癒術師はいかにして苦痛を愛するようになったのか?~聖女様は痛いのがお好き~(作:PONぽこPON)
治癒術を駆使し、聖女と呼ばれた女性がいました。 その女性は生涯を掛け、勇者に仕えました。 そんな女性の独白をご覧ください。
双子は生きて待っている(作:さゆの)
1年中寒くてよく雪の降るこの国が好き。でも1番は3人でずっといること。だから私は聖女として、私のできることをするの。ごめんね。
俺とおっさんといちご鼻(作:サムライタロウ)
 俺こと、坂本太一は17歳でこの世を去り。剣と魔法のファンタジー異世界に転移するチャンスを得た。  ただ一点だけ、俺の想像と違う事があった……。  それは、俺たち転移者はとんでも無く小さくなっていたという事だ。  そして今日は初仕事の日。  与えられた仕事は『いちご鼻』を綺麗にする事だった……。
桜の木の下で俺達は異世界へ召喚された(作:だん)
桜が舞ってるこの季節に僕らは召喚された。 そこは異世界だったが異世界にも桜が咲いていた。 でもそんな事はすぐ意識外に追いやられ僕らは混乱した。 何せ突然異世界に召喚され完結に魔王を倒してくれって言われたからだ。 そんなの無理だってみんな思った そこから大混乱・・ それから何年たっただろう長いような短いような まあどちらでもいい。 俺たちは魔王を倒し地球へ帰れる! 嬉しい! 嬉しいはずなのに! 何で涙が流れるんだ? ・・・そんなの分かり切ってるんだ。 あの>>続きをよむ
オルバースパラドックスとソロモンの悪魔(作:安藤ナツ)
とある魔導師が『オルバースのパラドックス』の真実を暴く為、とある魔神の召喚を試みる。 ※ オルバースのパラドックスは既に解決された、実際にあった天文学のパラドックスです。   が、この小説では同名のパラドックスが存在する異世界のお話になってます。
蚕食(作:鴨野朗須斗)
吉岡マナは宇宙人である。
嫌われ王子と偏屈魔女(作:護道秀汰)
嫌われ者の王子ゲインは街の噂を聞きつけ、街外れの森にいる不思議な魔女「はずれの魔女」に出会い次第に惹かれていく 「はずれの魔女」もどれだけ邪険にしてもめげないゲインに徐々に打ち解けていき... これは小さな国にいる変わり者2人の不思議な恋と冒険の物語
地球を滅ぼしに来た侵略者は心をもたない少女でした悩んだ俺はとりあえず彼女にファミチキを食べさせた(作:ゴールデンチョコバットさん)
「1人の少女によって首都は崩壊しました」 テレビに映るニュースは世界の終わりを告げていた。
偽物の光は本物よりも劣る(作:餡)
その宝飾店に持ち込まれたエメラルドの秘密と持ち込んだ青年の想い。 ※本作品は「個らぼ」様主催『絵描きと物書きのコラボ企画・第一回』に出品させていただいている作品です。 ※本作品はなろうオンリーでの掲載です ※本作品は肥前文俊先生主催第6回『書き出し祭り』第二会場参加作品「花陰に微笑む」の視点変更ものです。
エミールと空の国 (作:天崎 剣)
世界には、二つの人間が存在する。翼を持つものと、持たないものだ。エミールはそう信じて疑わなかった。 ※カクヨムにも掲載。
透明な追憶(作:東雲白雨)
イマジナリーフレンドに救われていた人のお話。夢でもいい、また会いたいと思ってしまう。けれどその人は優しくて厳しい人だったから。 pixivにも掲載しております。
勇者の憤怒/魔王の憂鬱(作:まかろーん)
果たして、正義とはなにか。 人類の安寧を願う勇者と、世界の平和を願う魔王の戦い。
命の檻(作:雨宮終)
 エトラ・クロワーズとニール・アンヴレアは呪われていた。  それは不死の呪い。  死ねない二人は死に場所を探しながら、ある存在から逃げ続ける。  そして辿り着いた場所とは――――。  
単発作品:夢の少女(作:YAKURO)
夢についてウンウン悩んでいるおっさんがうっかり眠りコケる。 しかし、その眠りこける前の数十分前に呼んだファンタジー小説が原因で変な夢を見るのだった。
魔王を滅ぼせない私たちの使命(作:生涯人)
 魔王は勇者以外では倒せない。  私たち人類は絶滅寸前というところまで追い込まれ、最後の希望である勇者を召喚することに成功した。  彼らを戦場に出したくは無かった。けれども、私たちには他に選択肢が残されていなかった。  そして、私たち人類の魔王に対する最後の抵抗を、私たち人類の底力を見せる戦いが始まった。
この世とあの世の間(作:井ノ上學)
一人の男がこの世を去ることにした。あの世に行くと見たことがない恐ろしい化け物がいる。その化け物は男にある事を質問した・・・。
僕と君と(作:水城璃音)
僕には好きな人が居る でも、この恋はきっと叶わない… 昔に書いた作品です。 基本的には男の子視点ですが、一部女の子視点を含んでいます。 pixiv投稿作品です。
氷葬(作:文咲るね)
雪と氷の街のすぐそばに、遥か昔から凍ったままの湖がある。街の人々が亡くなると、彼らは土ではなくその氷の下に、遺された身体を眠らせた。 雪と氷の街に住む少女、リディア・ゼレーニナは、先日、双子の妹を亡くしたばかりだった。 去年の夏に部誌に寄稿したものに、加筆修正を加えました。
魔王が倒れた。(作:RC)
魔王が倒れた。その後の物語。
【プロローグのみ】実は領主な俺が身分を偽って冒険者のポーターしてるけど、今回追放されて(偽の)婚約者も寝取られて実家に帰り、内政へ注力してたら自然とざまぁになってた【連載化しない】(作:まい)
 人気が出たら、連載に…………しません!!  するわきゃねー。 完全(中途半端な所で)読み切り!  ~~~~  プロローグのみです。  冒険者のサポートを行うポーターという仕事をしているガーチア。  そのガーチアがこの度追放されました!  しかも追放するほど悪いやつとして、パーティーへの慰謝料に婚約者まで盗られてしまう。  これに参ったガーチアは追放を受け入れて、パーティーから抜けた。  そして抜けたガーチアは実家へと帰り、家業に専念すると、これが大当たり! >>続きをよむ
なんか異世界が平和で暇すぎるので辻ヒールをやってみた(作:酔生夢死)
回復系チートを貰ったタカシは、相棒のスーさんと共に辻ヒールして回る話 二人は割とツーカーの仲
魔王城で喫茶店をオープンしました 〜『勇者様、とっておきのスキルを持つ俺をパーティに入れたら、楽勝で魔王を倒せますよ』〜(作:桜草 野和)
 冒険者タケルは、魔王城で喫茶店をオープンして、勇者のパーティがやって来るのを待っていた。  喫茶店は、予想以上に繁盛し、テナントの貸主である魔王も、冒険者たちにバレないように密かにリピーターになる。  タケルは次第に魔王と仲良くなっていき……。  お気軽にお読みいただけますと幸いです。
最強の男(作:紫葉 太郎)
練習で書いた掌編小説その1
永遠に誇れる人生を(作:四季)
私は深い森にある村で生まれたーー。 生きてきた人生を振り返る青年の話。
ニンゲンとカミサマ(作:早村友裕)
静かな街に、空から舞い降りてくる、『彼ら』――彼らは、死を届けるモノだった。ただ『在る』コト、『生きる』コト、ニンゲンが神に求めたものとは。◆◆これは黒雛さまの絵につけさせていただいたイラスト小説です◆◆
大切な”大切”と少女(作:シルティ)
記憶をめぐって少女が何かに気づくお話です。 短編なので時間の空いた時にでも。
甘き幻想に「サヨナラ」を ~灰かぶりの章~(作:想兼 ヒロ)
ハッピーエンドのその後はどうなったのかって? それはね、ハッピーとは限らないみたいだよ。
白銀の戦姫と黄昏の道化(作:睦月みと)
歴戦の冒険者である二人は罠にはまっていた。 いつものように依頼を受けると、それは悪魔を崇拝する邪教団の罠だった。 絶体絶命と思われたが、冒険者というものは起死回生の一手を持っているもので――。 これはいずれ世界に名を残し、世界を変える白銀の戦姫と黄昏の道化のいつかの旅の途中の話。
青い花と桃色の花弁(作:文崎 美生)
花を吐き出す奇病の女の子と、女の子の入院する病院の看護師さんの話
異世界に転移した俺はカップめんで百万人を救う旅をする(作:流星ガンホ)
カップめん百個を無駄にした罰として、俺は異世界に飛ばされた。 罪を償う為には、百万人の命を救うこと。その為に俺は神様から与えられた『カップめん』を召喚する能力で今日も人々を救う旅に出る。 これはなんか事件があったら、カップめんを食って解決するという意味不明な男の物語です。 風景描写、戦闘描写など細かい部分はツコッミなしで!
銀の風(作:東雲鷹文)
人魚との出会いが一人の少年をかえた。
迷える子羊よ、10秒で罪を告白しなさい(作:aqri)
とある国のとある教会の懺悔室。今日も懺悔をする人々の話を聞く司祭。 話が長いしくだらないしガチな罪もあるし、面倒だから10秒で罪を告白してください。 あなたの罪はなんですか? この作品はエブリスタにも載せています。
これから、三人。(作:なずな)
メリーは、一人で旅を続ける元兵士。何かの導きにより、かつて自分が務めていた王国の跡地へと足を運ぶ。そこで出会った幽霊の女の子、ウェルダ。 二人が探すもの、それは、指輪。それから──? アルファポリス、エブリスタにも掲載しています。
stay with me(作:朱瑠璃)
花が好きな少女と機械のメイドのお話。 ノートに書いた1ページお題小説が1ページどころじゃなくなったので投稿しました。 お題:『はな』
ファンタジー世界に召喚された自衛隊は身内と戦っていますた(作:303 ◆CFYEo93rhU)
日本が国ごと異世界転移! 剣や弓で戦う中世風の軍隊とは違う、魔法を使う相手に大苦戦。 大苦戦の理由とは……。 ※重要※ 本作は 「自衛隊がファンタジー世界に召喚されますた(分家)」 https://jbbs.shitaraba.net/movie/4152/ に投稿した短編の重複投稿となります。
ある刀鍛冶を想う男の一生(作:神馬草子)
小さな村で一人鍛冶屋を営む子供と、その幼馴染。 二人の前に魔女が現れ刀を打って欲しいと言ってきた。 「ある刀鍛冶の一生」を読んでから見ていただくと分かりやすいと思います。
名もなき約束の木の下で(作:DEER)
名もなき桜の木の下で少女に約束を交わした少年は、五十年後同じ場所に足を運ぶ。 しかしそれは望む形ではなかった……。 始めての投稿ですので、読みやすい書き方とかは分かってません。 勢いに任せて徹夜で書いた5000文字くらい、是非ともご賞味あれ
救世主としてチートもらって転生したはずが(作:ホムラ)
ある日死んでしまった主人公は、チートをもらって転生するチャンスを与えられる。 チートもらって俺TUEEEしましょうよ、と言われ転生するも何かがおかしい。 邪神はびこる世界に転生した彼が見るものは!? 短編です。短めですのでさらっと読めると思います。 感想お待ちしております。
短編 泣き崩れる主人公《オマエ》と笑いいく踏み台《オレ》(作:モミアゲ)
踏み台キャラ……それが俺の役目、多くの世界で多くの主人公の噛ませ犬となり、路傍の石ころのように蹴飛ばされて役目を終える。 地獄の日々だが私が何よりも願う幸福の為ならば……。 ハーメルンでも
手紙の夢(作:藤ヶ谷 秋子)
孤独な少女は夢を見た。その夢に現れたのは... パラレルワールドから来た未来の自分!? 彼女の言葉で、少女はどう変わるのか。
外法士(作:カシータ)
外法士と呼ばれる女と、復讐に身を窶す青年との、ひと時の邂逅。 ※挿絵はSHiRA氏より。素晴らしい出来。
無感情のリサ(作:枝豆)
リサとマリーは無感情な機械 荒廃した世界の中で唯一残った稼働物である
sole(作:トミネ)
太陽 私にとってそれは 大好きなもの。
慈愛のテルール(作:守谷 雪)
《注意》 ・精神が安定した状態でお読みください。 ・当作品を読んだことによる精神的な被害について、当方は一切の責任を負いません。 とある世界、とある国の城下町。 過去に仲間たちからパーティーを追い出された青年レオンは、次第に剣と魔法の実力を身に着け、今や一つのギルドの長を務めるほどになった。 「誰も見捨てない」という信念を胸に日々を過ごすレオン。 そんな折、彼のもとに昔の仲間が訪れる……。
神々の秘密(作:天川ひつじ)
二つの国で争いがあった。敵国の人を妻にした。
Diamond Lilly(作:H∀RUゞ)
子どものころの記憶。 夢に見るあの日の記憶と、自分の背負う運命から逃げる毎日 誰もが必ず持っている影と向き合う旅の途中…。 生き方を迷う旅人が出会うモノガタリ。 大切なものを失ったとき "あなたなら、どうしますか?"
貴方は神様を信じきれますか?(作:車馬超)
私は神様を心の底から信奉している。 その教えに従い襲い来る悪魔へ立ち向かった私には神様の加護があるはずなのだ。 なのにどうして、私だけが敵にやられているのだろう。 「いやぁ、ごめん……よそ見してた」 「悪い悪い、お詫びにやり直させてあげるからさ……これからも私を信じて清く正しく生きてね」 死ぬ間際に聞こえた神様の声、そして本当に私は人生をやり直した。 全く同じ日々が訪れる中、私はそれでも神様を信じ抜こうとした。 そして……再び悪魔たちが襲い来る日がやってきた――
時間屋さん(作:真下地浩也)
 とある日、とある場所で時間が売り買いされている。  人は彼のことを時間屋と呼び、時間の売買をする。  これは彼と顧客の物語。
災厄の始まるところ(作:とーへんボク)
魔女の呪いが天変地異を巻き起こす 討伐へと向かった者達が見た真実とは…
タダ働きなので待遇改善を求めて抗議したら、精霊達から「破壊神」と怖れられています。(作:渡里あずま)
出来損ないの聖女・アガタ。彼女は、そう呼ばれていた。 だが精霊の加護を与えられた、新たな聖女が現れて王子から婚約破棄された時、彼女は前世の記憶を思い出した。 「だったら、今までの報酬を払って貰えますか?」 ひとまず、書きたいところ(主にタイトル)だけ書きました。 ※重複投稿作品※
魔王「その剣、ちょーだい」9(作:Mr.popo)
10連休は長いよねぇ。どうしたもんかなぁ。
魔王の子どもになっちまった(作:HERON)
魔王に殺された勇者が、魔王の子どもに生まれ変わってしまった話。
ふたたび魔王(作:紅藤)
誰よりも願いに聡かった、幼き魔王。奇跡は、死の先に。 おいわい魔王の続きだね。
死神の呪い(作:島国)
殺したい程憎んで永遠を奪った相手は、愛を誓って永遠の命を分かち合いたいと願った人だった。 死神×魔法使い ※攻め視点
女騎士さんの道の末(作:しつマ)
女騎士さんの最後の場所。 最大級の囮作戦!!!!
勇者パーティーから追放されたらマスコットになっていた。自分で何を言っているのかわからないがどうやら現実らしい。(作:〇〇鱈)
失ったものを取り戻そうとがむしゃらに生きてきたカイム(35)は、とある日勇者から戦力外を宣告される。
不死の英雄 ーGood night my dearー(作:イトウ モリ)
僕が不死の体を手に入れたのは、死ぬのが怖かったからじゃない――。 300年に一度、僕は滅びの魔女と戦う。 そのために僕は不老不死の体を手に入れた。 でも僕は、滅びの魔女が憎かったんじゃない――。 僕の本当の目的は――。
村の神様と白雪姫(作:文月 彩葉)
 とある村には、昔ながらの“風習”があった。  それは、数年に一度、村の神様に美しい少女の生贄を捧げるというもの。  その村の神であるハデスは、新たな生贄として選ばれた少女と出会う__。
孤独な戦士は、今日も悪事を100%見抜く(作:まい)
パラレル世界。  その名も“チック=ニ=チアサ”  毎年起きる大なり小なりの異変。  その異変だが、今年は妙にみみっちい。
城屋敷 利加は狙われている。(作:はや)
城屋敷 利加はヤバい奴に狙われる。 ヤバい奴はマニュアルや魔界獣などというわけもわからぬ事を呟き、犯罪者予備軍の様な行動を取ったりする。間瀬葉 領。 ちょっと苦手好みが分かれやすそうな作品です。
魔王の血 聖女の器(作:瀬嵐しるん)
世界を巡って魔導機械のメンテナンスを続ける僕は、ある国で王女様と出会った。◆◆◆『日陰をゆっくり歩く二人』のその後の物語です。主人公が変わり、それぞれ単品でお読みいただけます。
彫刻家の妻(作:鈴原りえる)
彫刻家の夫は妻の注意を聞かず、「オレは、美の女神より美しい女性像を彫ることができる」と、うぬぼれた。王室の依頼で彫りあげた美女は命を持ち、夫をとりこにする。妻を捨てて、美女と駆け落ちした夫。数年後、王宮警察の捜索隊に発見された夫は……。美の女神の呪いに翻弄されながら、待ち続けた妻は……。 ピクシブにも、同じペンネームで重複投稿しています。
【クールな勇者とやさしい魔王7】お別れの始め方(作:朔夜)
※単独でも読める物を目標に書いていますが、シリーズを通して読んで頂けたら嬉しいです。  シリーズURL⇒http://ncode.syosetu.com/s6551d/ 魔族と人族が戦争をしていたそんな世界。 クールな勇者とやさしい魔王が国を立て直すお話。 シリーズ七作目となる本作。 タイトルがネタバレ\(^ω^)/ ★簡単なおさらい★ 魔王と勇者対峙⇒友達になろうよ⇒外交官必要じゃね?⇒バランスが大切⇒経験が大事です⇒お祝いしましょ!⇒特産品ができました⇒本作
血に堕ちた日(作:黒野晋)
魔王として知られるルシファーは、もとは熾天使ルシフェルであった。しかし反乱を起こしたことによって天界を追放される。魔王の悲しい過去と魔王に堕ちたわけとは?
安綱(作:雨野 海)
鬼が住まうといわれる大江山で、一人の山伏が道に迷う。彷徨った後、一軒の山小屋を見つけた山伏は、主人に一晩泊めてもらえないかと頼む。その主人の正体は…
名前のない(作:moes)
会えなくなる理由を「結婚」にして、あなたに惜しんでもらいたかった。 この作品は自サイト、および他小説投稿サイトにも掲載しています。
蓮蛇(作:quiet)
『即興小説トレーニング』に『お題:知らぬ間の花』で書いた同名小説のリライトです。
太陽は卵の黄身のように(作:貴志博充)
青年ネモは全てが終わった後、義父の研究所へ赴く。
異人体間抗争における平和活動と実体の乖離に関する報告(作:RAMネコ)
遠い地を思う時、人間は見たいものだけを見ることで、それを強く意識しそれが全てであるかのように思い込む傾向がある。全体に対する視野はそこにはなく、極めて狭いものを全てと捉えがちである。だがそのようなものでも、やはり当事者でないものにとっては現実である。正義という甘い毒に惑わされ、悪という盾を持つことがもっとも避けるべきだ。
叫び(作:植田)
鬼と呼ばれる不死身の少女たちを処理する施設を訪れた男、矢野。不快な音を聞きながら、矢野はいら立ちを募らせていく。
笑顔の為に 3  異世界転移したよ! 外伝(作:八田 若忠)
「異世界転移したよ!」の94話からの分岐したお話と、「笑顔の為に」完結話です。
海底深呼吸(作:傷痕)
 淡原光子は社会の歯車だった。  昔は夢もあったが、忙殺される日々にそんなことを考えている余裕はなかった。  なんとなく海を見たくなった光子は、深夜から明け方に掛けて車を走らせ、そして砂浜に辿り着いた。  遥かな海とその波音。  そして潮風を感じた光子は、気付けば海に入っていた。  そして意識を手放そうとするが――。  なぜか目を開けた光子を待っていたのは、数奇な出会いだった。
不思議な喫茶店へようこそ(作:雨水)
どこかの掲示板に出てきた喫茶店のマスターの店に立ち寄った男性の話
人狩りの夜に(作:フレイル)
人狩りの夜に外に出てはいけない…… 人狩りと呼ばれる夜に外に出ていた女は何かに追われ、街の中を走り続けていた。 ※残酷描写を含むので、ご注意ください。
(作:佐藤紗菜奈)
目の前にある箱を見つめる彼 中に何が入っているのか気になって待ちきれない子供の様に。 彼氏からの電話を待ち望む女性の様に。 兎にも角にも、箱が開かなきゃ話は始まらない。 彼の望むモノは?
異世界の魔法鑑識班(作:会津遊一)
普通の人間であるリエン警部補は、魔法が使われた殺人事件を調べるチームのリーダーであった。特殊能力はないが知恵と勇気で、巨大な教会の天辺で密室状態のまま老婆が銃弾で撃ち殺された事件を捜査する。
転移して八時間、死刑執行されました(作:脇野やく)
|戸有音駒《とあるおとこ》、彼はテンプレチートを得てテンプレ転移し、テンプレのヒロインとの出合を果たし、いちゃラブライフ異世界ライフを果たそうとしている でも彼は気づかない、その先で彼を待っているのは死刑であると
空想と泥人形(作:東雲白雨)
モノガタリの生みの親とモノガタリによって生まれてしまった子の、絶対的に埋まらない距離の話。 pixivにも掲載しております。
異世界=異界=ログ(作:北條カズマレ)
ある女神がいた。彼女は転生を司る女神だった。現実世界と異世界のハザマで、どうしても届かない「異界」に手を出そうと転生者を送り込もうとしていたが……うまくはいかないようだった。
平成の武士達 新平治の乱5(作:大島優子)
前田敦彦や他のメンバーが語る。 今回は歴史の話題も出ます。
黒騎士と白騎士(作:白頭イワシ)
その日は日も差さぬ曇りの日だった。
スマホ転生!! 〜突然ダイレクトメール詐欺で誰も知らない世界に連れてこられたけど、貰ったチートでどうにかするしかないようです〜(作:ぽんぽこりーぬ。)
スマホゲー中毒のカンナギ ナオトは、今回のガチャでも爆死した!! 「もうやってられるかぁ゛ぁ゛あ!!」 「そんなアナタに異世界転生をどうぞ」 友達も彼女も居ないこんな世の中なんてこっちから捨ててやる!! 転生したナオトは最強チートで敵ナシ……!?
彼女と天使の夜と朝(作:たかはしあつし)
 ありふれた夜に、ありふれていない天使と。  自サイト「変拍子な日々、」(https://hnbs7.wordpress.com)にも掲載。
救世主の末路(作:郭公)
戦争でみんなを救ったある救世主の話
言葉で語り得ないなら魔法で伝えるしかないじゃない!(作:射水 航)
登場人物 深川ナツミ:魔法使いの女性。32歳 教官:ナツミに魔法を教えた女性。享年42歳(生きてれば53歳) ※カクヨムにも掲載してます。 https://kakuyomu.jp/works/16816700428236791828
ジャングルの夜(作:アンデッド)
二つの月が満ちる夜、あの木の下で、また逢える――。 待ち合わせシチュエーションのロマンティックショートストーリー。 ※他サイトに掲載した作品の完全版です。
異世界勇者ブレイ・ハウザー 第7話「飛べ!龍戦士の誇り!」(作:きばとり 紅)
飛行機事故に遭い、落ちた先でトラックにはねられ、橋の上から川へと落ちた「私」は異世界の創造神に助けられた。 創造神の作った別の世界では今、世界を支配しようと企む魔界からの侵略者が現れて、人々を苦しめているらしい。 創造神が言うには、「私」にその世界へ赴き、人々を導く勇者になって貰いたいそうだ。 一度は死んだ命。せっかく助けてもらったのだ。「私」は創造神から勇者に相応しい肉体とパワーを授かって、異世界で「勇者ハウザー」として転生する。 ハウザーを受け入れてくれたのは善良な人々が>>続きをよむ
カクマの子(作:光太朗)
とある願いを叶えることができると伝えられる、カクマの子。二人の男が、彼に出会う。それぞれ罪を犯した二人が、カクマの子に何を願うのか……──☆★☆「春・花小説企画」参加作です☆★☆
言の刀(作:半空白)
これは少年が悪意と出会い、その悪意から救われるところから始まる物語を例によって例の如く短編にしてから長編にするか考えるために書いたただの駄文である。
空っぽの怪物(作:しまねこのダイ)
 そこは人のよりつかない秘境の地。  昔からの人類の夢、完全な人間の創造。  それを成すためにそこはある。  そこの最高傑作と呼ばれるものがいた。  それは高い知能に柔軟で強靭な肉体を持つ、あらゆる理を納めたもの。しかし、それは能力は完全に近くとも明確な欠点があった。  それは心がない。人を思うことができない。  それは理性の怪物。  それは里で得るものがないと判断した。  里の人々を消し、里の痕跡も消した。  こうして最高傑作と呼ばれた怪物が世に解き放たれた>>続きをよむ
【SS】L.E.D(作:しろみ)
記録映画が終わったあと、雪道で老人に訪れた真実とは…?
守護者(作:Con-Kon)
勇者は魔王を打ち倒し、世界を救った。 しかし、それは新たな悲劇の始まりであった⋯⋯。
落ち込んだときは犬にご注意を! しゃべり出したら、貴方の身に大変なことが起きるかも?(作:御堂修作)
少し昔の高度成長期、家には言葉を話す犬がいた。その犬を大阪万博に連れて行ったとき、大きな事件が起きる。そして主人公の身にも大変なことが…でも、それは今の時代にも起こるかもしれない…昭和史を題材にしたファンタジーをお楽しみください。
孤独のアシュラム ~勝手に勇者パーティの暗部、外伝(作:スカイ・ノーレッジ)
 「勝手に勇者パーティの暗部を担っていたけど不要だと追放されたので、本当に不要だったのか見極めます」の外伝的短編です。  アシュラムだけなんの罰も受けてないよね、というご指摘を受け、かつてのように生きられなくなった彼の現在と、当時の記憶をざっくりとまとめてみました。  物理的な罰より、よほどダメージが大きく、長続きするのではないかと思います。
闇籠り(作:空無)
彼女は私の大切な友人。罪深く、憎んでもいい筈の私を受け入れてくれた彼女。……彼女は私の、太陽だったんです。
ハッピーエンドだけが許された世界(作:やまおか)
遠い未来の地球、人類は一つのドームの中で生活していた。ここでは一つの人工知能によって人間の生活は管理され、人々は幸せそうに暮らしていた。 人間の『幸福』を作り出すために、人工知能は小説投稿サイト『小説を書こう』で探し出した小説を、情操教育の教材として使用した。 そして、とある男が思いつきで小説を投稿した結果……
五分刈りのスレイヤー(作:汗茄子w8)
ゴブリンに敗北した俺と彼女。 目を覚ますと五分刈りの男と夥しいゴブリンの死骸があった。
『霧』(作:一之瀬 小太郎)
霧の立ち込める帰り道に出会う不思議。私の選択とは。
神性機 ヨツンヴァイン(作:ウォッチ)
なんかもう頭に浮かんだものをそのまま小説にしました。
相応しい末路(作:作者X)
目には目を、歯には歯を。 脅威に立ち向かうには、同じもので挑むのが有効だ。 この世界には、『能力』というものが存在した。 『能力』を使う者には、当然『能力』を使って対抗する。 そして、その者の相応しい末路へと誘うのだ………。
世界終演の鐘の音、もしくは聖女の懺悔(作:水虫と油虫)
邪神王の封印が破られた、その知らせは世界を激動の時代へ誘った、目覚めた二人の人物が語る真実とは
Peace Maker(作:rpion)
100年前にこの世界に現われた魔王に勇者は、最後の戦いを挑んだ。無惨に引き裂かれた恋人の仇を取るために・・・。
蘭のような瑞雲(作:茶月)
地震が時折起こることが当たり前になってきたからって、「次元が歪やすい」? 将来の、娘?? 次元の歪みから飛び出して主人公を押し倒した美女は、彼の娘!? 主人公が恋をしたその美女は、死後にできた実の『娘』!? 一体なんのために『娘』は過去にやってきたのかは、本編にて。 ※(この作品は別の小説投稿サイトにも掲載しています)
鏡に映る、君の顔(作:オーメイヘン)
情報部員、エージェントJは捕らわれていた。 憧れのスパイになったのに運がない。 彼を捕らえたのは、カルト教団『ウィキの知恵』 彼らは儀式の為の生贄としてJを選んだのだ。 彼らの目的は一体何なのか?
幽閉された白い月(作:輝咲)
ふたりぼっちの海月が語り合う話。 ○ この作品は、とある文芸部の冊子に投稿したものです(※部の規約上、作品の著作権は作者自身にあるので大丈夫なはず……)。問題があった場合は、削除するかもしれません。
魔法が使えないからと追放された令嬢は追放先でチート能力に目覚めます。〜今更復讐をやめてくれと言ってももう遅い、もう魔王とも協力関係になったので(作:ギョウザ)
「イリーナ、今日を持ってお前を帝国から追放する」 魔法大国の皇女として生まれたイリーナ・エンフィールドは生まれてから魔法がまったく使えなかった。 それを理由に実の父である皇帝によって帝国を追放されてしまう。 しかし追放先にはかつて人間と争った魔王が封印されていた。 彼はイリーナは魔法が使えないのではなく、破壊しているといい、その力を使って復讐をしないかと持ちかける。 これは追放された皇女と封印された魔王の復讐の物語。
傾国(作:まめ)
王道物の悲惨な状況にいる王子様を発見する物語。 人食いや人体が腐敗している表現がありますので、苦手な方はご遠慮ください。
少年十字軍 ~エティエンヌを待っていたもの~(作:普門院 ひかる)
 北フランスの少年エティエンヌは、「神の手紙」を神から手渡され聖地回復をするようお告げがあったと説いて回り、それに感化された少年少女らが多数集まった。  そしてマルセイユへと出発した彼らの前にイタリア商人を名乗る男が現れ、聖地エルサレムへと向かう船を無償で提供すると申し出てくれたのだが…
聖女の祈りと少年の神(作:キサキシノ)
滅びの近い町、聖女は日々祈りを捧げていた。 神話の語る白い花々は一刻と死を刻んでゆく。 そして聖女は全てを殺した。 【この作品は個人サイトのブログで2014.03.15に掲載したものを投稿しました】
その竜人は人間と恋がしたい(作:ラーメンカレーセット)
その世界には竜人がいた。彼らは極東の島国に国を持ち暮らしていた。 とある学校に人間との恋を夢見ていた竜人の少女がいた。 そんな彼女の学校に人間の転校生がやってきた。 期待に胸を躍らせるが、その転校生は彼女に一言告げる。 「慣れ合う気はない」と。
核戦争後の現実(作:プログラム)
核戦争後の世界で一人の男は放浪の旅を続けていた。 旅の道中で、男は宿に泊まることにした。 そして、男には友人が出来た。 友人との食事を楽しむ中、外で助けを求める女性を無視した。 この男の気は狂っているのだろうか?
皇女と勇者の戦場(作:天風 御伽)
世界が平和になった後の、勇者と皇女がいた戦場の話。
魔力なしの最強ダンジョン攻略者〜魔力がないからと会社を追放された男は宝を求めて巨大ダンジョンへ〜(作:野良ネコの孫)
21✕✕年、世界の全人類は『魔力』に目覚める。 しかし、主人公の藤山にはその『魔力』が目覚めなかったのだ。 職場は魔力の使用を始めたため、魔力を持たない彼はクビ。 やけくそになった彼は、魔力が生まれたと同時に発生したダンジョンに目をつける。 「お宝を見つければ……億万長者も夢じゃない!」 そう決めた彼は早速ダンジョンへ…… しかし、こっそり潜入した彼は誰にも気づかれずダンジョンの扉を閉められ、閉じ込められてしまった。 そしてそこには強烈なモンスターたちが居座ってい>>続きをよむ
ギゼル戦記(作:濁銀)
炎拳士と突然変異 零話
今日は勇者をやめるのに良い日(作:小並屋ぺこま)
 魔王の軍勢が敗色濃厚になった時。列強のうちの一勢力となっていた勇者が、何を考え、何を決断したかのお話。
First impact 「人質交換」(作:緑風)
First impact 神界編 は 北欧神話をベースにした作品です。 オーディン率いる、アース神族 ニョルズ亡き後を継ぐムスペル率いる、ヴァン神族 ウルガルド・ロキ率いる、巨人族3つの勢力が 微妙なバランスを保っている時。 この章では神々も苦悩、葛藤しながら 活躍する新しい神話をお届け致します。 この作品は original entertainment circle 鵼 のページでボイスドラマ化しているものもあります。 また、サイト内ではボードゲーム紹介や ラジオな>>続きをよむ
INTO the WORLD~呪い子~(作:三山春菜)
 チームは全滅した。わたしのせいで。  ミシェール・カルロはただの女の子だった。なのに命を狙われ、彼女のために失われたものは多い。後悔したくなくて、強くなりたくてチームに入ったのに。そんな彼女を嘲笑うように“彼”は現れ、そしてすべてを奪っていった。  わたしは、当たり前の幸せも求めてはいけないのだろうか――?  後に最強と謳われる少女の始まりの物語――いくつもある心の傷、その一つ。  わたしきっと、呪われている―― ※タイトル変更の可能性有り
誰も寝てはならぬ(作:頃日)
国が始まって以来の名君と呼ばれていた「王さま」。 ある日王さまは、お抱えの占い師に、自分の息子が自分以上の名君になると聞かされる。ただし、王子を最も憎むものによって、30日後に殺されなければ…。 王子を最も憎む者は自分ではないか。疑念にかられた王さまは、王子を守るためにある策を講じるのだが。
仮面一族の末裔達 番外編(作:海の子マンボ)
これは、やがて滅びゆく種族に向けて書かれた最後の物語のはじまりである。 もし、奇跡的にこの物語を手に入れることが出来た一族の末裔達のために、私は記そう。彼らの思いを、そして、君たちの未来を願って…。 著者名:ペンドラード
ある異世界で綴られた手記、それに纏わる物語(作:万能鍵あるいは葱)
天邪鬼な「私」と、異世界から降り立った「彼」のお話。 この作品は「ノベルアップ+」にも掲載しています。
完璧な社会(作:片栗粉は僕らの味方だね)
完璧な社会が人工知能で出来た、なにやらそれが気に入らない奴がいた。
最愛の君の心臓を喰らう僕は終末の獣に堕ち果てる(作:アオイマル)
 その日、アーク・ガノールは幼馴染の少女エイルの心臓を喰らった。  "女神の代行者"――魔術とは異なる能力を操る存在。エイルはその一人だったが、力の根源である"女神の心核"を国王に狙われてしまう。アークはエイルを連れて、村から逃げ出すも刺客から逃れることは遂に叶うことはなかった。  死にゆく直前、エイルは自らの命を懸けてアークを救い出す。  そして、エイルに助けられたことで独り残されたアークが誓ったのは、彼女を狙った王への復讐だった>>続きをよむ
あなたがあなたであるために(作:巫 夏希)
とある喫茶店のマスターとメイドのお話。 ■竜が人を喰らうアンソロジー「人食い竜と腹の中の君」収録作品です。
キャンディーマン(作:izumi)
酒場に一人たたずむ男は目の前の若者に、ある昔話を語り始めた。 圧倒的な戦力差の前に敗戦も時間の問題となったある国の城下町に、ピエロが現れるようになった。 食糧難にあえぐ子供たちに飴を配って回るピエロは、皆を笑顔にするヒーローだった。 だが、同時に「悪魔」と呼ばれる白黒衣装のピエロも現れた。「悪魔」と呼ばれるピエロは子供たちから飴を奪って回り、多くの人々から非難されていた。 しかし、その本当の善と悪は周りの思うものとは違っていた。 この男だけはこの悲しい物語の真実を知っていた。
約束(作:石木スイレン)
男の子は今際の際の妹と交わした、最後の約束を守った。 女の子は家族、親戚、同族、皆を人間に殺され、その恨みを人間を『殺して』回ることで恨みを晴らしていた。 女の子は、答えを欲していた。怒りを、憎しみを消し去る方法を。 男の子は、約束を大切にしていた。愛や、絆の象徴だと考えていたから。 ──そして、彼の妹が死んだ時、運命は交わった。 ※気になる所とかあれば、感想とかで言ってくれれば答えます。一応、ボーイミーツガールになるかな。グロが苦手な人はお引き取りをば。
或る月下夜の憂鬱(作:玄水 京)
とある時代の或る月夜、一人道行く華美な身なりの若者は憂う。
創造神の要求(作:結城 祐)
単独宇宙へ飛び出た彼が半年の時を経て地球へ帰還する。 その時彼の心に誰かが囁いた。 「地球を創造してくれ」 あなたならどうしますか?
もしも、異世界転生モノの主人公を轢くトラック運転手が、実は仕事でやっているとしたら(作:アホウドリ)
オレはニートを異世界転生させる仕事をしている。 今日もいつものように、大臣の野郎からの仕事が舞い込んできた。 ヤツは、「ニートはテキトウに選んでください」とのたまっている。 ヤレヤレ、給料が高いのだからやるしかない。
深紅の花は戦場にて咲く(作:秋月 翡翠)
彼が死んだ。戦場で、蒼い機体に墜とされたらしい。 悲しみに暮れたミシェルだったが、卓越した戦闘機操縦技術があった。 彼の仇を討つため、彼女は軍に志願する。 深紅の彼女は、戦場で咲く。花のように。
ぼくらのヒーローと怪獣と僕(作:ナヅナ)
僕の住む国にはヒーローがいる。怪獣もいる。 みんなヒーローに夢中だ。もちろん僕も。
大気の旅人(作:網野雅也)
大気になれる少年と不思議な生き物ヒョイとの旅。
レベルアップ効率が最高だから俺は剣闘奴隷になる(作:黒好 光軍)
 レベル上げってあるじゃないか。スライムプチプチ潰して一つや二つ上げていくアレ。でも、レベル上げって、効率を考えるとどんどん倒す相手を強くしていかないと難しくなるじゃん。  けど、現実ってのは面倒で、ゲームと違って強敵とか野生であんまり居ないの。悲しいね。それでレベル上げれないのだから。  だったら、強敵が居る所に行けばいいって話さ。  だから、俺は剣闘奴隷になって闘技場で化け物と戦う。レベル上げの為ならば、奴隷になるのも致し方なし。  ————さぁ、俺の糧となれ。
蒼天の翼(作:大宮ゆあ)
生きる場所も、生き方も。選んだのは自分。だから…嘆かない。たとえ独りになったとしても。空と大地にまつわるStory。
BADENDストーリーの勇者の旅立ち前にあったお話(作:白黒)
本当は画家になりたかったのに勇者に選ばれてしまった少年と、その少年の許婚であり愛情を一身に受ける少女のある日常の一頁。《個人ブログでも同作品を載せています。》
祝福されるべき不眠と物語(作:日野成美)
人々が楽園境を見出した世界。眠りを忘れた彼のもとに、祝福されるべき不眠の淵から一つの物語が這い出してくる。恋人と結ばれるために書かれたその物語を書きあげたのち、『物語』の存在自体をめぐって楽園境に異変が起こる……
そして僕は勇者になった。(作:泡沫)
異世界で勇者になりたい? なりたくないけどなってしまったオレが、異世界で勇者をしてた時の愚痴を綴った物語。
そして、少女は笑う。(作:宮岡 侑)
 マリエールは、突然婚約者から婚約解消宣言をされた。  しかしそれは、仕組まれたことだった。
まったく才能の無い村人Aを〈勇者になれる〉と信じ込ませ、追放したギルドマスターのオレは実は魔王でした。さあ、かかって来い。最強勇者よ!!(作:代々城)
カシマ・ユーベルトは最強ギルドの勇者を偽った、正真正銘の魔王だった。 長きにわたる人間とモンスターとの戦いを終わらせるため、自ら勇者の少女キールを育て上げることで、自分を打ち負かさせる計画を立てていた。 そして、のちに彼女を追放させることで、自分に報復しにきてくれると期待していたのだ。 これは、世界を救うために自ら死を選ぶ魔王の目線と、世界を救うために純粋に勇者を目指す村人の目線の物語だ。
愛する妹が断罪され、追放され、全てを奪われたので。この兄が妹をはめた悪女に報いを受けさせる。(作:リィズ・ブランディシュカ)
死んだ妹のために、兄は復讐する。(※重複投稿作品)
召喚勇者が奴隷少女を助けると、関係ない村が滅びる件について(作:楠木かるき)
魔王がいて勇者がいる。 勇者は、旅の間、様々な人達を助けた――つもりだった。 これは日本人の召喚勇者が、異世界の事情を理解せずに、 自分の勝手な価値観で、奴隷少女を助けた事から始まった負のドミノです。
勇者と魔王と聖女と王女(作:梅雨)
これはとある世界の物語。 勇者と魔王と聖女と王女の普通の物語 …ではないかな…。ちょっと可哀想な"3人"の物語。 初投稿です。大目に見ていただけると幸いです(*^^*)
変身ヒーロー 超戦士ぴえん(作:ますー)
人々を蹂躙する顔文字怪人。やつらを倒す絵文字の戦士がいた。 ネタ小説だけどネタ小説じゃねえんだなこれが おてぃんぽこぽん なろうが二次創作アリだったら“仮面ライダーぴえん”にしてた。
死んだツールに、豊穣なる面白い理想郷を、生死の錯誤に求めても、結局はまたツールでしかなくなるというループの人間話(作:来栖ぼるしち)
あなたの人生にさちアランことを。
銀の弾丸(作:スマッシュ)
私は吸血鬼だ。苦手なのは銀の弾丸。今日も私は日本の夜に暗躍するのだ。
絶望と希望の魔法(作:ひとみんみん)
物理チートの力を貰って異界に転生したジャスティス。最初の酒場で男に「魔法は何属性が使えるのか?」と絡まれる。 ジャスティスが転生した異界は魔法が重要な世界だった。 一方、ジャスティスが到着した領地は、幼い頃悲しい思い出のあるレオン・タージ・ノクリスの治める領地だった。 ダークな世界を表現したかった。そんな話。
【短編SS】救い手の望みはいつも。(作:縁)
崖っぷちギリギリに建つ館には魔法使いが住んでいる。数十年単位で国から依頼される魔物退治の対価はいつも同じ『モノ』。さて今回は。※pixiv(https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=16343393)にも同時投稿しています。
とある世界の創世神話(作:龍崎 明)
とある世界の創世神話を、どこかの神父が語っています。
三人の踏破者の始まり(作:アナログ人間)
踏破者という職業は、一人で続けるにはあまりに危険だ。それにもかかわらず、一人活動を続ける女性踏破者がいた。そんな彼女が仲間に出会い、パーティを組むまでの物語。
悲劇は絶対許さない。俺が絶対変えてやる!〜3歳から頑張る悲劇改変物語〜(作:虎兎)
ある小さな国、エルスケイト王国には、姉妹で美しい王女様がおりました。しかしその国を襲った悲劇により、姉君の方は、バッドエンドを迎え、残された妹は女王となり、姉を失った後悔とともに力強く生きていく‥「そんなストーリー、悲劇は絶対許さねえ、俺が絶対変えてやる!と、なぜか転生したことに疑問を抱かない主人公の悲劇改変物語。…………のプロローグ…………になるといいな。/初の真面目に投稿したやつです。初投稿は一日で消えました(消した)。感想が欲しいです。続きがかけたらまた出します。遅くな>>続きをよむ
僕のトモダチ(作:土湖園あさ)
木の青年と少年の物語。
「死因は不老長寿の霊薬でした」(作:稲村皮革道具店本館)
不老長寿の霊薬、どんな味なんでしょうか?
噛ませキャラの戦う理由(作:若元彌々)
もしも、卑怯な手を使う噛ませキャラが負けられない理由があったとすれば。名前がなくても戦う理由はある。
ゴブリンの昔話(作:Twilight)
――何故、ゴブリンに出会ったら殺せと言われるか知っているか?
君と二人で春を待つ(作:佐原 由希)
春を待ち望む彼女と見守る彼の物語。ナツさま主催の共通プロローグ企画参加作品です。 *キーワード…「共通プロローグ企画」「雪」「記憶喪失」「夫婦」
召喚された勇者の話(作:空木)
―――おお、勇者よ!魔王討伐ご苦労であった。まずは休息と謝礼を用意させよう。その後、貴殿の望む元の世界への帰還の儀を執り行いたいのだが……少し不備が発生してな… いや、帰還は必ず出来る。ただ“一人だけ”しか出来ないのだ。
白い槐の波の底(作:黄葉)
あの人はどこ、と妹は言う。彼は聞き返す。あの人って誰さ――。 妹のために踏み込んだ「あの人」の部屋には、槐の白い花が溢れていた。 人が死ぬと記憶から消えてしまう奇妙な町で暮らす人々の物語、第一弾。 短編シリーズ予定です。
悲しみを悪魔にゆだねて(作:monotane)
悲しむ人の前に現れて契約を迫る悪魔の噂があった。 学校生活で孤独や自分のみじめさを感じている女子生徒の前に、ある時悪魔が現れて言った。 「きみを助けてあげよう」 (この作品は、「pixiv」、「カクヨム」にも投稿しています。)
ストロベリーエンドレス(作:あまつ)
苺のショートケーキのため繰り返しの現在を過ごしている少年のはなし。 ただの苺のショートケーキのはなしだけど少しシリアスかもしれません。 短編のはなしです。
歌う少女の小さな偉業の物語。(作:シノン)
とある少女は、歌で人の心を軽くする力を持っている。 少女はその力で人々の心を軽くするため、歌を歌う旅をしていた。 けれどその街で地震に遭ってしまう。 少女は自己嫌悪に陥りながらもみんなの心を救う。 少女も、救われた人々も、認知していない、世界を平和へと導いた少女の、小さな小さな偉業のお話。
再演(作:柊 楓)
俺は名乗るほどの人間じゃない。ただの引きこもりだ。自己紹介は控えさせて貰おう。 いや、強いていうなら、「ツイーターの王」と呼ばれていたことか。 ツイーターのフォロワーは12万を超え、レスバでは負けなし。舎弟みたいなのも沢山いた。 そいつらと一緒に大手実業家のアカウントを凍結させたり、俺に楯突いたやつなんかは作る度にアカウントを見つけては凍結させていた。 いつの時でも俺が最初に相手を言い負かし、凍結させる大義名分をぶんどっていた。そのために法律もそれなりに覚えたし、そこ>>続きをよむ
もしも、ある日のバッドエンドは(作:けちャっぺ)
勇者は死んだ。 世界は魔王が支配し、空は分厚い雲で真っ暗。 これからは人間、動物は全員家畜だ。 これからは、魔族の時代がイケイケどんどんなのだ。 そんな魔王様のお話。 短い話です、お気軽にどうぞ。
理不尽な代償(作:頭巾の子)
小さな望みの為に 約束事を破ってしまった為に 代償を払うお話
勇者製造ノ過程ヲ説明スルト(作:kokusou.)
始まりの言葉は、『ユウシャヲ<ツクロウ>トオモウノダ』ー そして、二人の人間が選ばれた。 勇者が製造されるまでの、過程。 ※短編です。ハッピーな感じを求める方にはお勧めしません。
不思議な鍵(作:モク)
人生に疲れ切った主人公はある日、女性から不思議な鍵をもらいます。 その鍵は部屋から出たいと願わないかぎりは、出られなくなるという鍵でした。
通りすがりの愛憎と少女達の殺害代行(作:月影 梨沙)
「あの女の人、もうすぐ人を殺すわよ」 “どんな秘密でも知ることのできる”紫色の髪の少女。 “どんなものでも断ち切ることのできる”青い髪の少女。  普通の人間にはない特殊な能力を持つ、二人の少女。  ある日、彼女たちは偶然にも、道端ですれ違った女が恋愛のもつれから「これから殺人を犯そうとしている」ことを知ってしまう。  少女たちは女に話しかける。  しかしその内容は、自分たちが特殊能力をつかって殺害を代行するという提案だった…!?。 本作品は作者ブログ『水面に浮かぶ古き書庫>>続きをよむ
崩嵬と鳥羽(作:ytic)
共に暮らす少年と青年。少年は色々抱え込み、悩み、考える。青年は冷静で謎だらけ。そんな彼らが心に変化を感じ始める…。
狐耳ロリババアの神様にご相談(作:雨森葉一)
些細なことでも真面目な性格ゆえに深く悩んでしまう優子は、ある日神社で、巫女服を着た狐耳の幼女の姿に化けた神様に出会う。
仮面の僕(作:加水)
仮面をつけのが当たり前の世界。そこでは五年に一度仮面を変えるのだが、少年は3歳のときに変えてしまった。そこからその仮面との付き合いが始まった。外れない仮面。外れたとき少年は……。
守護霊は伝説の英雄 (テスト投稿)(作:mak)
昔々、突如世界に現れ国を荒らしまわったドラゴンを退治した6人のチームがいた。 彼らはかけがえのない仲間を一人を失いながらも見事ドラゴンを討伐し、残された5人は伝説の英雄集団ドラゴンバスターズとして後世に名を遺したが、途中力尽きてしまったその男はいつからかその存在すらも忘れられ、名もなき英雄となってしまった。 時は過ぎて数十年後、とある村で7歳になった子供の成長を祝い、祖霊からの加護を得るための守護霊召還の儀式が行われた。 周りの子共が順調に先祖霊を守護霊としてゆく中、ドラゴ>>続きをよむ
瑞ヶ丘秋奈の理不尽な人生(作:枕と御布団)
幸せな少女、瑞ヶ丘秋奈の人生。短編。
10歩の人生(作:農村のパーソン)
忌み子の象徴である黒髪を持って産まれた彼女は勇者となる。 そして、3人の仲間と共に、魔王討伐のため歩を進めるのであった。 ※作者は執筆に関しては素人です。更にこの作品は色々と拙い点があると思います。目を瞑るか指摘して頂けると幸いです。あと、人が死にます。
出会い、繋ぐ、思い、繋がる(作:りっちる)
失われた歴史、くりかえされる歴史。繰り返される悪夢に終止符を打つべく、2人の少年少女がつながりを頼りに戦うファンタジーの序章!この話の後長編小説で執筆予定!評価のほどよろしくおねがいします!
月へ還る(作:mei)
狼の血を受けた一族が住む村。長として、神として生きることを運命づけられた2つの魂。 ただ「人としていきたい」と願う2人の思いを叶えるための最後の決断。 この作品は【https://ameblo.jp/aniki0608】【https://ameblo.jp/mei】にも掲載しています。
或る國の話(作:月鳴)
いつ死ぬか、ただそれだけの事。私の命は花のように散れるだろうか。孤独と血と恥辱にまみれたあの人が、幸せになれるように祈っている。
召喚スキルでチーレム目指す!~呼び出したのは女体化された地球の神々!?~(作:沙条メロ♪)
自分の不注意でタンクローリーに轢かれてしまった彼女いない歴=年齢のベテラン童貞の渋沢直己。 確実に死んだと思って目を開けてみると、そこは見たこともない森の中。初っ端から獣に襲われ、転移先でこんなにも早く死んでしまうのかと思われたが、ウラノスと名乗る少女が彼を助ける。 異世界に来たことで直己の得た「召喚」スキル。呼び出せるのは地球で信仰されていた神々なのだが、何故か皆女体化している。 彼女たちとの、イチャイチャチーレムが今始まる。
『レジェンド』 ―第2回11枚小説コンペ・参考出品作品―(作:笹月風雲)
山奥に暮らす一人の老いたる男。 彼のもとに訪れる若者が一人。 二人の邂逅から伝説の終わりと始まりが語られる。 第2回11枚小説コンペ、参考出品作品――
おまえら絶対に仕返ししてやるから待っていろ!もっとも騙し打ちや不意討ちだから待ってても無駄なんだけどな!(作:焼ミートスパ)
オレは結構有望な冒険者だったんだぜ! だけど仲間に裏切られて呪いをかけられたせいで、役立たずの立場に立たされ続けたんだ! それに気が付いたオレは奴らに復讐を誓った! これはそんなオレの復讐譚! 首を洗ってまってやがれ! もっとも当分は騙し打ちや不意討ちだから待ってても無駄なんだけどな!
繋がる(両)片思い(作:えんぱな)
 私には勿体ないほどに、私のなかで彼女は輝いてしまっていた。近づき難くなって、だんだんと交わす言葉も減った。そのまま私と彼女は別の高校へと進み、それでも彼女の存在は私から切り剥がせない。  「遠慮なんていらない」 私が彼女に言ってもらったこと 私はそれを守れなかった
歩兵の戦は射撃にて敵を怯ませその隙に……(作:Generalmajor der NVA)
帝都攻防から半年。ここから始まる逆襲。
最果ての緋花(作:かうんと)
魔王の首を取る準備は整った。 伊月はスナイパーとなり、神の目を経てアイラスと魔王の戦いを遥彼方から眺める。 世界の破滅を阻止すべく、魔王の首を射抜いてやる! 伊月の世界… 世界とは…
夜の来訪者(作:鈴懸雅)
深夜、“蒼炎の都”に住むマルティナのもとに、男がひとり訪ねてくる。 久しぶりの出会い、穏やかなそれは、しかし。 *シリアスというには穏やかかと思いますが、良い言葉が浮かばなかった為シリアスのタグを入れました。ご了承ください。
その女は最強の武器を持っていた。(作:ペガサス)
魔王を倒した僕らだったが、世界に魔物は増える一方だ。 さらなる魔の手から世界を救うため、辿り着いた町にその女はいた・・・。 女は最強の武器を持ち、町を守っているらしいのだが・・・。
終焉を望む者(作:哀川 月葉)
世界は闇に包まれようとしていた。 世界は魔王が操る魔物で溢れ、人々は恐怖を抱きながらそれでも希望を捨てずに生き続けた。 やがて、神の信託により勇者が選ばれた。勇者は神に託された聖剣と仲間と共に魔王城へ向かい魔王を討伐した。世界に光が戻り、人々は勇者と仲間を讃え喜んだ。 しかし、100年後魔王は現れた、人々は再び恐怖を抱いた。けれども、またもや信託の勇者が現れ魔王を倒した。そこからは100年ごとに魔王は現れ人々を魔物を使ってころした。しかしそのたびに勇者が選ばれ魔王を倒していっ>>続きをよむ
-Transparent Dark-の幕間(作:文字塚)
彼は苛立っていた。この世界の成り立ち、有り様に――。 -Transparent Dark-という作品の幕間部分を短編として投稿しています。 本編では16部目に辺り、世界観の一端を描きました。 -Transparent Dark- https://ncode.syosetu.com/n3582br/ または作者のマイページや小説情報下部にリンクがあるので、興味がある方はそちらからお越しください。
滅亡の歌姫(作:宗谷 圭)
その歌声は、世界を滅ぼす。 美しい歌を紡ぎながら人々の命を奪う、〝滅亡の歌姫〟の正体とは?
奴隷少女と吸血鬼 ~殺されかけたけれど、吸血鬼に目覚めた上に姉が一人できました~(作:笹 塔五郎)
リーエは奴隷として売られた少女であり、そのまま奴隷として生きていくことができれば――幸せだったのかもしれない。 リーエを買った者は、彼女に対して食糧価値しか見出さない吸血鬼の男であった。 同じように買われた者を次々と吸血で殺していき、遂にリーエの順番になる。 死を覚悟したリーエの前に現れたのは――美しい少女であった。
七星光斧「アルフィナの斧」(作:秋月愁)
勇者を輩出する「光剣城」出のCランクの勇者ラーン。 彼には、優秀すぎる従者のアルフィナがついていた。 幼馴染でもある二人は、やがて大きな事件に身を投じることとなり…。
冒険者エリーゼと人喰い男(作:神野アリア)
王都から遠く離れた宿で一夜を明かすつもりが、なかなか寝付けないでいた冒険者エリーゼ。宿に違和感を覚えたエリーゼは「人喰い男」の噂を思い出す……。
雫物語 年表(作:クロプリ)
雫物語の年表になります。 雫物語 ~Myth of The Wind~ を読む上での参考にして頂ければ幸いです。 作者の資料として使用している物なのですが、ネタバレはしないよう気をつけています。 作品が進むにつれて、年表に追加していきます。
現代ファンタジーのプロローグのテスト【ドラゴンも出るぞ!】(作:春風 村木)
俺の使い魔はドラゴン。無敵! 最強! なドラゴンだ! だが、残念な事に俺のドラゴンはポンコツで…… という設定を思いついたので、とりあえずプロローグ的なのだけ書いてみたテスト
隻童の王~半童貞の物語~(作:イカのおすし)
 ここで、この世界について話をしよう。  この世界では、童貞は30歳の誕生日を境に魔法を使えるようになり、ウィザード、もしくは非リア充とも言われる。  非童貞は、神聖な儀式を行った事で、身体能力が高くウォーリアー、もしくはリア充とも言われる。  いつからそうなったのかは誰も知らない。が、その話は今は置いておこう。  この世界では、童貞は迫害を受け、社会から秘密裏に駆除されている。  それを行うのは非童貞である。  その人数の差は大きく、非童貞4人に対し、童貞は1人と驚くほど少>>続きをよむ
異世界~そこには痛みしかありませんでした。(作:mebius)
異世界へ召喚された男山口博人は目の前にいる女性に尋ねた。 そこは異世界。 あぁ、新手のアミューズメントか何かか。 そう勘違いしたまま博人はアリエルからスキルを貰い連れられるまま向かった先は……
人魚と人間(作:光太朗)
久遠を生きる人魚と、玉響を生きる人間。決して分かり合えないはずの二人が共にときを過ごし、行き着いた先──☆★☆イラスト小説企画『小説風景12選』〈6月〉参加作。夜天夕羽先生のイラストを元にした物語です☆★☆
And today also today(今日も今日とて)(作:島津祥光)
それはある世界の、ある王国の最期。 どこにでもあるような、歴史の中で数多く繰り返されていた出来事。 滅びと始まりの話。
紺 青(作:よしき)
海で出会った男と少女。男は死にかけていた。少女は人魚だった。悲しい、大人の童話。
1人の冒険者  (作:翠草色キウイ)
勢いで書いた初小説です。書きたいから書いた短編小説です。一応ライトな話です。残酷タグは保険です。 最初から最後まで地方にいる十代後半の男の独り言です短いです。冒険者ですが冒険しません。 ヒマで短編まー読んでもいーかなーって人はどうぞ。
『塔の姫』 ~アルデガン外伝0~(作:ふしじろ もひと)
アルデガン建立に先立つ千年前、エルリア大陸は魔法文明が絶頂を極め、ゆえに戦乱の時代の只中にあった。 そんな時代に、森の中の小国に生まれついた一人の姫。 後に大陸西端の闇の森を統べる闇姫となる彼女が、転化に伴い失わなければならなかった記憶。告げられなかった名。国の滅び。唯一の生まれながらの吸血鬼たる、白髪の乙女との出会い……。 「封魔の城塞アルデガン」シリーズの最も古いできごとを書いた、某SNSで2010年に発表したものです。 (このシリーズは全て、某SNSで発表したもの>>続きをよむ
終焉が始まる(作:トト)
落ちてきた少女。 共に過ごした月日は私にとってかけがえのないもの。 再会を約束してくれるなら、別れを受け入れようと思っていた。 「終焉の始まり」の神様視点の物語。
俺のエロ本が禁断の魔術書!? ~読むと最強呪文を放つ俺のエロ本~(作:しいたけ)
ある日突然エロ本に引きずり込まれ、咄嗟に手にしたエロ本で世界を救う!! 何を言っているのか分からないと思うけど、読んでみて!!なファンタジー♪
海を眺める呪いの骨(作:kurororon)
周囲の人間が死んでしまう呪いをかけられた少女が、1人の若者と海を目指す話
シリアル(作:未夜 空大)
勇者の育成を目的とした学院に入学したが、入学後の試験で実は魔王だったと分かった主人公の話です。 正義とは悪が存在してこそなのでは?というテーマが主軸です。
とある魔物と『彼女』(作:社門寺あづる)
最も醜いと云われ孤独に生きてきた魔物の青年は、ある日歌声に導かれ、美しい姫に出会う。魔物の彼に訪れた、束の間の幸福…。ちょっぴり切ないけれど、あったかいお話。
夢~アニムスと白い階段~(作:Linoxly)
とある少女の夢の中。そしてこれは明晰夢。しかしこの夢から起きようとするも上手くいかない。そこに見知らぬ青年が現れ…?
超・特化能力勇者 〜分析編〜(作:矢田こうじ)
たった1つの能力、分析に特化した勇者が取った行動は。 勇者と魔王とテンプレ王、ナントナークが織り成すファンタジー。
国の壊し方(作:ヤマ)
友達にお題をもらって書いたものです。そんな深い意味はないし、これの後日談も特にないです。
ダンジョン国家でMPK!(作:萩神 翔)
俺は転生前のFラン一歩手前Eランぐらいの大学で大学生をしていたが事故死して、迷宮国家アルカディアの名家の御曹司に転生して十七年たった。異世界で経験が濃すぎて異世界に染まった系転生者である俺の(現代日本と比べて)非日常的な(異世界の)日常の一幕。
いつか見る夢 -塔-(作:がるす)
私が偶に見る本当の夢の話。 薄暗い世界で中心にある塔をただひたすら目指す。 ただそれだけ。
復讐モノ主人公に問われる覚悟(作:ハロー、ハロー)
クラスメイトと共に異世界に転移した主人公。 彼は与えられた能力で自身をいじめていたクラスメイトを殺そうと考える。 そのために偶然出会った強い傭兵に修行をつけてもらえるよう頼み込むがーー
姉が異世界から帰ってきました(作:波丸)
異世界から姉が帰ってきました。 妹の私は、どうすればいいでしょうか。 私は……。
終わる魔法の中で(作:タロー・ヤマダ)
幸せはお金で買えるのです
未完成〈泡〉程式(作:ななる)
飛び込んだのは海じゃなくて空だった──。 不思議な夢に悩まされるミトナと《夢診断士》のカイトの物語。 サークル活動の3000字企画で、テーマが『泡』で書いたものです。 感想とかもらえると嬉しいです。
狐の神さま(作:和樹アイ)
主人公、椿が幼い頃から慣れ親しんだ、古びた神社。気分転換のついでにいつものお参りをして帰ろうとすると、そこには白い狐がいて……。
身内に悩まされる勇者の話。(作:佐藤。)
俺には双子の姉がいるー。 職業勇者がめちゃくちゃな姉に振り回される話です。 可哀想な勇者と最強のお姉ちゃんを書いてみました。 お姉ちゃんにその自覚はありません。
時空渡りクロニクル外伝(1)〜定めは斬れないとしても、俺は斬る(作:東杜 伊三技)
30歳を目前に突然の事故で死んだ俺は、500年近くも昔の日本に過去転生した。 だが俺はこの生が同じ29年で終わることを知っている。 その事実に迷いと絶望感を抱えながらも、それでも歩み成長して行くのだろうか。 そんな思いを抱く13歳の頃、俺はある山中で突如敵に襲われた。 向かい合う敵は、斬らなくてはならない。それは俺がしなければならないことだから。 □□□□ これは2度の転生で異世界でザックとして生きる前の、1度目の転生の時の物語。
神様の憂鬱(作:ぺ子)
人間の想像を超える世界に神はいます。
夢だけ知らない(作:木山喬鳥)
   眠りと共に訪れる夢のなかで,現実とは違う人生を生きる男。  彼は夢のなかの恋人との暮らしを,もう十年にも渡って続けていた。  だが奇妙なことに,夢のなかで暮らしているという記憶が  起きている間の男には,なかった――――    いつからだろう。男は,眠りについても夢のなかの世界には,  入れなくなっていた。  夢にいる彼女に逢えなくなっていくことに耐えられなくなった男が考えた,  夢のなかに残る方法とは――――  
魔導人形の創造主の話(作:狼さん)
北方の魔導都市アルドア。 山脈地帯にも関わらず一年を通して過ごしやすい気温に保たれており 魔物避けの結界に加えて撃退用の設備に到るまでが魔導具によって補われている、 魔導具の製造が非常に盛んな都市である。 その都市の防衛組織・アルディラの魔道具開発部門に勤める一人の男が今回の話の主人公である。
兄は怪物になった。家族は殺された。少女は一人ぼっちになった。(作:二戸雪)
「…怪物なんて…なり…たくない」そう言って、少年は世にも醜い生き物になった。町では彼の帰りを待つ家族がいた。だが、彼は理性を失い、町を襲い、家族の命を奪う。 少年は人間に戻ることができるのか。どうして彼は怪物になってしまったのか。 これは怪物になった兄に両親を殺され、一人生き残った少女の物語。
(元)最強勇者の俺氏、平和過ぎた毎日に飽きたので異世界転生しようと決意!! (作:ねりあめ)
最強になった! 平和すぎる!! つまらない!!! 転生だーーー!!!!!
星見 -思いの先にあるもの-(作:あやねいおり)
頼りない見た目のアストリンは楽園都市ハレンマーシュを守護する騎士。そんな彼の決意のお話。
愛憎の彼方で笑う(作:HIRO.T)
人の道を外れてゆく父王。それを正そうとするが聞き入れられず…。
幸せな夜の娘(作:七ツ樹七香)
旅立つ貴女の心のうちを、夜だけは知っている――。 夢を司る夜の娘、エル・ディアナは未来を誓った恋人のため「これまで」との別れを決めた。 明日へ行く女性たちへ祈りを込めて。 ++++ 本作は、小説家になろう内の個人企画「描写力アップを目指そう企画」に寄稿した、下記作品を加筆した短編です。 第四回 サヨナラ相棒企画 「幸せな夜の娘」
【クールな勇者とやさしい魔王8】終わらない世界の終わり方(作:朔夜)
※単独でも読める物を目標に書いていますが、シリーズを通して読んで頂けたら嬉しいです。  シリーズURL⇒http://ncode.syosetu.com/s6551d/ 魔族と人族が戦争をしていたそんな世界。 クールな勇者とやさしい魔王が国を立て直すお話。 シリーズ完結となる本作。 構成上、仕方ない事と考えましたが、視点の移り変わりが激しくなっております。 それでも読みやすい様、精一杯の工夫をしていますので、御一読頂けましたら幸いです。 ★簡単なおさらい★ 魔王と勇者対峙>>続きをよむ
異世界転生をした者~優しすぎる男の場合~(作:天地×)
これは異世界転生ものですが剣もモンスターも出てきません。バトルもステータスもないです。魔法も一瞬しか出ません。これは異世界転生直後の物語。しかも主人公もカッコ良さとは無縁でしょう。しかしそれでもこういう異世界転生があってもいいのではないでしょうか
愚者の成り代わり(作:月丘ちひろ)
 魔王決戦前夜、旅の仲間達は戦いが終わった後にどうするかを語り合っている。  一方で、オレは『グシャ』との出会いを振り返り、彼より課せられた使命に思いを寄せていた。  オレはグシャに課せられた使命を胸に魔王に挑んだ。  だが……
愚者の救済(作:串尾 唯)
これは、力に溺れた勇者への救済……
最強スキル『カップ焼きそばの湯切りでシンクがベコッ!って鳴らない』を持つ俺を容易く追放できると思うなよ!?(作:しいたけ)
 魔王討伐隊に選ばれた主人公【ペーヤ・ングゥ】はそのスキルの酷さに隊を追放された。  しかし自らのスキルを信じている主人公は諦めること無く魔物へと立ち向かう!!
吸血鬼短編小説(作:時永龍)
とある吸血鬼の男女の、ある日の会話です。
蟲の落とし子/ベスワキ僧院の赤月の一夜〜〈灰色の右手〉剣風抄・外伝〜(作:美尾籠ロウ)
蟲神ベスワクを崇拝する寺院に暮らす少年僧、レコノン・エヘルシャンは、今しがた目撃した光景が信じれられなかった。誰からも尊敬されている師匠、キッヘ師の秘密を目撃してしまったのだ。それは幻だったのか……? 赤い月が昇る夜に、レコノンが体験する恐怖とは? 〈灰色の右手〉剣風抄と世界観を同じくするスピン・オフ短編小説です。 ※この作品はカクヨムにも掲載しています。
18歳で悟りを開いてみました。(作:桜田 律 )
よくわからないまま転生したと思ったら、何度も繰り返し殺される役をこなすことになった18歳の女が悟りと開いたという話。
傷心剣士は激情のままに剣を振るう~恋人に浮気された剣士が自棄になって竜に挑んだら剣の極致に辿り着きました~(作:犬鷲)
「突然で悪いがこのパーティーを抜けさせてもらう」 辺境開拓の町アインツで冒険者をしている剣士レイル、恋人である回復術士リリアの浮気を知った彼は失意と怒りの果てにパーティーを抜ける事にした。 自暴自棄になったレイルは死に場所を求めて未開拓の地へと踏み込みそこでドラゴンと対峙する...。 ☆初投稿です、拙い出来ですが少しでも興味を持って頂けたら是非とも読んでいって頂けたら幸いです。
ヴァルキュリア(作:花橘)
――彼女に捕まった人間には、死してなお永遠の休息が訪れることはないのだと、人々は口々に言う。 ヴァルキュリアに出会った騎士と、その部下である女騎士のお話。
神父様の苦悩(作:くまねこ)
不思議な力を持った巫女が存在するとある世界。後悔ばかりの神父はそれでもいつか救われることを信じて職務を行う。そんな中で起こる奇跡についての物語。 【スピンオフのつもりが、本編より短編の方が先に書けてしまったので投稿】
瑞穂の国神話 ヤマタノオロチの誕生(作:上運天 大樹)
 瑞穂の国と呼ばれる島国は、数千年に渡る歴史の中で、重大な転換点を迎えて来た。  その転換点は、或いは動乱の時代に歴史の表舞台に現れ、或いは平穏な時代に歴史の闇に消え去った。  しかし、その転換点には必ず『ヤマタノオロチ』の名があった。これは、そのヤマタノオロチの始まりの神話。
エデンの開拓者達(作:うちやまだあつろう)
今から数千年後の未来の話。環境汚染を繰り返した人々は、遂に地球の怒りに触れた。 自然を司る『精霊』達に地上を追われた人びとは、天空に浮かぶ理想郷『エデン』での生活を余儀なくされた。やがて、地上を忘れた人間達は、未だ見ぬ地上に夢を見始めるようになる。 その一人であるアヤカは、調査者として地上へ降りることになった。警護者であるタケルと探索を進めていくのだが、二人は自然の守人たる『精霊』に見つかってしまう。 果たして二人は無事に帰還できるのだろうか。 この作品は『カクヨム』様にも>>続きをよむ
雪女の独白(作:ホンダワラ)
雪女とその仲間たちと一人の人間とそれ以外の人間の話です。 もしかしたら残酷な描写があると感じる人もいるかもしれません。
「魔鋼騎戦記」<外伝>魔鋼鬼(ダークマギカ)ユイ (作:さば・ノーブ)
戦争は人を貶める。 人は過ちを繰り返す。 少年は理不尽な戦いで一人生き残った。 憎しみと恨みで心を闇に貶めて・・・ 戦いの中、その魂を掴む者が現れる。 紅き瞳の魔法使いは、少年に語り掛けた・・・ ”その願いを叶えてみないか”と・・・ 「魔鋼騎戦記」<外伝> あの魔法の戦車を巡る戦いの<外伝>。 魔法少女ユイは、何を求めて現れたのか・・・? <外伝>第1話をお贈りします。 もしかしたら<連載>するかも・・・?
猫憑き少女とタソガレ探偵喫茶(作:島田莉音)
どこにでもある平凡な町。たが、この町には人には解決できない悩みを解決してくれる探偵が営む喫茶店がある。それが……〝タソガレ探偵喫茶〟。今日も様々な縁を持つ者達が、元陰陽師の探偵と腹黒大妖怪と、猫憑き少女がいるこの喫茶店を訪れる。これは、不思議で…でも優しい、様々な縁の果ての物語。
願い、望め(作:こめぴ)
とある少女は夢の中で問われた
Guns&Sorcery:銃と魔法の物語(作:桜桃露雨)
新大陸への移民が増え始めた。 新大陸には夢と希望と敵対する獣人に満ちている。 俺はリボルバーを片手にのし上がってやる。
とある少年少女の選択(作:サカキショーゴ)
 とある少年少女が居た。  彼らは自分達が済む村を襲撃してきた襲撃者から逃げていた。  しかしついに、襲撃者の一人によって追い詰められ……少年は、1つの決断を下した。
無力なぼくは天に牙を剥く(三十と一夜の短篇第48回)(作:exa)
ぼくらの町が燃えている。 無力なぼくはそれを遠くから見つめることしかできない。けれど、このほほを焼く熱を覚えていよう。 いつか、牙を剥くそのときのために。 本作の無断転載、無断複製および無断翻訳を禁じます。
目が覚めると工事現場だった(作:フジシロ)
新卒で求職中の主人公「僕」が工事現場しかない世界へ飛ばされ、順応するさまを描いています。元の世界へは戻りません。pixv(https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=11124798)および自分のブログ(http://reunionest.blog.fc2.com/)にて同様の作品を掲載しています。
アーセナル:予告版(作:フユルト)
魔王討伐により世界は平和になったが、勇者の残した【神姫】という人型兵器により戦争が起こる。 しかし、それは戦争とは名ばかりの一方的な虐殺だった。 その事を知った正義感の強い帝国の第一王女のヴィクトリアは、亡国の最後の生き残りであるスティラ王女となんとかコンタクトを取り、従者として自身の近くに置くことで守りながら帝国崩壊の計画を進めていく。 他の仲間を探していく過程で、帝国の重鎮全てが虐殺を知っていて実行したことを知り、ますます計画に滑車が掛かっていく。 そうして、【神姫】の奪>>続きをよむ
時の牢獄(作:クシナダ)
両親と弟を亡くした少女と許嫁の青年。 青年は少女を悲しみから救うために「時間を巻き戻す魔法」を発動させることを決意する。 その魔法を発動させる条件は「圧倒的な絶望」だった――
異界の邪神系魔王は人見知りなので 勝手に信者を増やさないでほしいと親友に文句を言いたい(作:ゆきもち)
友達100人できるかなぁ(ぽろろん)。 ※倫理観の崩壊・殺人描写など、人を選ぶ作品です。自衛できる方のみ閲覧をお願いいたします。
俺は、妖魔と戦う巫女の婚約者。……ついでに言うと妖魔は俺です。(作:巫月雪風)
俺、狭間 妖一は封魔神社に戻って来た。 俺は、ここの三姉妹の婚約者だ。 そして、彼女達は妖魔を退治する仕事をこれから行うのだ。 俺の仕事は朝昼夕は教師業をしつつ、夜はその手伝いをする事だ。 でも、それはあくまで表向きの仕事。 俺の本当の仕事、それは妖魔として彼女達と戦う事だ。
崩壊と魔法少女(作:子瑜)
世界には、魔法少女と呼ばれる人種が存在する。 人間達が、魔物達に対抗する為に作り上げた彼女は、確かに魔物を殲滅してみせた。 しかし、その都度に彼女自身も望んでいなかったはずの惨事を自らの意思で引き起こす。 そして予測されたそれを止める事が役割の青年は、今日もーー
夢現の狭間で(作:満月)
金の少女は人を嫌い、黒の少女は人を愛した。 果たしてその結果は?
ASMR動画投稿者スライムの私が獣人族の知人に勧められて生配信中にVRMMOを始めるまでに帝国を滅ぼして人間族を救うまでの話(作:ボックスガチャ最高)
人間族とモンスター族が少しずつ歩み寄りつつある世界でASMR動画投稿が趣味の一般スライムが知人の獣人種族に勧められてVRMMO生配信を始めるために物理的に奮闘する話 VRシステムに関する描写がありますが、現実の物とは全くの別物となっております。また、パンデミック、寄生虫の描写がごさいます。