SS広場 恋愛

ハッピーエンド
婚約破棄をする前に(作:夜雨)
卒業式典まで残り数日といったその日。第二王子は婚約者の公爵令嬢に会いに行く。その目的は一体何なのか。令嬢の秘密とは。 殿下を護衛する近衛騎士がひたすら心の中でツッコミを入れる話。 あるいは、過保護シスコンが妹を心配する話。 もしくは、正義は勝つという話。 *王道が書けない作者が婚約破棄ものを書いてみる第二弾。 *主人公の口調が少し悪いです。 *恋愛要素は薄め。最後にちょっとだけあり?
私とネコの、とある冬の日(作:狗賓)
面倒臭がりな私と、幼馴染みのネコ獣人のある冬の一日。 アンリ様企画の『キスで結ぶ冬の恋』企画参加作品です!
諺『大は小を兼ねる』は真っ赤な嘘!? 絶対に胸以外は小さい方が良いもん!!(作:しいたけ)
身長が普通よりちょっと高いのが悩みの女の子。女子からは羨ましがられても男子からは決して好かれない現実に嫌気が差していた。 そんな彼女を救ったのは―――!?
とある男爵令嬢と王子と騎士と姫のおはなし(作:うめ)
田舎の領地からはるばる王都の学園にやってきた主人公が、黙っていれば容姿端麗な金髪王子と、黙っていれば凛々しい黒髪騎士と、黙っていれば絶世の美少女の赤髪お姫さまに振り回されるおはなし。
男運は全くないわけじゃ無かったかもしれない。(作:熊猫ヒロ)
年増な主人公が、何百人も妃のいる後宮で、のんびりお一人様生活を満喫しようと思っていた矢先に、何故か捕まえられる話。短編「男運のない私。」の続編になります。前作を未読でも読んでいただけるとおもいますが、読んでいただいた方が分かり易いかもしれません。
雨が降っている……(作:ヨネ@ハイテンション)
雨の中歩いている。声がする。振り返る。そこには彼女がたっている。雨はまだ降っていた……。
病弱な妹に「妹の婚約者に言い寄った姉」呼ばわりされ、妹いじめの根性悪姉として不義の罪で辺境に追放されました…そこで盗賊に襲われ、助けてくれた青年に復讐を提案されたのですが…(作:ゆゆ)
病弱な妹に優しくしてやれない姉と両親に言われてます。でも気を使えば使うほどお姉さまは元気でいいですわねと泣かれるんですが。それをいじめているといわれましても。 妹の婚約者に言い寄られたのを妹に見られまして、お姉さまが婚約者をとろうとしていると親に言われ、私は断罪され、悪役令嬢といわれ、父に修道院に入れられることになりました。袖にしたのを頭にきた婚約者が私が言い寄ったと妹に言ったそうです。言い寄ってません!いじめてません。 健康で元気なのが罪なんですかね? 辺境送りになる馬車の>>続きをよむ
変革者は嫌われる(作:馬 stallion)
変化、改革、言わば変革を求められる時代。 それは仕事でも何でも?
選択お題小説「指飾り」(作:875@)
大切な人と一緒にいるために、かかせない儀式。女なら誰もが一度は憧れるだろう晴れ舞台で、彼女は幸せそうに笑った。
世界一の魔法使いからの逃走劇(作:まるあ)
マリーは魔法使いであるアースが好き。 しかし彼は数多に彼女がいるらしい。しかも、彼には大切に思う女性までいると耳にしてしまった。 アースへの想いを捨てれないマリーは、他の男性と結婚する事を決断して、その場に向かった。でも、気付いたらマリーは寝台の上でアースに組み伏せられていた。しかも言われた言葉が「お前が好きだ」。……ええっ!?
編入生はヤンキー聖女(作:たなか)
「あたいの名前はルイズ! バンカーラ村では腕っぷしを認められて女番長やらせてもらってたけど、ひと月前に聖女の力に目覚めたらしくて、この学園に編入させられることになった! 地方出身だからってナメられるのは大っ嫌いなんで、そこんとこ夜露死苦!!」  彼女の自己紹介を聞いたクラスの全員が僕と同様に(……この編入生が聖女? ……絶対何かの間違いだろ……)と思ったに違いありません。
普通の恋愛がしたいんだ!(作:慧波 芽実)
年上イケメンの柏木先輩に好かれた私、ルカ。ただ、柏木先輩に危機感を覚えて断っている。ヤンデレもどきなんてお呼びで無い。私は普通の恋愛がしたいんだ!!
身代わりで召喚されたけど、私は幸せです。(作:高遠ユウ)
同じクラスの美少女が魔法陣に包まれた。けれどその女は私を身代わりにして、私が聖女として召喚されてしまった。 聖女様? 魔王討伐? ふざけんな! そんな身代わり召喚された平凡な女の子の話。
逆賊の娘と人質の皇子(作:和三盆せら)
帝国を滅ぼした僭主の娘に仕えることになった元・皇子と、彼が仕える王女の日常の一コマ。 ※おにロリが書きたいので書いただけの短編です! シリアスぶってるけどハッピーエンド!
婚約破棄後の悪役令嬢争奪戦(作:烏丸じょう)
公爵令嬢のフィオレンティーナは身に覚えのない罪で婚約破棄の上、国外追放されてしまう。 そこに待ち構えていたのは自分を裏切ったはずの人物で……。
毒の巫女と暗殺者(作:藤里 真朱)
王家のみが精製する事ができる特殊な毒「巫女の涙」その原料である巫女とそれを殺しに来た暗殺者の話
魔王城へようこそ!~良い天気なので死ぬのは勿体無い~(作:踊る人の下で笑う影を見る男)
この物語は短く、とても意味のない話だと魔王は言う。作者が思いつきで書いただけの中身のない物語だと勇者は言う。この物語は未熟な魔王とゴリラ過ぎる勇者のちょっとした出会いのお話。
陰で泣くとか無理なので(作:中田カナ)
婚約者である王太子殿下のご学友達に陰口を叩かれていたけれど泣き寝入りなんて趣味じゃない。
夫を信じていたのは正解でしたが、リアルホラーは勘弁してください(作:23すてぃん)
幸せ全開の主婦、中澤さゆりは夫のスマホに『奥様といつ別れてくれるんですか?』というメッセージを発見する だが、二人のラブラブパワーはそんなことで亀裂が入るほど弱く無いのであった そんな2人にはとんでもなく予想外な展開が待っていた!!
運命の絲アレク編(作:久遠みおな)
運命の絲アレク様から見た周りのお話
自己啓発セミナーの勧誘から始まるラブコメ(作:viru)
大学のしがない助教授として論文の執筆作業に取り掛かっていた俺に、ある女から一通のLINEが来た。 「久しぶり! 今日、zoomで無料のセミナーがあるの!! 『成功するためにあなたが今すべきこと』ってタイトルなんだけど……。興味ない? 暇だったら見てみて!!! 見たら絶対人生変わるよ!(*^▽^*)」 うわ、うざ。 この女、LINEのひとことも「目的と手段を履き違えるな」とか自己啓発調になってるし、なんか自己啓発にハマってるっぽいな。こういうやついるよね。 俺のことを考え>>続きをよむ
エタった二人のその続き!(作:水輝 聖一)
事故で亡くなったはずの彼女が、ネット小説投稿サイトでエタらせていた作品の更新を始めた件。 ホラーとかじゃないよ!
天使が恋愛成就のために派遣されてきたんですが!?(作:ラズライト)
「そんなに彼女が欲しいんですか?」 知り合いが次々と彼女を作り、同棲を始めたことに独り身の寂しさを感じ始めた男。顔は……まあ、普通。性格もそこまで酷くはない。 ただ、友達ぐらいが丁度いい。そう言われてしまう彼のもとにタブレット端末を持った天使が舞い降りた!? どうやら運命の人と出会わせてくれるらしい。 天使の導きに従い男は無事に運命の人と巡り合うことが出来るのか! 一つの甘ーい、恋のお話。 ⓒ 2019 LAZURITE@11252
妹に婚約者寝取られたんだけどどうすればいい?(作:みこと)
もしも異世界にネット掲示板的なのがあったら? アルファポリス様でも投稿しています。
売れ残り令嬢の秘密の恋(作:ごんちゃん)
マーガレット・ガウディールは侯爵令嬢でありながら女性近衛騎士団所属の騎士である。 勇者の父と聖女の母を持つマーガレットは令嬢としては異質な強さを身につけていたために、婚約相手が見つからないまま既に売れ残りの年齢になっていた。 そんな彼女が任務で訪れた先で出会ったのは、剣の鍛錬に励む1人の可憐な美少女で。 売れ残り令嬢が美少女に翻弄される物語です。 シリーズの呪いはあまり影響していないストーリーになります。
涙のイデア、その形(作:かまたかま)
彼女の涙のその訳は。 ※哲学的な彼女出展作品です。
ずるいずるいと言うのが口癖の妹に妹が出来た(作:砂塵精魔)
長女であるアリヤは「ずるいずるい」が口癖の次女の妹に困っていた。 さらには三女の妹まで「ずるーい」と言うようになってしまう。 それから数年後にアリヤは婚約したが、その婚約者にも次女は「お姉さまだけずるい」と色目を使ってくる。 流石にこれは引き下がれないアリヤは、長女の威厳を保つためにも妹と直談判するのだった。
同工異曲の哀悼歌(作:ふれい)
大手企業に勤める主人公は、この世の中に不満を抱いていた。だが、どんなに主人公が訴えかけようとも、残酷な世界はその容貌を変えることはない。そんな中、同期である女性とのやり取りの中で、彼は一つの答えに辿り着く。
婚約破棄?しょうゆ顔!そして旅にでる!!(作:モチゴメ)
金髪碧眼…とは…!本当に、本当に、それでいいのか…!
三日後に婚約破棄します(作:夜桜)
 公爵令嬢・ミランダは幼馴染の帝国諸侯・ウェイドを助けたかった。彼はサルビアという女性から執拗以上に好意を持たれ困り果てていた。  ウェイドは、サルビアを諦めさせる為、ミランダに一時的な婚約を頼み込む。ミランダは事情を汲み、三日後に婚約破棄するという条件付きで快諾。  しかし、それは惨劇の始まりだった――。  ※他のサイトにも掲載中です
想いが通じた日(作:秋雨ゆりん)
いつもの放課後。同じ悩みをぐるぐると毎日悩んでいた。けれど、それは今日で終わる。 自己満足全開で作った作品です。変なツッコミは控えてもらえると嬉しいです。 誤字脱字、変な文章表現があれば申し訳ありません。
狐の彼が私に言ってほしかった言葉を私は簡単に言えるのに彼はそれを教えてくれなかった(作:来留美)
狐のお墓を作ってあげた彼女に狐は会いに来た。 彼女と一緒にいたいけど、狐と人間は住む世界も、姿も違う。 狐が選んだ道はずっと一緒にいられる魔法の言葉を秘密にして彼女を思って別れること。 しかし、彼女は魔法の言葉を躊躇いもなく言った。
桜が散る時(作:白神の鱗)
人見知りな性格の凛堂 桜が、友達の手を少し借りつつも、自分の力で自分の殻を破り、『少しの勇気』を持てるようになるまでの、切ないようで勇気の出てくるような、日常を描いた物語。
どうやら俺は知らぬ間に女バスの王子様を惚れさせていたようです(作:赤井ブラック)
バスケ部の日村瑛二。 スタメンになりたいと思いつつも、中々なれないでいる。 果たして、瑛二はスタメンを勝ち取れるのか。 ※これは作者がこうなりたかったという妄想を詰めた作品となっております。
通りがかりの俺は、不良に絡まれたお姉さんを助けてみたのだけど、俺に惚れたりはしなかった。やはり物語と現実をごっちゃにしてはいけない(作:久野真一)
 俺、羽生浩二が駅の近くの道を歩いていると、不良に絡まれた綺麗なお姉さんを見かけた。  まあ、もののついでだし、人助けも悪くない。  そう思って、助けに入って不良どもを追っ払ったのだけど、お姉さんは、何やら足早に去ってしまった。  「ま、現実はこんなもんだよな」  少しだけがっかりしつつ、でも爽やかな気分で場を後にした俺だけど、その後、思いも寄らない出来事があったのだった。
友人が自分の幼馴染と絶縁したらしいですが俺は自分の幼馴染と付き合います(作:夏色樹)
ツンデレ幼馴染である神蔵朱香を持つ友人の川崎優希がツンデレと気づかず幼馴染と絶縁したらしい。 同じくツンデレ幼馴染の滝瀬夕姫を持つ俺こと桐永秀晴に絶縁を進めるが俺はツンデレと気づいているので幼馴染と付き合う。
花形見―Forget-me-not(作:桂まゆ)
毎年、春になると庭に咲く青い花。その花と思い出に包まれて生きて来た女のちょっと悲しい物語。「春・花小説企画」参加作品です。
婚約者は私が思ったような人だった(作:まひろ)
見た目はいいのに軽い。女好きで手が早い。 不真面目な騎士で伯爵家の跡を継げるかも怪しい――。 そんなふうに言われている幼なじみの男が、婚約者になった。 両家の顔合わせの席でもどこか軽くて、友人にもこんな男が結婚相手で大丈夫かと心配される。 きっと彼は私が思っているような人でしょう……。 ※軽い気持ちでお読みいただける短編で設定もゆるめです。
バカ一行とわたし(作:小狐紺々)
おバカな一行に付き合わされて魔王退治へ行く王国一の魔術師、ティリエル。そんなティリエルが魔王と出会うお話。 すごく短く、続かないと思います。たぶん ※昔、BLサイトを運営していたときにあげていた作品を男女変換させて主人公を女の子にしたものです。拙い文章 ですが気にせずに内容だけを読みたい方におすすめします。 ふっと思いうかんでこんなのあったら楽しいなーというのをざっくり書きしてます。 主人公視点で進んでいきますので苦手な方はお控えください。
ハーレムに入ったのはいいけど王太子殿下が私の元にばかり渡られるので逆に困る(作:みこと)
ハーレムに入ったのはいいけど王太子殿下が私の元にばかり渡られるので逆に困る
いつでも虹が見える程に眩く・・・。(作:薫姫)
真夏の暑い日に偶然出会った少女2人の 魔法にかかってスローモーションで起こった様な・・・。 甘い甘い女の子同士のお話です・・・。
チャーコ(猫)を溺愛している八我くんは、三池さん(美少女)からのアプローチにもなびかない。でもある日、三池さんが猫のコスプレをしてきて……!?(作:間咲正樹)
生粋の猫好きである八我(やつわれ)は、野良猫のチャーコのことをこの世の何よりも愛している。 あまりにもチャーコのことしか眼中にないため、クラスメイトの美少女、三池(みいけ)さんからのアプローチにもまったくなびく気配すらない毎日。 ――だがそんなある日、猫のコスプレをした三池さんが、八我の前に現れて……!?
推しから殺されそうです!〜第二王子視点〜(作:立川梨里杏)
「あなた、私の騎士になって下さる?」 ーー俺はあの日、確かに貴女に囚われた。 推しから殺されそうです!の第二王子視点です。 前作の裏側の話です。
友情を選びますか?恋愛を選びますか?(作:美瑠。)
私には、好きな人がいる。でもその好きな人には彼女がいる。その彼女は私の小さい頃からの親友で・・・・?
これが、本当の悪役令嬢!?(作:浅村鈴)
エリザベスは生まれる前、お腹にいる時に悪役令嬢と言われると魔女に予言されていた。 その為両親は産まれてすぐに婚約をさせていたが、16歳の時とうとう婚約破棄を告げられた……。
素直に(作:蘇鉄)
 少年には少なからず想いを寄せる少女がいた。その彼女と職場体験で同じ場所になったのはいいが、どうやらこの状況は仕組まれているようで・・・  
列車の旅の行く末(社会人編)(作:樫原 海藍)
休暇で訪れ土地で出会った一人の男性 偶然が重なり一晩一緒に過ごすことになり・・・
うぃずあうとシュガー(作:九里 睦)
読後にコーヒーが飲みたくなるかも? 町のとあるカフェに、一つの悩みを持つカップルが訪れて、対策会議を開催します。その場を客観的に見てもらうために、三人称にしました。 タイトルの意味は読めばわかってくれると思います! *5分で読める短編
クッキー(作:竹仲法順)
あたしは十一月の週末の休みに、彼氏である裕巳と会って、彼の部屋で過ごした。手製のクッキーを持参していて、それを齧りながら、コーヒータイムを楽しむ。週末同棲だったが、存分に愛情を育むことが出来ていた。お互い満足しながら、休日の時間を楽しむ。体を重ね合って、ベッドの上で性交した後、混浴してゆっくりと寛ぎの時間を送っていたのだが……。
おとぎ話のライバル王女に転生したようですが、王子の様子が変です(作:うめ)
修道院で過ごすヘンリエッタには、前世の記憶があった。本を読むのが好きな、日本人の記憶だ。 いばら姫にシンデレラ、人魚姫……たくさんのお姫さまたちが登場するこのおとぎ話のような世界で、彼女はある日気がついた。 「わたし、人魚姫の恋路を邪魔したあの王女ですね」 魔女に人魚に狼に……何でもアリなこの世界ですが、せっかく魔法が使えるので人魚姫の悲恋もわたしが何とかします!そう思っていたのに、ヘンリエッタは何故か王子に追いかけ回されるのだった。 「――へえ。姫は追いかけっこがしたい>>続きをよむ
ラ・ムール(作:木村よし)
浮気性×従順。もしくは鬼畜×囚。大学生の切ない愛の物語。
生まれ変わって美少女になりたい男の話(作:さく)
パウーで投稿した連作トゥートの誤字脱字を修正し、一つに纏めたモノです。 同様のまとめはpixiv上にも投稿しております。 https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=9547129 美少女に転生して、美少女と付き合いたいなぁ?とか考えた そんな男のお話です。 ※なるべく不愉快にならないように書いているつもりですが、デリケートな話題ですので、人によっては不快な内容かもしれません。 そのため、ジェンダーに関して一家言ある方は閲覧しないことを>>続きをよむ
理想の恋(沙莉バージョン)(作:神童サーガ)
沙莉の心の中を表してます。好きな人と出会ってからの話。沙莉に告白は出来るのか!?
嫁ぎ先の辺境伯が野獣の様だと言うのは少し間違った情報だった話(作:大貞ハル)
王太子に婚約を破棄された公爵令嬢が野獣のようだと噂される辺境伯の元に嫁いで幸せになるお話。
あじさい色とジンジャーフレイバーの秘密(作:小城りょう)
わたしたちが「コイビト」になってから初めて君がわたしの部屋に来た日。これまであまり二人きりになったことがなかったから、特別なことは何もなくても緊張していた。 外は雨。普段嫌な雨もこういうときはなんだか窓越しの雨音も心地よく聞こえる。いつも通りの家族の様子、君の友達であるわたしの兄のガサツさや鈍感さに辟易しながらもこの時間は幸せだった。 帰り道に一つの傘の中で適度な距離でわたしたちが見つけたのは生け垣のあじさい。変える前に飲んだジンジャーティーの味とあじさい色はどこか「ともだち>>続きをよむ
オレンジ色の頬(作:大橋 秀人)
【matatakiシリーズ】事故のショックで聴力を失い、言葉を忘れた少女。学校にもいけず、心を塞いでいたが…。(激甘注意)
初恋が手に入るなら、喜んで悪役令嬢になりますわ!(作:ロク)
食堂でいきなり婚約破棄された伯爵令嬢のマリア。でもそれは仕組まれたものだったのです。
未来の私への手紙(作:如月 子龍)
10年前に書いた未来の自分への手紙。その手紙によって自分の素直な気持ちに気付く杏奈。そして再び未来の自分へ手紙を書くために出かける。するとそこには…。
悪魔の花束と美しき花嫁(作:茶ひよ)
美しき花嫁に叶わぬ恋をした悪魔のお話。
月がきれいですね、なんて。(作:春川)
『月がきれいですね』という言葉は、授業で習うけど使う機会はついぞなさそうだなあと、思っている女の子の恋愛模様です。
無自覚ほどたちの悪いものは無し(作:沢村秀)
従兄弟のお兄さんを何とか誘惑しようと頑張る、男勝りな女の子のお話。 共幻文庫 短編小説コンテストのテーマ「艶のある人」に応募した作品です。
移りゆく季節と共に(作:弥坂 忍)
自分がどれだけ本気で恋をしたって、最後はいつも捨てられる。 付き合っていた彼氏が、キャピキャピした見た目だけうさぎのような女に取られてまたもや失恋してしまった貴子は、行きつけのバーのマスターに愚痴を言いながら酔い潰れてしまった。 目が覚めたのは近場のホテルの一室で、衣服を身に着けていなかった貴子は男と寝てしまったのだと思い、早々に立ち去ろうとしたのだが、一夜を共にした彼は意外にも色男で、連絡先を交換してしまう。 ある日彼からのお誘いがあり、水族館へと向かうのだがそこで元彼と再>>続きをよむ
カエルの帰還(作:Rye)
――……ただいま。 彼女は意を決したように、悲しそうに、どこか嬉しそうに言った。
彷徨える死霊ステラマリーと見捨てられた元皇太子アルディアスとの恋(作:ユミヨシ)
ステラマリーは人間ではない。死霊だ。 王家の墓の片隅に葬られた、死霊のステラマリーは、成仏できずに、 夜な夜な王宮の庭を彷徨っていた。 自分の名はステラマリー。名前だけは憶えているが、何で亡くなったのか、まるで思い出せなかった。 ただ、宛も無く、王宮の庭を彷徨い歩く死霊。 そこで、とある日、病気で王族から見捨てられたアルディオスと知り合う。 彼を助ける為に、聖女様探しをすることになったステラマリー。
17時よりのシンデレラ(作:ひきこもり先生)
17時になるとパニック発作を引き起こす少女と出会った男の話。
占い師は本当に自分自身を占うことが出来ないのか?(作:たなか)
 通りをふらふらと肩を落として歩いている男。ふと、占い屋台が目に入り、吸い寄せられるように椅子に腰を掛けました。 「僕の名前はアランと言います。その、将来を占ってほしいのですが……最近本当についてなくて……学園で……」 「仰らなくても大丈夫ですよ。あなたには女難の相が出ています。おそらく女子生徒に騙されて、何か悪事に加担してしまったのでしょう。そして責任を取らされたのではありませんか?」
終わりの後に、甘いお話は如何ですか?(作:緋月紫砲)
魔王討伐の旅路は終わり、平和となった世の中に必要なのは幸せな物語。 勇者パーティーの魔法使いはどのような愛を掴み取るのか。 苦難の旅路の後に、甘く幸せな物語となりますように。
ネオ・ウインド 〜新たなる風〜(作:羽沢 将吾)
子供達を喰い物にする下劣な組織に売り飛ばされ、悲惨な毎日を過ごしつつも慰め、惹かれ合うネルとクッキー…哀しき少年と少女の未来に希望は訪れるのか?羽沢将吾短編集・フェルダムト!シリーズ外伝初公開!
絶対あんたなんか好きにならないんだからね!(作:勇者れべる1)
私、白羽明日香(しらばねあすか)は諸星隼人(もろぼしはやと)に恋をしている。 そこに無関係な筈の橘翔一(たちばなしょういち)が現れて私の邪魔をする事に。 絶対好きにならない筈の橘君に何故か私は惹かれていく…
二番目でお願いします。(作:ばけ)
異世界に飛ばされたと思ったら、狼さんの非常食にされました。 (カクヨム様にも投稿しています)
秘密が秘密じゃなくなるとき、彼の心が見えてくる(作:来留美)
私の彼は私とは違う女の子と歩いてた。 彼に理由を聞くけれど友達と言うだけ。 彼は何かを隠している。 その何かを知ったとき、私達の関係は変わっていく。
勇者は悪女を娶りたい(作:まっちぃ)
魔王を倒した勇者は国王と王妃の謁見の間でどんな望みを叶えると言われ、望んだのは悪女と噂される第一王女だった。 というありがちな話を書いて見ました。 ちょっと分かりづらいところはあるかもしれませんが そこは許してもらえると嬉しいです。 溺愛モノです一応。
君のための玉座(作:りったん)
公爵令嬢メリージュアンナは祖母の悲願のため、王太子の婚約者に収まった。王妃になることがすべてだった彼女は、婚約者が何をやらかそうともじっと耐え、勉強が遅れていれば丁寧に教え、乗馬ができぬとなれば調教された良い馬を買い求めて尽くした。しかし、王太子はある日突然「君との婚約を破棄して子爵令嬢リーネを結婚する」と宣言した。しかも子爵令嬢リーネはメリージュアンナにとって無二の親友で……?
不便の発明家(作:アオニシキ)
 不便な発明をする先輩と振り回される僕の話。
私はあなたを真実愛することはない政略だからと王太子殿下にいわれました。契約婚約と変わらないといわれたので、なら契約書を交わしましょうと言ってみました。運命の相手が現れたら婚約を破棄するという条件でね!(作:ゆうこ)
これは契約に基づく政略結婚であり、私は君を愛することはないと婚約者である王太子殿下にいわれました。 私もそう思いますわ、なら契約書を交わしましょうと私は笑顔で答えました。 契約を細かく決めて、基本別居と決めたのですが 殿下に真実愛する人とやらが現れて?
あて馬じゃないわっ!! ふざけないでっ!!(作:七八転)
思いつきで書きました。 人生を振り回されてきた妹の物語
ポジション「当て馬」になりました!? ~大公位とセットで、もれなく彼女がついてくる!?~(作:若松だんご)
 ――婚約をなかったことにしてほしい。愛する人が出来たんだ。  二年も待たされた挙句、一方的に婚約解消されたエセル。  ディオン公子に、大公位とともにセットでエセルを譲られたのは、弟レオナルト公子。  「はあ!? ふざけないでよっ!!」  身勝手すぎるディオンの行為に、怒るエセル。ディオンを奪ったのは、正統派ヒロイン容姿のリリアーナ。  私、もしかして、このままいけば「悪役令嬢」ポジション!? 二人の仲を邪魔する悪者!?  冗談じゃないわ。誰が悪役になんてなってやるもんですか>>続きをよむ
ひまわり(作:花風)
妹には絶対に渡したくなかった。 大好きなひまわり柄の浴衣。 それは、大切な思い出のある浴衣だったから……
悪役令嬢の恋心(作:みこと)
悪役令嬢の恋心のお話
いつも一緒だった幼馴染が無視をしてくるので……(作:子猫丸 莉那)
なんか最近幼馴染の健太が無視をしてくる。どうすればいいかな……。それにしてもなんか体が軽いし、変な違和感を感じるな…。
夕暮れの時続編(作:クルーガー)
付き合い始めていつものようにお泊りに来た蜜。なのに慎二は急にバイトに行ってしまう。それに不思議がる蜜がとった行動は?
三角関係の俺と俺が好きな彼女と俺のことが好きな彼女の気持ちは一方通行だった(作:来留美)
俺が好きな彼女には彼氏がいる。 奪おうとは思うけど自分には自信がない。 そんな俺を見ていた俺のことが好きと言った彼女は自信があるように俺を俺が好きな彼女から奪うと言った。 そんな彼女に興味を持った。 俺の彼女への気持ちに気付いたのは俺が好きな彼女だった。 三人の三角関係はどうなるのか読んで楽しんで下さい。
金髪ギャルと黒髪女委員長の二人がファミレスで駄弁るだけのお話(作:りんご飴ツイン)
これは金髪ギャルと黒髪女委員長の二人がファミレスで駄弁るだけのお話である。
聴きたくて、聴けなくて。(作:露爛)
聴きたい言葉はただ一つ。なのに一度も与えられない言葉に焦れて暴走する愛情。恋人の気持ちが知りたい男の懊悩。『言いたくて、言えなくて。』の攻め視点。
【ミュージカル】喜劇「婚約破棄」(作:ちゃっぴー)
婚約者のためと言いつつ自分のために 色々根回しした公爵令息舞台の寸劇。 気分で書いた。時間つぶしにでも呼んでください (*・ω・)ノ
なろう作家 異世界に三勤交代制を導入しようとする(作:虹色水晶)
三勤交代制に至極真っ当な対応する人物のお話です。 途中でアイデアが閃いたのでぶち込みました。 連載中小説の人物が出てきますが本編と直接関係はありません。
どうも聖女です。貴公子攻略はしません。悪役令嬢は攻略します。(作:みこと)
悪役令嬢が聖女様に救われたお話
私は彼の特別だと思ってたら全然違った件(作:伊藤@)
 私はただの巻き込まれ召喚者のB子、優しくしてくれた騎士様に恋したけど、気が付きました。  あ、私の勘違いだったって。  そんなある日、聖女あかりちゃんが魔王討伐から凱旋してきて。
甘々な公爵と記憶喪失の花嫁(作:多田 ののの)
目が覚めると、隣にはとびっきりのイケメンが寝ていた。 「おはよう、アリア」 「……誰ですか?」 イケメンの名前はヘンティルというらしいけど、全く聞き覚えがない。というかアリアって誰? え、私の名前? 「愛してるよ、アリア」 記憶を失った花嫁とその夫がいちゃいちゃするお話。性的な描写あり。シリアス無しの砂糖多めです。
雨女が高じて婚約破棄されたと思ったら異教徒に拐われました。えっ、砂漠の国の王子様なんですか?(作:遥彼方)
『雨女』体質の公爵令嬢クリューは、それを理由に婚約破棄を何度も受けていた。 今度こそ、と思った婚約もやはり破棄され、公爵領に戻る最中。 異教徒らしき男と出会う。 落書きで描いたイラストに、風風風虱さまが素敵なタイトルを思いついてくださいました。 それを元に膨らませ、書いた作品です。 この作品は、他サイトにも掲載しています。
幸せの魔法(作:遥彼方)
舞踏会で踊る私に、かぼちゃパイを持って危なっかしく近づくお姉さま。 あのパイをどうする気かしら? 本作は、秋月忍さま主催「冬のシンデレラ企画」参加作品です。
才能ある妹に馬鹿にされ続けてきた魔力0の姉、王太子まで真実の愛に目覚めたといわれ、婚約破棄され、相手が妹で家を追い出されてしまった。錬金術師になろうと弟子入り志願したお師匠に「お前才能0」と言われ…(作:完菜)
魔力0なのに魔法師の家に生まれてしまった私、才能がある妹に出来損ないといつも馬鹿にされていました。しかし王太子の婚約者に私が選ばれ、とうとう報われると思ったのですが……。 やはり魔力0は婚約者にできないと破棄されてしまいました。殿下のいう真実の愛の相手は妹でした。家からも追い出され、私は金貨1枚だけ持たされどうしようかと町をさまよっていました。 そこで錬金術師であるお師匠様に出会い、私は小説で読んで憧れた錬金術師になりたい!弟子にしてくれと宣言しましたところ、お前才能0と言わ>>続きをよむ
戦闘で頭を打ったので彼との記憶がなくなりました(作:こがし麦)
クエストでトロールを倒すのに失敗したアイは敗走した時に一瞬記憶を失う。その時のパーティーには剣術学校の一年後輩のリョウがいた。リョウはアイのことを好きだったので追いかけてパーティーに入ったのだ。アイとリョウは同じドラゴン研究会に入っていた。ドラゴン研究会の三年生の女子はアイを入れて五人のタイプの違う女性がいた。清楚なお嬢様タイプのサクラ、胸の大きなお姉さまタイプのリサと、ロリータタイプのメガネっ子のアミ、活発でボーイッシュなタイプのヒトミ、そして活発な体育会系女子のアイだ。ア>>続きをよむ
メンヘラちゃんの異世界転生(作:ZERO)
メンヘラ少女が自殺し転生して本人的に幸せになる話。 ※死ぬ関係の表現が出てきます。 ※作者的にはハッピーエンドです。 ※違和感があっても魔法の言葉「ご都合主義」を使ってください。
目つきの悪い俺と幼馴染のバレンタイン(作:蒼唯月輝)
バレンタインデーに幼馴染からの本命チョコが欲しい。 人生において叶わなかった僕の夢を、託してみた作品です(▰╹◡╹▰)
クリスマスを聞かせて(作:もあい)
クリスマスイブ。恋人たちが甘いひと時を過ごす中、彼女も自身の恋人を待っていた。だが、決して甘いひと時を過ごそうと思っていたわけではない。彼女は今日、恋人に別れを告げようとしていた。  彼は車の中焦っていた。クリスマスイブ。その寒空のさなか、恋人を待たせていた。しかし、決して甘いひと時を過ごそうとは思っていなった。その心には焦燥と、そしてある一つの思いがあった。彼は今日、恋人に別れを告げようとしていた。
婚約破棄はマカロンの味(作:青峰輝楽)
公爵令嬢アネットは、ある日幼い頃からの婚約者であったジュリアス王太子から、皆の前で婚約破棄を言い渡される。王太子の背後には、健気な腹黒男爵令嬢。 でもアネットは『これで本当の自分に戻れる』と内心大喜び。 半年後、舞踏会で再会した彼女の姿に驚いた王太子は……。 (めっちゃテンプレです。暇つぶしにどうぞ)
9:30PM 非常階段にて(作:霜月 椛)
キスがしたい。 非常階段での呟きを、職場の先輩に聞かれた結果…。
マリーゴースト(作:ND)
一回死んだらもう戻れない でももし戻れるチャンスがあるとしたら? これはそんな作品です
婚約破棄された女騎士とオーク(作:12モンキーズ)
 戦争から帰った女騎士メリーは婚約者から婚約破棄をされる。女っぽくないのは分かっている。だが、婚約者の為に戦ったのに……そう考えたらメリーは全てが虚しくなった。1人寂しく酒場で酒を飲んで居たらーーーー隣に寂しそうなオークがいた。酷く疲れているな……何だか私みたいだ。メリーがそう考えた瞬間、2人の目があった。  そのオークーーメイガスも婚約破棄をされていたのである。
【短編】呪われ魔女と残念騎士 ~私を悪役令嬢としてを断罪されるおつもりかもしれませんけど、あなたの方こそ呪われちゃっていますわよ?~(作:百花 りょう)
 アリス・クロウは、黒魔術で国を支えてきた由緒正しい一族の令嬢。愛想のない暗い性格で、影では『黒百合の魔女』などと呼ばれている。婚約者のフェリクス・ニフリートは騎士の家系で容姿も性格も良い、アリスにはもったいない人物。……ただし、リアクション芸人張りにアリスの魔術に怯える点を除いては。  ある日、アリスはフェリクスの強い押しに負け、来たくもないパーティーに参加させられる。そこで、アリスに勝手に恨みを持っている令嬢方に囲まれ、皆の前で断罪されるが――。 「ところで、皆様の方>>続きをよむ
永遠の好き(作:深歩)
美保は元気な女の子!中学1年生になって新な仲間、みり・兼・シュウの三人の中の兼のことがきになりだして・・・・?
惚れた女が男だと言い張るけれど女だった。(作:気力♪)
高校二年を迎える春休み、男らしさを教え込まれ、それを信じていた貴志は、罰ゲームにて女装させられていた(らしい)明に一目惚れする。 しかし、彼女は言った。「僕は男だ」と。 貴志は自分がホモだったのだと絶望するが。しかしその次の日、進級した先で明と同じクラスになり、同じ図書委員会となり、奇妙な縁を紡いでいくことになる。 始まった奇妙な2人の関係。果たして貴志は己の心にどう向き合っていくのか! そして、明はそれにどう答えるのか! (タイトルでネタバレしてるのは気にしない方>>続きをよむ
魔法にかけられて(作:さすがり亜美)
それは、お夕飯のにおいが迫り来る、帰り道のことでした。 先輩は、私のことなど忘れたように、上の空の生返事。 だから私も先輩のあとを追い、空想の世界にとびこみました。 ……ああ、私の恋は、『笑い』にまぎれてどこまでゆくのでしょうか。
抱き枕はお仕事です。(作:汐琉)
 異世界へ転生したらしい『私』は、塔のような建物に幽閉されている。  そこに悲壮感はなく、唯一の仕事である日課を楽しみに、日々を過ごしている。  そんな『私』の元へ訪れるのは、寡黙な旦那様。  『私』の唯一の仕事(日課)は、旦那様の抱き枕になることだった。  完全なる息抜きで、思いついたネタです。
幼馴染みの恋(作:皇子)
ずーっと好きだった幼馴染みの雪への想いが、叶うhappy endのお話。
お嬢様のためならば(作:みこと)
お嬢様に尽くす専属護衛のお話
悪役王子と悪役令嬢の婚約破棄(作:motto)
「お前とは終わりだ、婚約は破棄させてもらう・・・」突然そう伝えられた悪役令嬢は「婚約破棄の書状確かに受け取ったわ」と一瞥もなく部屋から出て行った。伝えた悪役王子の思いと悪役令嬢の決断とは。
薬師と娘(作:天嶺 優香)
宵は自分の育ての親である彼が好きだ。けれど、彼はそんな宵を置いて村を去ってしまうのだという。 (精神的に)幼い少女と、薬師の話。 真麻一花様主催の《大団円ハッピーエンド企画》の参加作品。
Wi-Fiの彼女と僕(作:やなぎ)
「僕はWi-Fiに恋をした」 Wi-Fiに恋をした僕と彼女の物語。 カクヨム、アルファポリス、エブリスタにも掲載しています。
マリリンの秘密(作:土方隼人)
9月16日に誕生日を迎えるピアニストのマリリン。彼女はピアノの練習に使うメトロノームが欲しかったが、まだ、駆け出しのピアニストのマリリンにとって、当時まだ貴重品で高価だったメトロノームに手が出なかった。 だが、誕生日に恩師であるピアノの先生から高級メトロノームをプレゼントされる。マリリンはとても喜んだが、なんと恋人の時計職人のスチワートからも手作りのメトロノームをもらう。 2台のメトロノームと恋の行方は?
初恋のゆくえ(作:眠りクラゲ)
幼い頃に出会って結婚の約束をしたけれど、覚えているのは愛称だけ――。そんな相手と運命の再会を果たすのもロマンチックだけど、実際にはなかなかそうもいかないもの。 成人を控えたジョイスにも、幼い頃に結婚を約束した男の子がいた。しかし、彼の消息も知らない上、彼女は伯爵令息と婚約している。 結婚式の日、彼女が愛を告げるのは―― なんだかんだで初恋の相手と再会してくっつく話が人気ではありますが、小さい頃の恋が持続するとは限らないし、貴族だったら他の相手と婚約してしまうんじゃないのか>>続きをよむ
愛されることの無い妃の二度目の結婚式 (下)(作:華凜)
政略結婚により他国に嫁いだ一人の女性のお話。 前作の続きです。
貧乳で大して可愛くもない私だけど、絶対に憧れの先輩を落としてみせるッ!!(作:間咲正樹)
私の名前は小牧梨乃。 貧乳で大して可愛くもない私だけど、超絶イケメンでバスケ部のレギュラーでもある樋口先輩に絶賛片想い中! これが無謀な恋だってことは百も承知! でもだから何だっていうの!? ――私は絶対に諦めない。 必ず樋口先輩の彼女になってみせるから、見てなさいよッ!!
第六王子は敵国のメイドに恋をする(前編)(作:雪ノ音リンリン)
第六王子は極度の面倒くさがり屋。民からは「バカ王子」と馬鹿にされている。そんな王子はある日、隣国へと留学に行くことになった。そこで出会ったのは、ひっつめ髪の笑わないメイドでーーー。己が天才だということを隠して生きてきた少年は、メイドに恋をして決意する。「身分差、年の差、戦争、そんなものは関係ない。邪魔するものはすべて俺が排除する」ーーー 「女騎士は衛生兵に恋をする」のスピンオフ作品、前編です。
緋色の悪役令嬢は銀色の怪盗に盗まれる(作:せせり)
公爵令嬢スカーレット・サフィーレは、婚約者の王子に婚約破棄をされる。 そこに巷で噂の義賊である怪盗白銀が現れた。 これは努力家のスカーレットが幸せになるための物語
乙女ゲームヒロインですが前世を思い出したので 魔王を復活させる悪の呪術師のとこに行きます(作:御木国 オムタ)
『輝けるセブンステラ――七属性の魔術師たちと魔術学院で恋愛する乙女ゲーム。その記憶を持った転生ヒロインスピカは、魔王を復活させる闇の呪術師の下へと向かった。物語を、変えるために。
「龍神に生贄として嫁がなければ日照りで村が滅びる」状況を全力でハッピーエンドにしてください。(作:みきぼー)
#バッドエンドを覆せ shindanmaker.com/716282 より みきぼーさんは 「龍神に生贄として嫁がなければ日照りで村が滅びる」状況を全力でハッピーエンドにしてください。 クリアできた貴方の人間レベルは【44】です。 このお題を元にTwitterで書いたものを修正、加筆したものです。 初投稿です、よろしくお願いします。
気に病むこと(作:竹仲法順)
俺と妻の有香は同居して結婚生活を送っていた。サラリーマンで上下ともスーツを着て、必要なものが入ったカバンを持ち、革靴を履いて出勤する。最寄りの電車の駅まで歩いて十五分で、そこから電車に乗っていた。その日も昼食を取り、フロアにいて、偏頭痛用の鎮痛剤を飲もうとした時、後輩で部下の井伏がコーヒーを一杯淹れてくれ、飲んでから仕事を続けたのだが……。
七夕よ、どうか願いを(作:桐之霧ノ助)
彦康は七夕の夜に願った。 それは他の人とは全く異なる質の願い。その願いは邪悪なオーラを放っていた。 七夕の夜は全てを受け入れる。 たとえそれが「リア充爆破しろ!」という願いだったとしても。
悪役令嬢を婚約破棄する王子のお話(作:さとう)
「フローレンス、お前との婚約を破───」 王子ディラン。彼は、婚約破棄寸前で前世の記憶を思い出す。そう、彼は乙女ゲームのやりすぎで死亡した日本人、笹山藤次の記憶を持っていた。 慌てて婚約破棄をやめ、改めて考える。 「待てよ……? これ、追放したら『ざまぁ』されるやつだ!!」 王子ディラン。彼は真実の愛に目覚める(噓、ざまぁされたくないだけ)
俺の母は結婚記念日に帰ってこない(作:まのる)
息子の俺視点の、母に片思いしている父、結婚記念日に家出する母とのお話。 初投稿ですのでお手柔らかに。 短いですので暇つぶしにどうぞ。
クロン様は可愛くない(作:瀬尾精進)
 反抗期真っ盛りな12歳の男の子の主を持つ、女執事のヴェトナ。彼女はいつもあくびばかりしていて、仕事も適当でサボりがちだった。 「まぁ、この屋敷をクビになったら、別の仕事探せばいっか」  ある日そんな彼女が、屋敷を支配する悪どい当主によって不当な解雇の危機に晒される。  その時、いつも反抗ばかりしていた彼女の主が、彼女のため勇猛果敢に立ち向かい……。
先生と私―満天の星空―(作:美吉野)
私 東園みちるは君塚悟に恋をした。 告白してからのあれこれ。
妖怪カラス天狗現る……!!(作:しいたけ)
その山では時折カラス天狗が現れると聞く。 カラス天狗は大きなクチバシと奇怪な術で人間を未知の恐怖へと誘う生き物として恐れられていた。 ある日、怠惰な青年はカラス天狗の噂を聞き付け山へと入るが…………  
supporting actor(作:ひかぴん)
少女漫画によく出てくるヒロインに意地悪する子を主人公にした物語です。
松葉杖の代わり(作:秋雨真一)
ある日の生活の中で、僕は君の隣に立てかけてある松葉杖について考えた。
貧乳がバレたので国外へ逃亡します!(作:ひとまる)
シンシア・レティウス公爵令嬢はボーデン王国の王太子の婚約者である。幼いころに王太子より巨乳好きを公言されたが、レティウス公爵家は呪われたように貧乳しか生まれない家系であったのだ。シンシアは超高性能胸当てパットを愛用し、貧乳であることを必死に隠していたが、王太子を刺客から守るために胸元を切り付けられ、超高性能胸当てパットを使用している貧乳であることが発覚してしまう。隣国の親戚のもとへ逃亡するシンシアの元になぜか王太子が現れて─!?「シンシア。私が君を逃がすと思ったのかい?」~王>>続きをよむ
ヒロインウォッチング(作:まめ)
実況の甘粕さんと解説の長崎君が、スポーツ中継のように乙女ゲーのヒロインを観察する話。特にオチはありません。乙女ゲー要素も薄いです。
女の子にさせられた日(作:沼米 さくら)
 ある日、僕は彼女の妹になった。  大学生だけど小学生並に小柄な身体をした僕は、年上の女性と付き合っている。ただし、普通の交際じゃない。  女の子の服を着て、彼女の妹として付き合っているのだ。  この話は、そんな僕たちの馴れ初めの話である。  pixivにも掲載します。
それは異世界から召喚された国王陛下の正妃ですか? ……いいえ、これは巫女です(作:若桜モドキ)
 バイトで着ていた巫女服ままやってきたのは、絵に描いたような異世界のお城。  国王の正妃として召喚されたものの、彼女には初めての彼氏に十又された上、彼女内序列で一番下にされたという、思い出すたび相手の男を(ピー)したくなるというトラウマが。  そして件の国王にはお約束どおり、後宮に『九人の側室』がいて――。  つまりあたしは『また』十番目か!  Noハーレム、No一夫多妻。ハーレム野郎は『あたし』の敵!  一方通行で帰れないなら、何でもいいから手に職つけて一刻も早くここか>>続きをよむ
ハロウィンで騒いでいたはずなのに気が付いたら異世界です。カフェの隣の席で婚約破棄をしていたので見てました。(作:しののめ めい)
ハロウィンで飲みに出たら、次の日異世界転移してました。 初めは異世界だと気付かない主人公のお話です。 さらっと書いたので読んでくれると嬉しいです。
恋のスタートライン(作:山菜歩)
高校生になるまで恋をした事のなかった主人公「勇子」。男友達の中でも特に仲のいい「香介」。休みの日に「香介の」意外な一面を見てに徐々に惹かれていくが・・・。
元聖女、辺境伯領で農業を始めて新生活を送ります ~残念ですが聖女を失った国は滅んだようです~(作:夜桜)
 王子から突然、婚約破棄を言い渡され、アムールはショックで倒れる。その後、城の外で意識を取り戻し、国を出る決心を固める。その直後に辺境伯と出会う。  一緒に農業を始めると、それが上手く軌道に乗る。  一方、聖女を失ったインソムニア国は滅びの道を歩んでいた。  ※他のサイトでも掲載中です
弟達の婚約者がメンヘラがすぎる〜似たもの同士〜(作:ゆちゃ)
国王となった第一王子の僕の元に、双子の弟達が婚約の知らせをしに来てくれた!喜ばしい事だがそれぞれの令嬢にはちょっぴり訳があるけど____
昔、悪役令嬢と言われ、婚約破棄され、断罪された後、今は28歳で独身、魔法学園購買部の店員のおばちゃん(お姉さん)をしていますがなぜか生徒から愛を告白されてしまいました件(作:ナノハ)
庶民のマリアンヌさんを階段から突き落として殺害しようとした罪により婚約破棄され、断罪された元悪役令嬢です。今はそれから13年ほどたち、私は辺境送りになってそこから隣国に流れ着き、なぜか魔法学園の購買部の店員をしています。恋愛不感症となりいまだに独身です。 毎日通ってくるクリス君に癒されつつ、私は毎日を過ごしていましたが……。 ある日、クリス君から王太子が開く舞踏会があるから、そこに出席してとなぜか招待状を渡 私が舞踏会に行くと、そこで婚約者の指名が行われたのですが……その人は>>続きをよむ
風と貴方は気まぐれで・・・(作:藍猫)
生まれつき体の弱い彼。誰からも必要とされなかった私。 そんな辛い過去を持つ二人が木の下で出会い、恋をした。 風の吹く木の下で――。 これはそんな二人の出会いと恋の話。
贈り物(作:神童サーガ)
作者が見た夢を改造した話です。好きな人の誕生日プレゼントのために少女は走る。
さとうとしお(作:moes)
一口、食べて固まる。 その、お菓子の味。
賢者様はほっかむり(作:くろえ)
王宮の下働きの恥ずかしがり屋なマーリが恋をしたのは、勇者様。 勇者が魔王に挑んだその時、彼女は自分の魔力全てを解き放った。それが例え、自分の死を意味していようとも・・・。 ここまでならば悲劇的。でも終わってみたら何だか喜劇、そんな感じのお話です。
幽霊になった幼馴染みがやたらと俺に迫ってきて日々エスカレートしている~近くて遠い俺たちの共同生活~(作:秋月ハニワ)
「わたしのことかまってよ~」  幽霊になった幼馴染みのことを見ることができるのは俺だけ。なので、一緒に共同生活することになったのだが……一緒に生活するうちに幼なじみのいたずら好きな性格がエスカレート。  えっちな迫り方をしてくる幼なじみと、ついに一線を超える――(?)   コミカルな展開でありつつ、最後はちょっとキュンとするかもしれないラブコメです。
猫みたいな後輩の話(作:鳩やんけ)
初投稿のものとなる。鳩です。よろしく。ん、この話? この話はあれ。スキンシップが多い彼女って良いよねって話。
黄昏時が紡ぐ永遠(作:とんこつ毬藻)
黄昏時が紡ぐは永遠―――― ちょっと蘊蓄くさい彼と私 彼と私を繋いだモノ……  それは永遠へと続く光の道だったのです――――
例えばそれはよくある話で(作:雪風)
とある高層マンションの屋上で偶然出会った男女二人。普通とちょっと違っていたのは、二人とも投身自殺をしようとしていた事で・・・  小さな出来事を綴った短編になります。肩の力を抜きながら突っ込み満載でお読み下さい。
3歳下の幼馴染な後輩とバレンタインデートな件(作:久野真一)
 白石真斗は、昨年4月に大学1年生になったばかりで、長身の大学生。  彼には、昨年4月にできたばかりの、3歳下の彼女がいた。  白石雅美。たまたま、同じ名字という偶然と、ご近所さんという縁で仲良くなった彼女。  世間の目が痛いということで、雅美が高校生になるまで待っていた真斗は、  恋人同士らしいバレンタインデーを過ごすのだと意気込む。  一方、雅美は雅美で、初バレンタインデーの過ごし方について、思惑を抱えており……。  3歳差のカップルが織りなす、ほのぼのバレンタインコメ>>続きをよむ
今日のお昼ご飯は、ロコモコ丼弁当だった(作:海音²)
難波旭は赤坂千早と彼氏彼女の関係になって半年今日もお昼を一緒に食べてるんだけど、俺は今日彼女に大切な話をするつもりだ!
全てを変える私の力!腐女子ですのでキラキラ男子にスキルを使いノンケじゃなくしてやります!(作:暇つぶし製造業)
ゴールデンウィーク仕事地獄でした。 短編作ってみました。 十分かからなく読めると思います。 よろしくおねがいします。
Wi-Fi聖女(作:桜井正宗)
「ポエッタ! 婚約破棄だ!!」  聖女であるポエッタは「どうして!?」と理由を聞くと、伯爵であるルーベルはこう答えた。 「キミは毎日、未知の魔法を放出していて不気味すぎるからだッ!!」  そんな理由で、ポエッタは屋敷を放り出された――のだが、ある青年との出会いが運命を大きく変えたのである。  聖女のWi-Fiは万能ですから!!
君のこと、うたにしよう(作:かちゃ)
売れないミュージシャンの『健ちゃん』と暮らす里奈の悩みは、彼がヘッドフォンの向こうの音楽に夢中で、ちっとも振り向いてくれないこと……。憧れの音楽家の方をモデルに、勝手に妄想をふくらませて書きました。少しでも楽しんで読んでいただけたら嬉しいです。
アランとレクサの三原則(作:レンga)
女子高生のアランは知っていた。 人間そっくりに、この学校に通う少女、レクサが 実はアンドロイドであるということを。 これは、一人の女子高生と、アンドロイドの、ちょっとした友情の物語。
温度差は10℃(作:涼村怜)
私は冷え性で体温が低い。それに比べ、アイツは体温が高くて人間カイロ。私はSだ。でもアイツはM(だと思う)。きっとアイツと私の間には、10℃くらいの温度差がある。そんなアイツと私の冬の恋バナ。
海外旅行(作:竹仲法順)
地方の街の一会社員のあたしは二〇一二年のお盆休みに、単身で赤道直下の常夏の島であるバールオール島に来ていた。成田から六時間フライトして島へと辿り着く。入国の手続きを経て、日本円をドルに替えてから、空港前のタクシー広場でタクシーを拾う。そして宿泊先のホテルへと向かった。いつもはずっとオフィスに詰め続けていて、何かと忙しいあたしも島でゆっくりと休暇を過ごしたのだが……。
死んでしまった転移ヒロインが巻き戻って地に足つけて生きるそんなお話(作:真守祐子)
浮かれて一度殺されたとある帝国に異世界転移した少女が、記憶をなくして違う世界線に巻き戻って、生きなおす話。 前作『命すら失ってしまった転移ヒロインのもう取り返しのつかないそんなお話』が死亡エンドで本物のバッドエンド、R15の年齢制限をつけさせていただいた作品なので、その続編ということで前作を読んだ方向けなので、こちらもR15をつけさせていただきました。ですが前作とは違うハッピーエンド仕様となりますので、こちらの短編単体での内容はそういうものはありません。どうぞよろしくお願い>>続きをよむ
王国で醜女と呼ばれていましたが、誘拐された帝国では絶世の美女のようです〜ついでに全能の聖女の力が開花しましたが、誘拐してくれた帝国の皇子の為だけに使いたいと思います(作:みみおれねこ)
王国で醜い女と言われて婚約破棄寸前だった女性が考えついた自分の誘拐作戦、その始まりの物語です。
子爵令嬢エリシアの政略結婚(作:その日暮らしの理数系)
”お父様とは政略結婚で最初はぎこちなかったわ。けれど、お互いが歩み寄るために頑張ったわ。そして今は幸せよ。”そんなお母様の言葉を信じてエリシアは隣国に向かう。
魅了の正しい使い方〜同調圧力って怖いね〜(作:古坂意之)
転生したら悪役令嬢ものの『ヒロイン』でした。王太子と結婚はしたくないし、悪役令嬢をあんなヒーローにやるのも嫌だけど、ほぼ詰んでる…そんな時、主人公:マイネに天啓が。「いっそ場に揃うであろう人々片っ端から魅了して、魅了と同調圧力(と書いて数の暴力と読む)でW王子黙らせればいいんじゃね?」 突発的に書きたくなった婚約破棄ものです。主人公の恋愛はちょっぴりだけ。
私、息子の為に王妃やめます(作:ぽちこ)
王様から不貞を理由にルージュ王妃は息子のアーシュと二人、城から追い出されました。これからは平民として生きていかなければなりません。 でも実はルージュ自らそうなるように働きかけていて、、、。
双子の兄貴になりすまして、兄貴の彼女の超絶美少女とデートすることになった(作:間咲正樹)
双子の兄である輝喜(てるき)と俺は、顔こそ同じものの、中身のスペックは異世界転生モノのチート主人公と、名もなきゴブリン並みの差がある。 兄貴は文武両道なうえ、コミュ力もカンストしている超モテ男。 片や俺は、テストは常に赤点ギリギリ、スポーツテストは全種目赤点、コミュ力はマイナス256という超スーパーウルトラ非モテ男。 一卵性だから遺伝子は同じはずなのに、どうしてここまで残酷な差がついたのか? 神を呪わずにはいられない。 ――中でも特に兄貴を恨んだのは、俺が片想いをしている椎>>続きをよむ
眠れる屋上の王子様。(作:梶原ちな)
ただ、見ているだけでよかったはずなのに。屋上で眠る彼に空とあたしのココロが捕らわれてしまった。
汚部屋を見られ、婚約破棄を宣告される社長令嬢~父上の力を借りて、今度こそ結婚しますわ~(作:トントン)
大手会社の社長令嬢、二十七歳独身の緑は婚約者から婚約破棄を宣告されてしまう。原因は緑の汚い部屋のせいであった。 緑は社長である父上の力を借りて、汚部屋の掃除に取り掛かるが、結婚までたどり着くことができるのだろうか。
私の最期の物語(作:天宮夕奈)
今まさに処刑される直前のリーシェ・エルナンドが、ゼシリーアと交わした契約。 ※『悪役令嬢の断罪後は、伝説の湖で泳ぎを満喫する日々です』の番外編になります。
回復術師の私は追放される…え?期間限定ですか?(作:朝木 花音)
私はメグリ。ちょっと名の知れたギルドに所属している回復術師。  ある日の定例報告会で私は非難の的となった。 仲間が口々に私がこのギルドに要らない理由を溢す。 「と言うことで、そうだな…2年くらい追放な!」 トドメとばかりに勇者のアレクが言った。言ったんだけど…何故2年?  ギルドを出て街道を歩いていると、後ろから弓使いのリックが追い掛けて来た。 どうして?  ───  ざまぁはありません。 新しい世界を拓く話でもありません。 敢えて言うのであれば、ほんわか温かいお話し>>続きをよむ
親友にひどい事言っちゃったけど、やっぱり大好きです。 いや、友人としてじゃなくて……、恋人としてです……。(作:下等練入)
1週間後には高校生活最後の大会が迫っている。 そんな中主人公――千紗は遊びに行った水族館で幼馴染の綾乃にひどい言葉をかけてしまう。 二人は仲直りすることができるのか?
殺したいほど愛してる(作:s.t.)
 ある日目覚めると、同棲中の彼氏が首に包丁をあてていた―――。  殺したい“彼”が殺されたい“私”を殺すまでの最後の数日間。
攻略対象攻略したかったけど、階段から落ちる度胸がなかった。(作:まとり)
前世で流行っていた乙女ゲーム「恋は駆け引き」略してコイカケの主人公に生まれ変わった、前世の記憶持ちのシャーリー・ハリマー。チート能力で攻略対象を攻略しようと思ったが、結ばれるには階段から落ちないといけない?! それは無理だ。 ということで、攻略対象はあきらめようと思います。触らぬ神に祟りなし。これが私のモットーです。
コーヒーを淹れ直す(作:竹仲法順)
冷え込み、朝起きるのが辛いのだが、会社の女性社員のあたしは午前七時過ぎに起き出してコーヒーを一杯淹れ、焼いたトーストを一枚齧る。そして洗顔とメイクを済ませた。それからカバンにパソコンや仕事に必要なものを詰め込み、出勤する。彼氏の崚太とは十年以上付き合っていて、お互い三十代だ。あたしも彼とはずっと変わらずに愛し合っていたのだが……。
ヤリチン勇者にさえ拒否された私は、(作:ざっく)
処女と契った分だけ、勇者は強くなっていく。 どこかのエロ親父が考え出したような設定で、多くの女性が勇者に捧げられた。 そして、私も……。けれど、醜さのために、勇者に拒否されてしまった。 こんな辱めを受けては、婚約者に顔向けができないと諦める決意をした。 アルファポリスでも、同様のものを投稿しています。
暁の空 ~afterstory~(作:藤桜)
前作に当たる暁の空の出来事から3年後。 志音と再会した幸太は思いと伝えることにした。
大団円ハッピーエンド企画 「チロ」(作:山口みかん)
犬を飼えなくなった…… -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- 真麻一花様企画の『大団円ハッピーエンド企画』参加作品です。 題材は「ご近所のお兄さん」 それではよろしく御願いします。
ツンデレな先輩が可愛すぎるので、私は溶け合ってしまいたい気持ちを抑えるのは無理だと心の底から思った話(作:はんぺんた)
 学園祭も終わり、二学期の中間試験がもうじき始まる。  受験生の静流の邪魔をしたくない梓は、試験勉強を別々にするように提案する。  その日から、なかなか会えない日が続き、すれ違う二人。  そんなある日、静流が怒った様子で……。 二人の甘々でラブラブなお話。 この作品は「pixiv」にも掲載しています。
一耳惚れ(三十と一夜の短篇第20回)(作:楪羽 聡)
はじけるような笑い声。 梢はその声に 一耳惚れ した。
魔法少女は不惑を笑う(作:衣谷強)
人の心の押し殺している感情を引き出して怪物に変えるヤミーノ一族のカルレラ・テッヤ。それと戦う魔法少女のシャドウシャイン。両者の戦いは思わぬ結果を生んで……? 長岡更紗様主催『第二回ワケアリ不惑女の新恋企画』参加作品です。
シンデレラの相手の正体は(作:琴春)
俺は、人を好きになることはないと思っていた。女なんて、うるさいし、ケバいし、くさいし。良いことなんかなんにもねー。でも、お前に会ってから変わったんだ、シンデレラ。 前作「シンデレラの相手は王子?」のタツキ視点です。前作を読んでからの方が分かりやすくなっております。 本編では、女性に対する暴言・暴力表現が出て参ります。ご注意くださいませ。 残酷な描写は保険です。
《二次創作》 365分の1日の恋〜僕に温もりをおくれよ〜(作:黒猫レオ)
イン・ジュンさんの詩、「365分の1日の恋」と「僕に温もりをおくれよ」の二次創作です。 二次創作させてくださったイン・ジュンさん、ほんっとうにありがとうございます! 温もりが欲しい、と願う男の子の恋の物語。
子爵の13番目の娘です。なぜか王太子と恋に落ちた演技をして公爵令嬢の婚約者と婚約破棄させてほしいと王太子自らお願いをされてしまったのですが。(作:伊織)
私は魔法学園の特待生、子爵の家の13番目の娘。 持参金も出せないといわれて仕方なく就職のためにとこの学園に入りました。 そしてある時寮の私の部屋になんと王太子殿下がやってきて婚約者である公爵令嬢と 婚約破棄をしたいから私に殿下と恋に落ちた演技をしてほしいとお願いをされまして? いや公爵令嬢は他に想う人がいるってそれどうやってわかったのですか!だから僕から解放してあげたいとか。 いや確かに持参金も出ない貧乏な家の令嬢ですけど人の婚約者をとる演技って…私にできますの? かくして婚>>続きをよむ
真夜中過ぎの着信(作:竹仲法順)
夏の夜の午前一時半過ぎにあたしのスマホが鳴り出し、充電器から抜き取って手に取る。着信窓を見ると、彼氏の政孝からで、受信ボタンを押して出た。その日の午後一時に部屋に来るから、待っていてほしいという連絡だったのである。三十代半ばで、普段職場では部下が数名いて、使う立場にいた。そしてその日、午前八時過ぎに起き出し、彼が来ることを見計らって部屋の掃除などをしたのだが……。
恋、そして甘々でラブラブな時が始まろうとしています(作:のんびりとゆっくり)
ラブラブで甘々な恋をしていく二人を描いた小説です。
禁句の多い企画室(作:森崎緩)
とある事務機器メーカーの企画室には、横文字使用禁止というルールがある。 破ったら罰金百円。これが意外と大変で、仕事も恋もままならない。 横文字を禁止されつつ愛を育む先輩後輩の、140字×30話のラブコメディ。 ※自サイト(https://tg1130.sakura.ne.jp/)からの転載です。
例えば、こんな恋の始まり。(作:麻岡るり)
イケメン高校生が、ハーフ留学生美少女にガンガン押されて恋を自覚しちゃったりする~的な話。 二次創作のセルフカバー第二弾。 前作【夏が終わっても、この恋の熱は永遠に冷めない】の過去話になります。どこかで見た話だと思ったら、多分その非公認ケンカップル好きな同士かも。
続・愛されたくて(作:ぐれんかい)
幼馴染の彼女に再会し、彼が告白するまでのお話。彼視点で書いています。 再会×大学生×幼馴染 「愛されたくて」シリーズの第二弾。
はじめてのクリスマス(作:麻沙綺)
付き合いはじめてのクリスマス。 なのに、彼が信じられなくなってしまった。 彼の事を忘れるために、バイトを始めるが…。 イベントもの第二弾です。 お暇な方、お付き合いくださいませ。
逃げられなかった侯爵令嬢(作:桜田 律 )
エロイーズ・ハワードは転生侯爵令嬢。 33歳の記憶があるために、10歳で出来た3つ年上の婚約者にはどんなに美形でもときめかなかった。 エロイーズは学院を卒業した後どうしても冒険者になりたかった。そのためには、エルバートに婚約破棄を学院の卒業パーティで言い渡されなければならない。 ちょうどエロイーズを婚約者の座から引きずり落とそうとしている伯爵令嬢もいることだし、頑張って貰おう! そう期待していたのに…。
導く者に転生した俺は勇者を守る(作:白豚)
勇者を守ろうとして多くを失い欲しいものを手に入れた転生者の物語
瞳に映った夜のネオン(作:セツナ)
2015年11月6日に書いた小説。 【第70回フリーワンライ作品】 使用お題『輝く瞳に夜の色』 世間知らずな君と、薄汚れてしまった僕の話。
ハッピーエンドがいいに決まってます(作:みせん)
なんちゃって中世を舞台にしたハッピーエンド物語です。 なろうを読んでいるうちに書きたくなりました。 初めて書いたので、お見苦しい点が多々多々あるとは思いますがご容赦を。
同居している男装女子が最近女の子らしくなってきたんだが好きな奴でもできたのか?(作:蹴神ミコト)
大学の合格発表で出会った相手と意気投合して同居生活を始めた。俺は男で、相手は男装をしている中性的な可愛らしい女の子。 彼女は男扱いされたがっているようなので俺は男扱いを続けていたんだけど最近なんだか可愛くなってきて…
よく見える目が欲しいの(作:ティラナ)
祖母の遺品整理で見つけた古い日本人形。 主人公はその人形をとても気に入り家に持ち帰った。 その人形に様々なものを与えるが、そんな主人公を待っていたのは………! ベタな、テンプレのようなホラー……と見せかけてのラブコメです。
ポイントってすごい! 不良くんが私の手のひらで転がされている(意訳)(作:みずがめ)
これは私がポイント評価や感想を送ったことにより、彼をときめかせてしまったお話である(意訳) ※空野奏多様が主催されている「ブルジョワ評価企画」の参加作となります。 ※ポイント評価をされた書き手が喜びますが、相互評価を望むものではありません。 ※面白かった作品には、ブルジョワ貴族がお金を使うようにポイントを入れてくれるとみんなハッピーになるぜ!(直訳)
ガラスの仮面(作:宮沢 優衣)
二人の大学生が創りだす恋愛ファンタジー小説です。
婚約者が結婚式の一週間前に姿を消したんですが(作:みこと)
もしもよくある異世界にネット掲示板的なものがあったら? ざまぁはほんのりです。 アルファポリス様でも投稿しています。
盲目の少年と声の出せない少女と(作:郭公)
俺が一番好きなのはダリアが弾いたピアノの音だ。
悪役令嬢はモブキャラに溺愛される(作:みこと)
モブキャラだって恋はしたい
妄想娘(作:鉋心繋)
好きな人は幼なじみ。だけどお姉ちゃんと婚約してるんだ。
君の笑顔が見れるから(作:わさび)
ある一組のカップルの、ありふれた恋愛模様 ※この作品はカクヨムにも掲載しています
いびつな関係(作:ちゃむにい)
女王は怒りに震えていた。手塩にかけて育てた大事な王子が、何処の馬の骨とも知れぬ魔女を嫁として迎えたのだ。そんな女王陛下の呟き。
私の狼くん(作:宮里蒔灯)
アルバイト終わりの大学生の涼子は、女好きと悪評のあるバイト先の副店長に絡まれてしまう。すると、幼なじみの朗が助けにきてくれて……。 「私の神シチュ&萌え恋」:幼なじみ、友達以上恋人未満、強くて不器用な年下ヒーロー、一枚上手で冷静な年上ヒロイン、一途というより重い ※アンリ様の「私の神シチュ&萌え恋」企画に参加しています。
バレンタイン・異世界ラプソディー(作:syouka)
「バレンタインはチョコレートを作る。異世界で出会った彼のために」 それは毎年の恒例行事。 バレンタインにチョコを作り続けてきた思い、そして意味とは。  バレンタインデーにちなんだファンタジー短編です。 思いつきですが楽しんでいただければ嬉しいです。 (他サイトにも載せております。ご了承ください)  
隠れヒロインでなくて結構ですっ!(作:餡)
『褒め企画』出品作品です。 ※なろうオンリーです。 ※R15は保険です。
花束の思い出(作:なぎしずか)
街で小さな花屋を営むエミリアは、失恋したばかり。それでも普段通りに振る舞っていたが、店にきた常連の冒険者のカインは、彼女の異変に気付いたようで……。
妻の条件(作:あると)
乙女ゲームの世界で、悪役ライバル令嬢がこれ幸いと婚約者をヒロインに押し付け、初恋の人と幸せになる話のはず・・・。 ちょっと令嬢のスペックが異常なのと初恋の人が腹黒な為、バグが発生したようです。
勇者の幼馴染(作:天川畔)
とある村に暮らしていた少女と若者。スカートめくりや女湯覗きなどに勤しむ若者にお仕置きするのは幼馴染の少女の役目だった。しかし、そんな彼が勇者に選ばれたという女性たちが現れる。  「どうか世界のために魔王を倒してください」  美女たちに誘惑され、彼は勇者の旅に出た。 これは、そんな勇者の幼馴染である少女が勇者の帰りを待っている話。
+1(作:桂まゆ)
クリスマスなんて、無くなってしまえばいいのに。 幸せそうに電飾を見上げる恋人たちを羨ましそうに見ながら、そんな毒を心の中で吐き捨てるのが、私だ。 四十五歳を目前に、独身。既婚歴無し。 そんな私の、今年のクリスマスイブは? リア充、みんな爆発してしまえ!! ……という物語では、なかったような気がしてます。(うろ覚え) 今にして考えたら、この路線でも良かったかも。(今更) 日下部良介さまの企画、『クリプロ2016』参加作品です。 2016年12月1日から12月24日の間にこ>>続きをよむ
声なし少女と七色の跡(作:かひもちひ)
長谷部優作はとある少女にある日出会った その少女は声が出せない その少女は表情が出ない その少女は色ペンで感情を表す これは二人の恋愛物語
罪荷を捨てた夫婦の話(作:六十月菖菊)
真夜中に私を殺しに来た人を前に、過去の思い出を走馬灯の如く思い起こす。 夫に初対面からずっと睨まれて、名前もロクに呼んでもらえない。けれども私はコロッと恋に落ちてしまったので、あの人のためにできそうなことをしてみるのです。 ──── 思い付きで殴り書いたので荒削りな仕上がりです。悪しからず。 キーワードが思い付かないので教えて頂けると嬉しいです。
籠のなかのカナリア(作:Small・Bear)
むかしむかしあるところに一度も外に出たことのないお嬢様がいました。 彼女の名前はカナリア・ルーフス・シュバイヘルツ 童顔の彼女は年|相応(そうおう)には見えないことがよくありました。彼女は現在17歳もうすぐお嫁に行っておかしくはない年頃です。 そんな彼女はいつも願っていました。 “外の世界を見てみたい” ある日彼女の部屋に幼馴染のアラン・アシルクロードという同い年の青年がやってきました。 彼から聞く外の世界の話はとても魅力的でした。 ますます外に出たくなったカナリ>>続きをよむ
彼女は微笑んだ(作:在川まこ)
神に選ばれた少女の話。 ※恋愛要素はあまり強くありませんが、悲恋ものです。
TS王女は元恋人との接し方がわからない(作:じゃむろーり)
恋人のエルフが王子に寝取られ殺された主人公が王子の娘として生まれ変わる話
家なし猫の求愛行動(作:麻戸 槊來)
最近、私には悩みがある。うちで預かっている男の子が、全く笑わないのだ。親からの虐待が原因で表情を失ったなんて悲しすぎる…なんとしても笑わせたいと考えていた。無表情な彼の笑顔を初めて見た瞬間、彼女の生活が一変した。年下で、全く異性として意識していなかった男の子に、突然気に入られた女子高生の話。
本当に現実を生きていないのは?~その後のトゥリオ2~(作:朝樹 四季)
ある日、トゥリオが家に帰るとラウラが上機嫌で出迎えてくれた。 ※「本当に現実を生きていないのは?~その後のトゥリオ~」の後日談です。 続きものなので、「本当に現実を生きていないのは?」「本当に現実を生きていないのは?~ラウラの婚約裏事情~」「本当に現実を生きていないのは?~その後のトゥリオ~」をお読み頂いた後に読んで下さると助かります。
「『昨日』と『明日』の真ん中にて」(作:1103教室最後尾左端)
日常の文学シリーズ20
人見知り姫は鈴を鳴らす(作:ミンディ)
第二王子の一人娘アリスは、王太子暗殺を試みた父親の共犯と疑われ、塔に幽閉された。 そこで彼女は、王太子の息子である元許婚と再会し、恋に落ちる_________。 話すことが苦手な姫君の、童話風かもしれない恋物語。 カクヨムにも投稿しております。
ハイボールとコークハイ(作:海音²)
食べ物についてかきたい! その一心で書き上げた だから見てくれ! そして読んで共感できた人反応残しといてくれ!
流れ星に願い事をしたら、埴輪(はにわ)になりました(作:しろ卯)
数十年ぶりに訪れた流星群。想いを寄せるあの方に愛されたいと願った私は、翌朝目覚めると、なぜか埴輪になっていた。
忘れないでいるから(作:紗霧 月彩)
「私を忘れて」「君を忘れない」 あなたと、もう一度――――。 君と、もう一度――――。 夏の日に、二人は――――。
インド人を右へやると釣られて動く僕の彼女(作:しいたけ)
ゲームが壊滅的に下手クソな男の子。その日も皆の笑い物にされていたが、同じサークルの女の子である美菜子ちゃんも壊滅的な下手くそだと発覚し、二人はこっそりゲームの練習をすることになった。
ずるいずるいといつも私のものをとりあげる妹をいじめた姉とされ、王太子殿下に婚約破棄され辺境送りになりもう10年、なぜか魔法協会支部の受付やってます! 元婚約者が妹のためにと魔法の依頼をしてきたのですが(作:ゆうこ)
ずるいずるいと私のものをとりあげる妹、姉だから許してやれという両親。 そんな家族に囲まれていた生活でした。王太子殿下の婚約者となり、やっとあれから逃れられると 喜んだのもつかの間、私は妹をいじめた姉として殿下に婚約破棄され、辺境送り。 今は10年たって、魔法協会支部の受付嬢をやっています。 そんな私のもとに元婚約者がやってきて魔法がらみのお願いをしてきたのですが。
悪魔に魂を売った少女(作:浅葱)
ずっと昔、願い事を叶えてもらう為に少女は悪魔に魂を売った。現在少女の魂は物置のような部屋に置かれている。少女はつれない悪魔の訪れを待ち続けていた、そんなある日の物語。 もったいなくて傷をつけられなかった不器用な悪魔と、そんな悪魔を一途に想い続ける少女。 安定のらぶあまハッピーエンドです!
ダフネ・オドラに口づけを!(作:ごんのすけ)
常識人ロリババアの梟の魔女は、とある国のポジティブ粘着系王子様に恋をされてしまう。梟の魔女は、『東洋のお姫様の難題を自己アレンジした、魔女にしか集められない素材を七つ集めたら結婚を考えてやる』と約束する。
桜の下でつく嘘は(作:南波 由花)
エイプリルフール記念に書いた、嘘をテーマに書いた短編小説です。 私、筿原(しのはら)実衣(みい)は今日、失恋しました。 春が来て、満開の桜とは裏腹に、重く冷たくなる私の心。 どんよりとした空の色は、私の心と同じだわ。 今日はとことん泣く。 そう決めたの。 泣くだけ泣けば、また笑顔になれるって思ったから。 ある高校を舞台にした、青春恋愛小説。 この物語の中に潜む「嘘」をあなたはいくつ見抜けますか?
土曜、夜。電気を消す消さないの攻防(作:さとちぃ)
とある土曜日の夜。普段おおむねヘラヘラしている私の恋人が珍しく真面目感を出しながら何か言おうとしている。 非常〜に嫌な予感が……という、お話です。 ※カップル男女のいい感じの「攻防」を繰り広げたいと思った作者が、「男子が喜びそうなことで女子が嫌がりそうなこと」ってなんだろう⁇ と、なけなしの恋愛知識で考えたテーマ=タイトル。 私だったらめっちゃ嫌がりますが、世間一般の男女がどうなのかは謎です(笑)
魔王が妻ですが何か?(作:相野谷 華苑)
『魔王』それは世間一般常識で『悪』であり、忌み嫌われ者。でも実はそんな魔王が傷つきやすい乙女だったら?そんな彼女を守る準ボスキャラの旦那様の溺愛で守られていたら?というちょっと違った視点のお話です
「どうしてそんなところにいるの?」と言ったら3人の野良猫女子高生が雨の中座っていた件〜3人の美女が地味な俺と別れてくれない!〜(作:夢野ヤマ)
ある時、優馬は三人の女子高生を拾った。 しかも、その三人の世話をしなくてはいけない仕事をもらった。 最初はなかなか心を開いてはくれなかった三人だが徐々に心を打ち解けるようになる。 花園未幸(はなぞのみさち)。 明るい性格で何故か俺のことをゆんまと呼ぶ。 水瀬夏美。ツンとした性格だが、俺やあとの二人には甘えてくる。 四季花香。大人っぽい性格でお姉さん的な存在である。 そんな三人と久しぶりに再開したと思ったら一緒に生活することを強いられてしまう。 三人の誘惑に負けてしまいーー俺は>>続きをよむ
栞と言葉(作:二ノ宮明季)
第109回フリーワンライで書いた作品です。 使用お題は、『アロマ』、『栞とペン』、『真夜中の訪問者』。 ピクシブにも同じ作品を掲載しています。
告白の行方(作:moes)
幼馴染のふりをして、ずっと好きだった。 ずっと隣にいたかった。
彼女が言うことには:西宮 東編(作:西宮 東)
真夜中、起きると女の声がした。ついこの間死んだ女の幽霊の未練をはらすため良介は「面白そう」と理由だけで彼女につきあうことに……
悪役令嬢が歓喜する訳~~全肯定型ヤンデレ~~(作:アオニシキ)
「貴様との婚約を破棄し、貴様を貴族社会から追放する!」婚約者である王子カプリス・ディア・クラウロー王子からそんな宣言を受けたデレーヌ公爵家の令嬢、ヤミィーナ・デレーヌはついにこの日がやって来たと歓喜に打ち震えた。その理由とは?
私と同類の彼との恋愛事情(作:湊晞 悠美)
私、朱嶺紫穂は学校で二番目にイケメンな幼なじみ、柊陽貴を憎く思っているもの愛している。そんな私と彼が送る、実るのか実らないのかわからない行き先不安のお話
[エンド1]続・不器用な僕だから、最後くらいは笑顔にしたい。(作:ちゃとらねこ)
一道と叶絵の、その後を描く物語。 置き土産を知りたかった方、お待たせしました!
恋愛競走―スイート・スイート(作:梶原ちな)
甘いのは、この目の前でくりひろげられたチョコレート戦争?それとも、このいつまでも子どもでバカで犬みたいな幼なじみ?
昭和生まれの納豆巻き女と平成生まれのコーヒー男(作:ヒロモト)
『毎晩河川敷で食事をする』  共通点から少しずつ仲良くなっていく 昭和生まれ30代のあゆと平成生まれ20代の亮太。 あゆは亮太が自分に好意を寄せている事に気がつきながらも婚約者のいるあゆは気づかないふりをした。 納豆巻きとコーヒーが結ぶラブストーリー
母違いのお姉さま、義理の母、優しくて幸せと家族の愛全てを信じていた自分がおろかだと知ったのは、自分が聖女に選ばれ、王太子の婚約者になることが決まってそして婚約破棄されてからでした。(作:まりる)
父が庶民の母に生ませた私は母の死後、父に引き取られることになりました。なさぬ仲でありなが姉や義母はとても優しくて、私は感謝したのです。 しかし私は魔力が高いから利用価値があると思われていただけだと聖女のスキルを持ち王太子の婚約者になった後に知ったのでした。 私生児なんぞ婚約者にしたくないという殿下を唆した姉により私は陥れられ、婚約破棄されて下町に放り出されたのです。 私はそのとき復讐を誓ったのですが。
おしどり夫婦へ〜2人は今〜(作:廉)
「おしどり夫婦へ」「おしどり夫婦へ2」の続編になりますが、そちらを読んでいなくても内容はわかるかと思います。物語は、学生結婚した孝介が就職し、半年間の研修から戻ってくるところから始まります。あいかわらず美咲(妻)は素直じゃないけど、まるで新婚のようなラブっぷりです。
榎本君が信じないと言ってくれたから。(作:仲川まめこ)
 私は不細工な自分の容姿が大嫌いだった。そのせいで人と目を合わせて話すこともできない。目立つクラスメイトに醜く嫉妬するだけだった。――榎本君、ありがとう。あなたのおかげで、私は変わったよ。※自分に自信のない少女が、学年一の人気者男子に勇気を与えられるまでのお話です。さらりと読める短編だと思います。
黄昏時。ビルの街のシンデレラ。(作:秋の桜子)
ちょっと昔のお話ね。ビルがニョキニョキ生えてる街に、真面目に働く娘がおりました。  男にフラれた。   奴に棄てられた。  床に落としたソフトクリームの上部分みたい、 な。  すくいようもない惨めな娘。  仕事は急に休めない哀れな娘。  それから奴を忘れる為に生きる娘。 靴が痛くて脱いだら手からすっぽ抜け、飛んで行った。 なんて運がない娘。神様の意地悪と罵るが。 お洒落なこじんまりとした店舗から出てきた、イケメン店員王子様が、娘の靴を拾ってくれました。声を出す>>続きをよむ
婚約してみた(作:黒森 冬炎)
サーシャ王子は、気楽な男。ある日王様の提案で、精霊の子孫モヤと引き合わされた。モヤは王子の笑顔に赤面し、王子は婚約することにした。
時計(作:竹仲法順)
勤務先の会社で係長職にいる僕は、ちょうどその年の仕事納めの日、起き出してから、妻の朝芽にコーヒーを淹れてもらう。そして飲んでからスーツ姿で出勤した。午前九時の始業時刻に間に合うように、電車に乗って通勤する。普段、朝芽の父親で義父の健司から六年前の結婚記念にもらった腕時計を嵌めて仕事をしていた。毎日帰ってきて、妻と必ず一緒に夕食を取り、混浴した後、抱き合う。ちょうど一年の仕事が終わる日もそうだったのだが……。
逃げるは恥だが楽になる(作:たなか)
「今日この場で王太子アランの名において、公爵令嬢イザベラとの婚約を……おい、待て! イザベラ! どこへ行くんだ!」  私は、彼の言葉を最後まで聞くことができず、制止を振り切り、パーティー会場を走って逃げだしてしまいました。何度か躓いて転びそうになりながらも、学園の廊下を駆け抜けていきます。すれ違う生徒達は、皆一様に目を丸くして驚いています。
何も言わずにギュッと抱き締めて(作:麻沙綺)
彼と付き合ってるのは、何で自分なんだろう? 彼には、私よりも他の娘の方が似合うのに……。 ってな感じの噺です。 久方の短編です。 宜しくお願いします。
夢を見る(作:みこと)
微ざまぁ有り。 アルファポリス様でも投稿しています。
悪役令嬢は、幼馴染の恋を応援する。(作:平樹美也)
13歳のある日、物心ついた頃からの幼馴染である侯爵家嫡男のイヴァンから、自分の婚約者が好きであると告白されてしまったベルローズ。 ベルローズの婚約者は、第2王子のアレクサンドル。もちろん、男である。 元々アレクサンドル様に対して恋愛感情なんてなかったし、イヴァンは大切な幼馴染。ライバルに男爵令嬢のソフィア様という方がいるみたいだけど、陰ながらイヴァンの秘めた恋心、応援してあげましょう!
謳われぬ末姫(作:ばいおれんじ)
醜い姫に恋した、人になれない竜のお話。 ギリギリ女の子向けたぶんコメディ。
書いてみたけどタイトルが思い付かない!!(作:秋野空)
NT話を書いてみたかったので始めて書いてみたら、なんか訳わかんない話になりました( ̄▽ ̄;) R18にするほど過激な表現とか描写ないからあえて年齢制限無しにしましたが、引っ掛かったらどうしようo(T△T=T△T)o あらすじ書くとモロバレなんで書きませんってか書けません(笑) もし万一、何かを期待して読んで期待はずれでガックリしていたらごめんなさいm(_ _)m 先に謝っときます(T-T)
コーヒー店にて(作:竹仲法順)
高校卒業後、今の会社に入り、勤続十年を超える女性社員のあたしは彼氏の諄と付き合っていた。その日の食事休憩時にランチ店で食事を取った後、待ち合わせ先のコーヒー店で彼と会う。その日は諄も午後から通常通り仕事があり、あたしもコーヒーを飲みながらスマホで彼にメールを打った。そして社では相変わらず仕事が続いていたのだが……。
勝敗の行方(作:aaa_rabit)
今の私の立場を表すとしたら、大きな恋の嵐が吹き荒れた後に投じられた一石と言ったところでしょうか。さて、この落とし前はどう付けて貰いましょう?
『人生逆転論』(作:もきゅ)
あの最悪な1日から一週間。私は幼馴染の桃哉に顔を会わせずにいる。 ※『感情反対論』の続きです。もう最後の方はまとめたのであっさり読めるかと。一応これで完結となっております。番外編はちまちまと書いておりますが、上がるかどうかは分かりませんので期待しないでください。
笑う彼女(作:五十音 順)
彼女の武器は、私に致命的な傷を与えた。
例えば最終章から始まる物語(作:平リーマン)
勇者が生まれ成長し強大な敵を倒して大団円を迎えるのが一般的な物語とすれば、これは謂わば最終章から始まる物語の一つである。
ヒロインを虐めて階段から突き落としたという罪により悪役令嬢と言われ、婚約破棄の上、辺境送りだそうです。私は無実です。目撃者が多数おり、どうして? もしかして双子の弟のあいつですかあ!なにやってますのよ(作:いお)
私は婚約者の王太子殿下から、魔法学園で同級のマリアさんを虐めて、階段から突き落として殺そうとした罪により婚約を破棄して、辺境に送ると断罪されました。でも私はそのようなことはしておりません。しかし目撃者は30人以上いて……。 私はふっと思いついたのは双子の弟アルの存在でした。 問い詰めると、ごめんよ姉上に化けてマリアちゃんと逢引きしていたんだと白状しました。 未婚の男女が二人きりで会うわけにはいかないからお姉さまに化けて会いましょうなんておバカな提案を飲むなんてなんて馬鹿なので>>続きをよむ
真実の愛と言う病気に掛かると周りが見えなくなってヤバい!って話(作:浅村鈴)
世の中で真実の愛という病に罹り、国や家が潰れる事案が増えていた。 とうとうラルク王太子も病気に罹り、婚約者に婚約破棄を突きつけた!
姉は妹に貢ぎたいっ! 〜お姉様、もうやめて!〜(作:オリハルコン陸)
妹を溺愛する姉と、姉が大好きな妹。それと姉の婚約者の三つ巴。 妹になんでも与えたがる姉。 その対象が婚約者にまで及びそうになって… ※作中にでてくるケーゲスのタランなどは、創作です。
公爵令嬢は甘い世界など好まない。(作:島田莉音)
幼い頃、高熱に魘されたエトワールはその間ーー幽霊のように異世界を彷徨っていた。そこで出会った一人の女性。言葉を交わすこともできない出会いであったが、その出会いはエトワールの人生を大きく変えることになる。 時は流れて十年後ーー十八歳になったエトワールは婚約者とのランチタイム中にちょっとした事件に巻き込まれるのであった。 【注意】R-15、残酷表現は一応付けました。書きたいとこだけ書いた作品です。
愛は(作:竹仲法順)
あたしと恋人の芳雄はずっと付き合っていて、会えないときもメールし合っていた。互いに会社員で仕事に追われ続けていたのだし、休みになると都合を付けて会う。その年の十月中旬の土曜日、彼があたしのマンションに来て、部屋の中で会話し続けていた。あたしも休日は芳雄とずっと一緒にいて、疲れが取れていくのが分かっている。愛し合うということに変わりがなかったのだが……。
聖女が笑顔を振り撒いた。幸せにならない奴なんていないんだ、俺以外は(作:来留美)
可愛い彼女が笑顔を振り撒くと幸福が訪れるらしい。 だから彼女は聖女様と呼ばれていた。 彼女の笑顔を見ても彼に幸福は訪れない。 彼女の笑顔を見た人が勘違いをする時がある。 だから彼は彼女の隣で彼女を守る。 どうして彼には幸福が訪れないのか? 彼女が笑顔を振り撒く理由とは? 気になった方はお読み下さい。
勇者を愛した愚かな魔王(作:湖月もか)
人間の彼を愛した魔族の女。 それは後に愛の重さ故にひとつの悲劇を産む。 ※流血表現ありのためR15にしてます。 ※今回もド短編で名前は出てこないです。
よい子よいい世来いよ(作:浦戸 蛍)
「私」と「彼」の夜行バスでの一幕。 ※タイトルはあれですが、作品自体はいたってノーマルなのでご安心を。  新元号「令和」を記念した短編の恋愛モノです。  この作品を読んでくださった全ての方にとって、令和が素敵な時代となることを心よりお祈り申し上げます。
『秘密を知られたからには死んでもらいます』と毎日僕を殺そうと会いに来るドジっ子と恋に落ちる話。(作:長尾 隆生/長尾(仮))
入学式の日。僕は校庭の隅にある桜の木の下で一人の少女と出会った。 彼女はその桜の木の根本に、なにやら小さな箱を一つ埋めている様子で。 その不可思議な行動に興味を持った僕がそんな彼女を眺めていた。 そして作業を終えた彼女が外していた眼鏡をかけ直し僕に気がついた時だった。 突然彼女がナイフのようなものを手に取りこう叫んだのだった「私の秘密を知られたからには、あなたには死んでもらわなくちゃいけないのっ!」と。 これは秘密を知られた相手は殺さなければならないという掟に縛られた少女と>>続きをよむ
副団長は高位貴族の美人と結婚したい⇒思うようにいかないものだが、現在幸せだ。(作:ユミヨシ)
アレックス・ジルドレッド伯爵令息、ハレス王国の騎士団副団長である彼は今、非常に焦っていた。 自分の部屋のベッドに何故か女性が寝ているのだが。 昨夜は酒場で飲んでいたはずだ。何故、女性が寝ている? そして寝ている女性に見覚えがあった。この女性はっ?冴えない王女として有名なリリス王女様? 自分は美人な高位貴族の令嬢と結婚したいのに、ああああっ?何故、こうなった?
現代風童話 赤ずきん(作:仮定)
ある日赤須君はおばさんの家にお見舞いに行きます。お見舞いに行く途中に幼なじみの大神さんに偶然出会って……ということで赤ずきんの現代ラブコメ?アレンジです。初投稿です。気楽に読んでいただけると幸いです。
アバター・ラブ(作:美憂)
ほんの偶然にネット上で出会った玲とケイ。 チャットルームでの出会いなんてありふれているけれど、相手が10歳も年下だったら・・・。
愛する人の心は今の私にはなく、私はそのことを知っていた。ずっと見てきたのだから知っている…。彼はかって自らをかばって死んだ婚約者を愛し続けているのだと。(作:澪子)
魔法学園の先生は死んだ婚約者を思い続けて独身でいる。もう十数年もだ。 バカみたいと先生に対して私は言うのだ、幸せになってももういいと思うと。 だって私が先生をかばって死んだ婚約者だもの。 告げるわけにはいかない、だって私はまだ14。 あの時とは違うもの、あなたは私の父と年がかわらない32。 幸せになってと祈り続ける私が暗殺者に狙われ前世絡みの事件に私は巻き込まれることとなるのだが?
星降る夜に願いを込めて(作:Mt.danple)
星降る夜ってどういう意味なのか。不思議そうに問いかけて来た彼女に、僕は答えてあげられなかった。  
現在(いま)、過去を顧みて未来を語らう(作:大橋 秀人)
【クリプロ2018】【matatakiシリーズ】方向音痴でマイペースな男が一念発起し、過去と未来を駆使してサプライズプロポーズを仕掛ける物語。
婚約者に逃げられた王太子殿下と、仕事に生きたい公爵令嬢。(作:ユミヨシ)
ルーシア・コレントス公爵令嬢は、王宮の文官になりたかった。 しかり、ディテウス王太子殿下は長年の婚約者である令嬢に逃げられてしまって… ルーシアを次の婚約者へと指名してきた。 わたくしは仕事に生きたいの。どうしてよ。 怒るルーシア。断る為にディテウス王太子殿下に会う事にするのだが。
碌でなしと意気地なしのチキンレース(作:石衣くもん)
先輩は碌でなし、私は意気地なし。 お互いにつかず離れず、どちらが先に音をあげるかの根比べ。 先に、私たちのこの関係を崩せた方の勝ちです。 ※大学の部活の冊子に載せてもらったことのあるものを修正したものです
悩める王太子殿下の婚約事情(作:栗)
 クリストファー・レッドフェルド王太子は婚約者のアデライン・ローズウッド公爵令嬢へ婚約破棄を申し出る。その真意は……。  反応の良さに気を良くした作者が調子に乗って書いた、蛇足の様な、説明的短編です。  R15は念のため。チラッとほのめかす程度のものですが。
たなばたさま(作:如月冬華)
事故で死んでしまった恋人を忘れられずに過ごす七夕。 そこで巡り会う奇跡という再会。
幼馴染が誰より大事という公爵家の嫡男に嫁ぎました。そんなに大切なら、そっちと結婚しなさいよ! 女主人は私じゃないって…嫁いでから知ったからもう遅い? そんなことはありませんわ。絶対に離縁してやります!(作:かのん)
三代前まで商人だった我が家は成り上がりの公爵と言われていました。 8人姉妹の7人目である私は嫁ぎ先が決まらず6人目のお姉さまのように年齢がかなり上の男性に嫁がされるのはいやだと、年の頃がつりあう公爵の申し出を受けて何回か顔合わせして、婚約、婚姻しました。 初夜に名前を呼び間違えられ、君は別に妻としての役割を果たさなくていいから勝手にしてくれと言われてしまい…女主人として主人の幼馴染みの女性がいて?私の存在ってなんですの? 女からの離縁ができない仕組みで持参金目当ての結婚だった>>続きをよむ
Shy*Wing*Sky(作:すもも)
俺シャイだからさ、君に話しかけるの、超勇気いるんだよね。つか、毎日君を見るだけで幸せなんだけど笑・・・・
私と、愛しい知りタガリ、ガタリ(作:ジャイアン・ト・コーン)
「それは、あなた様が知らなくてもよい事でございます」「そうか、わかった」 知りたがり屋の主人マーヴィン様とその侍女である私の、最近の会話の大半は以上のように終わる。 しかし、ある日「お前は俺に恋をしていると聞いたが、本当か?」と聞かれてしまい……。 主従系王道ラブストーリー。
捨てられた悪役令嬢が拾われるだけ(作:みこと)
タイトルの通りです。
モテない陰キャなモブ令嬢のわたしですが魔法少女になれますか? 〜魔女じゃないです魔法少女なんです!! ってなぜか王子様に溺愛されてるんだけどこれって夢ですよね!!(作:友坂 悠)
「あなたなんかこの学園から追放よ!」 ストレートな物いいでそう言い放つ目の前の令嬢。 「いい加減目障りなのよ。元々この学園は貴女みたいな貧乏な娘が入学できるところじゃないのよ!」 あたし、ルリア・フローレンシア。 一年に一度の学園祭で大勢の令嬢方に取り囲まれたあたし。 いきなりそんなふうに切り出され? 自作、「あたしのお母様は異世界転移ヒロインでした」からの番外短編です。 この短編だけ読んでもお楽しみいただけるよう構成してます♬ よろしくお願いします。
遊び人の彼とまじめな彼女 (作:水野リベル)
フランス人のグレゴリーは旅行先のタイで日本人の翠に出会い、恋に落ちる。
もちもち王女は醜いと王国を追放された私は、帝国の皇太子にいつも抱かれてしまう(作:みみおれねこ)
王国に住むもちもちな身体の王女と、帝国の皇太子のお話。
ハークスレイ伯爵家の日常~リアムとミラの関係は?~(作:琴葉)
ハークスレイ伯爵家の日常に、ミラの専属侍女アメリアから、屋敷中の人達に2人の関係が変わったと思われていると知った伯爵令嬢ミラと護衛兼執事見習いのリアム。 実は何も変わってなかった事を知った侍女アメリアは、2人に恋の自覚をしてもらうために、2人に色々試してもらう事を提案。 2人はアメリアの提案通り、色々実践してみる事にしたが、結果は…? 初作と同一人物ですが、初作を読まなくても楽しめます。
手紙~別れ~(作:gsgs=lander)
『さよならは言えない』のLong Ver.と言う名の正式版です。 個人的にはかなり気に入っています 現在この作品の女の子側の物も作成中です。いつか上げます。
身代わりの花嫁と偽の花婿(作:漂鳥)
姉の結婚披露宴で新郎が偽物だと分かり、会場は騒然としてしまう。それに巻き込まれた主人公のお話。
ハッピーエンドじゃ終われない(作:瑠璃華)
物語の端役のお話。 めでたしめでたし………ハッピーエンドで物語は終了するけれど、物語はまだまだ続いています! めでたしめでたしじゃ終われない、端役の、ハッピーエンドのあとのお話。
妹の日常と兄の決断(作:氷上人鳥)
兄が妹の思いに悩み、答えを出す物語。手軽さ重視の短編ラブコメです。
医官は王女を溺愛する(作:紫)
病弱な王女アナ・マリアは修道女となることを命じられるが…… アナ・マリアはCamomilleのシェリの祖父ランチェの従姉。本文をお読みでなくとも楽しめると思います。
学園一の美少女だけど人を寄せ付けないと言われていた女神に勇気を出して告白したらおしっこを漏らされた〜見た目で勘違いされてるけど実は嬉しいと尻尾を振って甘える犬系彼女とイチャラブ生活〜(作:すかい)
高嶺の花は実はとんでもないポンコツだったけど主人公も頭のネジが抜けているので幸せになるはなしです
婚約者を陥れ悪役令嬢として処刑した王子が、自らの言葉によって永遠をループすることになる事(作:刹那玻璃)
でんでろ3様の創作試験問題 『140字で世界を救って下さい。 シチュエーション: 世界はタイムリープのループにハマっていた。その周期、たったの5秒。そう、世界は同じ5秒を延々と繰り返していたのである。これだけ周期が短いと、結構な人数が気付いているのだが、たったの5秒では何も出来ずにいた』 を見て考えたものです。 悪役令嬢と呼ばれた公爵令嬢と、罪もない公爵令嬢を陥れた王子とその恋人の受けた報いです。
チョコレート・チョコレート(作:秋月 瑠奈)
チョコレート・チョコレート。  ――――その一粒のチョコレートに、どれだけの想いがこめられているかなんて、あなたは知らない。 *毎年バレンタインの日に振られ続ける女の子が、相手の結婚を機に区切りをつけようとする話。
現世でも異世界でも方向音痴 ~男女?実は運命だったりして!?~(作:本山ヒロ)
普通のサラリーマン生活を送っていた男が人助けをして、事故に巻き込まれてしまう。そして、女神に呼ばれ、異世界転生する。しかし、女の子として転生させらてしまい、幸せになれと言われる。森でさまよい中、魔物に囲まれた所をレオンという青年に助けられる。 ──夢と現実世界、過去と今がリンクして、 優しく重なり合うデジャヴ体験──。 加筆するかもですが、 カクヨムにも掲載予定です。 長編執筆予定です。 短編執筆予定です。 よろしくお願いします。
昔、王太子に婚約破棄をされて、無実の罪で辺境送りになった悪役令嬢、今は25才独身彼氏なし魔法協会のお偉いさん、なのになぜか訪ねてきた元婚約者が無理難題を言ってきて、それを突っぱねてざまあするお話。(作:みこと)
昔悪役令嬢といわれ婚約破棄された女です。 ええ、王太子の浮気でした。しかも私は無実ですわ。もう恋愛なんてしないと魔法協会の門を叩き、そこの支部長に上りつめ、25才になってました。独身彼氏なしです。 なのに、真実の恋の相手とやらにもふられ、まだ独身の王太子が私になにかを依頼にきましたが、あいつの頼みなんて聞きたくありませんわ。 さてどうしてやりましょう。
七夕DAYS(作:高月怜)
ー会いたかったー その一言がなんで言えなかったんだろ。本当はあなたに会いたかったのに。突然の残業でデートはドタキャン。今日は七夕なのに………。誰も彼もが誰かの彦星と織姫。あなたと私を引き裂く天の川がいったい何なのか………。短冊に込めた私の思いよ~!どうか、届け!!
【短編】「これが最後でしてよ」と婚約者に言われた情けない王子の話(作:宇水涼麻)
第三王子である僕は学園の卒業パーティーで婚約者シルエリアに婚約破棄を言い渡す…… ことができなかった。 僕はこれからどうなってしまうのだろう。 助けを求めた僕にシルエリアはこう言った。 「これが最後でしてよ」 4000文字のショートストーリーです。
悪役令嬢は格下令嬢に婚約者を奪われる――――と思ったらそんなことはなかった。(作:宵宮祀花)
――――借りた本を返しに来たら、本棚の陰で婚約者である王太子と男爵令嬢が、密会しているところを目撃してしまった。 氷の薔薇姫と呼ばれる美貌の公爵令嬢アリーシャには、王位継承権第一位の婚約者がいた。 しかしその婚約者は、人目を忍ぶようにして密かに下級貴族の娘、エイミーと会っていた。 彼らの密会の理由を知ったとき、アリーシャは過去嘗てなく混乱することになるのだった。
小6の女の子に告白されたけど、事案になっちゃうから断ったら、法律上は問題ないってどういうこと???(作:間咲正樹)
主人公の誠人(まさと)は20歳の大学生。 誠人は近所に住む小学校6年生のはるみに、何故か異様に懐かれている。 そんなある日、突然はるみに告白される誠人。 当然事案になってしまうので断ったところ、はるみの口から衝撃の事実が告げられて……!?
【番外編】 雪、降ってますね 【みかんシリーズ】(作:竹野きひめ)
東京に雪が降ったので記念に。
公爵令嬢が婚約を破棄された本当の理由(作:米田薫)
婚約を破棄された公爵令嬢オクタヴィアは実家の追っ手から逃れ、幼馴染で平民のエメリの家に逃げ込んだ。 そしてオクタヴィアはエメリに婚約破棄の理由を話し始める。 しかしその理由は、想像以上に残念なものだった。 基本的にギャグです。オクタヴィアとエメリが結ばれて終わります。あまり書いた事の無い種類の話なので不慣れな点や不自然な点があるかもしれません。
本当のことはまた明日(作:moes)
「意地っ張り。そんなんだからフラれるんだ」 一人暮らしの誰もいないはずの部屋。 子供のからかうような声が聞こえてきた。
性行為に同意書が必要な社会になって「え~、ムードないからヤダー」なんて思っていたら、むしろメチャメチャえっちな世界になりました(作:山根季子)
えっちなことをするのに同意書が必要になってしまった社会。この物語は羞恥に悶えながら同意書を作成していく、女子大生の戦いの記録である。
夢の恋(作:緋乃円)
『罰ゲーム』から始まった疑似恋愛。無邪気に笑う少女と、少女を見下す少年。
婚約破棄を言い渡す男の方にも事情というものがあったりします。(作:レフトハンザ)
婚約破棄を言い渡す役の話
のほほん姫のお友達(作:黒森 冬炎)
バタカップランドに住むのほほん姫は、本当の名前をガーネットと言う。美しい紅い巻き毛の王女様だ。親友2人が自分で見つけた恋人と婚約をしても、ガーネットは、のほほんと縁談を待っていた。
妹が略奪愛してくれたおかげであの家に嫁がずに済みました。どうもありがとう。私は愛しのあの人と駆け落ちします。(作:みこと)
妹が略奪愛してくれたおかげであの家に嫁がずに済みました。どうもありがとう。私は愛しのあの人と駆け落ちします。
番と婚約破棄と別人格(作:渕澤もふこ)
婚約者に嫌われてる女の子が、ようやく婚約破棄したら、元婚約者が番だったので絶望した。 (後書きが本編とも言える)
プロポーズはお姫さまから(作:いかすみこ)
Twitterのタグ#30日物書きチャレンジの作品です。 お題は【白雪姫をあなたらしく】 好きな人に相応しくなるために、一途に頑張る健気な白雪姫!ヒーローは優しくていい男。そして当て馬の仕事を完璧に遂行する王子。 一部からたくましすぎるお姫さまだと評価して頂いた、白雪姫の二次創作をご覧ください
キスシール(作:かなた葵)
高校一年の沙羅は同じ団地に住む幼馴染の紘充が好き。告白も出来ず、高校も別。接点が減るなか、恋が成就するキスシールを使って……今こそ!【サイトでも公開しています】
ハイヒールと乙女心~靴の妖精が冴えない私に魔法をかけました!~(作:冬晴つらら)
ヤオヨロズ企画参加作品になります。 シンデレラに影響を受けて素敵な靴を集めていた早織は、ついに理想のハイヒールと出会う。 その靴には妖精が宿っていて、早織を見守ってくれていたのだが、いつまでも履こうとしない早織に忠告を残し姿を消した。 妖精に見捨てられ、ようやく早織が気付いた事とは。
婚約破棄を告げた後(作:いづみ)
目の前では彼が婚約者に婚約破棄を告げていた。 「真実の愛を見つけた」と、小説にあったあの言葉をそのままに… 婚約破棄を告げた後のお話です。 ざまぁはありません。 ※この作品はアルファポリスにも掲載しています。
旦那様に好きな方ができたと聞いたので、別れ話を切り出してみました(作:しきみ彰)
勘違い娘とワケありの旦那様。 じれったい二人が、離婚騒動でようやくくっつく話。 ※息抜きに、前書いてたものを改稿して投稿しました。
〜IF〜完璧なお嬢様と執事の話(作:亡木優都)
これはIFの話。可能性のお話。完璧なお嬢様と役立たず執事の運命を決定づけた出来事にささやかな変化があった場合のお話。 ○注意 これは、完璧超人なお嬢様に仕えた執事の話と完璧なお嬢様の恋のIFルートにございます。この二つをまだお読みでない方は後に読むことをおすすめ致します。
最終電車と20分間。(作:泉 菜奈)
ギリギリ滑り込んだ最終電車。一日使った頭と心をうとうとしながら休ませようと思っていたのに、一日分のそれをフルで使う20分間。彼と私の始まりのおはなし。
爆薬令嬢ってネタを考えていたらいつのまにか人間爆弾になっていたので解体します(作:雨雲愚歩)
卒業パーティ前にさらわれて爆弾を付けられ脅された令嬢の話
婚約破棄への緩く優しい道のり(作:目隠しぬい)
私リーフィアはひょんな事から第一王子の婚約者となってしまいました。だけどお城でのきつい生活なんて絶対嫌。私は気ままに街に遊びに行ったりしたいのよ。だけどこちらから婚約破棄を申し出を出すことは出来ない。そうだわ王子から婚約破棄してもらえばいいのよ。そう考えたリーフィアの婚約破棄してもらうための物語。
どうか、わたしを。(作:モクモクセイ)
目が覚めると私はいつものように、人を、町を殺していた。いつもそう、私が見る世界は赤しかない。ここがどこで、今がいつで、自分が何者かすら分からない。分かるのは自分の名前だけ。家族の名前すら、消されてしまったから。そんな自分で自分を止められない少女はいつも願いながら眠るのだ。祈るしか方法は、無いから。だから今日も祈りながら眠りにつく。どうか、私をーーーー。
凱旋した勇者様に婚約破棄された直後に拾われました。もう新しい王国を作ってもらって幸せになりますね。(作:氷雨そら)
 勇者様が魔王討伐をしたと沸き立つ王国の戦勝祝いの席で、私はなぜか王太子に婚約破棄を宣言されていた。魔王との戦いの間、後方支援のためにほとんどを戦場で過ごしていた公爵令嬢の私は、王太子の隣にいる聖女とはほとんど面識がないのに、なぜか聖女を貶めたことを理由に。  その時、会場を一陣の風が吹く。そこに現れたのは、私と一緒に戦場で戦った勇者様だった。  もう、こんな王国知りません。私は勇者様と建国することにします!
私は悪役令嬢で王子と婚約してたのに、ヒロイン補正で王子様を寝取られて婚約破棄された。でも、結婚できた相手がチート級の男だった。何? ヒロインが浮気をして助けて欲しいですって! もう遅いわよ!(作:立花さとし)
私は王子の婚約者として恥ずかしくないよう立派なレディになるため厳しい教育を受けてきた。それもこれも幸せな結婚のため。──それなのに、主人公補正のメインヒロインがやって来てせいで、周りから悪役令嬢扱いされて、散々な噂を立てられ、挙句の果てに私の婚約者の王子様を寝取って、婚約破棄までされた、コイツ、絶対に許さない……! そんな中ある縁がきっかけで中ぐらいの貴族と結婚したんだけどそいつがすごく優秀な男でついに皇帝になってしまった。そして私は皇妃として幸せに暮らしていた、ところが、あ>>続きをよむ
私のヒーローは王子様ではなく仮面の騎士様でした(作:はる)
主×従者の身分違いな恋の幕開け。 叶ってはいけない想いと、長い間言えずにいた言葉が結婚式前夜に零れ落ちてしまった2人。しかし2人が結ばれるには最大の壁があった。
身近な発散対象(作:五十音 順)
他者の恋愛感情を侮ってはならない。
そんなカノジョを、僕は(作:狗賓)
僕のカノジョは芋・栗・南瓜・豆を愛している。 特に、芋。
角砂糖三個分のキス【夜明けのコーヒー企画2より】(作:雅 翼)
『夜明けのコーヒー企画2』さまに寄稿した作品です。 企画サイトURL http://kaffeemorning2.xxxxxxxx.jp/index.html 朝五時、深夜営業を終えたばかりのふたりきりのカフェにて。 バイトの大学生アツくんと、従業員透さんのお話。糖分高めのBLです。 ※カクヨムさんとの同時投稿となります。
私の人生イージーゲーム〜恋人に別れを告げられ、傷心した私の元にやってきたのは可愛い神様でした。願いをなんでも叶えてくれるというので私は神様をご所望します〜(作:水篠ナズナ)
――ごめん悠里。私たちもう別れよう 坂口悠里は、待ちに待った渋谷デート当日、長年付き合っていた恋人に別れを告げられた。 そして、恋人と別れてから何事にも無気力になり、ボーっと過ごしていたある日、彼女に転機が訪れる。 それは彼女の運命を大きく変える出会いだった。 「ボクは神だよ! 敬いたまえ!!」 傷ついた彼女の元にやってきたのは、幼女神様だった。
鮮血卿の花嫁〜いつの間にか結婚してました。でも、結構悪くない〜(作:島田莉音)
その日ーー辺境伯ブラッド・リグウェルの元に一人の令嬢が現れた。彼女は元王太子の婚約者であるビオラ・サヴェア。しかも、彼女はブラッドの妻だと告げてきてーー?何故、そんなことになったのか……ブラッドは彼女に事情を聞くのであった。 【注意】R-15と残酷表現ありは、一応つけました。
少シ変エル。(作:チーズチャンポン)
ほんの少しだけ物事を変えることができる高校生藤田雅治。彼にできることはほんの少し、ちょっと寝癖を直したりとかそのくらいである。 そんな彼には中学校時代からの想い人がいて…
裏切られた令嬢は(作:みこと)
それでも彼を愛するのです
憧れの生徒会長が語る豆知識はとっても思春期でした(作:青羽 真)
 俺(主人公)は、高校の入学式で生徒会長に一目惚れした。  彼女の美しく長い黒髪は日の光に照らされて輝いて見え、その容姿はトップアイドルと忖度なく、その鋭く厳しい目の奥にはどことなく母の慈愛を感じる。(主人公談)  成績は常にトップで生徒集会では毎回為になる話をしてくれるので、「校長先生の出る幕が無い」なんて言われている。  完璧超人な白鷺会長とお近づきになるべく、勉強を頑張っただ俺(主人公)は無事生徒会役員になる事が出来た。これで、会長と沢山お話しできるぞ!  さて、一見完>>続きをよむ
ハイスペック嬢VSハイスペック王子(作:睦月)
全速力のがっつり肉食系(表情には出ない)ハイスペック令嬢×おっとり系(なんかもう負けてる)ハイスペック王子のラブコメだったかもしれない。 よくわからない童話風味中世ファンタジーな感じでさらっと読み流してください。
婚約者にデロデロに甘やかされるお話(作:みこと)
ソフトヤンデレです。ざまぁとかはないです。 アルファポリス様でも投稿しています。
さようなら、私の王子様(作:松岡まゆ)
「ビアンカ・アデライド、お前との婚約を破棄する!」 王太子リチャードの言葉に対し、侯爵令嬢ビアンカが抱いたのは怒りでも哀しみでもなく、「ついにこの時が来たか」という感慨だった。ビアンカにしてみれば、いずれこうなることは避けられない運命だったから。 これは二度の婚約破棄を経験した令嬢が、真実の愛を見つけるまでのお話。 (アルファポリスさまにも投稿しています)
幸せな王子と姫の物語(作:バミダ)
カルストレン国始まって以来の華々しい舞踏会の日に窓辺で読書に耽る少女にテノールの声のが語りかける。内容はどのようなものかと問う。本の内容はありきたりな勧善懲悪だお話。でも本当にそうなのか、考察が飛び交いーー?!
【続編①】クール美女系先輩が家に泊まっていけとお泊りを要求してきました……(作:識原 佳乃)
 タイトルの通り「クール美女系先輩が家に泊まっていけとお泊りを要求してきました……」の続編になります。アフターストーリー的なものです。  ただし①となっていることからお察しいただけます通り、長くなってしまったので分割します。  ふたりがいちゃつくだけの、イチャラブ系です。  ちなみに、いつも通り内容はないよう!(笑) 「ぐぬぬ٩(๑`н´๑)۶! ごはん、いっしょに食べたい!」
遊園地(作:人間イカ)
バカな友人に遊園地に誘われた僕。今度は何をしでかすのか……。
野生に戻った公爵令嬢は皇太子殿下と国を豊かにする(作:ABC)
ミリア・グロスターは 婚約破棄されることに成功した 小さい頃はヤンキーとまで言われたミリア 国外追放までされてしたった! だがミリアにも春が訪れる ミリアはどう生きるのか
僕は夢見がちな婚約者のために姫になる。(作:平樹美莉)
僕には幼い頃からの婚約者がいる。 彼女は僕のことを男として見てくれない。 僕は隣で彼女の憧れの殿方の妄想話を聞くばかり。そして、なぜかその憧れの殿方の相手役の姫君は僕。 それでもいいんだ。たとえ僕のこの想いが一方通行でも。
知ってましたけどね(作:冬鬼)
大切な物は失ってから気づくものだってだれかさんがいってた。 妻を蔑ろにしてた夫の話と、めんたるのつおい妻の話。
敵国魔道士のお人形にされましたが、甘やかされているのでとても幸せです(作:泡芙蓉)
敵国のイケメン魔導士に拉致され、魔法で物言わぬ操り人形にされてしまった私。 死んでしまいたいほど辛いことが待ち受けるのだと思っていたけど、彼との生活はとても快適で幸せだった。
園恋ミノルがお邪魔しましてよ! 〜異世界専門恋愛アドバイザー伝説〜(作:長埜)
彼女にかかれば、恋の成就率100パーセントーーー! 恋愛アドバイザー・園恋ミノルは年齢不詳、住所不定の中年女性。高めのハイヒールに赤縁眼鏡をかけ、キツめのパーマがチャームポイント。 そんな彼女は神出鬼没。今日も今日とて、恋に悩む異世界レディorボーイの前に、颯爽とその身を踊らせる。 一番の盛り上がりを一話で終わらせる敏腕ウーマン伝説、ここに爆誕。
邪魔しないでくれ! 俺は大学デビューの準備で忙しいんだ(作:すかい)
高校2年。 恋に恋して入学した男女共学の夢の学園。1年間全力で恋に突っ走って全滅。 「だって初瀬くん、誰にでも手出すっていい噂聞かないし……」 よーし仕方ない。人生は切り替えが大切だ。 悪評が広まったこの学園での恋は諦める。その代わり、俺は今から全力で大学デビューに備えるぞ! 「おい! お前もてはじめてるんだって!」 「うるさい! 邪魔しないでくれ! 俺は大学デビューの準備で忙しいんだ!」 残念でバカで、それでも恋に一途な男の不器用な恋愛物語。
わたくしは精霊王様に結婚を申し込んだ無謀な王女でございますわ。(作:ユミヨシ)
とある国にマリーネ王女と言うとても気が強い王女様がいました。 彼女は国で一番強いイイ男と結婚したかったのだけれども、英雄ディストールは他の女性と共に姿を消してしまってマリーネ王女は失恋してしまいました。 でも、マリーネ王女はイイ男と結婚する事を諦めませんでした。 だから、マリーネ王女は豊穣の祭りに来た精霊王様に結婚を申し込んだのだが…さてどうなる? 王太子殿下の婚約者である公爵令嬢は英雄に結婚を申し込むで、見事、英雄に振られたマリーネ王女のお話です。
5人の妹達の為に生きたレティーナはやっと恋を楽しむ。(作:ユミヨシ)
公爵令嬢レティーナは父のせいで、ある日、いきなり異母妹の姉になる。なんと5人もだ。 騒がしい妹達を一人前にしようと頑張るレティーナが、最終的に幸せになる話。
トリック・オア・トリート -私と俺と現実と-(作:響カイ)
私と俺の、願いと現実の、ハロウィンのひととき。*自サイトに掲載済みの小説ですが、「小説家になろう」用に少し書き直しています。
悪役令嬢にされたようですが、聖女にジョブチェンジしようと思います。(作:みこと)
悪役令嬢扱いされたのでとっとと他国の聖女になるお話
奇跡。(作:猫板家工房。)
奇跡は突然、舞い降りる。 『思春期』。 そして、 男女という絶対的、絶望的違い。 異性という絶壁によって分断された幼馴染達の前にもほら、 奇跡は動き出す。
元勇者、帰ってきたら、ホームレス-彼女の葛藤-(作:秋月愁)
謎の占い師に勇者として異世界転移させられて、魔王を倒して「役目を終えた」として、件の占い師に、元の世界に戻された俺(主人公)家に帰ると、火事で家人が亡くなっていたので、生まれ故郷の田舎に帰ってホームレス状態。そこに、中学生時代の彼女と再会して「みっともない」と彼女に拾われて、彼女の家で、彼女の両親に警戒されつつ、家事手伝いをすることになる。ふとしたことから、彼女に異世界転移と勇者となっていた件を話すこととなり、なら、とストーカーから、彼女を守る事になる。左手に怪我をしつつも、>>続きをよむ
隣国より嫁いで半年、そろそろお時間です!(作:どらどらとんとん)
隣国からの花嫁リアーナは王妃になるべく輿入れした筈だった。 が、既に王様には恋仲の王妃を娶っておりリアーナは仕方なく第二妃となる。 王妃からの嫌がらせを半年受けたリアーナが遂に反撃を開始する。
とある令嬢の本音(作:澄川)
婚約者から婚約破棄をされる定番のお話。 私悪いことなんてしてない──
夏鈴と冬華~冬華の章~(作:夏果)
この物語は『夏鈴と冬華~夏鈴の章~』の続きです。
アンネマリーの奮闘 〜今世こそ最愛の婚約者を幸せにします!!(作:紫)
実家の圧力から夫クリストファーを守りきれず、失意のうちに死んだアンネマリーは、八歳の頃に逆行転生することに。 今世こそアンネマリーはクリストファーを守れるのか!? *** ノリで書いたので雑です。何でも許せる方向け。
つぶやきと目配せの向こう側(作:小城りょう)
わたしには日課がある。お父さんが昔使っていた古びた無線機でまだ見ぬ誰かへを語りかけることだ。今は便利な通信手段があるけど、なんだか特別なことのような気がしてわたしは夢中になっていた。 そこで知り合った年上の男性――「お兄さん」とわたしは呼ぶ――は特に親しくなっていろんなことを話したりしていた。 ある日、わたしはお兄さんに誰に聞かれるかもわからない無線で相談したことがあった。それは見込みのない片想い。ほぼ毎日すれ違う近所の人だった。叶わないって思い込みにお兄さんは背中を押してく>>続きをよむ
幼馴染と二人で埋めたタイムカプセルを掘り起こして出てきたのは、幼馴染のパンツでした(作:星月健吾)
男子高校生の圭介は、幼馴染の女の子である麻美と、ずっと一緒に仲良く過ごしてきた。圭介と麻美は小学生の頃、二人だけのタイムカプセルを小学校の近くの裏山に埋めた。年月は流れ、二人は高校卒業を機に、タイムカプセルを掘り起こすことにした。そして、圭介がタイムカプセルを掘り起こし、中を開けて出てきたもの、それは――女の子の、パンツだった……!
ただの伯爵令嬢が悪役になるまで(作:ぴぴみ)
伯爵令嬢イザベラ・フィッツは妹を心から愛していた。姉妹は、性格は異なるものの仲睦まじく育ち、やがて一人の男に恋をした。─恋は人を狂わせる。同じ男を好きになりながら今まで同様仲良くすることはできず、次第に二人の距離は離れていった。 そんなある時、妹の様子がおかしくなった。人が変わったとしか思えない発言ばかりをするようになったのだ。 一体どうしたと言うのか。自分のためだと言うなら止めてほしい。だが妹は言うのだ。 「おかしなお姉様。私は昔からこうだったわ…」 *この作品はアルフ>>続きをよむ
黄色の線路(作:矢鳥)
 三分。長くてもせいぜい三分だ。俺と彼女は、一日に三分ほどだけ他愛のない会話ができる。電車に揺られながら、窓の外をぼんやりと見つめながら、少しだけ、どうでもいい話をする。  俺はなぜか、彼女と話すために乗る電車の車両をいつも一定にしているし、彼女と喋ったあとは少しだけ重い荷物が軽くなった気もするが、たぶん気のせいだろう。  でなければ、なんとなく、なんとなくだが、「黄色」に申し訳ない。
最高だ!!(作:じいちゃんっ子)
高校2年の川井祥子。 美しい風貌と、優秀な頭脳を誇る彼女は学校中で知らない者は居ない。 と、同時に彼女のブラコンぶりも知らぬ者は居なかった。 同じ学校に通う一学年下の川井悠。 小柄で愛らしい風貌はまさに愛玩ショタを具現化させた存在。 祥子の溢れる愛で包まれる悠。 そんなある日、悠に変化が。 「ちょっと姉ちゃん、そんなに構わないで」 「ゆ、悠ちゃん...」 悠の変化に戸惑う祥子。 悩む祥子は暴走を始めた。
クラス一の美少女に会話の流れで「朴訥なキャラだって」と言ったら「僕と付き合って」に聞こえたらしく、次の日から彼女面してくるようになった(作:間咲正樹)
クラス一の美少女である一ノ瀬(いちのせ)さんと二人で文化祭実行委員になった僕。 そんなある日、ふと僕のキャラに対する話題が出た際に、僕は「朴訥なキャラだって」と一ノ瀬さんに返した。 ところが、一ノ瀬さんにはそれが「僕と付き合って」に聞こえたらしく、次の日から彼女面をしてくるようになり……!?
明日の君、今日の僕(作:小沢琉祢)
僕は、君には愛されていないかしれない。でも僕は君を愛す。 エロくはないですが、BLなので苦手な方はご注意です。
異世界に転生したら、なぜか初対面で帝国皇子に求婚された。私、未成年なんですけど。結婚なんてまだ早いんですけど!? でも結婚しないとは言ってない!(作:淡雪)
フィオナは結婚してくれと何度も何度も迫られていた。 お相手は帝国の皇子様。金の髪と瞳、そして褐色肌の二十五才。十三才も年上。 フィオナは十二才になったばかり。未成年だ。なのに帝国に連れて帰ると一歩も引かない。 お願いだから! 話を聞いて! 互いに言い分が一方通行だったけれど、実は皇子にも事情があって……? 本作は、『平民のひろろさん』さんが活動報告内でタイトルお題として出されたもので、短編として執筆投稿する許可を頂いております。 タイトルは少し変えています。
ヒーロー活動6年目、認知度0のヒーローは彼女が欲しい ~自分のことを見てくれる人はどこかに居ます~(作:白なキ)
 ヒーロー活動6年目の「三島 仄(通称:グレイ)」はある悩みを抱えていた。 「……あー、彼女欲しー」  出会いが、少ない。彼女いない歴=年齢であったグレイにとって、その願いは切実なものであった。  同僚ヒーローのホワイトに色々言われた結果、彼が思い至ったのは、 「合コンしに行けばいいんだなっ!」  という訳で合コンに行ったグレイ。その結果は――。
お忍び王子と断罪令嬢(作:クロクル)
身分を隠した王子様が悪役にしたてあげられた令嬢と結婚する話し
ビラ配りしていた売れない地下アイドルが最高に可愛かったので彼女の人生を変えてみる事にした〜本気でアイドルの頂点を目指してみたら何故かアイドルたちに懐かれてしまった件について〜(作:津ヶ谷)
 伏見響介(ふしみきょうすけ)は巷では天才と呼ばれる書道家だった。 その実績は日本人初と言われるものが数多くあった。  そんな時、響介が題字を提供したアニメのイベントが秋葉原で開催された。 その帰り道、時刻はもう夕暮れ時で吐く息が白くなるほど寒い中で、ビラ配りしている女の子が居た。 「ライブあります! よかったら見ていきませんか?」  彼女が差し出したビラを響介は受け取った。 お礼を言う彼女は恐ろしいほどに美しかった。  ビラには『ホワイト』というグループ名と>>続きをよむ
母違いの妹をいじめた罪で私は婚約破棄されました。でも私は彼女をいじめてなどいなかった。妹もそういうのですが皆が私をいじめの犯人と言い…私は妹を信じていました。でも真実を映す鏡で妹の本性を見てしまい…。(作:ゆうこ)
母違いの妹が引き取られました。 おとなしく優しい妹、私は姉妹仲良くしようとしたのですが… 婚約者の王太子殿下に妹いじめの姉として婚約破棄されて修道院に送られて、真実をうつす鏡をみて妹の真の性格をしったのです。 復讐を決意した私でしたが
ハイヒールな令嬢はハイヒールでハイヒールして無双する(作:山目 広介)
 王宮に腐敗が蔓延していた。男の娘メイドに味を占めた者は男色へと変貌する。普通の女性メイドや令嬢なども最初はキャーキャーと歓声に沸く。だがそれが続くとそうはいかない。少子化が発生し始めた。  そんなとき学園で平民ながら勉強して通うことを許された才媛とされる孤児がいじめられていると報告が王子へ入る。いじめの主犯は王子の婚約者である侯爵令嬢だった。  なかなか尻尾を見せない令嬢。王子は孤児に近寄り情報を引き出そうとする。だが口を割らない。仲が良くなれば証言が得られるだろうと孤児に>>続きをよむ
白雪姫はシンデレラをご所望です!(作:籠の中のうさぎ)
同和(どうわ)高校には白雪姫とシンデレラと呼ばれる2人の生徒が在籍している。 そんなある日高校内でこんな噂が流れ始めた。 『白雪姫がシンデレラをご所望だ。』 これはちょと男前なシンデレラが、ちょっと女々しい白雪姫と恋に落ちる物語のほんの序章のお話でございます。 百合ではないです。 いつか連載シリーズですので、物語のはじめの序章部分のお話です。
催眠術でヤっちゃった♪(作:どこにでもいる小市民)
催眠術ってすげーなぁ。
さよなら俺の先生とさよなら高校生の俺~彼女の涙に弱い俺はそのままで~(作:来留美)
俺が好きになった相手は先生。 先生の涙を見たとき俺は先生を好きになった。 先生は俺を子供扱いするが先生もたまに可愛い女の子になる。 教室での俺達のルールは普通の先生と生徒でいること。 あることで俺と先生の距離が近づく。 しかし距離が近づいたと思ったら離れて、話すこともなくなった。 彼と先生である彼女の関係はどうなるのか? 読んでからのお楽しみです。
幼馴染への恋心は、クリームパンのように甘く(作:星月健吾)
「ん〜! クリームパンおいしい〜♡」「まだ食う気かよ……」高校生の高山隆二には、天井桃子という同い年の幼馴染がいる。そんな彼女の大好物は、クリームパン。今日も公園のベンチに座って、大量のクリームパンを一人で平らげる。そんな彼女の様子を、隆二はいつも隣りに座って眺めていた。しかし最近、隆二は桃子のクリームパンを食べる姿を見ていると、いつもと違った感情が湧いてきて……?
アクヤクレイジョウってなんですの?(作:舞花)
アクヤクレイジョウってなんですの? 周りから溺愛される、悪役令嬢のハズだった令嬢のお話。
腹パンキャンセル(作:青水龍)
最近、私の周りで婚約破棄が多発している。私は婚約者に『婚約破棄させてもらう』と言わせないように、彼がそれらしい言葉を口にしようとしたときに、腹パンすることにした。。。
恋するマリトッツォ 殿下と側近の一喜一憂一刀両断(作:瀬嵐しるん)
ちょっと残念な王子様は、婚約者探しのお年頃。敏腕側近の力を借りて、マリトッツォ・パーティを企画するが…。
死屍累々と恐れられた暗殺者が、なぜかターゲットである皇女に仕えることになった話(作:ひだまりのねこ)
感情を持たず「死屍累々」と恐れられる凄腕の殺し屋。 帝国の皇女という大物が次のターゲットとなるのだが、なぜかおかしな展開に……。
恋は甘酸っぱく前のめりで頑張って! ~他の女子からは見向きもされずにモテない不器用彼氏がカワイイんですけど!~(作:高丘楓)
クリスマスの夜。 彼氏大好き女子と、彼女が好きだけどよくわからないまま恋人になった男子の、背伸びしてがんばってる青春のお話です。 個人的にちょっと甘酸っぱい、というか、「くぁぁ~っ、甘酸っぺぇ~っっ!」みたいなお話です。 短編なのでサクサク読める長さです。
舞踏会デビュー(作:蜜柑プラム)
一生に一度の舞踏会デビューを心一杯に楽しむお話。 舞踏会ってとっても楽しそうだわ。綺麗なドレスを着て、目一杯おめかしして、それはそれは豪華な会場で、そして素敵な男性が私に見とれて声をかけるの。一緒に踊ってくれませんかって。彼にリードされて私は優雅に踊るわ。そして2人は燃え上がるような恋に落ち……。  やばい。興奮してきた。 ※「舞踏会」のオマージュ作品です。
兎原くんと亀野さん(作:雨間みゆ)
あるとき一人の女の子が言いました。 「だって、ほんとうは…。かめさんはうさぎさんがだいすきなんです。だから、かめさんはぜったいにうさぎさんをおいっていったりしないんです」(本文冒頭より) 走るのがだいすきな兎原くんと不器用な亀野さん。イッソプ童話の「うさぎとかめ」をモチーフに描く、二人のちょっとせつないラブストーリー。
五月はメランコリック(作:くるくるぱんだ)
高校2年、男子、渚君は好きな女の子咲ちゃんに本能のまま、キスをせまり、殴られ、口も聞いて貰えず、避けられたままだ。そんな渚君に親友の宮園君は五月のゴールデンウィーク明けの夕日が美しい浜辺に誘うのだがーー 他に連載を書いていて無性にうどんアイス、しらすアイスが書きたくなってこんな話になりました。それも書き始めたのが五月なので今頃五月の話・・・・そんな軽いノリの話です。おつきあいください。
私はお前を生涯愛することはない。私には愛する人がいるのだから。婚約者からこのように宣言されましたが、別に政略結婚だから構いません。そのあと婚約破棄されその相手が…妹と知る前はこの考えでしたけどね…。(作:いおな)
公爵令嬢のリーゼルは3才のとき、事故で両親を亡くし、父の弟であるおじ夫婦にひきとられた。 爵位はおじが引き継ぎ、従妹であり義理の妹と差をつけられて育ってきた、それも仕方ないと思っていたが、年頃になり王太子の婚約者に選ばれたが、私には真実愛する人がいるお前を生涯愛することはないと王太子に宣言された 政略なのでそれもまた仕方ないと考えていたが その一年後、お前と婚約破棄する。真実の愛に生きると宣言され、身一つで放り出された。 その相手というのが義理の妹で? 義理の両親にも見捨てら>>続きをよむ
美しい姉と、ヤンデレ義弟の苦悩 ~僕は姉さんの為なら何だって出来るよ。そう、何だって。ねえ、姉さん、え、ちょ、姉さん? いやそれはちょっ、え、姉さん!?~(作:毎週火曜7:30)
僕は姉さんのことを愛してる。それが許されない想いだということは知っていた。けれど、愛さずにはいられなかったのだ。ああ、姉さん。どうか僕だけを見て、僕だけを感じ、僕だけの為に生きて欲しい。それが叶わないなら僕は、僕は────。 両親の再婚によって幼い頃に貴族家へとやってきたアルは、血の繋がらない義姉へ鬱屈した想いを胸に秘めていた。 やがてその想いは暴走し、刃となって義姉を傷つけ……ない!? えっ、姉さんどういうこと? ちょ、なんで? なんで? 腕力ゴリラなの?? 薬も駄目?>>続きをよむ
恋の種の小さな話 3 ペダルと筋肉と君の重さ(作:一唐)
 男らしさに憧れるショウジロウは日々体を鍛えようとあくせくしている。  そんなショウジロウにとっての男らしさって何だろうというそんなお話です。
俺は悪役令嬢の幼馴染。断罪追放を失敗した親友を助けたい(作:ゆす)
 このエピソードは『俺は悪役令嬢の幼馴染。断罪追放だけは阻止したい』の続編です。  俺の親友である第三王子のアーサーは、国王をはじめとした国の重鎮たちが集まる王立魔法学園の記念パーティーで、俺の幼馴染のディアナ公爵令嬢の婚約破棄と断罪追放を宣言した。  だがその試みは、俺が介入したせいで失敗に終わった。  俺は、誰にも悲しい思いはさせたくない。  そう思ったんだ。
砂漠のピアス(作:春野こかげ)
現代と異世界での恋。
眼鏡越しのあなたと私(作:御子柴 流歌)
暮れなずむ空、教室。 イイ雰囲気、のはず。 ――「カワイイなぁ、って思って」 そんなことを言う彼の視線は、やっぱりちょっとメガネに行ってる。 これは生粋のメガネ女子と生粋のメガネフェチによる、夕暮れ時のひとコマ。
悪役令嬢に仕立て上げられたので領地に引きこもります(作:みこと)
ギフトを駆使して領地経営! アルファポリス様でも投稿しています。
即レス(作:竹仲法順)
会社の女性社員のあたしは、朝起き出してバッテリーがフルに入ったスマホを充電器から抜き取る。そして彼氏で会社員の圭一からメールが入っているかどうか確認していた。あたしの方がメールを打つと、大抵すぐに返信がある。そして気付けのコーヒーを一杯飲んだ後、カバンを持ち、部屋を出た。地下鉄を使い、社まで通勤する日々が続いていたのだが……。
私のヤンデレ幼馴染には落ち着いて欲しい【改稿版】(作:ひとみんみん)
女戦士レイラのヤンデレ幼馴染リリクは今日も魔法陣で拘束してくる。しかし、レイラはそんなリリクとイチャラブ生活を送るのであった。女戦士レイラは今日も強い。リリクの下の剣は今日も無事。そんな話。
パンジーの花言葉(三十と一夜の短篇第21回)(作:exa)
何に対してもやる気を見せない女の子と、その子の世話を焼く幼なじみの男の子。 成長しても変わらぬ距離感に、男の子のほうは腐れ縁だとばかり思っているが……?
ひどいひとのその後のお話(作:ましろ。)
『ひどい人のお話』の続編
婚約破棄は波乱の展開です(作:もちもちお餅)
異世界転生した主人公は、乙女ゲームの悪役令嬢だった。地味眼鏡令嬢として慎ましやかに過ごしていたが、学園の舞踏会で王子から婚約破棄を告げられる。
価値の喪失(作:五十音 順)
誰にでも価値は存在する。
ボクとわたしと年の始まり(作:Yuyu*@就活)
 新たな年を迎える大晦日。  家に乗り込んできた幼馴染・水琴になされるがままに着物を着せられて初詣に行くことになった真琴。  この初詣で新年と新たな人生の始まりが訪れることになる。
荒波を待つ物語(作:黒森 冬炎)
憧れの異世界転生を果たした、きつめの美少女オーロラ・ヴィリア・ランドール。 前世は、平凡に老衰で死んだ。 生まれ変わるなら、剣と魔法のファンタジーがいい!ドンと来い、波乱万丈。 転生チートもガッツリ貰った。 だけど、なかなか荒波はやってこない。
花に水をあげるのは、誰?(作:杉崎)
愛してる人には「愛してる」と、ちゃんと伝えた方がいいよっていう話。
幼馴染がヤンデレすぎて俺への愛が重すぎるけど、俺はそんな彼女の重すぎる愛を全力で受け止めるぞッ!!(作:星月健吾)
俺、藤沢努(ふじさわつとむ)! ごく普通の男子高校生だ! 俺にはかわいい幼馴染がいる! 名前は黒木真樹(くろきまき)! 俺の家の近所に住んでいて、毎朝俺を起こしに来てくれるんだ! 真樹の作る手料理は俺への愛情が大変こもっていて、俺はそんな手料理を世界でただ一人味わえることができる! その上、俺のために昼の弁当まで毎日作ってくれるんだ! 俺はなんて幸せものなんだろう! ――え? 真樹の俺への愛が重すぎるって? ハハハッ! 何を言ってるんだ! それほど真樹は俺のことを大切に思って>>続きをよむ
お互いの利益から始まったお付き合い(作:どんぐり)
この恋が叶わないことなんてわかってた。 だから、隠すことにした。 あなたが好きだと、気づかれないように。 ……これは、お互いの利益のために付き合い始めた二人の物語だ。
その、二つ名で呼ばないで(作:時川)
その昔、二つ名で呼ばれた鬼神がいた その鬼神の血を受け継ぐ乙女の物語
虐げられし月は大地の姫君を溺愛するif(作:おうぎまちこ)
 彼が、父を殺害した犯人かもしれない。  そんな十歳年上の婚約者のルーナの元に帰ってきた王女ティエラ。再び、彼女の城での軟禁生活が始まることになった。  もうすぐ成人である十七歳を迎えるティエラだが――。  城に戻った初日の2人を書いた短編。 ※作者作品&本編完結している「記憶喪失の癒し姫と白金の教育係と紅髪の護衛騎士」のifルート「月華・玉の章」第1話を、宣伝も兼ねてお見せしております。 本編124話「月光の花・心の剣」の次の話になります。 そのため、分>>続きをよむ
人ならざる(作:地下原水道)
夜、彼女の家でピザを食べていると、けものの声がした……。 がっつりGLなので、苦手な方はご注意ください。一応R-15です。
消化(作:田村まめ)
家事の出来ない、人付き合いがへたくそな売れないバンドマンの彼女。 クズ野郎とは思いながら、それでも大切に思っていた。 実は臆病な彼女を愛していたけれど、そんな彼女が俺から離れていった。
戦争中に出会った皇子に紅茶を(作:夏至)
戦争中に孤児の少女は皇子に出会い、婚約者になって欲しいと言われ、、、、 穏やかな日常に救われる少女のお話。
学年一の美少女が泣いていたので話を聞いてみた。(作:お化け怖いのか)
梅雨の時期に天気予報を見忘れた俺は、河川敷にある橋の下に雨宿りしようとするのだが、女の子の泣き声が聞こえる気がするぞ…。 あなたは困っている人を助けたことはありますか?
春風に恋心は舞う(作:宮永レン)
ツンデレな彼との戦いは今日も続く―― 社内恋愛禁止の職場の先輩と後輩のお話。 夢中文庫セレナイトの「告白は雨に濡れて」の番外編SS(本編より前のお話)です。 以前カクヨム様にも掲載しておりますものと内容は同じです。
貴族の子息の皆様、私は勇者のお嫁さんになるので、ダンスに誘わなくても結構です。ご令嬢の皆様、そういうわけですので私にダンスの相手がいないからって、哀れんで頂くなくてもよろしくてよ。(作:山口瑛史)
田舎の下級貴族の娘、リゼは、魔法学校の卒業パーティーを控えていた。 リゼには、心に決めた人がおり、将来の約束をするダンスの相手は必要ない。王弟殿下、侯爵令息、伯爵令息から申し込まれるものの断っていた。 パーティー会場では、高級貴族令嬢達にダンスの相手がいないことでイヤミを言われ、絡まれるものの、その貴女達のお相手って…。 でも、この令嬢達には普段から嫌がらせをうけていたので、ちょっとザマアミロって思ったけどね。 結局、私のダンスのお相手は、あの方だったり。 でも、私は、田舎で>>続きをよむ
とある国の物語ー野生化した姫君(作:本堂まいな)
とある国に美しく優しい姫がいた。 姫は民に愛されて、幸せに暮らしていた。 しかし母である王妃がお亡くなりになったことにより、その幸せが崩れ去ってしまう。 王が新しく迎えた妃が姫の美しさに嫉妬し、姫を深い森へと捨て去ってしまうのだ。 誰もが姫の死を疑いはしなかった。 悲しき運命に見舞われた姫を思い民は嘆いた。 しかし姫は生きていた。 7人の小人がレスキューしてくれたわけでも、お菓子の家を発見して食料難を免れたわけでもない。 姫は森で野生化し、たくましく生き抜いていたのであ>>続きをよむ
FFX異世界味!!(作:しいたけ)
どこにでもある普通の異世界で、今日も元気な女の子メイコーは趣味と実益を兼ねたお金稼ぎに勤しんでいた。 しかしある日それがとんでもない事になって──!! *この話はFFXの異世界リメイクになります*
キミの側にいられなくとも(作:花井真苗)
ある日、不治の病を患った。 このまま彼女を自分に縛り付けていて良いのだろうか。自身の選択の結果は………
幼なじみを好きになってしまった俺。(作:ジャーミ)
幼なじみに恋をしてしまった鈴木倫也。 放っておけない幼なじみ千早との恋模様。
消えない罪 消えない未来(作:主従スレ太)
愛する執事に無理矢理自分を抱かせたお嬢様。 その愚かな幼い欲の罪。 ーー罰は、すぐさま自らへと降り注いだ。 (某BBSのエロパロ板の主従スレから引っ越してきました)
甘い囁きをしてくる妹が天使みたいに可愛すぎて結婚する選択肢しかない(作:しゅう)
甘い囁きをする妹に理性が崩壊しそうになる兄の話。
端役のAランク冒険者の少女がレズに襲われるお話の後日談(作:ヒトリシズカ)
短編 「端役のAランク冒険者の少女がレズに襲われるお話」の続き的な何かです。こちらを見ていただいてからでないと、「何だこのストーリー」と思われる方も多いと思うので、拙い文ですが是非とも読んでいただけると嬉しいです。 黒髪の少女に救われたAランク冒険者のイリスが、目を覚ますシーンから今回は始まります。
虐めの冤罪を吹っかけられたので本当に虐めてみた(作:みこと)
虐めの冤罪を吹っかけられたので本当に虐めてみた
「ヘタレな男に「お見合い」というムチを」(作:千神)
ヘタレ男子こと皐月は幼馴染の司に長年恋心を抱き続けていた。そんなある日、彼女から「お見合いをする」という話が出てきた。皐月は大ショックを受けて、同級生兼同僚の茅野に助けを求める。挙げ句の果てには酒を大量に飲んでしまって…。司は司で考えていることもあるようで。 果たして、皐月は長年の思いを実らせることが出来るのか。それともフラれてしまうのか。
訪うは雪待の月に(作:雨宮うり)
これは女神さまのいらっしゃるお国の領主さまと彼に恩返しをしに来た子狸の物語。 領主様のお屋敷に、降雪が連れてきたのは、丸い二つの影でした。 窓の外、庭に転がる影たちの来訪の目的は? いつも呑気な子狸さんの、ちょっぴり切ないお話です。
王宮で獣王陛下のふんどしを縫ってます。(作:牡丹)
滑って転んで、気づいたら回りはもふもふだらけの獣人の国。力も強く魔法も使える獣人。人間は最弱の生き物。器用貧乏が取り柄のさくらが奮闘する。
愛と自由と祝福の女神は小さな天使にこっそりと囁く(作:蛹乃林檎)
連載作の「モブ少女は乙女ゲームに転生しても……」のサイドストーリー的な短編です。単体でも読めるかとは思いますが、合わせてお読み頂けると分かりやすいかと思います。作中、静かにフェードアウトした双子のその後と始まりの話になっています。本編とはテイストがだいぶ違って暗めになっています。
幼馴染みの涙の理由を本当は知りたくて(作:来留美)
幼馴染みの涙を見てからその理由が気になる俺。 彼女が泣いていた理由を聞けないのは彼女が何も言わないから。 そんなある日、彼女が涙の理由を話してくれた。 彼女を苦しみから助けたい俺は彼女に「俺の所へ来い」と言った。 彼女は俺に助けを求めて俺の胸に飛び込んでくる。 近すぎる関係だから気付かない二人の思い。 彼女の涙は二人の関係を変えていく。
二百年後の世界で運命の恋に出会いました〜恋することのないはずの世界であなたを見つける〜(作:天翔)
これは200年後の未来のお話。  21世紀半ば、世界は大きな危機に陥った。女性の男性不信が激化し出生率が極端に低下したのだ。それに伴い人口は大幅に激減した。この問題を解決するため人類は人造人間の作成を試み、成功させる。顔、性格、能力全てが異なる個体を造り出すことに成功した人類は人造人間を普通の人間と同じであると認め、積極的にその技術を用いて人造人間を作成した。女性の男性不信は改善され一時は出生率が元の数値まで戻ると考えられたが、人造人間は同じ人造人間には欲情せず、結果出生率>>続きをよむ
私の名前はアカリです。天使やってます。(作:イワトノアマネ)
天使のアカリが冒険者パーティーに雇われ、ダンジョン攻略に……。 ※天使の輪って丸型蛍光灯(FCL)ぽいなってコメディのつもりで始めたけど予想外の展開になってしまった。
猫の王様BD記念SSS ~九条くんと桜の約束~(作:木兎ゆう)
12/13は広瀬さんの誕生日です! お祝いにスペシャルショートストーリーを公開! 広瀬さんの誕生日に約束したとおり、春になって桜を見に来た俺たち。 けれど、広瀬さんの様子がどこかおかしくて……? ★アルファポリス★https://www.alphapolis.co.jp/author/detail/105585352 ★カクヨム★https://kakuyomu.jp/users/bokuto_u ★エブリスタ★https://estar.jp/users/4720497>>続きをよむ
スノーラプソディ(作:梶原ちな)
あたしが無言無口のおとなしい子なら、彼は先生に恋する不良生徒だった。いとおしい静寂を壊すのは、彼?それとも。
転生者が三人って多過ぎない?(作:みこと)
転生者がいっぱい居たらってお話
悪役令嬢の三ヶ月(作:ぺろ氏)
公爵令嬢リリアンナは最近つまらない思いをしている。婚約者を他の女に取られているからである。あんな大きいお胸だなんて…!あ、こらまた擦り付けて!殿下もやに下がってらっしゃる!概ねペチャパイの話。頭を空っぽにして読んで下さい。
恋するオタクは青春したい!(作:ND)
アニメショップ通いの冴えないオタク、小田久司はひょんなことからクラスメイト女の子、矢島凛と仲良くなり、、、
追放された悪役令嬢は断罪を満喫する(作:うめ)
わたくしには前世の記憶がある。『私』として生き、乙女ゲームにハマっていた前世の記憶がーー 卒業パーティで王子さまに断罪された悪役令嬢が、前世の記憶を頼りに特にざまあもせず、あっさりした性格でうまく乗り越えるお話。 ※R15は保険です。
思い出の樹の下で(公開当時タイトル無し)(作:ライム姫)
12月24日。 クリスマスイブ。 そんな特別な日、特別な夜に、 寒空の下に立ち尽くす青年がいた。 果たして、なぜ青年はそこにいたのか。 青年の目的とは。 キーとなるのは ただ一つ。 そう、今宵は 年に一度のクリスマスイブ。 この作品は「ライムの小部屋 http://lime.gooside.com/」にも掲載しています。
彼の望みと彼女の答え(作:秋生)
恋愛ゲームのシナリオに準じた世界でずっと見たい結末に辿り着かず諦観していた少年と、この度晴れて主人公になった少女の話 ※転生ものに見せかけた何か
英雄となった幼なじみに婚約破棄された見習い聖女は、白い花を胸に抱いて追放される(作:葵 すみれ)
「カーラ、きみとの婚約を破棄させてもらう」 救国の英雄となった幼なじみのアルトから、カーラは婚約を破棄されてしまう。 彼の隣では第一王女のイライザ姫が笑っている。 しかも、遠くへ行けと金貨の入った袋を投げつけられてしまう。 それを見たとき、カーラはアルトの気持ちを知り、怒りを飲み込んで追放された。 そして、北の果ての打ち捨てられた聖堂で過ごすカーラの元を訪れる影が──
婚約破棄の現場で~病弱な婚約者~(作:Ash)
病に倒れ、婚約者が二年も姿を現さない間に王子は恋人を作り、婚約を破棄しようとする。しかし、今日も婚約者は現れない。仕方がないので婚約者の両親に婚約解消を申し出たが、それが悲劇を招くなど思いもよらなかった・・・。
運命は空回った(作:みこと)
ざまぁはありません。ただただ空回って修正するだけです。 アルファポリス様にも投稿しています。
バケモノ(作:alma)
昔々、池のほとりに男の子が一人で暮らしておりました。 そんな男の子の元へ、綺麗な女の子が命からがら逃げてくるのでした。
ワガママ令嬢の話(作:御木国 オムタ)
とある美しい伯爵令嬢が夜会で告げた。「私は私のワガママを聞いてくださる方と結婚しとうございます」そんな彼女にどんどん贈り物がされるが、令嬢は同じことを年に一度、三回繰り返した。
ダンジョンの名前はオバケヤシキ(作:しののめ めい)
最近、冒険者に人気のダンジョン、その名はオバケヤシキ! オバケヤシキではモンスターを倒してはいけない。 そんな不思議なダンジョンに挑むカメイラとキースのお話
お父さん!私、魔王の娘だけど、勇者と結婚することに決めました!(作:ラズライト)
一人の父親として、いつかは来るだろうと思ってはいた。大切な一人娘が離れていく日が来ると。 だがそんな魔王の前に現れたのは勇者を夫にと言い放つ娘だった。 果たして魔王は勇者を婿として認めるのか?それとも認められるか!と勇者のことを叩き出すのか? 魔王が出した答えとは!? ちょっと複雑な父親心(需要ナシ)を書きあげました。 ⓒ 2019 LAZURITE@11252
悪役令嬢は、幽体離脱する。(作:平樹美也)
第1王子のマクシムの元に、婚約者であるアレクサンドラが服毒自殺を図ったとの知らせが届く。 でも、顔を上げると、そこには彼女の姿が。どうやら幽体離脱をしてしまったらしい。 しかも、幽体は精神体だからか、随分いつもと違う様子。 このことをきっかけに、冷め切った2人の関係はどう変わる!?
婚約破棄されるのを待ってました(作:あや)
婚約破棄されたことを幼馴染に相談する主人公ノアだが、話はノアの予想外の方に転がっていき……。 勢いで書いてしまったものですが、よろしければお読みください。
めぐりめぐった幸せ(作:夕暮れ)
ある時俺は死んだ。そして気がつけば転生していた。異世界ではなく、いつも俺は元の世界に転生する。生き返ると言ったほうが正しいか?まるで閉じられた世界で生きる俺たち。こんな俺たちの結末は.........。
貴女に伝える最後の想い(作:高峰 歌歌)
ライクとラブ。決して結ばれることのない好きと好き。憧れ、尊敬、温情に恩情に恋焦がれて。恋と別れと成長の物語。
「もう明日からギルドに来なくていいよ」営業成績が悪いといわれ、なんとかギルドの窓際にしがみついた受付嬢の私、偶然、誘われた副業の年収が、ギルドの年間売上を超える予定ですが、何か?(作:テクマクマヤコン・ネクロノミコン)
ハンターギルドに勤めるウケツケ・スルコはいたってまじめに働いていました。しかし、悪いギルドマスターはウケツケ・スルコのその才能と美貌に嫉妬し、閑職へと、リストラ候補へと扱いました。それに憤慨はしたスルコですが、持ち前の才能と美貌、そして、幸運と、素晴らしい人脈を生かし、ギルドの利益を超えるほどの金銭的資産を蓄えることに成功したのです。
7色のムース(作:西条美幸)
「愛のチョコレート」の続編です。初めての「ハッピーエンド」作品です。
魔王討伐を果たした勇者は、婚約破棄された悪役令嬢を指名する(作:アロハ座長)
勇者アラン・ウェイカーは、魔王討伐の報酬として悪役令嬢ソフィア・ホーンビットを指名する。 これは、勇者討伐後の生活を万全にするために、王妃教育を受けた元第二王子の婚約者である悪役令嬢と結婚して、幸せになろうとする話である。
妹に陥れられ、婚約破棄されて、辺境伯の冷血公爵のメイドになりましたが彼はハーフバンパイアで血液供給係を命じられることになったのですが…。何故か彼とともに王太子と妹の婚姻式に呼ばれることになりました。(作:ゆうこ)
妹に陥れられ王太子殿下を奪われて、婚約破棄され、辺境送り、なぜか冷血公爵と呼ばれる辺境伯のところの使用人にされた姉の私です。 50年以上も代替わりしていないと聞いていたので70才以上のご老人を想像していたのですが現れたのはなんと20才過ぎにしか美青年で?
鈍感な俺が可愛い後輩の好意に気づいたたった1つのワケ ~可愛い後輩から、全40巻の漫画の写真が送られてきたのだけど、どうすればいい?~(作:久野真一)
 花田克樹は、最近仲良くしている二つ年下の女の子からのメッセージの意味を真剣に考えていた。  前日に、彼が好きだと言った漫画全40巻が、今日、彼女の家で山積みにされている写真が送られて来たのだ。  添えられたメッセージは「私も読んでみて、ハマっちゃいました♪」だった。  一方、そのメッセージを送った、山下美樹にも彼女の思惑があり-  これは、鈍感な彼女と一途な後輩による駆け引きの物語。
冤罪王子様、騎竜令嬢にスカウトされる(作:黒森 冬炎)
瑞雲王国の王太子エンリケには、10年来の婚約者がいた。ある日、ガーデンパーティーで、突然の断罪を受けたエンリケ。そこへ、飛竜に乗った活発なご令嬢がやって来た。彼女は、エンリケに移住を進めて来るのであった。
モブな私(作:末吉空緒子)
私の名前は河原イズ。 前世で観ていた学園ドラマの世界に転生しちゃった? けど、何だか違和感。 モブオブモブを主張する『私』の転生事情をご覧あれ。
物語のヒロインに転生しましたが、前世では悪役令嬢推しだったので、彼女が幸せになるように応援したいと思います(作:栗原 猫)
目を覚ますとそこは物語の世界で……。 メインヒロインに転生してしまった主人公が物語の中に出てくる大好きだったキャラクターの悪役令嬢を幸せにするために色々と走り回ろうとする物語です。
スポーツジムの女神(作:右豆 箸)
生活習慣病を期にスポージムに通うことを決意した男性は、ある女性スタッフと出会う。
#魔女集会で会いましょう ~魔女の一冊の物語~(作:大川暗弓)
画力がなさ過ぎるので小説で書きました。 それは忘れられた物語ーー魔女集会中に書庫の本を整理を任された少年は一冊の古びた本を見つける。 その本はある魔女の悲しい一章しか綴られていない物語だった。
秘密の連絡先(作:五十音 順)
秘密の関係は、公のものとなることは無い。
八百万の神様はお怒りです! 二の神~ユキガミ~(作:おむすびころりん丸)
【私は皆に好かれたいのよ! 雪の神様の恋物】 二回目は雪の神様の恋物語。 ちょっと変わった八百万の神々の不思議な短編ストーリーです。 ご興味あれば『一の神~イヌガミ~』も是非! ※カクヨム、ノベルアッププラスにも掲載。
女として見て欲しいから……(作:しいたけ)
中学からの友達の太郎はちょっと変わっていて、中性的な顔立ちと性格な上に料理と裁縫が大得意! 俺はそんな太郎といつもの非常階段で日課の黄昏れを楽しむのであった。
私の愛する婚約者が今や定番の婚約破棄を言いたいみたいなのですが、最後まで言えずにいます。(作:鍋住ゆげ)
今や定番、学園で流行中の婚約破棄を流行りに乗って言ってみたい王子と、婚約破棄されたくないけど愛する婚約者の頑張る姿を見て好きが溢れる公爵令嬢の、たぶんラブラブしてるだけのお話。
勇者と聖女と魔女の呪い歌(作:どんC)
魔女に呪われた勇者と聖女の物語。
ハッピーエンドのその後で……(作:モミアゲ)
女神の手によって異世界から召喚された勇者は仲間と共に世界を救い、褒美に願いを叶える権利を得る。願いを問われ、彼が口にしたのは女神への求婚だった。 ハーメルンにも掲載してます
舐めきった態度、許されません!(作:四季)
先日二十歳の誕生日を迎えた資産家の娘リーナ・フルベルン。 彼女には今、ある悩みがあって……。 ※この作品は「アルファポリス」にも掲載しています。
魔女と呼ばれた薬師は王子様とはやり直したくない!~全力で逃げさせてもらいます~(作:久水蓮花)
あるところに熱病が流行った国がありました。その国の薬師はなんとかこの熱病を治そうと必死に薬を作ろうとします。そんな薬師を国の王子は愛し、結婚の約束をしました。そして、いよいよ薬が出来上がり王子に持って行ったところ、彼女は――。 短編読み切りです。 カクヨム、アルファポリス同時掲載
私の運命の相手はとても可愛い王子様でした(作:カピバラ)
とある国では王族とその運命の相手に同じ痣が浮き出る。 行き遅れだった私の手には王子様と全く同じ痣があった。 ちょっと待って、確か今の王子って!これは何が何でも隠しきろうとした私はあっさり城に売り飛ばされるのだが…… *別の作者様の作品と似ているとご指摘ありましたが、内容・展開については全く別の作品ですので、ご了承ください。
たったひとつの、ウソ。(作:まゆみ。)
大好きだったあなたへ。 幸せだった日々へ。 ねぇ、大往生で転生したけど、それって元の世界に未練、ないと思いますか? ****** こちらは 『私は「あなたのために」生まれてきたわけではありませんのよ?~転生魔法師の異世界見聞録~公爵令嬢は龍と謳う。』 上記のお話の短編となります。 むしろ、上記のお話を書き始める前に書いたものを、加筆修正しました。 本編を読まなくても、大丈夫ですが、200話程度までの微妙なネタバレを含みます。 ご注意くださいな。
真実の愛を見つけた王子殿下に婚約破棄されたので、隣国の皇帝と結婚して幸せな新婚生活を始めました(作:宮内 アイリ)
真実の愛を見つけた王子殿下から婚約破棄された公爵令嬢クリスティアは、隣国の皇帝と結婚して幸せな新婚生活を始めた。
穏やかならぬはるのあいだ(作:もすこ)
大学四年生になった李子は就職先の出版社でアルバイトをしながら一人暮らしすることになった。余裕のない生活になったことで恋人である草太とすれ違いが生じてしまい……
やさぐれ聖女とひきこもり魔王の誘拐から始まる結婚生活(作:ちはや れいめい@必ず完結させる作家)
私、サラヴィエは、世界で唯一癒やしの魔法を使える聖女です。 どんな傷でも病でもたちどころに治る。 そんな魔法の恩恵を求めて誘拐されること数しれず。 牢に閉じ込められてやさぐれていると、私を助けてくれる人が現れました。
隣の席のギャルがうざいので、語尾に❤がつく呪いをかけてやった(作:青水龍)
隣の席のギャルがうざいので、俺は知り合いの魔女から教えたもらった『語尾に❤がつく呪い』を奴にかけてやった。これで多少は反省してしおらしくなると思った俺だったのだが、ギャルは前にも増してちょっかいをかけてくるようになった。
花ひらく日の君に向け(作:陽菜)
卒業式後、目当ての相手を見つけられずに焦って走り回っていた金井。漸く見つけた彼女は溢れる制服の群れの中、1人半袖体操着。―――って、何で体操着? 卒業式後に頑張って思いを伝えようと空回る不器用な男の子と元気な女の子のありふれたお話です。
捨てられた悪役娘(作:白豚)
昔は、華やかな令嬢しかし、1つの事をすると堕ちて生き苦しむそんな彼女が幸せになるまで。
桜色の運命(作:瑠果)
19世紀英国を舞台にしたヒストリカルロマンス。 時は19世紀末。 産業革命により女王陛下が治める大英帝国が最も繁栄した時代。 改革と変革によってジェントリという新しい支配者層が生まれ、いまだ旧時代の階級による差別と偏見が残る時代。 運命に翻弄されながらも身分を越えて愛し合う切ない恋物語です。
甘酸っぱい想いの確かめ方。(作:織り紙)
どこかで見た雑誌に書いてあったのを見たことがある。『待ち合わせに遅れてきた友人、または恋人。連絡なしで何分待てるか』ただの友達なら10分、親しい友人なら30分、恋人なら1時間。
魔法騎士の口づけ(作:不二香)
王太子の婚約者であるアリーナ。アリーナは、聖女に対する仕打ちについて、最強の魔法騎士トールに諌められる。さらには、王太子との婚約が破棄されてーー
ロロからの初めての贈り物 【ロロシリーズ③】(作:飛猫社)
 平民だったが魔力持ちでルーク公爵にお世話になっている8歳のロロが、同じく平民でルーク公爵邸で居候しているユーリに手伝ってもらってルーク公爵にお礼のクッキーを作ろうという話です。先に短編を2つ出していますので、そちらを先に読んでいただけるとわかりやすいかと思います。
竜人族の王子の番として何やら私の婚約者に色目を使ったことが原因で喧嘩をしていた最中の妹と一緒に召喚されましたが、どうもお前は巻き込まれの間違いだったといわれたんですけど…。どうすればいいんですかこれ(作:みあ)
私は魔法学園に通う公爵令嬢です。男好きの妹が婚約者に男好きがばれ、婚約破棄された腹いせに私の婚約者に色目を使って誘惑したのが原因で取っ組みあいの喧嘩をしていたところ、白い光に包まれました。目を開けるとそこには二本足で立つ大型トカゲ?いえ竜人族とやらがいて、若の番とやらを召喚したらしいのですが、妹が番で私が間違いだと言い渡されたのです。 いえ別にトカゲの番になりたくはないですが、私はどうやって元の国に帰ればいいんです?世界は同じなようですが竜人族なんて聞いたこともなかっんですが>>続きをよむ
学院で人気の完璧美少女令嬢が実は許嫁で俺の前でだけ嫉妬心丸出しの色んな顔を見せて甘えてくる(作:すかい)
天乃川財閥のご令嬢。 学院の女神。 1万年に1人の美少女。 立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花。 才色兼備が服を着て歩いているような完璧令嬢、天乃川美月。 一般人の草野成久にとっては、たとえ同じ学年の生徒であっても雲の上の存在だった。 そんな高嶺の花が起きたら目の前にいた。 しかもどうやら自分の預かり知らぬところで許嫁になっていたらしい。 さらに驚いたことに、『完璧美少女令嬢』天乃川美月は自分のことが好きのようで……? 学院では隙を見せない完璧美少女が自分の前でだけ>>続きをよむ
お嬢様ラブな彼女に俺は翻弄されている(作:柊 月 )
王太子の側近リィンハルトは、王太子の婚約者ソフィーの侍女クレハに恋をしている。 が、上手くいかない。 それはリィンハルトがヘタレだからなのか、運がないからなのか……。 これは、お嬢様ラブ&侍女職ラブの自由人な令嬢と、そんな彼女に翻弄される令息のお話。
私のご主人様はドレイ依存症 ~悪役令嬢から奴隷堕ちしたけど愛するご主人様に可愛がられているので、私は幸せです。だから誰にも邪魔させませんからね~(作:PON!ぽこ)
私はご主人様の奴隷だ。 だけど、とっても幸せ。 決して結ばれることの無い運命だった人の傍に居ることが出来るんだもの。 それにご主人様は私に依存している。 絶対に私からは離れることは出来ない。 ねぇ?そうでしょう? 私のゴシュジンサマ? 3,000字ほどの短編です。
―大切なモノ― (作:深歩)
嘉穂は新のことがずっと好きだった。でも、嘉穂は気持ちが伝えられないでいる。ある日、ある人の笑顔を見て、すごく心が奪われ、この人が好きなんだと思い始めるだけど、そのひとは好きな人がいると知って大ショック!その日から嘉穂の毎日が変わり始める!!
吸血鬼エドガー・ポールディスは、清純な乙女に堕落の道を歩まされる(作:海月崎まつり)
その領地には、強大な力を持つ吸血鬼が住んでいる。名前は、エドガー・ポールディス。その領地を長く支配していた老騎士が死に、うら若き乙女オデットがその地の主人となった。老騎士の抑えがなくなったエドガーが好き勝手に暴れた結果、女領主オデットは直に一人で城へやってくるのだが、そこで吸血鬼に理不尽な要求を突きつけられてしまう。「——新たなこの土地の領主。お前の行動次第では、オレは大人しく身を引いて隠居生活に戻ろう。お前の行動次第では、な?」  /  シリアスなこと書いてますがギャグあり>>続きをよむ
Recurrence(作:moes)
倦怠気味の日々から一歩抜け出そうとする話。
だから何?(作:23すてぃん)
あなたの婚約者にいじめられているんです!と訴える男爵令嬢に王太子は──── 嫌がらせされた方が正義で嫌がらせをする方は絶対悪…みたいなお花畑の思想!正直キモい!キモ過ぎる!!そういうこと言う奴は大抵頭おかしいぞ!!! だからその幻想をぶち壊す!!!というコンセプトの短編です。 ※転生要素や乙女ゲーム要素はありません
夏蜜の恋(作:刹那玻璃)
書きかけの小説のエンディングになるかもです。 続き描きたいです。
妹に婚約者を奪い取られた私は、婚約破棄され辺境に送られ、10年後『人形遣い』として活躍していました。しかしなぜか裏切者の元婚約者が私を呼び出し、無償で勇者として魔王を倒せと命じてきたのですが。(作:ゆうき)
妹に婚約者の王太子を奪い取られ、妹をいじめた罪により国外追放になりました。妹に陥れられたんですがね。 運良く隣国の王族に拾われ、10年後、ドールマスターとして活躍していた私をなぜか追放した元婚約者、いまは国王、王妃、私の妹が呼び戻したのですがその理由とは?
奇跡の夜 XYZ(作:やわらぎ あきら)
年末最大のイベント、クリスマス。 街はイルミネーションで飾られ、まるで異世界へ迷い込んだようだ。 恋人達は愛を語り、子供達は靴下を吊るす。 そんな浮かれた街の片隅に一軒のBAR「Happiness seed」があった。 カウンターにはひとりの女が物憂げにグラスを見つめている。 彼女にとってのクリスマスは、深い悲しみに繋がっていた。 ※他サイトでも掲載中です
より道(作:深海いわし)
お互いちょっとだけ意識し合っていたサッカー部の先輩マネージャー里奈と後輩エースの高村信也。大会前の雨の日、二人は高村の勘違いから放課後デートをすることになる。 ◆ 「覆面作家企画4」参加作品。本サイト「雨の庭」からの転載。
僕が見つめる先に(作:-SKY-)
ずっとすきだった人と、思いがけず二人きりになった渚。このまま何も言わなければ何も変わらないと思い、思い切って声をかけてみる。そして…。
私は恋の支援者(作:かき氷・シラー)
私には幼馴染がいる。男子と女子だ。 その2人は中学生の頃からお互い意識しあってる。でもお互いその気持ちには気づかない。 そんな2人が私に恋愛相談してきた。 これは幼馴染の2人をくっつけるために孤軍奮闘する恋の支援者のお話。 〇長編で書こうと思ってますが他の連載が終わってからにしようと思ってます。とりあえずプロローグ的な部分だけ先に短編で。
2人の距離(作:春樹亮)
付き合っているのに、あなたが遠いよ。 ねぇ、私はそんなに信じられないかな?
泥棒に入った先の美少女に恋をした(作:甘空)
俺は泥棒だ。今までも他人を不幸にして甘い汁をすすってきた。 今回のターゲットは噂では、思い通りに雨を降らせ、その気になれば村をも沈めることができると言われている雨女。その雨女が流す涙からできると言われている宝石だ。 今回もさっさと盗んで宝石を売った金で豪遊してやるぜ! そんなことを考えていた泥棒が盗みに入った先で恋をするだけのお話です。 初投稿なのですが、良ければ評価、感想、をくださると作者は喜びます。 一応Prolog(プロローグ)という2000字以下限定の小説サイ>>続きをよむ
婚約破棄裁判(作:Mr.後困る)
愛国心溢れる大公令嬢ヴィーナスは自身の婚約者のマーキュリーを殺害した その裁判が今、行われる・・・
姉のものならなんでも欲しがる妹は、本当に欲しいものを手に入れられない(作:奥森 類)
「お姉さまごめんなさい。わたくし、どうしてもほしいから頂きたいの」と言われても、お願いされ続けたので姉姫の部屋はついにほとんど何も無くなってしまった。 それでも妹姫が欲しがったのは姉姫と相思相愛の婚約者。  でも姉姫は知っている、婚約者なんて本当は望んでいないことを。  最後に彼女が一番欲しがるものをあげたい、そんな姉姫が選んだものとは……
ずっと、あなたと。(作:秋葉隆介)
◎Railwaysシリーズ、第12弾。【シリーズ完結です】 愛と奇跡の物語、後編をお届けします。 後編は三部構成となっています。 最初は、妻「美咲」の、記憶の中のお話。 交通事故で意識を失った美咲の、記憶が浮上していくきっかけとなったのは何? 続いては、病床に付き添う夫「泰輔」の目線より。 奇跡を起こした美咲に、泰輔はある誓いを立てる。 最後は数年後の柏木家のお話。 可愛い息子も生まれ、幸せな暮らしの中で、二人の心に去来する思いとは? 前編でも登場した「ある音」が、>>続きをよむ
30になった私はババアとか言われて無理やり婚約破棄されたけど、優しい侯爵様と結婚できた。何⁉ やらかして助けて欲しい⁉ そんなのもう遅い!(作:立花さとし)
私は本来なら15歳で婚約者のアルバートと結婚するはずだった。でも戦争に行ってしまい、しかも15年続いてしまってもう、30。後がない。──それなのに、それなのに、戦功として12才の姫様と結婚するから婚約破棄したいですって⁉ あり得ない! あり得ない! ブチギレた私は暴れまわってついに修道院に突っ込まれた。はーあ、やんなっちゃう。……そんなある日だ、孤児たちの面倒をみていた私に、侯爵のおじ様がやってきて、話した結果、私、プロポーズされちゃった! ためらいはあったものの優しい夫と幸>>続きをよむ
リリーの花(作:冬乃秋猫)
運命の人と信じてやまなかった幼馴染は、別の人のものになった。 幸せな結婚って、と一夜で考えて綴ってみました。
初秋を過ごす(作:竹仲法順)
土曜日の昼間、あたしは自宅マンションのリビングでDVDレコーダーに録っていた映画やドラマなどを見ながら過ごしていた。彼氏の光一は土曜日の昼過ぎにやってくるので、スマホに着信があったとき、すぐに出た。電話口で光一が食事を買っていたことを言ったので、あたしもずっと待ち続ける。平日は会社での仕事でかなり疲れてしまっていたのだが……。
【短編】父が友人から「旅行に行く間に預かってほしい」と頼まれた。預かるのは犬か猫かと思ってたら、学校で評判の美少女だった(作:波瀾 紡)
タイトルの通りです。 たいしたオチはありません。 ただただ男子の願望がダダ洩れなだけのお話です。 よろしければサクッとお読みくだされ。
プロポーズの練習相手になってほしいと公爵令息からお願いされたんですけど、練習の割には随分真に迫ってますね?(作:間咲正樹)
貴族学校のとある放課後、私は突然公爵令息のジェイク様からプロポーズの練習相手になってほしいとお願いされた。 でも、練習の割にはジェイク様のプロポーズは随分真に迫っていて……!?
露出狂なのに秘密主義の彼女(作:伊藤)
隣の領地に住む年下の辺境伯令嬢がデビューするということで、エスコートすることになった幼馴染みの子爵家次男。 彼女自身は地方出身だとか貧乏だとか…微塵も気負いのない威風堂々たるデビュー。 …初々しさや恥じらいは辺境に置いて来たのか!? しかしそんなファビュラスでプレシャスな彼女には秘密があるようで…。 15歳以下に通じるネタが少ないんじゃないかという意味でR15のような気がします…
ちょっとお馬鹿な王妃(予定)と王様の舞踏会(作:てら)
今日も舞踏会で一人の美少女が怒鳴り散らしておりました。 周りの貴族は美少女が大貴族の一人娘なので権力が怖くなにもいえません そんな姫君を回収(?)もとい強奪しにきたのがこの国の王様です。 姫君は青ざめながら王様に引きずられていくのです… 姫君の前でだけ腹黒い王様×癇癪もちのちょっとお馬鹿な姫君
極悪金貸しと言われたスノーばあ様、愛しい孫娘が王太子から一方的に婚約破棄されたことに怒り、ざまぁする。坊や、王族だからって粋がってんじゃないよ。かわいい孫娘を傷つけたあんたの罪は重いよ!(作:しの)
極悪金貸しババアといわれたスノー、六十歳、彼女の優しい孫娘男爵令嬢のユーリアが王太子から一方的に婚約破棄された。その理由は「極悪金貸しの孫娘だから」 ああ? あんたそんなこと最初から分かっていただろ、あの子の持参金はあたしが出したんだよ! それも返さないってどういうわけだい。隣国の姫との縁談があるからあの子が邪魔だってえええ! 泣く孫娘を見てスノー婆さんは決意する。絶対にあのくそ坊やをぎゃふんといわせてかたき討ちをしてやると! そのざまぁとはいったい何だったのか!
自分に素直になれなかった皇太子とは俺の事だ。愛しい公爵令嬢へ今度は招待状を。(作:ユミヨシ)
ロディス皇太子が王宮で婚約者選びのパーティを行う事にし、招待状を令嬢達に送ったのだが、 「どうして誰も来ない。」 誰一人、令嬢達は来なかったのだ。 翌日来なかった公爵令嬢の家に行き、理由を尋ねるが…
100回振られた男が平凡女子に転生して、最愛の女性だった人から逃げようとする話(作:ももざわモノリス )
100回以上振られ続け、それでもめげないヤンデレ騎士見習いイアン・クレーバーと100回以上振っていく中で、段々と素直になっていったツンデレ公爵令嬢マグダレーナ・カトスの両思いでありながらすれ違っていた。不器用な恋の物語は、隣国との戦争によって結ばれることなく悲恋に終わった。 100年後 記憶が生まれた時からあったのだけど、実は両思いどころか「生きて帰って来たら友達から始めてげるわ、赤いバラを100本私に持ってくるのよ」止まりのものである。 女性に生まれたなら、今世は普通に>>続きをよむ
月の光の下で君は何を想う(作:入江 奈都杞)
かつて月下美人の花の精霊だった美花。現在はご近所さんの伊織と交際中だ。 美花が二十歳になった年に伊織からプロポーズをされる。それに答えた美花は半月後に結婚式を挙げた。 新婚生活を満喫する美花だったが……? (短編の「月下美人の花」の続編です)
蜘蛛の恩返し(作:ユメオニ)
スパイダーマンに憧れた男は、蜘蛛を助けたことにより、指先から糸が出るようになる。そんなある日、仕事の関係で女に出会って……。 エブリスタにも掲載しています。
風邪をひいたら、素直になれた可愛い皇女様(作:相模 優斗)
風邪を引いた皇女様。 普段は口調が厳しい者であったのだが、この日は何故か柔らかい口調となり、本当に伝えたいことを側仕えのディランに伝えようと試みます。 「好きだと伝えたいだけなのに全てが嫌味っぽくなってしまう可愛い皇女様」の続編です。
吸血鬼は遅刻する(作:山田かなた)
吸血鬼について人間は、太陽が苦手だとか、人の生き血を啜るだとか、そういうイメージが多いだろう。 まあそういう吸血鬼もいるが、それはごく一部であって、僕みたいな吸血鬼の血が濃くないやつは寿命が長いことと、髪色が黒いということくらいであとは人間と一緒のようなものだ。 でも人間側からしたら、吸血鬼自体が恐怖の対象らしく、この街で僕は遠巻きに見られる存在となっていた。 この物語はそんな吸血鬼の僕と、人間である彼女の出会いから別れまでを記したものである。
仕事してると(作:竹仲法順)
普段朝早くベッドから起き出し、出勤準備を済ませてから、あたしは定時に会社に行っていた。オフィスで与えられた業務をこなすのだが、夏バテしている。気だるい体を抱え込みながらも恋人の志人とは電話やメールなどを通じて繋がっていた。そして彼があたしに来月のお盆休みに海外の南国の島へ旅行に行かないか、誘ってきたのだが……。
伯爵様に見捨てられて仕方なくスナックのママをしていたら皇太子様から求婚されたのですが(作:鷹野 恵秀)
街外れのスナックで、ひとりの常連が過去の話を聞きたがっていた。 しかし、その過去は心のなかで封印していた。 それは伯爵様に裏切られたという悲しいものであったからだ。 それを全て聴いた常連は、私に告げた。 「あなたを后として迎えたい」と。
卒業前の屋上、セーラー服で先生と…… (作:おうぎまちこ)
 明日卒業式を控えた、高校3年生の町田桃香。  彼女はいつものように、放課後になって屋上へ向かった。  二人だけの秘密を共有した、化学教師の雨条結人先生に会いに行くために――。 ※おうぎまちこ作品をお読みの方は気づく……  『癒し姫』の主人公と準主役からキャラ拝借。楽してごめんなさい……。  この二人に興味がある方は、『癒し姫』をどうぞ。彼らはいつもこんな感じです。  『癒し姫』が好きな人は、イメージが崩れる危険性もあるので、気をつけてください……。 ※※※ >>続きをよむ
お前の血は猛毒なんだ(作:栞)
吸血鬼と人間が存在する世界で、二つの種族は交わる事のなく生きていた。 いくつか年月が経った時、ある場所に二人の男女がいた。 その男女は吸血鬼と人間。 これは想い合う事など決してないと言われていた筈の二人の恋の話。
プライドをへし折った悪役令嬢(作:みこと)
プライドをへし折った悪役令嬢
クラスで浮いてる二宮くんに嘘告したらフラれた( ゜Д゜)ぐぬぬぬ……(作:松島 雄二郎)
 SNSで最近嘘告が流行ってる。  趣味の悪い悪戯よねって思っていた高慢稚気高嶺は軽いノリで嘘告ゲームに参加することに。相手はクラスでも浮いてる陰キャの二宮くんだ。  これは嘘告から始まる女子三人のドタバタ奔走劇。
どうぞ。おなかをなでてください。(作:りすこ)
ある日。ケモノの王子さまが森で白いものを見つけました。白いものは真っ白なおなかを見せていいました。 「どうじょ。おなかをなでてくだしゃい。触ると気持ちいいです」
公爵令嬢は婚約者には逆らわない(作:環奈)
いきなり男爵令嬢に殿下と婚約を解消するように詰め寄られる。 いやいや、私の権限では決められませんし、直接殿下に言って下さい。 あ、殿下のドス黒いオーラが見える…。 私、しーらないっ!!!
ココロ×カラフル(作:水嶋陸)
「行かないで」大好きな幼馴染が他の子にとられちゃうかも。不安を感じたヒロインはついに……!?定番の恋愛ものです。 ※本短編は作者のブログで公開済みです。読者様にいただいたご感想を元に一部改稿しました。
先生、好きです。(作:林田一樹)
私には好きな人がいる。 先生に恋する一途な子の話。
チョコより甘い日(作:風白狼)
 バレンタインデー、それは女の子が好きな男の子にチョコを贈る日。有名現役モデルである蜜都(みと)汐那(しおな)も、その日ばかりはただの女の子になって手作りチョコに挑戦していた。しかし作ったチョコケーキは形の悪い失敗作になってしまう。汐那はそれを“彼”に渡すべきかどうか迷うが――?  黒藤紫音さん原作、『Solve』(http://ncode.syosetu.com/n8549bh/)の二次創作です。原作者様には許可を頂いた上で執筆しています。ただし、妄想度・暴走度ともに200>>続きをよむ
「好き」を待つ。(作:ぷい)
高校一年生。同級生。入学して早々告白されたけれど、ただの冗談でしょ?