SS広場 恋愛

シリアス
日本が一夫多妻制になったので、ハーレム作ることにした。(作:けにお。)
 少子化対策の一環として、一夫多妻制が合法になった。  頭が良くて、スポーツができて、大企業勤務で、イケメンの主人公、颯汰は大歓喜した。  ーーこれでみんなを幸せにできる。  けれど、その本当の理由はーー。
私とあいつと携帯と(作:希和 近江)
私とあいつの関係が、『部活の先輩・後輩』から『恋人』に変わってから、今年で10年。 私は今日もメールを待つ。
ゴーストタウン(作:湯上)
死ぬ前に出会いたかった
病弱な妹に「妹の婚約者に言い寄った姉」呼ばわりされ、妹いじめの根性悪姉として不義の罪で辺境に追放されました…そこで盗賊に襲われ、助けてくれた青年に復讐を提案されたのですが…(作:ゆゆ)
病弱な妹に優しくしてやれない姉と両親に言われてます。でも気を使えば使うほどお姉さまは元気でいいですわねと泣かれるんですが。それをいじめているといわれましても。 妹の婚約者に言い寄られたのを妹に見られまして、お姉さまが婚約者をとろうとしていると親に言われ、私は断罪され、悪役令嬢といわれ、父に修道院に入れられることになりました。袖にしたのを頭にきた婚約者が私が言い寄ったと妹に言ったそうです。言い寄ってません!いじめてません。 健康で元気なのが罪なんですかね? 辺境送りになる馬車の>>続きをよむ
変革者は嫌われる(作:馬 stallion)
変化、改革、言わば変革を求められる時代。 それは仕事でも何でも?
家出娘の知らないとこで(作:月唄零夜)
小さいころから男のように育てらてきた姫様は、ある日を境に家出して幼馴染の家に転がり込んだ。 男勝りで世間知らずな姫様と、腹黒宰相の織り成すラブファンタジーです!
生意気男子へ贈る美味しいチョコ(作:楠木 翡翠)
貴族の令嬢であるリリアーヌはバレンタインデーのために、彼女の許婚であるジョージに手作りトリュフを作る。 彼女は彼との婚約破棄とともに彼を手作りトリュフによって……。 ※ 拙作は結城 からくさま主催の「バレンタイン殺戮企画」に参加させていただいた作品です。
君を失ったときは(作:竹仲法順)
僕は末期の胃ガンを患って死の床にある恋人の理香子に付き添っていた。ずっと夜もろくに寝ず、食事も思うように喉を通らないまま、死へと向かう彼女を看ている。そしてその年の十一月半ば過ぎに彼女は亡くなった。葬儀に参列したのだが、涙が止まらなかった。後日、理香子の母親の恵津子から彼女の遺髪を受け取り、それを大事に持ちながら日々を送っていたのだが……。
ローゼと魔人の眼鏡屋(作:FREEROM)
アレルダ国の姫君であるローゼは、使用人達に嘗められながら王家の仕事をこなしてきた。 心を傷付けられることも麻痺し出したある日、一人の青年と出会う。 彼との再開が、ローゼの生きる未来を決めることになるのだった。
勇者の従者だったから俺が捨てられた~子育て珍道中~(作:すたりな)
「もう、うんざりよ!あなたとは別れることにします! 唐突に言われた俺の嫁さんでもある彼女の名前はロレンタ・アンバーナイト。 子供にも恵まれ、娘が居るのだが現在3歳。 元々魔王のいる世界ではないがと突如魔王が出現! 後に勇者と呼ばれる冒険者の出現によって魔王はうち滅ぼされたのであった。 俺は支援系戦士といった形でパーティーを何度も窮地から救っていたのだ。 魔法の存在する世界に転生してきたが、その中で権力争いに巻き込まれてしまう。
桜木の下で。(作:茶豆うの)
校庭にポツンと咲いている桜の木のしたで、彼はいつも一人で絵を描いている。私は気になって声をかけてみた。
滅ぶことなき(作:雨森 夜宵)
 声の中に彼はいる。例え身体が朽ちても、例え心が捻れても、例え僕が、彼でなくとも。  ※2017年初稿
夫を信じていたのは正解でしたが、リアルホラーは勘弁してください(作:23すてぃん)
幸せ全開の主婦、中澤さゆりは夫のスマホに『奥様といつ別れてくれるんですか?』というメッセージを発見する だが、二人のラブラブパワーはそんなことで亀裂が入るほど弱く無いのであった そんな2人にはとんでもなく予想外な展開が待っていた!!
春の雪と後悔を。(作:FTN)
 脇役にも成れない哀れな男は幼馴染の言葉で理解する。今まで彼を苦しめてきた世界の言葉が正しかったのだと。  幼馴染もまた、自身の一言で彼を失った事を理解する。そして後悔する。
迷い人のレジリエンス(作:にけ❤️けむくじゃらこ)
中学生の時、麻奈は自死で兄を失った。 日常的に自分に暴力を振るってきた兄の死を、麻奈は思いもよらない方法で受け止め越えようともがく。 「文章力向上委員会」に掲載していた短編よりリメイク。 お題は「破」 2007年3月 第七回三題噺コン提出作品 「マグネット!」三題噺コン提出作からの転載です。 お題は「靴下」「ドール」「本」3000文字以内 にけ作:小説家になろう マグネット! アルファポリス カクヨム 連載
妹に婚約者寝取られたんだけどどうすればいい?(作:みこと)
もしも異世界にネット掲示板的なのがあったら? アルファポリス様でも投稿しています。
すべてが今さら過ぎたけど(作:道乃歩)
「深夜の真剣物書き120分一本勝負」さんのお題です。 使用お題は『①嫌々』です。 高校卒業を控えた幼なじみ同士のお話。
同工異曲の哀悼歌(作:ふれい)
大手企業に勤める主人公は、この世の中に不満を抱いていた。だが、どんなに主人公が訴えかけようとも、残酷な世界はその容貌を変えることはない。そんな中、同期である女性とのやり取りの中で、彼は一つの答えに辿り着く。
バドス・ルーデの後悔と罪(作:遥彼方)
魔族に蔓延る病、闇化病。 魔王補佐、バドス・ルーデは実の弟であり、自身が仕える魔王を見送り、その王妃を殺した。 愛する二人の死。とりわけ王妃を殺したことは、深い後悔と罪となる。 本作は長岡更紗様主催の「アンハピエンの恋企画」参加作品です。 勇者クロリスの冒険譚のスピンオフ作品でもあります。 https://ncode.syosetu.com/n2845dp/ 本編を読まなくても分かる内容にしています。
私の仮面泥棒(作:陽ノ影)
仮面を着けた偽りの顔で生きる、2人の少年と少女。 彼の仮面を盗んだ犯人とは、いったい誰だったのか。
パンストユーゲント(作:かべちょろ)
 憧れの先輩が目の前でパンストを脱いでいる。 同じ水泳部の先輩に恋をした少女由実は、憧れの先輩美咲に告白をする。 告白の返事は一週間の間を持って返事が下された。 しかし、先輩は返事をする中で自分がSだと告白し、由実におねだりをしろという。 考えたあげく、由実は目の前でパンストを脱ぐようにおねだりをする。
貴女の熱に浮かされて(作:モンブラン)
風邪を引いてしまった鏡子のお見舞いに訪れた涼。平気そうに笑う鏡子に涼は自分を頼って欲しかったと胸を痛める。想いながらも届かないもどかしさは相手を激しく求めてしまう。 ーー私以外の何もかも全て忘れてしまえばいいのに。
狐の彼が私に言ってほしかった言葉を私は簡単に言えるのに彼はそれを教えてくれなかった(作:来留美)
狐のお墓を作ってあげた彼女に狐は会いに来た。 彼女と一緒にいたいけど、狐と人間は住む世界も、姿も違う。 狐が選んだ道はずっと一緒にいられる魔法の言葉を秘密にして彼女を思って別れること。 しかし、彼女は魔法の言葉を躊躇いもなく言った。
桜が散る時(作:白神の鱗)
人見知りな性格の凛堂 桜が、友達の手を少し借りつつも、自分の力で自分の殻を破り、『少しの勇気』を持てるようになるまでの、切ないようで勇気の出てくるような、日常を描いた物語。
タ~マゴタマゴ~タマゴッ! 私の産んだ卵から魔女が生まれるッ!(作:マスケッター)
 冒険者として一仕事を終え、相棒の戦士ゴードンから分け前をもらった私……魔女ザリス。  恋人が待つ自宅に帰った私は、卵が孵化する音をはっきりと耳にした。私と彼の間に生まれた卵の。
いつでも虹が見える程に眩く・・・。(作:薫姫)
真夏の暑い日に偶然出会った少女2人の 魔法にかかってスローモーションで起こった様な・・・。 甘い甘い女の子同士のお話です・・・。
I’m crazy about you.(作:真宮。)
『Love the way you look at me.』の続編 変わらないものと変わるもの。
推しから殺されそうです!〜第二王子視点〜(作:立川梨里杏)
「あなた、私の騎士になって下さる?」 ーー俺はあの日、確かに貴女に囚われた。 推しから殺されそうです!の第二王子視点です。 前作の裏側の話です。
あなたの重荷にはなりたくない(作:小田吉樹)
あなたが現れたことで、わたしの世界は変わった。
Last Hope Forever(作:有希)
とある夏、サイトで出会った2人の男女の物語。 最後の希望よ、永遠に…
海の見える港町(作:蒼雨)
生まれたときからずっと仲が良く、好敵手同士だった茜と葵。通称“アカアオコンビ”。高三の夏に、ずっと続けてきたサッカーを辞める、と茜に告げられる葵。その背景には茜が隠していた“ある事”が関係していた。 二人の男子高校生のひと夏を描いた短編小説。
召喚された聖女は国を滅ぼすことにした(作:阿月 琉子)
聖女召喚によって異世界へ呼ばれたが、役目が終われば厄介者と言われてしまう。望んでもいない召喚によって家族や家や友人を失った上に馬鹿にされて、どうして私が怒らないと思ったの? 誰も幸せになれない物語の結末 ※公衆の面前で頬を叩かれる程度の暴力表現があります。
死んだ公爵家令嬢は(作:ノキミチ)
とある公爵家令嬢暗殺事件から10年後のお話。 国も家も大変な事になってしまったとある公爵邸に一通の手紙が届く。
白の聖女の救世譚(エイプリルフール一発ネタ)(作:ちょろんぞ/小野崎まち)
英雄が世界を救うまでの物語。 或いは、英雄が世界だけしか救うことのできなかった物語。
灰塵(作:ゆいまる)
君との恋愛は純粋なものだと思っていたのに、君の打算に気がついた時、僕らの恋は灰になった。口に広がる煙草の苦みに気がついた僕が帰る場所は……。
傷付いた兵士と妖精(作:和美 一)
傷付いた兵士リカルドを助けた妖精のエメリア。 エメリアの家で療養するリカルドは徐々にエメリアと親しくなっていく。 しかし、人間を匿っているエメリアに周囲の妖精たちはつらく当たり、追い出すように言う。 このままではエメリアの立場が悪くなってしまう。 そう思ったリカルドは――――。
未来の私への手紙(作:如月 子龍)
10年前に書いた未来の自分への手紙。その手紙によって自分の素直な気持ちに気付く杏奈。そして再び未来の自分へ手紙を書くために出かける。するとそこには…。
(作:絵室 ユウキ)
感情と共に溢れ出す涙。 悲しみ、怒り、喜び……様々な感情が人を涙させる。 けれど、涙の本当の理由は誰にも分からないのかもしれない。
カエルの帰還(作:Rye)
――……ただいま。 彼女は意を決したように、悲しそうに、どこか嬉しそうに言った。
17時よりのシンデレラ(作:ひきこもり先生)
17時になるとパニック発作を引き起こす少女と出会った男の話。
玉突き事故と心太(作:まい)
 お約束の婚約破棄もの。       ……なのは最初だけ。  イカれた王太子を中心にして、学院で吹き荒れるイカれた嵐。  その様子を投げっぱなしジャーマン風味でお届けします。
~sink into grief~(作:君色恋音)
彩月と昴の仮の恋物語。彩月は小説家で恋愛ものを書きたいと思うが、付き合ったことがないため恋愛というものがよく分からず、昴に彼氏"役"をお願いする。
毒音波(作:帽子男)
見えないものが一番怖い
秘密が秘密じゃなくなるとき、彼の心が見えてくる(作:来留美)
私の彼は私とは違う女の子と歩いてた。 彼に理由を聞くけれど友達と言うだけ。 彼は何かを隠している。 その何かを知ったとき、私達の関係は変わっていく。
悪役令嬢の恋心(作:みこと)
悪役令嬢の恋心のお話
戦闘人形と修理士(作:白藤結)
戦闘人形は、文字通り戦うために作られた人形。彼らを治すのが修理士。 戦闘人形の少女と修理士の男性の物語。
夫婦ごっこ(作:ユエ)
不妊治療に通う主婦と無口な夫。その二人のやり取りを通して、家族や幸せの意味を描く物語。
砕けた時間(作:すめん)
(サクッと読める作品) 大学を舞台に、先生との禁断の愛をめぐって、揺れ動く生徒たちを描いた物語。
私は最期の瞬間まで、貴方の傍にいます。(作:小説大好き!)
「君だけ逃げて」  そんな悲しいこと言わないで。  私は、貴方と一緒にいて幸せだった。辛いことも悲しいこともあったけど、それ以上に楽しいことや嬉しいことがいっぱいあった。  だから、私は最期の最期まで、貴方と一緒にいます。  貴方を傍で支え続けます。  貴方と一緒に、戦い抜きます。
捏造の愛(作:chi)
作り物で構わない。貴方の愛が得られるのなら。
生まれ変わったらあなたに会いたい(作:猫の玉三郎)
物語のヒロインとして何度も転生し、ハッピーエンドを迎えている主人公。その幸せをいつしか素直に受け入れきれなくなったなかで願うのは、唯一自分を嫌ってくれた悪役令嬢との再会。 倒錯系ヤンデレ百合ヒロイン✖️不憫悪役令嬢✖️因縁ヒーロー
罅割れた空の欠片が降り注ぐ直前のこと。(作:榊原)
命を賭して国を守った女王と、その従者の話。 * 多少の流血表現及び死ネタです。苦手な方はご注意ください。
お嬢様のためならば(作:みこと)
お嬢様に尽くす専属護衛のお話
メイドでした。(作:S.U.Y)
かつて光明城と呼ばれ、今は荒廃し魔王城となった城へ、メイドと勇者たちはやってきた。かつて魔王に仕えていたメイドは、勇者を案内して、魔王と対峙する。メイドはかつて愛し合っていた魔王と相打ちとなり、メイドを愛していた勇者は悲しみ、聖剣を捨てるのであった。
switch(作:ぐるぐる)
寝て起きてを繰り返す先輩とそのお世話をする私。 先輩は頑張っている。 私は、卑怯者だ。
ロールキャベツ(作:青式部)
雨あがりの6月に斉藤は遠峰とある街で再会する。遠峰は草食男子に擬態した肉食男子で、いわゆるロールキャベツだ。サイバー空間のイジメ、薬物、タワーマンション、街宣車、自作自演、不条理とも思える世界は人間の欠陥品を増産している。クライマックス、投身自殺と巻添えになった女性を見たロールキャベツは正体をあらわす。
家族ごっこも簡単じゃない(作:九十九花)
侯爵であるウォルターの元へと嫁いだ伯爵令嬢のレスリー。彼には前妻の間に二人の息子が居た。 兄のジェラルドと弟のランドール。 ウォルターは息子達の母親代わりに、たまたま条件に合ったレスリーを妻にし、レスリー自身に興味はない様子だった。 慣れない生活の中、レスリーはなんとか暮らしていた。義理の息子達との関わり方にも慣れてきた中、ジェラルドからアフタヌーンティーに誘われる。
微笑む彼女(作:袴音最中)
彼女は常に笑っている。どんな視線に晒されて、どんな罵倒を受けようとも。多くの人は彼女の美しさを褒めるけれど、僕はそんな彼女に薄気味悪さを感じる。 ああ、彼女は何故笑っていられるのだろうか。こんな腐りきった国で。
綿菓子な時間(作:小鳥遊 いろは)
記憶に障害を持つ少女、真希と付き合うことになった主人公は真希との思い出作りに奮闘するが、そこでは想いの交錯が起きていて……
散華ーある悪役令嬢といわれた妹の手記(作:莉茄)
どうして妹は姉を? ある王国最大の醜聞。 王太子は、悪役令嬢と言われたある侯爵令嬢からの、自分宛の手紙を読んで真実を知る……。
壊れそうな理想にキスを(作:みかな)
気持ち悪い男に愛された、私。今夜も禁断の恋に縛られる
婚約破棄され、悪役令嬢と言われた双子の姉が家に火をつけた…と聞いた、館に取り残されたのは私と姉が二人、生き残ったのは一人、記憶を失くしたわたしはだあれ? (作:七海)
私は目覚めた、しかし、見慣れない人たちがそこにはいて、私はすべての記憶を失っていた。 館が火事になり、双子の姉と妹のサラ、私が取り残され、姉が焼け死んだという。 身に付けていた首飾りから私はサラだとわかったというが…。婚約者のカインは優しくしてくれるが彼は元々祖父が決めた姉の婚約者で、カインの希望で私に婚約者がなったと母から私は聞き出した。 私はサラのように本が好きではない、姉のミリアのように服やアクセサリーに興味を持つ。 しかし、皆は私がサラだという。気が強く、気に入らない>>続きをよむ
さきのさき(作:能勢恭介)
「ホットロード」を読んだからかもしれません。
dis(作:八束水臣)
病に侵された女性が一人の男性と出会う
幽霊になった幼馴染みがやたらと俺に迫ってきて日々エスカレートしている~近くて遠い俺たちの共同生活~(作:秋月ハニワ)
「わたしのことかまってよ~」  幽霊になった幼馴染みのことを見ることができるのは俺だけ。なので、一緒に共同生活することになったのだが……一緒に生活するうちに幼なじみのいたずら好きな性格がエスカレート。  えっちな迫り方をしてくる幼なじみと、ついに一線を超える――(?)   コミカルな展開でありつつ、最後はちょっとキュンとするかもしれないラブコメです。
(作:竹仲法順)
俺は白血病を患っていた有里奈と付き合っていた。出会ったのは三年前の十月で、二ヶ月前に亡くなってしまった。生前からずっと付き添っていて、彼女の母親の幾美から葬儀の後、ビンに入った遺骨を手渡される。そしてその骨を海に還すために街の外れにある海岸まで来ていたのだが……。
移ろいを恐れないで(作:谷兼天慈)
友達である勝の友、明を好きになってしまった舞子。 だが、勝が不慮の事故で亡くなって、さらに勝が自分のことを好きだったのだと知ってしまい、明と幸せになるのをためらっていた。 そんな舞子と明の恋愛話です。 サイト「物語の世界」でも掲載しています。
笑わずの聖女といわれる私と婚約したいとやってきた王太子殿下、あなたの愛は偽りです。愛していると囁いたあなたは裏切り者、私は絶対にあなたを許さない。 (作:真広)
聖女と王太子は婚約する、そんな約束事がある我が国。 聖山に王太子がやってきて聖女である私を婚約者に指名しました。 笑わずの聖女、微笑みを知らぬ聖女と呼ばれる私、私がなぜそうなったのか、野心をその目に宿らせる王太子は知らないという。 私はあなたを愛さない、永遠に…その理由は。
涙花〜貴方からの想い花〜(作:てと)
きっと私はもう、涙花を咲かせる事はないだろう
闇に嵌められた異世界人 聖女(作:桜田 律 )
婚約破棄された聖女は、二度嵌められ幸せを掴む https://ncode.syosetu.com/n7896ei/ で出てきたライラ(前世愛桜)を嵌めたダニエル王太子と莉那のその後 補足的な物だと思って頂ければ。 流石に数行ではないので、上記の作品に追記するのはやめました。
No.10 走馬灯の刹那にめぐる貴女(作:藤夜 要)
長年の片恋がそうではなかったと知ったのは――。
君はどんな顔をしていた(作:敗走)
日記より一部抜粋 僕はただのひきこもり。 正しく言えば落ちこぼれの大学生なのだけれど。 もう一年近く、学校に通っていない。 そんな僕の生きる希望が、彼女だ。 ドン・キホーテでアルバイトをしている彼女。 彼女が居るから、僕は生きていられる。 僕は彼女が欲しい。 ------------------------------------------------------------- 陰鬱な青年の苦悩と、 それを取り巻く人物を描いた短編小説。
転生悪役令嬢の弟は姉さんが大好きなのである。(作:木秋)
転生悪役令嬢の弟は姉さんのことがとーーーーーっても大好き!なんたってたった一人の姉さん。 6歳の時に事故で頭を打って以来天使のような内面になった姉さんはみんなから愛されている。 姉さんが婚約者の皇子や民衆からこの国という籠に閉じ込められる前に。 弟は大好きな姉さんの為に動くのであった……
彼と彼女のKISS(作:香月よう子)
PM11:35. 彼のアパートに、また今夜も彼女が現れた。 「抱いてよ」 そう迫る彼女に彼は・・・。
だから、獣になってください(作:蓬)
これは、吸血鬼の姫と狼耳の兵士による、禁断の恋の物語ーー。
ハッピネス(作:よしき)
歌う事。生きる事。同じ事なのに…。大事な人の為に。言葉にならない俺のロック。
僕は泣けない(作:hiro_literal)
再会を約束したのに亡くなってしまった女子のことが胸に残り、ずっと帰省しなかった僕が、遂に同窓会のため帰省する。その帰りに出会った、不思議なバーと涙の回復。 個人サイト「文芸船」との二重投稿。
あの子の私は私じゃなくて(作:高島津諦)
女学生二人が話す小説です。Twitterに投稿した後、pixiv(http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=58446)に転載したものの再転載です。自サイトにも載せてます。
殺したいほど愛してる(作:s.t.)
 ある日目覚めると、同棲中の彼氏が首に包丁をあてていた―――。  殺したい“彼”が殺されたい“私”を殺すまでの最後の数日間。
共に歩めたなら(作:てと)
貴方と一緒なら怖くない。
とある世界、亡国に捧ぐ愛執病(作:朱坂ノクチルカ)
あなたを愛し続けるためのたった一つの方法。
微温湯の悪夢(作:緋坂 風行)
微温湯にはいつまでも使っていたい。安堵する。このまま目を閉じて、沈んでしまいたいとも思う。だが、それでも容赦なく時は進んで、全てが過去へなってしまう……。
LOVELESS(作:羽月アリア)
ただ、君と幸せでありたかった
国一番の執事は、辺境の地で赤い薔薇を愛でる・・・(作:悠木 源基)
多く有力貴族から執事になって欲しいと切望されていた、国一番の秀才エドモント。しかし彼はそれらの申し出を全て断って、世界中を放浪する旅に出た。そしてその後、いつの間にか、辺境地の借金まみれの辺境伯の執事になっていた! 何故あれほどまでに優秀な彼が、あんな落ちぶれた家の執事になったのか? このショッキングなニュースは、三十年経った今でも、王都の七不思議の一つに数えられていた・・・
公爵令嬢は自らの復讐のために、亡国の姫君を利用する。(作:ユーリ)
 婚約を前に逃げ出した帝国の公爵令嬢は、自らの復讐のために敵国の王女を利用する。  たった1人の双子の弟を救うためならば、他の者達など彼女にとってはどうでもいいのである。  果たして彼女の進む先に未来はあるのだろうか?  亡国の王女との出会いは、彼女の中の何かを変える……かもしれない。
送らない恋文(作:平賀・仲田・香菜)
我が友人が僕に読ませるは山ほどの恋文 彼はクラスの女子全員に向けた恋文を書き上げたのだという しかし、彼曰くその恋文は不完全であるとのこと 彼が恋文を書き始めたその理由とは果たして……
浮気性なあの子と、とある殺人鬼の話(作:赤オニ)
浮気性な彼女と、愛が重すぎる彼氏。 彼氏はいつだって彼女に甘い。 彼女がいくら他の男と寝ても、最後に自分の元に戻ってきてくれるならそれでいいよ、と穏やかに笑うのだ。 彼女のそばに居られるだけで幸せを感じていた。 彼女が自由を望むなら、それを許すことでそばに居られるのなら。 自分は幸せだ。 彼氏は、そう思っていたはずだった。 ※天界音楽様の「二人だけの閉じた世界企画」の作品です
The Witch Hunter and the Witch(英語版:魔女狩りの騎士と魔女)(作:二戸雪)
投稿一日で日間ランキングにのった短編が満を持して再登場!英語でも日本語でも読めるようになりました。 勉強のために読んでもよし、娯楽として読んでもよし!今日一番、泣ける短編小説! “I am going to execute you. Your sin is that you are a witch. Will you repent your sin?”“No.”“Bring her to the scaffold.” 「これから、お前を処刑する。お前の罪は、お前が魔女であるこ>>続きをよむ
あなたはざまぁしたんじゃない。俺達にざまぁされたんだ(作:気候カナタ)
運命の相手を探す主人公が浮気された親友のために働くお話。 ※主人公はクズっぽいけど普通に良いやつです
彼女を嫌いになるにはどうしたらいいだろう?(作:ミソネタ・ドざえもん)
彼女の夢を応援したい。 ただそれだけのはずだったのに。
瞳に映った夜のネオン(作:セツナ)
2015年11月6日に書いた小説。 【第70回フリーワンライ作品】 使用お題『輝く瞳に夜の色』 世間知らずな君と、薄汚れてしまった僕の話。
婚約者が結婚式の一週間前に姿を消したんですが(作:みこと)
もしもよくある異世界にネット掲示板的なものがあったら? ざまぁはほんのりです。 アルファポリス様でも投稿しています。
優しい宵闇の子守歌(作:雛樹)
ボロボロに疲弊した魂と、その魂を見つけ出し、救った管理者との出逢いのお話。もしくは、ちょい悪オヤジが、萌えに目覚めて色々とぶっ飛んだ話ともいう。 全て思いつきの産物につき、設定とか曖昧です。
Regret(作:うぃすあ)
大人になった俺に届いた1通の封筒は、結婚式の招待状だった 「お前とならどうなってもよかったのに」
バレンタイン・異世界ラプソディー(作:syouka)
「バレンタインはチョコレートを作る。異世界で出会った彼のために」 それは毎年の恒例行事。 バレンタインにチョコを作り続けてきた思い、そして意味とは。  バレンタインデーにちなんだファンタジー短編です。 思いつきですが楽しんでいただければ嬉しいです。 (他サイトにも載せております。ご了承ください)  
人魚の唄(作:木陰穂花)
“夜になると海で人魚が歌っているらしい” 俺が高校生の頃、そんな噂が流れていたのをふと思い出す。 結局真相はどうだったのか、もう忘れてしまったが、あの時聞いた歌声は、今もずっと忘れない。
罪荷を捨てた夫婦の話(作:六十月菖菊)
真夜中に私を殺しに来た人を前に、過去の思い出を走馬灯の如く思い起こす。 夫に初対面からずっと睨まれて、名前もロクに呼んでもらえない。けれども私はコロッと恋に落ちてしまったので、あの人のためにできそうなことをしてみるのです。 ──── 思い付きで殴り書いたので荒削りな仕上がりです。悪しからず。 キーワードが思い付かないので教えて頂けると嬉しいです。
人魚は救われる2(作:フェアリ)
ばけもののしょうねんと人魚の少女のはなし
最後の曲(作:詩音)
自分の将来のために恋人と別れた。ずっと冷めた関係だと思っていた私は東京行きの電車に乗り……*少し書き直しました。
彼女は微笑んだ(作:在川まこ)
神に選ばれた少女の話。 ※恋愛要素はあまり強くありませんが、悲恋ものです。
失恋。(作:ふぁなお)
 失恋。    それは、人生の楽園。  恋に生き、恋に死んだ男は何を見る。  僕は君が大好きだった。  いいや、僕は君が永遠に好きなのだ。
人生最初で最後の1年間の高校生生活。(作:白雪)
生まれてから僕は病院から出たことが無い。 そんな僕が学校に憧れる。 もう何度目かも分からない数の交渉の末に 【1年間のみ】 という条件で両親に高校に通わせて貰った。 そんな特殊な主人公が学園で……
おじいさん、出張のふりをして痛い目に遭う(作:四季)
むかしむかし、あるところに、八十四歳のおばあさんと八十歳のおじいさんが住んでいました。 2021.4.30 執筆 ※この作品は「アルファポリス」にも掲載しています。
チキンハートのラブコメディ。不器用なりの奮闘(作:チェウェポン)
 高校最後の一ヶ月を舞台に繰り広げられる恋物語。  不器用でチキンハートな田中タカと隣の席の女の子、早乙女うららの甘くて酸っぱいラブコメディ。
幼馴染み(♂)は吸血鬼で女の子!?(作:長月シイタ)
 自分の親友を吸血鬼に奪われた少年は復讐を誓った――――――のだが……!?
いけにえの村娘Aでしたが、初恋のため神殺しになります(作:青森水面)
龍神のいけにえになった村娘(16)を救うために、少年は命をかけて神殺しをする。 ひとり生き残った少女が龍の呪いから目を覚ますと、村娘(10)まで時間がさかのぼっていた。 少女は6年後の決戦を、今度はふたり生きて乗りこえることを誓う。 龍神に勝利することが、新たな戦いの幕開けになるとも知らずに……。
時の気高さ(作:はるのいづみ)
人類が核戦争になりかけた頃、大勢の人を導いた人がいた。 そして何世代も生き延びて、 もう安全ではないのかと、ある人物が使者を送った。 荷物配達人のプロ中のプロ、蔵人。 しかし、宛先は、聞いたこともない住所。
異世界に落ちたけど、とてもとても幸せな日々を過ごしている。(作:新田 葉月)
『異世界に落ちたけど、とても幸せな生活だった。 と、そこで終わったなら良かったのに』の続編です。  エドヴィン様からツンデレが失われ、リサがテンパってます。ノリが、前作とは違いますがよろしければどうぞ( >_<)
親友の幼馴染を寝取ろうとか思ったけど背中を押すことにしました(作:子猫丸 莉那)
俺、佐伯 拓真は親友の幼馴染を寝取ろうとか思ってたんだけど・・・ やっぱり唯一の親友に悲しい思いはさせらんねぇよな? 内容すっごく薄いです。例の白い乳酸菌の入った飲料の20倍で薄めたぐらい薄いです。いやー辱い。でもそれでもいいよって方はご覧下さい下手なのは嫌という方はブラウザバックを推奨します。
昭和生まれの納豆巻き女と平成生まれのコーヒー男(作:ヒロモト)
『毎晩河川敷で食事をする』  共通点から少しずつ仲良くなっていく 昭和生まれ30代のあゆと平成生まれ20代の亮太。 あゆは亮太が自分に好意を寄せている事に気がつきながらも婚約者のいるあゆは気づかないふりをした。 納豆巻きとコーヒーが結ぶラブストーリー
不器用皇太子と勘違いな妃の物語(作:三都花実)
相変わらず同志以上恋人未満な皇太子夫妻。今回はその2人がここまで勘違いするかっ!と突っ込みたくなること間違いなしな話です。前作(不器用皇太子と恋愛嫌いな妃の物語)を読んでいただくと更に面白いかもしれませんが、読まなくても楽しめるはずです。
母違いのお姉さま、義理の母、優しくて幸せと家族の愛全てを信じていた自分がおろかだと知ったのは、自分が聖女に選ばれ、王太子の婚約者になることが決まってそして婚約破棄されてからでした。(作:まりる)
父が庶民の母に生ませた私は母の死後、父に引き取られることになりました。なさぬ仲でありなが姉や義母はとても優しくて、私は感謝したのです。 しかし私は魔力が高いから利用価値があると思われていただけだと聖女のスキルを持ち王太子の婚約者になった後に知ったのでした。 私生児なんぞ婚約者にしたくないという殿下を唆した姉により私は陥れられ、婚約破棄されて下町に放り出されたのです。 私はそのとき復讐を誓ったのですが。
jalousie 〜行き場のないこの想い〜(作:ロゼ)
彼に会ったのはあの日で最後だったんだ。今はあの時とは違うあたしで、今日はいつか来るかもしれない最後に繋がる最初の日。
Atonement of white snow(作:HoneyRain)
ここは、人間と動物が話すことのできる世界。 主人公・白雪は、その唯一のパートナーであるウェイズとともに幸せに暮らしていた。――いつか壊されるものとも知らずに。 君のために、愛する、君のために……。 ただ一点、白雪が見続けたそれの代償は――。
例えば誰か一人の命と引き換えに世界を救えるとして(作:ミソネタ・ドざえもん)
主人公はロボットの操縦者として日々怪獣との命がけの戦いに邁進する。
とある王国の、父と青年の話をしようか(作:バルバルさん)
俺は、あの男が嫌いだ。 あの男は、母を妊娠させた。 あの男は、母とは違う女と結婚した。 あの男は……母をみすみす処刑させた。 あの男を、父親だなんて認めない……  この状態から始まる、父と息子の物語の一ページ。  父と子は、向き合えるのだろうか。 原文はノベルデイズ様にあり、少し加筆しました。
夢を見る(作:みこと)
微ざまぁ有り。 アルファポリス様でも投稿しています。
夢の道筋(作:peach)
私は新入社員の彼を好きになった。今までの生活が一変したのだ。それなのに...
向日葵の約束(作:兎田 水音)
ツヴァイ王国の夏の1日は? 今日もほのぼの…?
『人生逆転論』(作:もきゅ)
あの最悪な1日から一週間。私は幼馴染の桃哉に顔を会わせずにいる。 ※『感情反対論』の続きです。もう最後の方はまとめたのであっさり読めるかと。一応これで完結となっております。番外編はちまちまと書いておりますが、上がるかどうかは分かりませんので期待しないでください。
乙女ゲー用にネタを出すも作る気力とヒマがないので小説にしました(作:若桜モドキ)
 とりあえず注意:トリップ転生成り代わりなどの乙女ゲーモノじゃないよ!  タイトル通りのシロモノです。  気力とかいう以前に、仮タイトルすらない。  女性向けノベゲ用にネタを考えるも、フラグ管理などがいろいろ面倒になってとりあえず正史っぽい話を書いてみました。まぁ、これはゲーム中には存在しない予定のルートですけど。
勇者を愛した愚かな魔王(作:湖月もか)
人間の彼を愛した魔族の女。 それは後に愛の重さ故にひとつの悲劇を産む。 ※流血表現ありのためR15にしてます。 ※今回もド短編で名前は出てこないです。
玩物喪志(作:木更 葉哉)
ダメ男に惚れた、ある女の回想。
『かけがえのない命』とか(作:かさな)
私が幼い頃、周りにいた人達は『かけがえのない命だ』そう言っていた。 なのに、何故だろう。何故私の家族はみんな居なくなってしまったんだろう。 私は、どうするべきなんだろう。
愛する人の心は今の私にはなく、私はそのことを知っていた。ずっと見てきたのだから知っている…。彼はかって自らをかばって死んだ婚約者を愛し続けているのだと。(作:澪子)
魔法学園の先生は死んだ婚約者を思い続けて独身でいる。もう十数年もだ。 バカみたいと先生に対して私は言うのだ、幸せになってももういいと思うと。 だって私が先生をかばって死んだ婚約者だもの。 告げるわけにはいかない、だって私はまだ14。 あの時とは違うもの、あなたは私の父と年がかわらない32。 幸せになってと祈り続ける私が暗殺者に狙われ前世絡みの事件に私は巻き込まれることとなるのだが?
これからもあなたが幸せでありますように。(作:石河 翠)
愛する男から、別の女と結婚することを告げられた主人公。彼の後ろには、黙って頭を下げる可憐な女性の姿があった。主人公は愛した男へひとつ口づけを落とし、彼の幸福を密やかに祈る。婚約破棄風の台詞から始まる、よくある悲しい恋の結末。 ありま氷炎様主催、第6回月餅企画の参加作品です。
つがい(作:琴子)
十五の初夏の日。碑代の地の長筋である、わたしの婚礼がまとまった。時を同じくして、わたしの対である双子の兄もまた帰郷する。きつくわらう、いまや皇子の従者である彼を出迎えた時、まつろわぬ獣である彼を慕った、わたしもまたしあわせだった。その一瞬の、訪うまでは。
ひまわりの好きな雨(作:砂宮樹)
雨は嫌い。土砂降りの雨を見ていると、いつもあの日々を思い出す。それが、どんなに恋しかったとしても――きっと、もう戻れない。もう会えない彼を想う彼女の、しんみり雨模様。
惨殺されて時戻りした令嬢は遁走する(作:紫芋の瓶)
あの日、婚約者に惨殺される瞬間、私は刻を戻した、誰からも愛されなかった少女が全てから逃げだす。
幼馴染が誰より大事という公爵家の嫡男に嫁ぎました。そんなに大切なら、そっちと結婚しなさいよ! 女主人は私じゃないって…嫁いでから知ったからもう遅い? そんなことはありませんわ。絶対に離縁してやります!(作:かのん)
三代前まで商人だった我が家は成り上がりの公爵と言われていました。 8人姉妹の7人目である私は嫁ぎ先が決まらず6人目のお姉さまのように年齢がかなり上の男性に嫁がされるのはいやだと、年の頃がつりあう公爵の申し出を受けて何回か顔合わせして、婚約、婚姻しました。 初夜に名前を呼び間違えられ、君は別に妻としての役割を果たさなくていいから勝手にしてくれと言われてしまい…女主人として主人の幼馴染みの女性がいて?私の存在ってなんですの? 女からの離縁ができない仕組みで持参金目当ての結婚だった>>続きをよむ
未来のアナタへ…。(作:のすけ)
私からアナタへの手紙 コレを読んでアナタは何を思ってくれるのかしら。 私の唯一無二なアナタ 大好きよ。
まっしろなせかい(作:うつつ)
しろくてやさしいせかいのおはなし。 不思議なお話が書きたかったのです。
捨てられた悪役令嬢が拾われるだけ(作:みこと)
タイトルの通りです。
冷たい世界で、愚かな僕は乞い願う(作:一戸瀬ユキ)
時の流れから取り残され、眠り続ける女性。 彼女がいつか目覚める事を信じて、寄り添い続ける青年。 そんな二人の、純愛の成れの果て。 ※鳴田るな様主催「純愛短編企画」参加作品です。
愛してると笑う君へ、僕は死ねと囁いた(作:Nerine)
 仕方がない、僕が自由になる為だもの。なにより君を、誰にも奪わせたくなかったのだから――
聖女は闇に堕ちる(作:asari)
私は聖女として生まれた。 この世界は瘴気に満ちていて、それを浄化するために聖女が生まれる。聖女は瘴気を払えば力を使い果たしてしまうので、普通の人間に戻れる。 そしたら私は愛しいあの人と一緒になるのだ。 そのはずだったのにーー。 ※R15は保険です…が、ハッピーエンドにはなりません。地雷の方は気を付けて下さい。
今ここに響かせて(作:玉露)
ゲイでオタクの高校三年生、『俺』こと尾田昌弘は思い悩んだ末、投身自殺を図ろうと決意し、学校の屋上で一人たたずんでいた。 『好きになってごめん』こうすることでしかお前に謝れない、と涙する俺の前に現れたお前は……
Raining(作:葛城ユキヒロ)
私は桔梗の花を墓前に供える。彼の好きだった、桔梗の花。ひとりの女性の、決別と再出発をまとめました。
脇道の僕ら(作:黒餡蜜)
乙女ゲームの世界の脇道で、生きている二人のお話。
婚約者を陥れ悪役令嬢として処刑した王子が、自らの言葉によって永遠をループすることになる事(作:刹那玻璃)
でんでろ3様の創作試験問題 『140字で世界を救って下さい。 シチュエーション: 世界はタイムリープのループにハマっていた。その周期、たったの5秒。そう、世界は同じ5秒を延々と繰り返していたのである。これだけ周期が短いと、結構な人数が気付いているのだが、たったの5秒では何も出来ずにいた』 を見て考えたものです。 悪役令嬢と呼ばれた公爵令嬢と、罪もない公爵令嬢を陥れた王子とその恋人の受けた報いです。
花束と共に(作:あずさ)
ばかだなあ、ヒロ君。 だいすき、だよ。 ※自サイト『ゆらり』より転載
白と黒(作:こせ よし子)
少年は初恋をしる。 青年は愛をしる。 そして・・・。
遅い春を、駆ける(作:外路非一)
ショートショートです。 既に青春を終え、再開した二人は、秋夜の逢瀬に何を思い、どこに向かうのか。 倫理からの開放≒堕落をテーマに描きました。 なお、こちらの作品は5ちゃんねる【お題スレ投稿作品(https://t.co/2yEtWkmUeo)】であり、使用したお題は「秋」「高原の牧場」「逆」「眠い」+最後の一文指定「それは誰にも知られることはなかった」 の5つです。
純愛性パラフィリア(作:兎月)
恋人を亡くした主人公の、恋人の幽霊との生活の一日を描いた短編。
鈴鹿御前(作:ドラキュラ)
第四天魔王の娘、鈴鹿御前は坂上田村麻呂に恋をしました。しかし、田村麻呂は人間。鈴鹿御前は鬼女。決して結ばれる筈がありませんでした。何れは自分も殺されると分かっていながら、鈴鹿御前は愛しい気持ちを抑え切れませんでした。妖しと人間の哀しい物語。
彼女はサイゴに言った(作:花道時代)
少女が大嫌いな主人公と主人公が大好きな少女の話
王子様に婚約破棄されたので黒魔術で復讐しましょう(作:蜜柑プラム)
王子様は私の憧れでした。それなのに婚約破棄され、打ちのめされた私は黒魔術で復讐する事に決めました。魔法陣、水晶玉、藁人形、タロット、禁薬。手段は選びません。必ず成し遂げて見せます。  ※ホラー要素あり、恋愛要素多め
時と夢(作:Ugly)
小さな喫茶店で人を待つ主人公の迷い。
乙女ゲームもどきの終わり。(作:黒天狗)
憐れな第二王女が国外追放を請けて……。
ハッピーエンドは偽りの仮面の先に(作:真咲 透子)
『どこまでも、走る。あてなどない、ここではないどこかへ。できるだけ遠くに──』  ジュリア・ウィルクスはラヴァンディ王国の軍人をしている。他国との戦争がここ数百年は無いため、貴族たちの不正を取り締まる仕事をしていた。ある日、ジュリアの師匠が国に背いているのではないかという疑いが掛けられてしまう。 敵は誰か。そして味方は本当にいるのか。背後にいたのはそれとも……。
Яegret(作:うぃすあ)
もう1回だけ、許してもらえないだろうか 結婚式に招待するなんて馬鹿なことだとわかってる 「ごめん、やっぱ無理だった」
一〇年目の夏祭り(作:倉佳宗)
八月の盆。 必ず地元に帰省する、年に一度の彼女に会える日。 今年で一〇回目、一〇年目の夏祭り。 ※「カクヨム」にも掲載しています。
甘い毒2(作:てと)
やっと私だけを見てくれた。 甘い毒の続編です 前作→ https://ncode.syosetu.com/n7075hc/
月に酔う(作:東亭和子)
満月は人を狂わせるという。 月に酔って殺人を犯す。 満月の夜、狂った女が友人を襲った。 文化祭の準備で帰りが遅くなった日だった。 彼女が殺人事件の犯人なのか? それとも…
妹が略奪愛してくれたおかげであの家に嫁がずに済みました。どうもありがとう。私は愛しのあの人と駆け落ちします。(作:みこと)
妹が略奪愛してくれたおかげであの家に嫁がずに済みました。どうもありがとう。私は愛しのあの人と駆け落ちします。
狂王に餌付けされた死神(作:てと)
私はある日スラムの隅で『それ』を見つけた
嘘の中の真実(作:部長)
突然の両親の失踪。それでも支えてくれる人たちのおかげで何一つ不自由のない生活を送っていた主人公にある日告げられる真実・・・・・
リュオットの十年計画(作:美雨)
短編シェリルのプロローグより前のお話。
腹黒王子は見逃さない(作:岡島 光穂)
王宮で働く子爵令嬢のマーニャは、王太子エドワードの傍に侍るべく、元恋人を使いある策を立てる。 元恋人の報告を待つマーニャの元に現れたのは…… 半分までシリアス気味、前回同様後半イチャイチャ。 前回:「腹黒王子は罠を張る」https://ncode.syosetu.com/n3547ge/
腕時計(作:柊 ナナ)
その腕時計は、きっとお父さんがしているからカッコいいんだよ。
裏切られた令嬢は(作:みこと)
それでも彼を愛するのです
笑顔の彼女と根暗な彼氏(作:田中勇道)
主人公の優太はいつも無愛想で根暗な大学生。四年前から付き合っている同級生の月乃は常に笑顔で優太とは正反対の性格。月乃は僕を『ゆうちゃん』と呼び、結婚を本気で考えている。 これはそんな二人の日常を描く物語。カクヨムにも掲載しています。
短編 エルフ ソフィの物語 「掟」「罪」「罰」「未来」(作:やまじじい)
エルフの里には掟があった。 誰の為の掟なのか、代々の長老はそれを変える事をよしとしなかった為に散った命の物語。
彼女は桔梗が好きだった。(作:望米)
『私ね・・・桔梗が好きなの。』 彼女は満面の笑みでそう言っていた。 『花言葉が素敵でしょう?』 僕もそうだね。と頷き2人で笑いあっていた。 何故こんなにも喪失感に襲われているのだろう。 何故こんなにも胸が痛むのだろう。 好きにならなければよかった。と思う日もあった。 僕は最低だ。 でも今なら言えるかもしれない。 僕は君に『永遠の愛』を違う。と。
すてらまりす☆らいと:おさななじみのきっす・でい(作:Walther Abel)
マリナとチカイは幼馴染同士。だが、チカイはその一線を超える感情を持っていた。 「あのね、マリナ。私ね──マリナのこと、好きなんだ」 ※本編「Stella Maris: From the Omega Point」の補足的な内容ですが、本編を読んでなくても大丈夫です。
後悔と愛と・・・(作:雷禅 神衣)
失った人の後を追うこと、それ即ち「後悔」の始まり。
始まりの風(作:パプリカ)
 死ぬことで国に幸福をもたらすという『生け贄の御子』。その御子として異世界のオルベニア王国に召還された十歳の少女。  そして六年後、さらに大変なことに巻き込まれると知らない少女の異世界生活が始まってもいない物語。
恋に似た病(作:月鳴)
姉の恋人を好きになってしまったわたし。奪うことも諦めることもできないわたしは恋に似た病に侵されている。
残念ながら、私はもう愛していませんの。(作:海月 楽)
不誠実男の婚約破棄の代償。
悪役令嬢にされたようですが、聖女にジョブチェンジしようと思います。(作:みこと)
悪役令嬢扱いされたのでとっとと他国の聖女になるお話
つまり、私は好きでいたい。(作:八巻タカ)
難波涼子は三日前に、同じクラスの三枝和臣に告白をされた。しかし、涼子はその返事を保留にしてしまっていた――。 一人の女子高校生の苦悩や葛藤を等身大に描いた、青春と恋のお話し。
大貴族の一人息子坊っちゃまとそのメイドの話。可愛いメイドには裏がある(作:カピバラ)
大貴族の一人息子エドワード坊っちゃまにはリーシャというメイドがいました。 毎日のお見合いにうんざりしている坊っちゃまの好きなタイプは知的な黒髪ロングで幼馴染で巨乳な年上だというのです。 そんなピンポイントな相手なんてそうそう居ません。全部の条件を満たしているのは私くらいしかいないのですから。 誰なんでしょうか坊っちゃまの好きな相手というのは? そしてリーシャにはエドワードに内緒にしている秘密があった。
とある令嬢の本音(作:澄川)
婚約者から婚約破棄をされる定番のお話。 私悪いことなんてしてない──
アンネマリーの奮闘 〜今世こそ最愛の婚約者を幸せにします!!(作:紫)
実家の圧力から夫クリストファーを守りきれず、失意のうちに死んだアンネマリーは、八歳の頃に逆行転生することに。 今世こそアンネマリーはクリストファーを守れるのか!? *** ノリで書いたので雑です。何でも許せる方向け。
曖昧なチョコレート(作:西村颯斗)
大好きな友達リナに裏切られた女の子シオリの狂気。 彼の本当の想いは......。
夕日のせいじゃない。(作:茶柱)
地球最後の日に再開した男女にはどういう過去が、そしてどういう未来があるのだろうか。
【BL】臣下が王の乳首を吸って服従の意を示す儀式の話(作:はちお)
架空の国と儀式の、真面目騎士×どスケベビッチ王。
追いかける女(作:五月秋高)
追い出した幼馴染を追いかける。彼を戻しさえすればあたしのすべては上手く行く。 だがあたしが行く先で聞く彼はあたしの知っている彼と違う。 あたしは何を間違った?
風色に光る海(作:藍咲 紅里)
ここではないどこか遠くの島の話
Another face (作:宮野徹)
ーアルフォンス。ごめんなさいー お互いに惹かれあっていた中で、ある日彼女の裏側に潜む影をアルフォンスは見てしまう。
とある後輩男子と先輩女子の話~お互いに溺愛中~(作:どんぐり)
後輩男子のことが好きな先輩女子と、先輩女子のことが好きな後輩男子の話。
咲夜とナイフ(作:たい)
十六夜咲夜さんとある一人の男の人との出会いです
闇堕ちした私の婚約者(作:ばっちい)
「まさか元婚約者と戦わないといけないなんて……」 王女は悲しんだ。 かつての彼は平和を望んでいた。今の彼は果たして?
「協力してくれなきゃ、貴女を殺して私も死んでやる」とお嬢様に言われたので、渋々協力することになりました(作:あかり)
 異世界転生して、ゲームの世界の悪役令嬢メリッサの侍女となったセラ。ひょんなことから、メリッサの妹アデルの侍女になってしまいました。  そして、「アデル悪役ルート」の存在を教えてしまったがゆえに、セラはアデルに振り回されることになる。  自分が破滅するルートを自ら進む令嬢っているか?と思いながらも渋々協力をするセラ。   誰も幸せにならない物語。
私はお前を生涯愛することはない。私には愛する人がいるのだから。婚約者からこのように宣言されましたが、別に政略結婚だから構いません。そのあと婚約破棄されその相手が…妹と知る前はこの考えでしたけどね…。(作:いおな)
公爵令嬢のリーゼルは3才のとき、事故で両親を亡くし、父の弟であるおじ夫婦にひきとられた。 爵位はおじが引き継ぎ、従妹であり義理の妹と差をつけられて育ってきた、それも仕方ないと思っていたが、年頃になり王太子の婚約者に選ばれたが、私には真実愛する人がいるお前を生涯愛することはないと王太子に宣言された 政略なのでそれもまた仕方ないと考えていたが その一年後、お前と婚約破棄する。真実の愛に生きると宣言され、身一つで放り出された。 その相手というのが義理の妹で? 義理の両親にも見捨てら>>続きをよむ
遥か彼方の彼の地より(作:まい)
 ある女性の話。  現代で死んでしまった彼女は、神の実験に協力を求められた。  知識によるNAISEIチート悪役令嬢対乙女ゲームシステムによる補正・強制力持ちの転生ヒロイン。  どちらが強いのかの実験だ。  それに彼女は、悪役令嬢側として参加した。
(短編版)1000回目のループですべての記憶が戻ったので、復讐しようと思います。そのついでに世界もぶっ壊します。(作:白鷺美香)
元婚約者のルナード王太子殿下と、その浮気相手のリアネ・ルーハッド男爵令嬢に嵌められ、冤罪で処刑された侯爵令嬢、アリーネット・グロスウェル。 だが、この世界はある者の手によって1000回ループさせられていた。 アリーネットに記憶はなかったが、 毒殺223回、刺殺128回、処刑375回、溺死122回、獣に喰われて死ぬこと152回。 そんな凄惨な死を繰り返すこと1000回、変化が訪れる。 1000回目に処刑で死んだあと、この世界の神と名乗る男がアリーネットに接触してきた。 「や>>続きをよむ
おわりの音(作:海野かもめ)
ちょっとダークな恋愛物です。
天国からの贈り物(作:愁知 こにこ)
あなたのことを愛してた。だから、守りたいって思ったの。だけど、側に居たいとも願ってしまうの。
女神ですよー信者を助けましょうかね(作:紲那)
私の可愛い子をいじめる子は許しません
ミモザのひと(作:外宮あくと)
花嫁衣装に身を包みながらも、彼女は死にゆく人の顔をしていた。 妃が亡くなってからずっと独り身を通していた王が、突然後添いの妃を娶ると決めた。 王の息子は複雑な思いを胸に抱く。 新しく王妃となる女性は、亡くなった母にあまりにもそっくりであったから。
この手を放して(作:どらどらとんとん)
心が邪魔をする、幸せに等なれないのに。 永遠なんてもの無いのかもしれない。 苦しみぬいた令嬢が出した答えとは?
虐げられし月は大地の姫君を溺愛するif(作:おうぎまちこ)
 彼が、父を殺害した犯人かもしれない。  そんな十歳年上の婚約者のルーナの元に帰ってきた王女ティエラ。再び、彼女の城での軟禁生活が始まることになった。  もうすぐ成人である十七歳を迎えるティエラだが――。  城に戻った初日の2人を書いた短編。 ※作者作品&本編完結している「記憶喪失の癒し姫と白金の教育係と紅髪の護衛騎士」のifルート「月華・玉の章」第1話を、宣伝も兼ねてお見せしております。 本編124話「月光の花・心の剣」の次の話になります。 そのため、分>>続きをよむ
仇敵と思い人(作:知らない人)
愛する人に、国を滅ぼされた。国が壊滅し敗残兵と成り果てた元王女。武器は使い物にならないほど刃こぼれし、防具も役に立たず、魔力さえつき、体力も残っていない。そんな絶望的な状況で、絶望的な強敵に出会ってしまう。 この作品は「カクヨム」にも掲載しています。
愛が分からない話(作:サクモ明葉)
「私の教わったものには、欠落していたけれど」 婚約破棄されたエミリアの経緯と、それから。
消えない罪 消えない未来(作:主従スレ太)
愛する執事に無理矢理自分を抱かせたお嬢様。 その愚かな幼い欲の罪。 ーー罰は、すぐさま自らへと降り注いだ。 (某BBSのエロパロ板の主従スレから引っ越してきました)
神の子 バルバトス(作:氷夜)
神の子として生まれた バルバトスの苦痛の人生物語ー
君に、伝えたい(作:ショコラ*)
今年もまた、夏が過ぎていく。 君の隣にいた、記憶をのこして――(切/純愛/高校生) ※こちらはChocolat's Days(フォレストブログ)閉鎖に伴い、移転させた小説となっております。
虐めの冤罪を吹っかけられたので本当に虐めてみた(作:みこと)
虐めの冤罪を吹っかけられたので本当に虐めてみた
訪うは雪待の月に(作:雨宮うり)
これは女神さまのいらっしゃるお国の領主さまと彼に恩返しをしに来た子狸の物語。 領主様のお屋敷に、降雪が連れてきたのは、丸い二つの影でした。 窓の外、庭に転がる影たちの来訪の目的は? いつも呑気な子狸さんの、ちょっぴり切ないお話です。
君愛黙。(作:春日陽一)
黙って君を愛す。 【※こちらは、桜庭春人さま主催の素敵短編企画「アイコトバ」への参加作品でございます。】 お題:「頼むから黙って、ただ愛させてくれ」 (John Donne)
掴んだ先に。(作:高橋あきら)
いつも心を占めるのは、ローズブラウンの瞳の彼。その手を取りたい。平凡な毎日を共にいれたらいい。それでもそれを望むことはできない。なぜならわたしは……。 人ならざる者になってしまった女が出した答えとは?
とある勇者の悲劇。~そして勇者は~(作:EternalSnow)
勇者は魔王の元へと旅立った。  そして勇者はある選択を後悔することになった。  これは勇者の悲劇の始まりである。
愛と自由と祝福の女神は小さな天使にこっそりと囁く(作:蛹乃林檎)
連載作の「モブ少女は乙女ゲームに転生しても……」のサイドストーリー的な短編です。単体でも読めるかとは思いますが、合わせてお読み頂けると分かりやすいかと思います。作中、静かにフェードアウトした双子のその後と始まりの話になっています。本編とはテイストがだいぶ違って暗めになっています。
幼馴染みの涙の理由を本当は知りたくて(作:来留美)
幼馴染みの涙を見てからその理由が気になる俺。 彼女が泣いていた理由を聞けないのは彼女が何も言わないから。 そんなある日、彼女が涙の理由を話してくれた。 彼女を苦しみから助けたい俺は彼女に「俺の所へ来い」と言った。 彼女は俺に助けを求めて俺の胸に飛び込んでくる。 近すぎる関係だから気付かない二人の思い。 彼女の涙は二人の関係を変えていく。
創世神が創る~失われた物語り~その日、世界が生まれ、妾は主を失った(作:黒水晶)
世界が生まれる前の話し。 そして、世界が生まれ、絶望が生まれた。
恋するオタクは青春したい!(作:ND)
アニメショップ通いの冴えないオタク、小田久司はひょんなことからクラスメイト女の子、矢島凛と仲良くなり、、、
全てが回ると恋も回る(作:スミンズ)
SF&恋愛。ふしぎで、すっきりしない、けどきっとハッピーエンド。そんな作品だと思う。上手く創れた気はしないけど
俺のベッドはこんなにも広かっただろうか?(作:ヨネ@ハイテンション)
目を覚ます。そこにはいつも、愛しのミサの寝顔があった。ミサが目覚めるまで、その顔を見ているのが俺の楽しみでもあった。それが日常。それが現実。しかし、現実は急に変化を起こす。俺の望む望まないにかかわらずに・・・・・・
夕暮れバレンタイン(作:Shiruku)
数年前、ある公園で利紅と夏那は出会い、仲良くなった。今日は二月十四日、バレンタイン。毎年夏那は好きな人にクッキーを渡せず、そのクッキーを利紅が代わりに食べていた。そして今年も、夏那は渡せなかったクッキーを持って公園に来たようで……。 ※http://www.pixiv.net/novel/member.php?id=3317435←pixivにも掲載しています。
食愛(作:よしき)
未知の土地で出会った女性に恋をしてしまう。一緒に生きる事を望むが、村には古くからの風習があった。愛しているから食べる。そんな愛の形。
運命は空回った(作:みこと)
ざまぁはありません。ただただ空回って修正するだけです。 アルファポリス様にも投稿しています。
PIANO 天音 悠編(作:天音 神珀)
苛めを受けるのが常である少女・麗歌。 それでも彼女はいつも生き生きとしていた。 本作は連載小説PIANOの短編。 失った家族に縛られたままの、一人の青年の物語。
妄想異世界で終わらない夢を(作:蒼色)
妄想癖な男の話。 現実的に考えれば有り得ないことも、自分の脳内でならどれだけでも再生できる。 主人公にも簡単になれる。 そんな妄想癖な男の末路とは……
キミはもう逃げられない〜聖女として呼ばれた平凡女子〜(作:猫井ハル)
 異世界に突如として召喚された伊織。彼女は世界を救う聖女として旅に出る様強要される。  昨年投稿した前作、だから君は逃げられないの旅での話。これだけでも読めると思います。
魔王「なんか勇者に愛された。逃げていい?」村人「逃げろ」(作:のろとり)
勇者は魔王を愛していました。 魔王は勇者を恐れた。 そんなお話です。
赤いカーネーションは追憶に供える(作:深海聡)
母の日に寄せて。 「雨の日は林檎の夢を見る」のスピンオフ作品です。 シュネーとレグンのその後の話。 2人を取り巻く不思議な運命と因縁について。 シュネーの母とレグンの兄について、あるいはレグンの兄のその後についてはいずれまた書くつもりです。
#魔女集会で会いましょう ~魔女の一冊の物語~(作:大川暗弓)
画力がなさ過ぎるので小説で書きました。 それは忘れられた物語ーー魔女集会中に書庫の本を整理を任された少年は一冊の古びた本を見つける。 その本はある魔女の悲しい一章しか綴られていない物語だった。
女として見て欲しいから……(作:しいたけ)
中学からの友達の太郎はちょっと変わっていて、中性的な顔立ちと性格な上に料理と裁縫が大得意! 俺はそんな太郎といつもの非常階段で日課の黄昏れを楽しむのであった。
魔女と呼ばれた薬師は王子様とはやり直したくない!~全力で逃げさせてもらいます~(作:久水蓮花)
あるところに熱病が流行った国がありました。その国の薬師はなんとかこの熱病を治そうと必死に薬を作ろうとします。そんな薬師を国の王子は愛し、結婚の約束をしました。そして、いよいよ薬が出来上がり王子に持って行ったところ、彼女は――。 短編読み切りです。 カクヨム、アルファポリス同時掲載
十九時の逢瀬と不明瞭な雰囲気(作:春乃和音)
彼女からの手紙が導いた、夜の逢瀬と彼女の真実
幼なじみの話をしよう(作:緋松 節)
幼馴染み同士は結ばれない。よく聞く話であるが、果たしてそれは根拠のない話なのであろうか。もし親しい仲でも度が過ぎれば……。 ※単発の短編です。
穏やかならぬはるのあいだ(作:もすこ)
大学四年生になった李子は就職先の出版社でアルバイトをしながら一人暮らしすることになった。余裕のない生活になったことで恋人である草太とすれ違いが生じてしまい……
カニバリズム(作:てと)
だれもしらない、くるったあいのものがたり
ずっといっしょ(作:大和ラカ)
これは!ある少年がした善意によって起きた出来事である。
ワインレッドの温もり(作:橘麒麟)
極寒の町で角を持つ一人の、マッチ売りの少女に出会った「僕」の物語。
おれが異世界で悪役令嬢になって帰ってきた話。(作:生姜焼き)
おれは異世界に行って帰ってきたんだ。悪役令嬢みたいになって、現実に帰ってきた、おれが恥ずかしいことして親友に笑われた、それだけの話だ。 ちょっとくらいかもですねぇ!? tsは純愛でNLだよほんとほんと 天が書けって言ったんだ、俺は悪くねぇ。悪役令嬢要素何処だろうね、見た目だけかも。
与えるだけの愛でも問題ない(作:めみあ)
不器用な愛情表現しかできない夫婦の物語です。 前半は夫視点で、最後の方は妻の視点です。 ※直接的な表現はありませんが、夫婦は過去にDVや虐待の経験があります。
【短編】女向け風俗で働く俺は、きっと頭がおかしい(作:夏目くちびる)
タイトル通り、女向けの風俗で働く男の話。それだけ。
私のご主人様はドレイ依存症 ~悪役令嬢から奴隷堕ちしたけど愛するご主人様に可愛がられているので、私は幸せです。だから誰にも邪魔させませんからね~(作:PON!ぽこ)
私はご主人様の奴隷だ。 だけど、とっても幸せ。 決して結ばれることの無い運命だった人の傍に居ることが出来るんだもの。 それにご主人様は私に依存している。 絶対に私からは離れることは出来ない。 ねぇ?そうでしょう? 私のゴシュジンサマ? 3,000字ほどの短編です。
あんな奴は彼氏じゃないっ!!(作:宛 幸)
主人公は恋人と初めてのデートをする。 そんな中、いろいろな葛藤が心に渦巻く。 そして最後に下す決断は――
愚かな人の行く先は(作:叶 葉)
ソフィア・フェルマーは、いつも同年の幼馴染であるアンリ・ワイルズを心配していた。 善人過ぎる彼は、いつも騙され裏切られる日々を送っていたからだ。 ソフィアの再三の忠言にも耳を傾けずに、アンリは自らより身分の低く、良い噂を聞かない女性と結婚してしまう。 アンリが辿る破滅の先に有る物とは———?
鮭に恋する鯖の寿司(作:テル)
何故か自我を持っている一匹の鯖の熱い恋物語。
妹に婚約者を奪い取られた私は、婚約破棄され辺境に送られ、10年後『人形遣い』として活躍していました。しかしなぜか裏切者の元婚約者が私を呼び出し、無償で勇者として魔王を倒せと命じてきたのですが。(作:ゆうき)
妹に婚約者の王太子を奪い取られ、妹をいじめた罪により国外追放になりました。妹に陥れられたんですがね。 運良く隣国の王族に拾われ、10年後、ドールマスターとして活躍していた私をなぜか追放した元婚約者、いまは国王、王妃、私の妹が呼び戻したのですがその理由とは?
キミはもう逃げられない(作:猫井 ハル)
異世界召喚という、稀有な体験を持つ瀬田伊織。元の世界に帰って来た彼女は、日々を取り戻そうと必死になる。そこへかつての仲間が、目の前に現れた。
もう一度だけ、あなたと…。 前編(作:如月りょう)
 大学3年生の秤翔太(はかりしょうた)。  彼は同じ大学の同級生、楠本有紗(くすもとありさ)と付き合っていた。  そんなある日、彼女は死んだ。  交通事故というあまりにも呆気なく、突然すぎる死に翔太は何を思うのか。  また、有紗は何を思って生き、何を思って死んだのか…。  “死”をテーマに描く、一組のカップルの物語。  大切な人に、言い残したことはありませんか?
世界を敵にまわした男(作:肉うどん)
例え世界の全てが敵にまわっても彼は。
身勝手の末の清閑(作:水瀬あすか)
この世界では、誰もが身勝手だ。ーーー「 最期の一瞬まで、傍に 」「 君のことならなんだって知っていると思っていたのに 」「 寂しい。悲しい。でも、口に出しちゃいけない 」「 そばにいてよ、ねえさん 」悲しい運命が入り混じる。今日も私は、塔の中。手を伸ばされることを望みながら、自ら伸ばそうとする人なんて、一人もいないの。 季節巡る国の童話プロローグ使用作品です。参加表明忘れました。えへ。
電脳世界の終焉(作:のぉ)
ちょと近未来的で、シリアスなのが書きたくなって、一気に書いたもの。 とくに設定とか細かくないです。 ひたすらに話す人とか好きなので、好みで仕上げました。
窓と本(作:美都)
「明日死ぬとしたら亘は今日何がしたい?」 そう、春香は、手元にある本を閉じ、窓の外を見ながら僕に問いかけてきた。 「春香といたいよ」 そう、僕は手元の本を読みながら返す。 「そうじゃない。誰と、じゃなくて、何が、よ」 そう、春香は拗ねたような口調で僕に言う。 「わかってるさ。でも、しょうがないだろ。僕は春香といられるなら、何をしてたって構わないんだから」 そう、僕が返すと、春香はふふふと笑った。 「もう、しょうがない人ね」 僕と春香の日常は、春香の病気がわかってから一転した>>続きをよむ
契約書の穴(作:Kindle作家にがよもぎ)
新しいスマートフォンへの機種変更は誰でもやる。 しかし、法律が切り替わるだけでいくらでも個人情報がダダ漏れになる可能性もある。 自分の身は自分で守ろう。
君より先に逝ける幸せ(作:幸 豊)
短命の男と長寿の少女。 寿命を迎えた時に思う事は。 男視点。 2016/7/11 ジャンル変更
Poker Face(作:mia)
“Mon ami”シリーズの『雫音』の続きのようなものです。『雫音』を読まないと内容が全く分からないと思いますので、よろしくお願いします。短編で上げているのは、連載にするほど中身もなく、時間もないからですすいません。(続きのあらすじ)ヴァンの処刑を撤回する条件としてボスの婚約者となったモナミ。一方、ボスによって遠地への長期任務を命じられていたヴァンは彼女を忘れることができず、その苛立ちを敵にぶつけていた。シチリア王から依頼された極秘任務の中、負傷したボスがアジトに戻ってきたと>>続きをよむ
泣いた向日葵(作:封弥)
何気に早起きをしてしまって、河原まで行く平次。其処に和葉も訪れる。遅くまで事件を解いていて眠いといった平次は、和葉に五分だけ寝ると言い眠る。…平次が起きた後、歩いて学校に向かっている途中「顔が赤い」と言った和葉の言葉に平次は強く茶化すなと言う。其れが和葉を動かして…
幼馴染は未来予知能力者 ~俺と小さい頃に出会ってから俺に告白されるまでの彼女の未来予知人生~(作:星月健吾)
池本隆二は、幼稚園の頃に幼馴染の村沢明日香と出会う。明日香は、未来に起こる出来事が見えるという、未来予知能力者だった。明日香は日常を過ごしながら、未来予知の能力を次々と発揮していく。彼女の意思とは裏腹に。次々と見える未来。その度に必ず起こる、予知した出来事。予知していくにつれて、次第に彼女から距離を置く周囲の人々。そんな孤独になっていく彼女を、隆二は近くで支え続ける。その中で、隆二は明日香への恋心を自覚するようになる。そして隆二は、明日香の誕生日に、彼女に告白することを決意す>>続きをよむ
春のひだまりと黒い雲(作:樹咲 良夢)
愛し合っている二人の男女。 幸せな日常に、影が差し掛かったーーーー 最後はハッピーエンド…ではないかもしれません。
悪役令嬢はため息をつく(作:毬藻もどき)
悪役令嬢に転生したシルビアが束縛系王子に捕まったお話。王子の束縛は軽め。 小説初投稿のため、稚拙な文章すいません。
忘れ物はございませんか(作:時永めぐる(旧:永久めぐる))
禁断の恋を胸に秘めた娘は、華咲き乱れる帝都の春に何を思うのか。
初恋(作:玉露)
卒業を間近に控えた『俺』こと狭山彰人は、担任である向井直道に報われない恋心を抱いたまま惰性的な日々を送っていた。このまま一切の気持ちを告げることなく、隠したまま逃げるように卒業するつもりでいた俺に、向井は『もう分かってる』と告げて……
言い分を聞きましょう(作:めみあ)
夫に浮気をされた妻が、夫と浮気相手、別々に会話をする話です。
ヒロインに選ばれなかった第二王子の平凡な幸せと失恋(作:マキバチャン)
ヒロインに選ばれなかった第二王子は、彼女に焦がれることをやめられなかった。 やがて彼らは大人になり、それぞれの家庭を築くこととなる。 選ばれなかった攻略対象が、確かな失恋を実感するまでの物語。 この小説は、アルファポリスにも投稿しています。
ビターチョコの解法(作:hiro_literal)
僕は今日、ブラックチョコレートで作った初めての手作りチョコを持って家庭教師先に行く。 ボーイッシュな物理学科女子学生の僕が、家庭教師先で出会ったバレンタインの事件。 個人サイト「文芸船」との二重投稿。
春の嵐(作:香月よう子)
ピアノの天才少女・小野真璃亜は、愛する先輩・日向遙希と同じ東応大学の入学式に臨む。 その入学式会場で日向と待ち合わせをしている彼女の前に、突然現れた人物は・・・。
夏色の海(作:vicious)
季節は夏。一年前の出来事を思い出しながら、僕は海岸を歩いていた。
冬のサナトリウム(作:Jarus)
海辺のサナトリウムで働く看護婦の夏目静子と、結核に冒されて死を待つ女学生、如月幸子の物語。
「幼馴染に裏切られたので偶然出会った美少女と同棲します!」…とか、思ってるんだろな。(作:猫の玉三郎)
悲しい悲しい物語。幼馴染のマコとシューイチ、別れた道の先で何を思う。
確かにそれは婚約破棄だけれど。(作:平民のひろろさん)
 貴族、王族の通う学園のパーティーの日、公爵家令嬢セレスは王太子であるミハイルから婚約を破棄される。  そのミハイルの傍らには、養子として男爵家に迎えられた元平民のユリアの姿が。  セレスは、最近のミハイルの振る舞いからこの事態は予見できたため、せめて理由をと問い質(ただ)す。
淫行疑惑 ~アイドルの奥様は16歳~(作:蜘條ユリイ)
芸能界永久追放に怯える男の物語。 問題なのは愛する女性の年齢が16歳ということだけ。 男の名前は『中田雅美』解散したアイドルグループMotyのメンバー。 これから入籍会見を行なうところである。 ・『私の彼氏は超肉食系』で描かれた愛の物語の解決編です。 ・『腐男子御曹司の彼』に後日談が載っています。 【Berry'sCafe転載予定】
今日も僕はバラを届ける(作:鈴村しお)
不器用な男の子の、恋の話です。
一時の幸せを君と共に(作:紫野崎 舞)
この物語は決して治ることがなく、症状があらわれてから1ヶ月立つ泡になって消えてしまう「奇病」に患ってしまった少女がある青年と出会い、ひょんな事から1ヶ月という短い時間を一緒に過ごすことになるという話になっています。 この作品の青年目線の方も短編として投稿しました。( http://ncode.syosetu.com/n8236dr/ ) こちらの方も読んでいただければ幸いです。
元彼に再会して、捕らわれて(作:稲臣 杏)
学生時代に付き合っていた彼と偶然に再会。言葉が出てこない私とちがって、彼は私の目を見て話す。互いに忘れられない二人の再会から、よりをもどす話。彼女視点→彼視点→彼女視点。※途中病気の話が出てくるので注意(設定はゆるゆるです)※陰気な感じですがハッピーエンドのはず。
『深夜のお茶会』(作:Zimmer Volkovsky)
悪夢で目が覚めてしまったジャッカルは自分は幸せに生きる資格があるのだろうかと悩む。 物音に起こされた彼の恋人のオスカーはジャッカルに1杯の紅茶を振る舞う。
元カノから嫁へ(作:ぶぶ)
「ごめん、私たち別れましょ」 突然彼女から別れを告げられたが実は彼女は病気だった! 一度別れてから始まるラブコメもありなのかな?
幸せな夢(作:summer)
「」等の会話文がなく読み辛いかもしれません。 誤字脱字等あったら申し訳ありません! 少々残酷な描写を含んでおります。 それでも大丈夫って方はこのまま閲覧してください。
バーチャプリズン(作:金水木)
死刑制度が廃止され、政府は新しい制度を設けた。 その内容とは・・・。
27.0の果てに(作:しろくま)
コイビトにはなれなかったお話。
ドSとドSの話(作:千葉 某)
フリーワンライ企画参加。創作NL 使用お題「お面」「本気の遊びを楽しんで」
夫婦ノ絆 〜殺人ノ動機〜(作:リート)
一人の男が、その妻を殺害するに至った、そのいきさつの独白。
牢の少女が見上げるのは夏の青空(作:睦月 しっぽ)
婚約者を愛するあまりに、国の宝たる聖女を苛烈に虐めた少女の、思い出と最期の話。
愛することをアキラメナイ(作:栗栖 奈菜)
大好きな人と再会を果たした、ちこ。 しかし、自分の気持ちがあまりにも重いことに気づいた彼女は…?
僕の彼女は死んだ(作:桜井らい)
僕の彼女は五年前に死んだ。 それが忘れられない僕は、彼女の家に近い駅で今でもさまよっていた。 そこで僕は、出会ってしまうのだ。止まない雨の中で。
聖女が抱くは最愛の魔剣(作:悠羅)
 愛しいひとを殺して魔剣にしてしまった私に更なる追い討ちをかける魔王。  告げられた真実は余りにも救いがなくて……。  それでも諦めきれなかった私は…………。
インタビュー・ウィズ・ジュリエッタ(作:涼子)
100年に一度魔王とその討伐パーティーが生まれる世界の今期聖女へのインタビュー
聖女が死んだ後の物語(作:青水龍)
異世界から召喚された聖女が死んだ。自殺だった。 婚約者であり、王国の第一王子であるアルフレッドは、聖女サラとの思い出の数々を思い返し、悲しみ後悔する。夜、テーブルの上にサラからの手紙を発見したアルフレッドはそれを読むのだったが……。
諦めた私と今更な彼(作:神谷アユム)
これだから、私は。 痛みしかない恋だったはずなのに。そんな物語。 「卑怯な僕と臆病な彼女」の若菜サイドなので、「卑怯な僕と臆病な彼女」読了後の閲覧をおすすめします。
もしもこの世に 〜婚約破棄とその後〜(作:ななせ きしま)
ねぇ、殿下。 私、知っているのですよ。 ……ねぇ、殿下。 ーーー 殿下を愛したひとと、その後。
となりで second(作:西澤 瑠梨)
信じられないものが多すぎて、愛なんて余計信じられなくて。それでも好きだった。好きだったからこそ… 愛する彼女が消えた。「となりで」の続きのような、消えた彼女視点です。 となりで。を先に読まれることをおすすめします。
ぼくを思い出してよ(作:高山ラミー)
5歳年上の近所のお兄さんであるアルバートに、子どもの頃から片思いしているジョシュア。 念願叶って付き合うようになったのも束の間、アルバートは若年性アルツハイマーで新しい記憶から徐々に失われ、ついにはそばにいるジョシュアのこともわからなくなってしまう。 この作品は、アルファポリス、fujossy、エブリスタでも投稿しています。
現実世界でメモ帳アプリが使えるようになったら、緊急事態宣言が終息して彼女が出来ました (作:ありおりはべり)
主人公橋本あきら(二十五歳)は、趣味であるPCゲームの新作発売日、連休中なのをいいことに、隅から隅まで遊び尽くそうとする。 彼の遊び尽くすというのは、ゲームクリアではない。 ゲームデータを解析して、そのデータが司る設定を見極めることだ。 駆使するのは何の特徴もないメモ帳アプリ。たったそれ一つで世界を改変する。 そんな彼はお楽しみの真っ最中、家に雷の直撃を受けて気を失う。 目覚めた時、彼は気づいた。現実世界でメモ帳が使えることに。 彼にとっての最高のパートナーは、 そう、メ>>続きをよむ
ゆうやけいろ(作:岩月クロ)
 俺の幼馴染は、馬鹿だと思う。  自室に入ることは許されるのに、手を伸ばすことはできない。  ──他の男と別れたことで泣くのなら、俺の手を掴めばいい。そうしたら、引っ張り上げてやるのに。  そう言いたいのに、言えなくて。 「──さっさと立ち直れ、ばーか」  強がりな女には不要な言葉を、あえて投げ掛ける。いきり立つ彼女に背を向け、俺はひらひら手を振った。  ああ、やってらんない。  俺も、相当な馬鹿だ。 ◆失恋した幼馴染を想う青年の恋模様。『やきいもいろ』の続編です。単体>>続きをよむ
セイレーン(作:冬木洋子)
私の恋人は、沼の底に沈んでいる。私が、沈めた――。一人の若者と二人の娘、異世界の学寮での悲しい恋の物語。※自サイト(カノープス通信 http://www.geocities.jp/canopustusin/)からの転載です。
黒い女(作:筒井桜子)
25歳の綾子には9歳年上の彼と婚約しているが、彼には自分以外の女がいることに気づき悲しむ綾子。そんなある日、親友の麗子から気晴らしに、あるパーティーに出ることを勧められ綾子は出席した。そのパーティー会場で、ある男性と黒いドレスを着た女に出会い綾子の運命が変わっていく。大人の女の恋愛心理を描いた短編小説です。
悪役令嬢は幸せになるために悪い女になる。(作:まぁ)
姉と王太子の恋仲を邪魔する悪役令嬢と言われる少女は、幸せになるために悪い女となる。 短編ですが思ったより長い話になりました。
彼に精霊の祝福を。(作:津崎 奈津)
「精霊様、精霊様、私の願いを叶えて下さい。」 国の守護神のような存在で人々の心の支えとなる精霊。 森に独りで住み、人々の様子を見る精霊。 そんな精霊に願い事をしに行った1人の青年との恋。 「彼に精霊の祝福を。」 誤字脱字等がありましたら指摘していただけるとありがたいです。
花火とともに(作:叡苦)
初恋が終わる瞬間……。とうとう、その時がやって来た。 悲恋です。部活で書いた物をこちらにもあげさせていただきます。
春が嫌いな私、春と共に訪れた君。(作:天鬼 野乃愛)
私は春が嫌いだった 春が貴方を私の元へ運んで来るまでは……。
ふわりふわり(作:ねこぱんだ)
主人公に助けてもらったねこちゃんが、クリスマスにお礼をする話
君の為の打ち上げ花火(作:亡木優都)
僕はこうして今日も君の為に打ち上げ花火を打ち上げる。 だから私は今日も|君《アナタ》の為に打ち上げ花火に火をつける。 二人の時間は二度と同じ様には流れない…。 二人の関係は二度と同じ様には戻らない…。 二人が二度と同じ打ち上げ花火を見ることはありえない…。
ある二人の2/14(作:むらさきぐりこ)
ある雪の降るバレンタイン。一組の男女のお話 ※ノベルアップ+にも掲載しています
悪役令嬢の使命を全うしたい~よし、ついに婚約破棄が告げられた!~(作:雨雷 上)
アリス、私との婚約は破棄させてもらう。長年愛すと誓ったが、申し訳ないができる気がしない。」 きたきたきたー。 ようやくこの時が訪れた。 転生前の世界で、起こしたトラブル。 これが、アリスの中で業となり、苦しんでいた。 過去の罪は償えなくても、せめてダニエル様とシルヴァの恋は実らせたい。 そのためなら、私は悪役令嬢の役目を全うする。 これは、アリスが立ち直るまでの物語である。
勇者の婚約破棄(作:パラララララノイヤ)
魔王討伐のために旅をしている四人連れの勇者一行のなかで、勇者のレオナルドと女戦士のターニャは婚約をしていた。しかしターニャは、最近自分に対してよそよそしい勇者が、魔王討伐の後で自分との婚約を破棄するのではないかと恐れていた。ターニャはそれを確かめるために、ある作戦を実行した。
恋い慕いおもい(作:もすこ)
「先生」に一目ぼれならぬ言葉ぼれをした「私」 日々追うごとに先生を思う気持ちは大きくなっていくが、決して叶わぬ恋であった。切なさと苦しみを感じながら生涯をかけて「先生」に恋をする少女の物語。
「か、勘違いしないでよね!これはただの義理チョコで、絶対本命なんかじゃないんだから!」~大丈夫、長年の付き合いだから勘違いなんてすることはしない。君への想いを諦めて、僕は他の女の子と付き合うから~(作:龍の鱗)
事あるごとに「か、勘違いしないでよね!」と言ってくる金髪ツインテールツンデレ幼馴染の言葉を素直に受け取り、彼女への気持ちを諦めて他の女の子と付き合うことを選んだ、バレンタインデーのお話
光に焦がれ闇に囚われた私の話(作:絹ごし春雨)
魔王様が敗れた日、私は泣いた。私は魔族でありながら人である勇者に憧れを抱いていた。私は、喜ぶべきことの時に泣いていたとして、代替わりした魔王様の前に引きずり出された。彼は問う。なぜに泣くのかと——
ステンドグラスの下の夢(作:新月)
大切なはずだった。 僕たちはいつも三人で一つで、ずっと一緒にいるはずだった。 僕たちが彼女を裏切るまでは。 自分勝手な男達が自分勝手に裏切って傷ついて、自分勝手に死んでいく物語です。 救いようもない愚かな話。 誰も救われない。
壊れた人形を貴方は愛せますか?(作:てと)
「ティーゼ、それ頂戴」 「ティーゼ、お姉さんなんだか」 「ティーゼもシリルの様だったらな」  「シリルは妹なんだからティーゼ、貴女がしっかりしないと」 家族の言葉が頭で木霊する。
この声が届くように(作:すず・ザ・チェレンコフライト)
教育実習生として久しぶりに母校に帰ってきた主人公は、屋上で数年前を回想する……
同じ顔をした腹違いの姉に殺されかけました。どうして私はそこまで姉に憎まれてしまったのでしょうか?(作:美紅)
ある時街を歩いていると、馬車から出てきた一人の少女、「なんで同じ顔の人間がそこにいるのよ!」 驚いた顔をして出てきた彼女は私と全く同じ顔をしていました。 領主の娘だという彼女に無理やり領主の館に連れていかれ、どうも母は早くに死んで、父が知れない私でしたが、母が昔館にいた使用人であったとわかり、領主が父であったというのを聞きました。 そこから引き取ろうという父の言葉を断り、町で暮らす私のもとにたびたび姉が訪れ「同じ顔なんて気持ち悪い!」といって悪態をつくようになったのです。 嫌>>続きをよむ
機械少女エリーは第一世代(作:しらす丼)
学生時代から使っていたパソコンのHDDが先日いっぱいになったので、Windowsの「ディスククリーンアップ」を試したらデータ量が一気に数GBも減っていました 人間の記憶だと思うとゾッとしますね
愛されるよりも、恐れられた方が安全です。(作:和泉 鷹央)
 下級貴族の最下位、騎士の娘だったロゼッタに人生の転機が訪れたのは八歳の時だ。  はるかに縁遠い伯爵家の養女になり、ロゼッタの人生は一変した。  華やかな社交界、有力貴族の子弟子女の集まる学院に入れたのも、伯爵家の威光があったからだった。  持って生まれた緋色の瞳を美しいと褒め称えられ、気に入られた相手は王族に連なる公爵令息アンソニー。  二人の恋は学院卒業と同時に結婚へと踏み切るかと思われたが……度重なる王位継承者の病死により、アンソニーが時期王位継承者に選ばれた時、冷たい>>続きをよむ
最後の手紙(作:夕日色の鳥)
彼女から届いた『最後の手紙』。 そこに綴られていた内容。 次第に分かっていく真相。 彼の選択。 彼女は最期に、どうするのか。
砂と魔女と昔話(作:綾)
ーーそれは、とある吹雪の夜のことだった。 若い未亡人のもとに砂の魔女が現れる。 呪いを司る魔女は彼女にこう告げた。 「そなた、1ヶ月後にひび割れて消えるぞ」 これは、夫婦の選択の物語ーー
(作:陸たまき)
戦が終わり、私は人生を選ばなければならなくなった。少し悲しい恋の話。
端役のAランク少女のお話(作:ヒトリシズカ)
正義感が強いAランク冒険者のイリスは、友人が魔族に襲われていると連絡を受け、捜索隊の騎士と共に助けに向かう。 しかし、そこにいたのはSランクの魔族、友人もAランクの魔族で、戦況は不利になってしまう。状況を鑑み、騎士たちを逃がすためにイリスは単身立ち向かうが捕らえられてしまう。 捕らえられ、魔族に嬲られながらも気丈に抵抗するイリスは、捜索隊に同行しようとした時にそれを遮った1人の少女を思い返す。 初投稿です。
壊れたマリオネット(作:てと)
一番人の心を蝕むのは死なの。そして私を突き動かすものは死なのよ。
十六夜の薔薇園にて(作:寺崎 征十郎)
王族の女性と、下級貴族の男性のお話です。
あの夏の菖蒲─あやめ─(作:笑夜)
ある日偶然街で再開した二人。男と女。二人には同窓生としての過去の思い出があった。蘇るあの時の感情を胸に、街角に二人、出逢ってしまった。
王太子殿下に聖女の妹を殺そうとした罪により婚約破棄され、処刑されかけた姉です。魔の森で話す帽子とともに魔女として悠々自適な魔女ライフを送っていたら竜の卵を拾いまして?彼は番を探しているというのですが(作:かのん)
私は魔女、昔、悪役令嬢といわれ、聖女である妹を殺した罪により愛する王太子に婚約破棄され、処刑されかけた人でした。 今は森の奥でスローライフを送っています。 そんな私が森で拾った卵はなんと竜のものでした。生まれた小竜はお母さんと私を呼びます。 私は小竜を育てることにしましたが一つ彼と約束をしたのです。 「番が拒否した場合には、その恋は諦めること」 実はその約束には私の過去が絡んでおりまして。
転生悪役令嬢は、転生ヒロインを望む。(作:通りすがり)
乙女ゲーの悪役令嬢に転生した少女の話。暇つぶしにどうぞ。
すみれ色の初恋(作:紫)
小国の王女エミリアは、とある王族の少年と恋に落ちたものの……
神は笑う〜贖罪の令嬢は幸せになって復讐したい〜(作:絹ごし春雨)
絶望の中死んだシルビアは、神によって別の世界の魔王の器に入れられていた__これは世界を憎む勇者と神を恨む悪役令嬢の恋になるかもしれないお話。「あなたを愛す。復習のために」
天の使いの選択~君を愛してしまったから~(作:望月 結菜)
 ある世界に使わされた天の使いのクリア。  彼は何年もの間地上で生活し、この世界に見切りをつける。  この世界に残されたのは一年間のみ。  そんな中、クリアはある女の子に出会う。  その出会いが、彼を幸せにするのかはわからない。でも、確実に彼を変えたのは彼女だ。  二人はどんな結末をむかえるのだろうか。  残酷な描写が少しあるので、念のためR15指定です。
涙のエイプリルフール(作:吉柳比呂)
4月1日、僕は彼女に告白した。 でも、ふられてしまった。その後、彼女は病気で亡くなって僕の元に一通の手紙が届いた。 僕と彼女の想いがつまったエイプリルフール
婚約破棄された私は、仕事も親友も、何もかもを失ってしまったけど、それでも幸せを信じてます(作:ベンゼル)
婚約破棄されて何もかもを失った私の驚愕の逆転劇
悪役は救いを求めない(作:カエルグミ)
『私』は暗殺者であり、『彼』は裏切り者。そして『彼女』は復讐者。 彼らは、本当に何も知らなかった。無知から招いたこの思いは交差するだけで誰一人、願いが叶うことはない。 『私』が悪かったのか、『彼』が悪かったのか? はたまた、『彼女』が悪かったのか。 その答えは神様でさえ分からなかった。
ネコミミ少女は発情なんかしないんだからねっ(作:こっぺぱん)
こたつに引きこもるネコミミ少女が書きたかった。 ただそれだけだったんだ。 #ほのぼのフェイント  #幸せになってほしい  #守りたいこの笑顔  #幼女に厳しい世界  #タイトル詐欺レベルの落差  #(半分)実話
クリスマスプレゼントが“天使付き耳かき”だった話。(作:こだわりシンドローム)
 一人ぼっちのクリスマスイヴ。僕がサンタクロースへ“耳かき”をお願いすると、夜中、窓の外には耳かきを持った天使さまが立っていた。  これは、最高のクリスマスプレゼントを貰った僕と、優しい天使さまの物語。
赤い糸むすぼ?(作:白夜 零)
運命の赤い糸とか馬鹿馬鹿しいし、恋だとか愛だとか、そんな物下らないと思っていた。あの人に会う迄は。 赤い糸は絶対あるんだって思う様にさえなった。だから其れを証明してやろう。
どこから見ても丸い月(作:ごっちん)
   距離が近すぎてお互いにお互いが見えてないがために遠回りしてる2人の女の子とそれに若干振り回されてる男の子の話です。あんまり百合百合してないです。  
僕のことが好きな礼儀正しい姪っ子に、恋愛未経験な僕はちゃんと教育できるのか(作:春乃和音)
正月に兄さんと姪が帰省してきた。姪はしっかりとした子に育っていたが、僕に対して様子がおかしい。兄さんから話を聞くと、どうやら彼女は僕のことが好きらしい!? そんな姪が二人きりのときにとんでもないことを言い出して――
余命半年(作:ゆん)
私と彼の、半年間の病室でのやりとり。 私は死んでしまうけど、あなたがいてくれたから幸せだったよ。
銀糸に映るは紫陽花色 ステファン視点(作:立川梨里杏)
娼館に売られてしまった愛しい婚約者であるアマーリエを思い続けるステファン。 ステファンは力をつけてアマーリエを取り戻すことを誓う。 そしてもう一度会ったなら、もう二度と、 君を離したりはしないーー。 銀糸に映るは紫陽花色のステファン視点です。
桜の君に恋をした(作:平賀・仲田・香菜)
人気のない桜の木の下、向かい合わせに備え付けられた二つのベンチ 私は、反対側のベンチで眠る女性に見惚れている 私は彼女を桜の君と名付け、どうにか彼女とお近付きにならないものかと思案する
花を、君に。(作:氷水あすな)
僕のことを、愛してください。
この想いを、貴方に(作:リア)
久々に純粋な恋愛ものを書いてみました。さくっと読み飛ばして頂けたら幸いです。
ほとんど全ての存在を厭忌する魔王様のお話(作:みこと)
そんな魔王様の唯一の人は? アルファポリス様でも投稿しています。
ハレの日に浮かぶ雲(作:鶯埜 餡)
 白い綿帽子が杏の目を焼く。  花嫁姿の彼女はとても美しい。けれど杏の心はすこしも晴れない。  彼の隣に立つのが自分だと思ったことなどなかった。なのに、正装した彼の横顔を遠くから見ているのがつらい。 「いまだけ、すこしの間でいいからお日様を隠して。私が気持ちに蓋をするまで…」 twitter「#フォロワーさんが5秒で考えたタイトルからあらすじを作る」タグでexaさんにぶん投げたタイトルで考えてくださったあらすじを許可頂いたうえで使用した物語です。 なんか見たことある人物>>続きをよむ
さよならメリークリスマス(作:龍の鱗)
僕とずっと一緒に過ごして、仲の良かった女の子がいた その子とずっといられるよう、僕は努力し続けた だけど ―――好きな人ができたんだと彼女は言った ―――その人と仲良くなれるよう協力して欲しいと僕に頼んだ その願いが僕にとってどれほど残酷なことなのか、気付かないで
とある令嬢の魔法使い(作:みこと)
悪役令嬢が魔法使いと出会って運命を書き換えるお話
星空ロスト(作:大和和樹)
 星羅は、僕の幼馴染だった。  星が大好きな星羅と一緒に、よく夜空を眺めたものだ。  優しくてお人好しな星羅のことが、僕はずっと好きだった。  たとえ、星羅がいじめられて、醜い姿になってしまったとしても。
聖女じゃないと追い出されましたがその通りです!(作:小菊)
ガルト家の娘ターニャは、聖女の娘だというのにその力が使えずにいた。 そして、愛人の娘リーンは、その力が使えた。 二人はガルト家の忌子と愛し子と噂され、ターニャは不遇の日々を過ごしていた。 そして、ある日とうとう父親から「お前は私の娘ではない」と言われて家から追い出されてしまう。
スカーレットと夏霞 ~Another End~(作:御子柴 流歌)
小さなズレからすれ違いを生んでしまった春海《はるか》と夏純《かすみ》。 「別れ」というひとつの結論を出すことにしたふたりは、恋人同士としての最後の時間を過ごしていた。
失って気づくもの(作:堕落者)
世の中にはフツウとはかけ離れている人がいる。主人公もまた、フツウの人とは違い、孤独だった。そこにある出来事がありーーー。
5分で読める物語 『四つ葉のクローバーの君へ ~悪魔の様な最強戦士が、天使の様な修道女に恋をした~』(作:大橋東紀)
戦乱の国から逃げて来た子供たちを守る、シスター・ケイト。 だが逃げた先でも、彼ら、彼女らは、差別を受ける。 シスターと子供たちを守ろうとする男ダニーだが、シスター自身が「暴力に、暴力で対抗する事」をガンとして認めなかった。 そして悲劇が起きた時。 ダニーの選択した道は……。
FALLIN'(作:華霜)
私が彼の元を去った夜。
婚約破棄なんて認めない外伝『私達は何も知らない子供だから』(作:青漣)
婚約破棄なんて認めない(https://ncode.syosetu.com/n9590gl/)の外伝的短編です。 おそらく前作を読んでいないとわからない内容だと思いますので、未読の方はどうか前作をご一読の上お読みいただければと思います。 陰謀劇の裏で、行われていたもう1つの陰謀。 これは『悪役令嬢』が毒杯を賜る直前、生きた証を刻むように告白する物語。
白馬の王子様(作:もうきんるい)
小国に生まれた姫君は、宗主国の王族に望まれるが⋯⋯?
霧中の、あなた(作:葛城ユキヒロ)
――君はなによりも美しくて、眩しくて、奇麗で奇麗で本当に奇麗で。絵描きの青年は心底幸せそうに、独白する。
しあわせをください(作:まいこ)
幸せを嫌う松井陽と、彼と付き合う金崎美保子のおはなし。
人魚姫のカウントダウン(作:二条 光)
主人公には社内恋愛中の恋人がいた。 しかし、彼には婚約者がいることが発覚。 主人公はどのような行動に移すのか。 「子どもの頃から人魚姫の話は嫌いだった。」 寓話をモチーフにしています。 企画「カレンダーに秘めた想い」に提出した作品です。 http://nanos.jp/aaaxmas/
借金の代わりに差し出されまして(作:みこと)
微ざまぁあり? アルファポリス様でも投稿しています。
【すき焼きが食べたい】三から四に変わるまで(作:N高校『文芸とライトノベル作家の会』)
この作品は、 N/S高等学校所属の同好会「文芸とライトノベル作家の会」で開催した「地の文コンテスト」の作品です。 コンテストのルールや他の参加作品は、「【第五回】地の文コンテスト 〜すき焼きが食べたい〜」シリーズ一覧からご覧ください。
悪役令嬢の悪行とやらって正直何も悪くなくない?ってお話(作:みこと)
ざまぁ有り。浮気者には鉄槌を。
オーク「くっ、殺せ!」、エルフ「好きだ」 シリアス版(作:デューク)
はぐれオークの主人公はある事情から森の奥でひっそりと暮らす。しかし、異変に気づき気付いた時には…。 この小説はオークにくっころを言わせる為に考えた小説です。元々はギャグでふざけた感じにするつもりが何故かシリアスな空気が追加された作品です。一番最後にハーレムを匂わせる発言がありますが本編中にはヒーローとヒロインの二人しか会話しません。
攻撃的な愛の閃光弾(作:玉露)
視神経に有害な緑の熱光線YYP-67に汚染された元帝都である死の街。富と発展の象徴である、有毒ネオンに侵された工業都市に謎の怪物を追いつめた、対特殊科学強行捜査班に所属する『俺』ことリョウは、相棒のジョウと交わした口約束に苦い思いを抑えきれずにいた。 『次の敵を殲滅したら――』約束をかざして笑うジョウに、俺は……
相思花(作:どんC)
彼岸花はいろんな名前で呼ばれているね。『死人花』『幽霊花』『毒花』『天蓋花』『痺れ花』『狐花』『狐の松明』『捨て子花』そして『相思花(そうしばな)』互いに思い合っても決して出会う事が出来ない。まるで僕達の様だねと。兄は悲しげに笑った。
無気力令嬢は1001回目の死を迎える(作:木崎優)
1000回殺された悪役令嬢。 1001回目で私は初めて動けるようになった。
あかん、まだ好きやから(作:花野未季(旧・花野文))
大阪のOL(死語?)柴田祐華にある日終業時刻にかかってきた電話。 それは、今日これからデート(これも死語?)する彼氏の龍生の元カノ、布川さとみからの電話だった。 龍生とのデート前に少しだけさとみと会った祐華。 しかしそこで聞かされた驚愕の事実とは……。 大好きな田辺聖子先生が逝去されて、とても悲しいです。先生のような素晴らしい作品は書けませんが、先生の恋愛小説を読んで育った私ですので、昭和の懐かしい雰囲気を織り込んだ短編を書いてみました。どうぞよろしくお願い申し上げます。
限られた時間の後で〜ホワイトデー編〜(作:三亜野 雪子)
限られた時間の中での番外編。バレンタインの続きものです。読んで下さると光栄です。
悪魔と契約した悪役令嬢(作:みこと)
悪魔と契約した悪役令嬢
異世界おくりびと~女神の使い(魔)(作:神性鬼天竺鼠【かっぴゔぁら】)
カピバラの短編です。
End Of The World(作:水城璃音)
もし、地球が滅亡するとしたら、貴方はどうしますか? 昔の作品になります。 死ネタ、バッドエンドとなりますので、ご注意ください。 pixiv投稿作品です。
プライド(作:ぱるひこ)
俳優の国定京に巡ってきた初めてのドラマ。しかし監督の気まぐれでおじゃんになってしまった。そんなことがあり落ち込んでいると、女優の足立未来(みく)が飲みに誘ってきた。そこで明かされる未来の思い。邪魔するプライド。二人のちょっと悲しいラブストーリー。
透明な空に誓おう(作:Nerine)
死ぬことは許しません。忘れる事も許しません。何故ならあなたは私の騎士。ずっと一緒に生きるから、どうかずっと――待っていて。
或る少女の話(作:月鳴)
……やっぱり俺たちはよく似ているよ。何のために生まれたのかわからない俺たちは、そうであるがゆえに死ぬんだ。(本文より抜粋)
巫女の最後の願い(作:オジsun)
小さい村の巫女と男の物語。 悲しき愛の物語。 はかない想いの物語。 主人公、サイトは雨の日の雨宿りで青い髪の少女ミリーと出会う。 その出会いが、どんな結末につながるかも知らずに....... 五千文字程度の軽い掌編です。 パッと呼んでください。 ジャンルは.......恋愛で良いかな? 
箱庭の令嬢と王子殿下の思い違い。(作:ゆうきうさぎ)
『王子殿下に愛されていなかった箱庭の令嬢』の続きです。 今回は王子殿下目線の物語です。
ヘタレ王太子殿下は私のことが嫌いなご様子で(作:雨喜田ライ)
 王太子アレクサンドルが公爵令嬢アンネローゼに婚約破棄を言い渡した。  注意、これは半分ギャグです。ざまぁはありません。
陛下、人って、首を絞められるとあんなにも苦しいのですね(作:餅)
"一途"な国王夫妻の話。 その王は心を凍らせた。だから彼女はその王に嫁ぐ事を決めた。 一途な人は、好きだから。 (R15は保険です。流血表現あり)
黄色い水仙(作:フライングちんあなご)
「絵里ちゃんはすごいね!」 一人の少女は、たったこれだけの言葉に全てを狂わされた。
私を飼って、いただけますか?(作:peco)
ただ一人の少女のために、少年は駆ける。
あなたが幸せになるならば。(作:チョコ)
大好きな人との幸せな日々。ずっと続くと思っていた。
惚れ薬を開発中の悪役令嬢、実験に失敗して偶然にも万病に効く良薬を作る。だが、その薬は突如ムラムラする副作用のある強烈な媚薬でもあった(作:桜草 野和)
 婚約者である伯爵子息のロイドと結婚するために、言い寄ってくる女たちに毒薬を飲ませていたことがばれてしまい、処刑されることになったエリサ。  起死回生の策として、権力者や屈強な男たちが自分の言いなりになる惚れ薬を開発しようと試みる。  しかし、実験は失敗し、出来たのは万病に効く良薬だった。そして、この薬は突如ムラムラに襲われる副作用がある媚薬でもあり……。
政略結婚の行き着く先は(作:由)
 大国の第一王女として、その義務を全うしようとする主人公。  大国よりも国力が劣るため、更なる力を求めて、愛する人がいながらも大国の王女を王妃として迎えることにした王。  政略結婚の行き着く先には、一体何が待っているのか?
壊れた人形を貴方は愛せますか?〜歪んでしまった想い〜(作:てと)
やっぱりあの煩い玩具を壊してしまえば良かった。  さぞや楽しかっただろうに。
月に一度しか会えない謎の令嬢の事情。まぁ、こちらの方がもっと厄介な事情なわけですが。(作:カピバラ)
貴族の若者達が出会いを求める月に一度の舞踏会。僕はそこで謎めいた神秘的な令嬢に一目惚れをして交際を始めることに。 しかし、相手から出されたのは月に一度、夜にだけ会いましょうという条件だった。訳ありのようだけど必ず乗り越えてみせる!こっちも訳ありだけど………
悪役令嬢がヒロインに恋をして~王子との三角関係とその末路~(作:宮比岩斗)
人の心がわからない少女が転生を果たした。 その転生先は、少女が生前ハマった乙女ゲームの世界。転生した人物は悪役令嬢だった。 悪役令嬢となった少女は思った「これで愛しのヒロインに会える!」と。 少女はヒロインに恋をしていた。悪役令嬢という立場をフル利用し、ヒロインに接近し、落としにかかった。 ヒロインを落としたのち、王子もヒロインに恋をした。 これは歪な三角関係となってしまった三人の末路を描く物語。
ここにあいつはもういない。(作:刹那玻璃)
 『そこにあたしはもういない。』の主人公の夫、フリード目線から見たものです。  妻を愛しているものの、自分の身分の低さとか、元々顔が良くモテたこともあって妻に嫉妬してもらうことで喜んでいた変態。  しかし、ある旅に妻を屋敷という名の牢獄に軟禁してきた時、この旅が妻によって仕組まれたことを知りショックを受けた。  ザマァされる亭主。
ドラゴンに身を捧げた聖女と偽物の婚約者のお話とドラゴンに身を捧げた聖女の本物の婚約者のお話(作:みこと)
前にあげたお話の別サイト版。たいあっぷ様では少女たちの語る、愛の物語という短編集で読めます。
好きな人を見守る婚(作:みこと)
全員が不器用な上に身分差があると面倒くさい
ゾンビ溢れる世界で私は、道行く野良ゾンビに恋してしまいました。(作:葉加瀬)
拝啓 お父様、お母様。 お元気でしょうか。 私は元気にやってます。 ──私の街、私以外ゾンビになっちゃいましたけどね。
真夜中の放課後(作:三ッ矢渚)
「夜の校舎って街灯に照らされて、まるで恐竜というか、大きな生き物が眠っているように見えるの」 夜のグラウンドでしか会えない、制服姿の少女、香澄と、そんな彼女に毎晩のように会いに行く優介。 そんな2人の真夜中の放課後の話。
双子の妹は聖女、姉である私は魔力なしの出来損ない悪役令嬢、妹には苛められ、両親には使用人扱いされた私は王太子殿下まで妹に奪われ婚約破棄されたそんな私のとった復讐の方法とは?(作:ひま)
私は魔力ゼロの公爵令嬢、双子の妹は聖女確実といわれた魔力の持ち主、魔力が絶対の貴族のなかで私は妹には出来損ないと苛められ使用人扱いされ、両親には無視されてきた。神託で王太子の婚約者に選ばれやっと人並みの生活がおくれると思ったらなんでも持っているはずの妹に陥れられ、婚約破棄され追放された。 そんか私がとった復讐の方法とは?
篠沢有希子さまへ(作:山雨乃兎)
中年が意中の人に語る、隠された真実!
シンデレラの法則(作:天原ちづる)
王子様に選ばれるのは、所詮はシンデレラだということ。シンデレラの姉は、どんなに足掻いても、シンデレラには勝てないということ。姉と魔法使いは、決して相容れないということ。それが、シンデレラの法則。
ネクロフィリアの見る夢は(作:両賀みちる)
赤ん坊の頃、高熱を出したせいで、「怒り」の感情が理解できなくなった少女、アーチェ。 自閉症の彼女が、人とのすれ違いの最後に見つけた心の拠り所とは、人の亡骸だった。 突然、現れた死神。 彼女の運命は?
私の愛した異形。(作:peco)
 王都から追放された令嬢は、身元を引き受けられた先で不思議な男に出会う。  静かに会瀬を重ね、彼がヒトではない何かである事を知ってもなお、彼女は自分の気持ちがどうしようもなく彼に惹かれていくのを押さえられなかった。  異形を愛した一人の少女のお話。  
夢かも知れない(作:木山喬鳥)
――――わたしが見ているのは,自分の夢なのだろうか?  わたしは自分の見ている夢に,違和感を覚えていました。  どうしたことか……夢のなかの自分は昔読んだ物語の登場人物の一人になっているのです。  まるで誰かの書いた物語のなかにいるみたいなのです。  違和感と疑問を抱えたわたしは,見ている夢のなかを調べだしました。  夢を探り,確かめていくうちに――――  いつしか,わたしは夢で過ごす毎日をとても大切に思うようになったのです。  夢から覚めるときが間近に迫っているとも知らずに>>続きをよむ
御局様はプロポーズにどう答えるか?(作:刹那玻璃)
瞳子(とうこ)は転々と職を移す会社員。 出来ないのではなく、出来すぎて同僚が仕事を押し付けてきたり怠けるようになるため、早々に仕事を辞めることにしている。 今回勤めている会社でも……サービス残業でクリスマスを迎えた。 もう潮時かと考えていたら……?
君に守られて(作:Satch)
最愛の彼女が死んで、生きる気力を失くした主人公が、彼女の妹の存在により、生きる気力を取り戻していく物語です。少しホラー要素あり。
鬼に手を引かれ、夜の山を登る(作:中村わこ)
人買いに買われた私は、脱走に失敗し殴られそうになったところを変わった男に助けられる。逃げたければ逃げろという男に、帰る場所のない私はついて行く事にした。その夜、月の光の下で男の正体があばかれると、私の胸に言いようのない感情が沸き起こる。
悪役令嬢は罪悪感を愛でる(作:みこと)
病弱な幼馴染から婚約者を返してもらうお話
私は双子の姉に婚約者を奪われました。足の不自由な私を優しくしてやっているふりをしていると姉と王太子が話しているのを聞いてしまったのです。私から婚約破棄を宣言いたします!(作:伊万)
私は幼い頃の事故で両足が動きません、一生涯歩けないだろうと言われていました。双子の姉は一緒に遊びにいったお前が目を離したからだと両親に責められ、大変姉に申し訳ないと思う日々でした。姉の婚約が決まり、やっと解放してあげられると安堵した時、結婚もできないと諦めていた私が王太子の婚約者に決まったのです。 私の足のことは気にしないと殿下がいってくださり、私はとても嬉しかったのですが…。 姉と殿下の逢瀬を目撃してしまい…お姉さまの優しさが偽りで殿下の優しさも仕方なくということを知ってし>>続きをよむ
ペアの腕時計(作:坂下真言)
メンタルの弱い『俺』と『彼女』の出会いから結末を綴った物語。 『彼女』には秘密があった。 この作品は「マグネット!」にも掲載しています。
ふゆのなみだ(作:奏迦)
蒲公英様主催「はつゆき企画」参加作品。 氷の華が空から降る。 それは誰かの心の涙・・・。
灯火(作:臨)
妖を殺さず封印をする巫女は、他の者を傷つけることをためらわない危険な鬼と出逢う。巫女は何度対峙しても、決して鬼を殺さず何度も封印し続ける。鬼もまた、何度封印されてもそれを解き、何度も巫女を追いかける。 そして、鬼は巫女に問うた。――さあ、今度はどうする?
バスタブ(作:野里ふうか)
若い女性の日常の1ページ。白昼夢のような感覚でつづる痛みや不安。
王女様は、獣人の王子様の本当の想いを知りたくて(作:くろうさ)
獣人の国ビースト・キングダムの王子ライムの愛の告白を聞いてしまった隣国アルテミアの王女シャルロット。それでも、その愛が誰に向けられたものであるか、シャルロットは確信が持てずにいた。ライムに確認したいと思いながらも、勇気が持てず、なかなか本当の想いを聞き出すことの出来ないシャルロット。だが、どうしても、ライムの本当の想いを知りたいシャルロットは、ある日、ライムに、勇気を出して、ライムに問い掛ける。「ライム様には、お好きな方は、いらっしゃいますか?」――「獣人の王子様は王女様にお>>続きをよむ
魔法少女になりました。(作:ゴリラ)
メアリは平凡な少女。平凡な容姿、平凡な力。それでも良かった。あの日までは。
人狼百合物語 クイーン・オブ・カランポー(作:みなはらつかさ)
 19世紀末のアメリカ・ニューメキシコ州の、荒涼としたカランポー地方で家畜を食い荒らし回る2人組の人狼、「ロボ」と「ブランカ」。2人は女同士のつがいであった。  ロボたちの被害からカランポーの牧場を救うため呼ばれた博物学者の女性「アーネスト」は、あらゆる罠を回避する狡猾なロボを狩るため、うかつな行動を見せるブランカに狙いを定める。  果たしてブランカは捕らえられ、ひとり残されたロボは――。  シートン動物記「狼王ロボ」をモチーフとした百合作品をお楽しみください!
暴君から解放されたので、暴君の弟と結婚することにしました(作:みこと)
微ざまぁ有り。八つ当たりはほどほどに。
策略家は悲劇を渡る(作:小城りょう)
私があの子と契りを交わした時、私の両手にはそれぞれに与えられた。パブリックな右手、プライベートな左手。左手の薬指はあの子の為。他の誰のものでもない。 私たちを引き裂こうとする力はまだ何一つ気がついていない。彼らがあの子のために用意した未来は彼らの望むものなんかじゃないってことを。せいぜい喜ぶと良いわ。もう私たちの薬指を引き離せない。 あの子は遠くない未来に自由になれるそう信じているから。 この小説は拙著「約束と覚悟の差分」を別の登場人物の視点から描いたものです。 https>>続きをよむ
Or(作:芦進伸哉)
Q.もしも、同時に二人の命が狙われていたとして、早く選ばなければどちらの命も消えてしまうとなれば。あなたはどうしますか? 「俺は、俺は――!」 護りたかったよ。 唯一無二の親友であるお前も、世界で一番愛しいお前も――!
愚者の王国 ~世界の果てにたった一人と、猫一匹~(作:インド人嘘つかない)
姫が目を覚ましたとき、あたり一面は瓦礫の山になっていた。巨竜が王国を襲って焦土にしたのだ。 瀕死だった姫は嗄れた声で助けを求めた。すると、そこに現れたのは、「ニャア」と、可愛げに啼く生き物だった――
眩しさを感じる(作:竹仲法順)
ボクは二年前交通事故で死んだ里夏のことを思い出しながら、一緒に過ごした夏の日々を感じるために、来ていた海辺に佇んでずっと海を見つめていた。やがて遺骨の入ったビンを取り出し、彼女の父親である賢介の依頼通り散骨する。掌にパウダー状の骨を乗せて風が吹くのを待ち、撒き始めたのだが……。
姉が王太子の婚約者の座を侯爵令嬢から奪い取りました。結局王太子の寵愛がなくなったとき、その罪で一族連座で処刑されることになったのですが、私はまだ12、跡取りの弟はまだ5歳なのですが…。(作:莉那)
私の姉は男爵令嬢でありながら公爵令嬢を婚約者にもつ王太子殿下に愛され、公爵令嬢が婚約破棄されたのです。 しかしまだ12だった妹の私にはこのあとにくる破滅がわかっていました。 父に進言しても信じてもらえず… 姉は王太子の寵を失い、処刑され、私たちも連座で殺されることになり、私たちは逃げましたが追い付かれ… 母は私たちを逃がすために短剣で戦い、私はまだ5才の小さな弟と逃げましたが兵に追い付かれ…弟は私を庇って殺されたのです。 私は殺される寸前で竜人族の少年に助けられたのですが…復>>続きをよむ
すでにかのじょをつかまえた。(作:刹那玻璃)
『ここにあいつはもういない。』 のフリードの幼馴染みで、司祭のアーク。 フリードの妻だったサンドラのことを思っていた。 サンドラとは従兄になる。 絶望するフリードを見て、わらうのだ。
十に一(作:恨和 表)
公園で漠然と過ごしていたら。「十に一つ」のキーワードと出会った。 ありふれと括りと例外。 閉塞はどこまで破られるのか。
ある春の日の昼下がり(作:十六夜神月)
この小説は、普段最強物を連載している私が息抜きと、ちょっとの勢いで書いた小説です。とある街に、引っ越しで離ればなれになった一組の男女がいた。彼らは別れ際、数年後に再会する約束をする。そして再会の日時。彼らは無事、再会することができるのだろうか…
『蛙』(作:しゅんとこ)
相手からの好意を向けられ自分のものと認識した瞬間、その相手のことを気持ち悪く感じるという心理現象、「蛙化現象」というものを抱える男子大学生の和泉柊也は、傷心の中初めての恋人である女性と出会う。
『意味』をもたない約束 ー1ー(作:一之瀬 暁)
五年前に死んだ幼なじみの墓参りにやっと来れた智宏。 墓の前で、好きだった馨の事を思い出す。 病気が発覚して余命半年の馨と、本当の病名を知らない馨に生きて欲しいと思い続けて嘘を吐く智宏。 切ない二人の短編BL小説です。
もしかして、浮気ばれた?(作:RYUN)
俺とランは付き合っている。俺は、ちょっとした遊び心でランの友人・リカと関係をもつ。俺は必死にランにばれないようにするが…。「もしかして、浮気?」のショウタサイド&その後。
きみの口づけはあまい血の味がする(作:扇智史)
終末の世界を過ごす、ふたりの少女の一風景。
児販機(作:苦労猫)
「児販機あります」、その古びた看板は人里離れた場所に立っていた。  その看板に気が付き、店に踏み入れた客の運命とは?
君の幸せを祈っている(作:花野屋いろは)
ローレンス・テイラーは、婚約を祝うパーティーで、婚約者の不貞を疑い、 彼女を罵り、パーティーに一人置き去りにして立ち去った。 それが、間違いの始まりだった。
ありきたりな物語を(作:りんご)
私、フェリシー=ニブィックスはジルベール=ブルジョワ様との結婚の為に彼の婚約者であるマリー=アドレーヌ=ダンビエール様と婚約破棄してもらわねば。貴女が私にしてきた虐め、ジルベール様が知らないとでも? さぁ、この悪役令嬢を断罪しましょう。
姉の恋人(作:月鳴)
この思いはあらゆるものを壊す。例えば、恋人との関係。姉妹の仲。自分の立場。それでも手に入れたいと思ってしまうことが、なによりも罪深く、なによりも尊いと、僕は思った。
口紅(作:一ろと)
「結婚式当日はルイが私に口紅を塗って欲しいの」 沙耶は何か特別な事がある日には必ず、ルイに口紅を塗って貰いたがる。 家に帰る途中、沙耶と彼氏のキスシーンを目撃してしまう。 ルイが塗った口紅が、男の唇によって剥がされていく。 久しぶりの短編です。 ほんわか?で、ちょっと切なく?百合っぽく?にしてみたのですが、やはり、なんだこれはみたいな出来になってしまいました。ですが、もしも読んで下されば望外の喜びです。よろしくお願いします。 最近は、ツイッターに我が家の猫様写真をアップし>>続きをよむ
悪役令嬢と婚約破棄した騎士団長子息と結婚することになった幼馴染(ヒロイン)を奪い返そうとしたら思わね愛と運命がジャガイモ農家の俺を待っていた!(作:桜草 野和)
 ジャガイモ農家のライトは、幼馴染のミランダに婚約破棄される。  ミランダは、悪役令嬢のダリアと婚約破棄した騎士団長子息のヨハンセンと結婚することにしたのだ。  ライトは、特別に王宮で行われることになった、ミランダとヨハンセンの結婚式に乗り込んで、ミランダを奪い返そうとするが……。
悪役令嬢は騎士団長と結婚をして、婚約破棄された騎士団長子息が義理の息子となり、婚約者を奪ったパン屋の娘(ヒロイン)と嫁と姑の関係になりました(作:桜草 野和)
 伯爵令嬢のユーリは、幼馴染の騎士団長子息ルドリーに「本当の恋をした」と言われ、婚約破棄をされてしまう。  ユーリは騎士団長のヒュードリーと結婚をして、ルドリーは義理の息子になり、ルドリーを奪ったパン屋の娘、ロゼリッタとは姑と嫁の関係になる。  そして、結婚をしてすぐにヒュードリーは原因不明の病にかかってしまい……。  隣国『ソフィリディア』も不穏な動きを見せており、ユーリとヒュードリー、ルドリーとロゼリッタ、2組の夫婦の新婚生活はどうなってしまうのか?
空色空間(作:五木)
「空ってきれいだね」。中学生の美由紀は、屋上で一緒に空を見上げている陽子の口からそんな言葉を聞いた。歳に似合わない疲れを感じさせる言葉に、美由紀は慌ててしまう。
悪女の告白(作:ブルースター)
「レイナ・キャンベラ、正直に答えよ。貴様はレジーム第二王子を毒で殺害した。間違いないな?」 「はい」 ......やってないけど。 私はゆっくり頷いた。 「う、嘘よ......!」 傍聴席の一番前にいた姉が泣き崩れる。 ......そう、嘘だけど。 「レイナ、お願い......嘘だと言って!」 嘘って言えないのはあなたのせいだよ。 「ただいまより判決を下す。レイナ・キャンベラ被告は王族殺害罪で斬首に処す」 私は大人しく連行された。 ────────>>続きをよむ
ドラ〇ンクエスト3 乱暴者勇者の話。(作:ビーメン)
 あなたはドラゴンクエ〇ト3の勇者です。これから冒険をスタートしようとするあなたは、性格診断を受けます。砂漠で迫られた選択に、勇者が選んだ答えは…。
子供のことを可愛がれない親など(作:竹仲法順)
サラリーマンの俺は実家を出て、街にあるマンションで一人暮らししていた。母を自殺に追い込んだオヤジが憎くてしょうがなかったからである。十年前、母が首を吊った後、オヤジとは一切縁を切っていた。そして七歳年上の恋人の美並と付き合いながら、社内のカフェで一緒にスイーツを食べたり、週末彼女の自宅マンションに行ったりしながら、仲よく過ごしていたのだが……。
片翼の女王とむよくの騎士(作:鶯埜 餡)
※肥前文俊先生主催「第七回書き出し祭り」参加作品です。
始まる前に終わった恋のはなし(作:翠雲)
美帆と直人の、ある夏の朝のはなし。実る前に終わってしまった、恋のお話。
あの時、伝えたかったこと(作:ひまわり)
戦時中のある恋人同士に起きた、かもしれない話。出征する恋人に素直な思いを伝えられずに後悔していた多恵。そんな多恵のところに彼からの手紙が届き…。 ※ ※ ※ ハッピーエンドが好きなので、最後は蛇足と思いつつつけさせてもらしました。 思い立って一気に書き上げたので、時代考証などおかしなところがあるかもしれませんがご容赦ください。また誤字脱字については、ご指摘いただければ幸いです。
遠い日の約束(作:雷禅 神衣)
それを伝えるために、君はここへ来たのか。
氷の王は、美しく啼く皇女という名の小鳥を飼う(作:しののめ)
 結婚初夜当日、私は彼に「俺たちは、これまでも、そしてこれから先も、愛し合うことはないだろう」と告げられた。  政略結婚してすれ違って色々こじらせた夫婦の、ある日常の一幕。  ※サイトからのお引っ越しです。
脈アリと思って美少女幼馴染に告白したら:「友達でいよう、ね?」(作:久野真一)
 新家涼介と永谷優子は、大の仲良しの幼馴染。  デートを重ねて、「これならイケる!」と確信した涼介は、ある日、優子に告白をするのだが。  返事はといえば、「友達でいよう、ね?」というもの。  完膚なきまでに玉砕した涼介は、落ち込んで、落ち込んで、しまいには寝込んで学校を休む始末。  失意のどん底にいる涼介の家を、ある日、優子が訪ねて来たのだが、なんだか様子がおかしくて……?
唇に愛を捧げましょう(作:リンカ・シャロン)
唇に触れるということは欲求不満の表れ。 唇にキスをするということは愛情。 彼と彼女の関係は…。
愛しい人に殺されそうになり、返り討ちにしてしまったので、罪を重ねて地獄に落ちようと思います(作:葵 すみれ)
孤児のニーエは冷淡なおじさんとおばさんに引き取られて、こき使われている。 唯一の安らぎは、血の繋がらない兄カインの存在。 兄妹として育っているが、ニーエはカインに家族以上の感情を持つ。 しかし、あるときカインはニーエを泣きながら殺そうとしてきた。 わけもわからないまま勝手に体が動き、ニーエはカインを返り討ちにしてしまう。 生き延びたニーエは死神に愛された娘と呼ばれ、罪を重ねていく。 いつか、地獄でカインと会うために。
思い出の薔薇園(作: 菫色の夢)
幼いあの日に出会ったのは薔薇園だった 二度目に出会ったのも けれど彼女は冷たく言い捨てるのだった ―教えない
森の精霊王のお嫁さんになった悪役令嬢(作:みこと)
森の精霊王のお嫁さんになった悪役令嬢
どうも悪役令嬢です。婚約破棄ありがとうございます。隠しキャラのお嫁に行きます。(作:みこと)
どうも悪役令嬢です。婚約破棄ありがとうございます。隠しキャラのお嫁に行きます。
側妃と宝石商(作:紫乃)
手に入れた、はずだった。伝わっていた、はずだった。本当は誰も知らない物語。**短編にして連載もの。多分続きます。
恋した笑顔を見せてください(作:天然へいたん)
僕は遠い親戚の家に来ていた。 普段行かない場所なので、散歩をした。 そして、僕の心の全てを染めてしまうかのような女の子が通り過ぎた。 また会えることなど、ありえない。 この一目惚れは、一生叶うことがないのか...
伝えられなかった想い(作:ケイスケ)
6年前、俺が好きだった娘とのちょっとした思い出。
いじめれられて絶望し、自殺した僕を好きだった双子のもう戻れないその後のお話(作:龍の鱗)
幼馴染の双子姉妹。その姉にいじめられ、追い詰められた主人公が自殺し、後悔に苛まれる女の子のお話
友の恋人(作:水瀬)
友人と待ち合わせしたバーのカウンターで、女に声をかけられた。 友人の婚約者だという女。 私と、友人と、その婚約者の話。
婚約破棄中に思い出した三人。~恐らく私のお父様が最強~(作:かのん)
どこにでもある婚約破棄のワンシーン。 けれど、その瞬間に三人は、三人とも思い出す。 このまま婚約破棄すれば、この国は亡びる事を。
何故かヒロインの姉に溺愛されている件について(作:無色花)
私は自分がお姉さまの婚約者を奪ってしまう悪役だと気づいた。 だから私はお姉さまに媚びを売ることに決めたのだった
校舎裏に呼び出されました(作:A99)
学校で人気の生徒会長と急速に仲を深めていた美月ミキは、生徒会長に恋をする七瀬カナに呼び出されてしまった!
出さない手紙は空の桜色に染まり(作:香月よう子)
春四月の暖かな午後。私は過疎駅のプラットホームのベンチで、別れた恋人に手紙を書いていた。 その時、一陣の突風が吹き、便箋が宙に舞い散った。 私は慌てて拾い集めるが、肝心の手紙を書いた便箋が見つからない。 途方に暮れる私の前に、恋人と似たような風采の男の人が現れて……。 本作は、遥彼方さま主宰「ほころび、解ける春」企画参加作品です。
魔物と私と王子様(作:成瀬)
ロベリア…『いつも愛らしい』 『悪意』
真夏の夜の淫夢第四章~野獣と化した先輩~(作:田中竜)
夏の日の部活帰り、先輩は後輩を自宅に招待する。なろうに映し出されたココロの陰部。これは夢なのか、現実なのか…。暑い真夏の夜過熱した欲望は、遂に危険な領域へと突入する。
添削屋(作:サトウキビ畑)
 人気のない、寂れた商店街の路地裏に年季あるお店が佇んでいる。    消し去りたい記憶があるでしょう。  やり直したいことだってあるでしょう。  もう一度、新鮮な気持ちで人生を再開してみませんか?  これは日本のどこかの、廃れた商店街。  その片隅に存在する、小さな小さな、不思議なお店のお話。
僕が好きだった彼女のことを話そう(作:ゆう)
僕が好きだった彼女のことを、あなたに話したいと思う。
愛の一升瓶(作:石崎 和志)
 一升瓶が5円で満たされたら結婚するはずだった僕と彼女がふとしたことで…… 今は半分満たされたままの一升瓶が僕の心を締め付ける。  あれから数年が経った。 今でも『愛の一升瓶』は御縁で満たされる時を見守っているのだろうか……
妹と差別されて育てられましたが、お陰様で隣国の王子に愛されています(作:みこと)
愛されなかった女の子が、愛されるお話
超濃厚しっとり食感(作:二戸雪)
少女は、男の代わりに鉄骨の下敷きになった。その時、少女は知らなかった。男の正体は悪魔だと。 クールな悪魔は少女を救おうと奮闘するが…。 二人に訪れるのは天国か地獄か。 しっとり切ない恋愛を味わってください。
リエールとマトリーヌ(作:caem)
ゴブリンだって恋をする。 たとえそれが叶えられないとしても……。 アンチ冒険者。 アンチ勇者。 モンスターの愛を語ってみました。 タイトルは某歌がモデルです。
蜉蝣の男(作:ぬこだいふく)
一目惚れした男は、その女の為に幾度も命を捧げる
幼馴染達を命を懸けて救った結果(作:私です)
俺には春乃、由紀、舞花という二人の幼馴染がいる、そんな三人と一緒にクレープ屋に向かっていると暴走している車が彼女達に迫ってきた、俺は咄嗟に彼女達を突き飛ばした―
悪役令嬢はシンデレラ・ストーリーがお嫌いですか?【第5話】(作:0024)
私、琴葉(ことのは) 細魚(さより)は29歳OL。 ある日寝て起きたら、大っ嫌いなシンデレラの童話における『義理の姉』に転生していた。 そこで私は、決心する。 『この世界のシンデレラ・ストーリーを粉々にぶち壊してやる!』 だけど、悪役令嬢としての役目を全うして、その上でこの茶番劇を壊そうとした私の思惑はことごとく外れる。 シンデレラからは感謝され、妹からも奇異の目で見られ、王子様からは……。 おかしい、私はこんな筈じゃなかったのに。 だから、シンデレラなんて大嫌いなんだ>>続きをよむ
ぼくと幼い君のありふれた日常、あるいは終焉に向かうだけのエピローグ(作:沼米 さくら)
 これは、とある恋物語の悪役のエピローグ。  幼児退行しておむつが外れなくなってしまった「元」ヒロインと、すべてを諦めた「親友」の日常。あるいはただ終焉に向かうだけのエピローグ。  解けぬ青春の呪いが、彼らの運命を翻弄し続ける。  今度新人賞に出そうと思ってる小説が書けないので息抜きになんか書いてみたら一日で書き上げてしまった即席小説です。即席ゆえに設定に粗があったりしますがご容赦ください。ちなみに作者はギャルゲープレイ経験皆無です。  pixiv・ノベルアッププラスにも掲>>続きをよむ
転生聖女の過去と未来(作:りぃか)
これは、聖女の物語。 世界の危機には聖女を捧げる。そんな世界に産まれた聖女の御話。
万年筆のインクが切れた(作:浜能来)
 愛が良いものであるのなら。それはきっと、強ければ強いほどいいのだ。  ならばその最高の形とはきっと、略奪愛に違いない。
私の名を知る人間はもう貴方だけで良い(作:てと)
……誰か私を早く殺して。
魔王様を召喚したら、なぜか気に入られました(作:八木愛里)
伯爵令嬢のリンディは魔王を召喚した。あるお願いをするために。魔術を使うことで厄介者になっているリンディには、契約に縛られる魔族にしか頼めない願い事だった。 魔王、召喚、花のキーワードで想像を膨らませた作品です。
口移しのシードル(作:パルコ)
フリーライターである「俺」は、元先輩を通じて知り合ったミュージシャンの「彼」と恋人のような付き合いをしているが、二人の関係に名前は無い。そもそも「彼」とどういう関係になりたいのかよく分からない「俺」は、自分の腕を引く「彼」の手をまた振りほどけなかった。
ブロークン・スプリング(作:あめわやみ)
華やかと見えた大学生活に自らの光を見出だせず、中途で辞めて県外へと飛び出てしまった由希。そこで出会った自堕落な男といつのまにか恋に落ち、甘く楽しい時間が過ぎてゆくように思えたのだが…
婚約破棄から始まる破滅(作:四季)
フェミーアの王女ミルネアには婚約者がいた。 その婚約者は、隣国の王子であった。 二人は徐々に親しくなり、すべてが順調に進んでいるかのように思われていたのだが……。 ※ 2021.2.23 執筆 ※この作品は「アルファポリス」にも掲載しています。
龍の花嫁は、それでも龍を信じたい(作:石河 翠)
かつて龍を裏切った娘の生まれ変わりとして、冷遇されてきた主人公。閉ざされた花畑でひとり暮らしていた彼女は、ある日美しい青年に出会う。彼女を外に連れ出そうとする青年は、彼女を愛していると言い……。ほんのりビターな異類婚姻譚です。 とびらの様主催、人外短編企画に参加しております。
幽霊嫌いの俺と幽霊少女(作:ガウス)
俺、門脇 祐樹は幽霊嫌いで有名だ。幽霊が怖い?いや嫌いなんだ! そんなある日校内にある噂が流れる。幽霊がでるらしい。そんな噂を聞いた日、俺は運悪く旧校舎にとらわれる。そして見た幽霊だってやつを
逆行転生しましたので予言の聖女になりたいと思います(作:みこと)
微ざまぁあり。 アルファポリス様でも投稿しています。
僕はまた君に恋をする(作:栗栖 奈菜)
毎日告白してくる少しイケメンな彼。 でも菫には忘れられない人がいて…?
約束(作:寺崎 征十郎)
約束を果たそうとする青年と、忘れられない女性のお話です。
月と鈴(作:アエオニウム)
私は吉原の遊女だ。何度も愛を囁いていながら、愛がどんなものなのかを知らない。 私が初めて愛したのは、鈴のような、女性だった。
デュランタ(作:銀木犀)
十五歳のとき、親の事情で引っ越すことになった朝野道留(あさのみちる)。その時に幼馴染みの少女と病室で交した約束は、連絡一つ取らずの五年後の再会。そして五年後、奇跡が起きた。
clever imitation(作:紫宮月音)
友人達は、私達の事を幸せだという。幸せな、恋人同士だと。本当にそう見える?私達は偽り。よおく見てご覧?本当の姿が見えてくるから。
嫌われている相手に嫁いだはずがいつのまにか溺愛されていました(作:みこと)
嫌われていたはずの相手から実は好かれていたお話
嘘吐きの嘘の恋(作:そうや)
ある嘘吐きの、嘘の恋。 嘘で人は幸せになれるのか。
愛の末路でティータイムを(作:Zion)
婚約破棄の申し渡し。不名誉な事。けれど、それは国家の決定ではないのでしょう?アリスは微笑む。一切の慈悲を与えずに、真綿で首を絞めるように。 ――ねえ、覚えていらっしゃいますか? 寝物語に聞いた、あの愚かな王様のお話を。哀れな憐れな、お姫様のお話を。 これはありがちな、婚約破棄のお話。
僕が嫌いなこの『世界』を、君は愛してやまない(作:猫じゃらし)
僕はこの『世界』を嫌っている。 嫌いな理由は、一生消えることのないものだ。 だけど、突如現れた彼女はこの『世界』を気に入っている。 豊かな自然と、人々の優しさは彼女の『世界』にはないものだった。 純粋な彼女に、僕の心はだんだんと溶かされていく。 それでも、僕はこの『世界』が嫌いで仕方なかった。
姫騎士の心中(作:えいよう)
その知らせは砦を震撼させた。 悪い知らせではない。むしろ慶事だ。 辺境の雄。モンフォール家にお世継ぎの男子がお生まれになったというもだ。 英雄の家の跡取りであった少女は、突如その役を失った。 変わらぬように振る舞う少女と、彼女の変化に気が付いてしまった一人の騎士のお話。 恋愛風味です。
愛する世界~聖女~(作:ミーケん)
聖女はこの世界を愛していた。 人々を救い、魔王を討った聖女一行は世界の中心へ向かう。この世界の秘密を暴くために。
よいこはかけごとをしちゃだめだよ!(作:ねこのしっぽ)
テンプレ婚約破棄を白けた目で見てるやつらの話。こいつらが黒幕。多分あらすじ詐欺。
君の隣に俺はいない(作:井村吉定)
後藤慎二には友達以上恋人未満の幼馴染、木村佳奈絵がいた。慎二は佳奈絵に好意を抱いていたものの、その気持ちは伝えられずにいた。 ※BSS作品になります。ハッピーエンドではございませんのでご注意ください。
前世は聖女の悪役令嬢(作:みこと)
前世は聖女の悪役令嬢
氷冷の乙女(作:海嶺)
氷のような瞳を持ち、人形のような彼女。 僕の愛しい愛しい女性だ。 ようやく婚約者に出来たのに、彼女からの婚約白紙宣言。 どうして? どうしてなんだ?
耳鳴りでしょうか?(作:どらどらとんとん)
サーシャは政略で決められた相手だったが婚約者をとても大事にそしてとても愛していた。 裏切り⋯⋯それが二人を分けるまでは。 それぞれの恋の顛末。
ヤンデレに捕獲された暗殺者の話。(作:エトワ)
腹黒ドSなヤンデレ貴族に捕獲された、元貴族令嬢の凄腕暗殺者の話です。 作者の『好き』を詰め込んでみました。楽しんで頂ければ幸いです。
盲目のピアノ弾き(作:鳥無し)
盲目の女が悲しみに浸りながらピアノを弾いていた。その部屋に女のピアノを聞く者はいない。では女は気を紛らわせるためにピアノを弾いているのだろうか?しかし、女のピアノの旋律には、何か思いが込められているように感じられた。 女はピアノを弾き続ける。その旋律は何処までも響いて行く……。 【この作品は他サイトと二重投稿しています】
今日も冷たい彼へ①ファーストキス(作:秋猫)
守衛 遥は元気が取り柄の高校二年生。幼なじみで恋人の一条 龍騎は私にだけ何故か冷たい。それでもホレた弱みで離れることもできない。ちょっぴり切ない、平々凡々女子高生×無口な意地悪幼なじみの学園ラブストーリー
コデマリの花束(作:馬防 策)
温泉旅行に行こう。 学生の頃に交わした約束は、終ぞ果たすこと無く月日が流れてしまった。 卒業して、就職して。走り回っているうちに、約束を交わした彼女から『招待状』が届いた。 美しい装飾が施された招待状に並ぶ二人の名前を指でなぞりながら、私は彼女と過ごした冬のある日を思い出す。 コデマリ。 それはお互いに踏み出せなかった私たちに、よく似合う花。
魔王様は素敵な勇者様に恋焦がれた(作:久遠寺蒼)
ここは現実とは違う、魔王のいる異世界。 勇者と魔王が対峙したその時。 魔王には勇者がどのように見えていたのか―― タイトルにそぐわず中身は結構シリアス調です
悪役令嬢だったのかもしれない。(作:汐琉)
悪役令嬢かもしれない。シリーズの、自称愛されヒロインさん視点の話です。 そちらから読んでいただいた方が、わかりやすいかと思います。 ざまぁで書いたのですが、あまりスッキリしませんでした。 ざまぁ書こうとしたら、何故かこちらが降臨しました。 相変わらずスマホ練習作です。
#いいねの数だけ恋の話をする(作:浅縹ろゐか)
あれは、確かに恋だった。 17本の掌編を、嘘と真実を織り交ぜつつお送りします。 ※blog、pixiv、カクヨム、エブリスタ掲載作品です
オレンジに溶ける(作:イコ)
――始まってしまう前に、終わりにしないといけないの。あたし達はもう、なにも知らない子供じゃないから。
アンドロイドと恋に落ちるまで出られない部屋(作:P)
私は研究中のアンドロイドと実験の為恋に落ちなければ出られない部屋に閉じ込められた。
それは遠い世界の話(作:三里志野)
リネットにとって姉は憧れると同時に妬ましい存在だった。片想いの相手ラルフは姉と婚約してしまった。心を乱したリネットは姉に伝えるべき言葉を伝えそびれ、そのために姉は宮殿の皇帝のもとへと連れて行かれた。リネットはラルフと結婚するが、ラルフの心には姉がいた。 『皇帝陛下の最期の寵妃』という作品の裏話になります。
サボタージュ(作:引戸)
逃げてみれば、満足できるかもしれない。 敵対する二つの家に生まれた彼と彼女。 生まれてからあったこともないのに、敵になることが確定している二人は、初めてあった時どう思うのだろうか。 短編です。すぐ読めます。できれば感想をお送りください。
現代版『幸せの青い鳥』(作:五月雨)
幸せの『青い鳥』を追い求める天才ハッカー「チルチル」と凄腕の傭兵「ミチル」の冒険譚。
初恋でした(作:ゆいしろあきら)
何度も夢に出てくるあの人。 子どもの頃に会った人だと思うのに、全く思い出せない。 彼は一体――。
私は悪役令嬢だそうなので、従兄弟が助けてくれました(作:みこと)
微ざまぁ有りです。 アルファポリス様でも投稿しています。
秘密 ~雨に降られて・・・(作:香月よう子)
20代のOL・薫は、恋人の利隆にデートをすっぽかされ、飲んでいたホテルのバーで声を掛けてきた見知らぬ男と夜を共にして・・・。
ブスな私でも恋はしたいし普通に彼氏が欲しいんです!!(作:しいたけ)
幼い頃からブスと言われ続けた私は、鏡に映った自分が大嫌いだった。それでも尚生きなければならない定めなのは地獄の様だった……。 そんな私を救ったのは…………
ごっこあそびみたい(作:杏藤 輝行)
架乃子はいつの間にか、大切な友達である砂祐美を愛していた。そんなことも知らず、砂祐美は「好き」や「愛して」というようなことをただの甘えで、架乃子へと言う。架乃子は自分の気持ちと葛藤しつつも同時に、砂祐美にとっての幸せを思い、願う。
花が纏う匂い 赤い蜜(作:姉子)
*たいしたことはありませんが、多少残酷描写があります、お気をつけください*姉が連れてきたのは結婚を前提に付き合う真坂勝則。姉は完璧だった。それに比べて、いや比べられないほど何もない妹綾子。そんな彼女に勝則は「いつか大輪の花を咲かすだろう」と言う。そして彼女が咲くとき、二つの犠牲を払う。
貴方と永遠に・・・ -ヤンデレ少女の愛情表現-(作:聖)
ヤンデレストーカー少女のお話です。 大学で一目惚れをした彼のために日々尽くす主人公。 ある日彼に女の影があることを知り、さらにエスカレートする主人公の行動。 狂った歯車はもう誰にも止められない・・・・ 貴方と永遠に・・・この結末こそが彼女にとっては究極の愛情表現である。 この物語はピクシブにも掲載をしております。
君のそばで(作:ヤンヤン)
言葉が届かなくて苦しむ彼と、彼を見つけた彼女の話。あなたの大切な場所は、どこですか。
悪役令嬢はシンデレラ・ストーリーがお嫌いですか?【第4話】(作:0024)
私、琴葉(ことのは) 細魚(さより)は29歳OL。 ある日寝て起きたら、大っ嫌いなシンデレラの童話における『義理の姉』に転生していた。 そこで私は、決心する。 『この世界のシンデレラ・ストーリーを粉々にぶち壊してやる!』 だけど、悪役令嬢としての役目を全うして、その上でこの茶番劇を壊そうとした私の思惑はことごとく外れる。 シンデレラからは感謝され、妹からも奇異の目で見られ、王子様からは……。 おかしい、私はこんな筈じゃなかったのに。 だから、シンデレラなんて大嫌いなんだ>>続きをよむ
十二年越しの想いの発露(作:陽雲星)
喬椰の告白をきっかけに付き合い始めた喬椰と昭利。 付き合い始めて長い年月が経ったある日、喬椰は昭利にある話をし始めて…… *゜*゜*゜ 攻:國立 喬椰(こくりゅう たかや) うじうじと考えこんでしまうけど決めたら一直線。 そのせいで突拍子もないことをしでかすことがある。 受:藁谷 昭利(わらがい あきとし) 男前。この一言に尽きる。 楽観的な部分もあるけど聡明な部分も併せ持っている。 この作品は同名義にてPixivにも掲載しております。
あなたに書く物語(作:速水詩穂)
2人に残された時間の中で紡いだ物語。 語り口は男。 口語は大正時代ベース。
最初の読者(作:チシャ猫)
彼には夢があった。夢を与えてくれた人がいた。 小説家になること。それが幼いころからの目標だったから。 だけど……。
嫌われ王女の一生(作:鍋の猫)
王女と王子の悲しい物語。
幻楼提灯(作:燐咲)
鷹虎のあのデリカシーのなさの裏に隠れる過去の話。 -------------------------------------- 夢に現れる忘れられない女。 夢に溺れるつもりはないけれど、現の夢を求めて通う色町に 男に夢を抱く女が一人――…。
銀の月の慟哭(作:霧島雅狼)
 ――文明が崩壊した世界、そこで生きる二人の獣人と人間の話。 http://ncode.syosetu.com/n1305ce/ 続きです。
悪役令嬢になるはずだった私が聖女と呼ばれるようになったわけ(作:みこと)
悪役令嬢はいかにして聖女と呼ばれたか。